藤原道長

藤原道長についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [藤原道長] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

藤原道長を含むブログ記事

chokochanさん
  • 古文 おもしろい 現代語訳『大鏡』南院の競べ弓
  • ぶ「四鏡」のうちのひとつ。四鏡の中では最初に書かれたもので、後の三鏡は大鏡の書き方紀伝体で綴られています。<四鏡の覚え方>だい こん みず まし大鏡・今鏡・水鏡・増鏡と覚えます。藤原一族の栄華、とくに藤原道長の繁栄について綴られています。176年にもわたる宮廷の歴史を読み取ることができます。<競べ弓の流れを簡単に理解する>まだ藤原道長が関白になる前の物語。?南院で藤原伊周(道長の甥)が弓遊びをしている?道...
  • 旅行好きの先生のブログchokochanさんのプロフィール
amryさん
  • 11月1日
  • ーズタルトの日本の日 ◇11月1日の歴史◇603年秦河勝が聖徳太子から仏像を譲り受ける。後に京都・太秦にこれを祀る蜂岡寺(広隆寺)を造営。643年蘇我入鹿の兵が聖徳太子の子・山背大兄王を襲撃。999年藤原道長の娘・彰子が入内。1520年マゼラン一行が南米大陸とフェゴ島の間の海峡(マゼラン海峡)を通過して太平洋に出る。1604年シェイクスピアの戯曲『オセロ』がロンドンで初演。1611年シェイクスピアの戯曲『...
  • 今日は何の日.comamryさんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 次に来るもの 133/260 (平安時代叢書 第十三集)
  • れと結果とが繋がるものではなかった。それも二つの理由で。 一つは環境問題。前述の通り、平均気温がだんだんと下がってきたことで、食物の生育が悪くなり収穫量が減った。かといって労働量は変わらないのである。藤原道長の時代であれば一〇〇人で田畑を耕せば一九八人分の食料を収穫できたが、今や一八〇人分の食料しか収穫できなくなっている。何しろ相手は自然だ。特に、稲という熱帯性植物を相手にしている農業で気温低下は致命的だ...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
ぽっぷでらいとさん
  • 11/1「過去の出来事」
  • 11月1日過去の出来事603年秦河勝が聖徳太子から仏像を譲り受ける。後に京都・太秦にこれを祀る蜂岡寺(広隆寺)を造営。643年蘇我入鹿の兵が聖徳太子の子・山背大兄王を襲撃。999年藤原道長の娘・彰子が入内。1520年マゼラン一行が南米大陸とフェゴ島の間の海峡(マゼラン海峡)を通過して太平洋に出る。包装紙マゼラン (クラフト) 半切1755年ポルトガルでリスボン大地震。津波と火災により死...
  • ぽっぷでらいとな日記ぽっぷでらいとさんのプロフィール
mugenさん
  • 霜月
  • 焼酎の日、紅茶の日(日本紅茶協会)、玄米茶の日、計量記念日(通産省)、すしの日(全国寿司商環境衛生同業組合連合会1961)、新米穀年度、省エネルギーの日(毎月)▲蘇我蝦夷、山背大兄王を襲撃(643)▲藤原道長の娘・彰子、一条天皇に入内(999)▲伊勢から江戸に向かう途中、暴風雨のためにロシアに漂着した大黒屋光太夫が帰国の際にエカテリーナ女帝から紅茶を贈られる(1791)▲日本初の洋式灯台・観音崎灯台(神奈...
  • はんなりとmugenさんのプロフィール
あずフィスさん
  • 本日は計量記念日です。
  • 人の日の前夜を祝ったもの。そのほかの出来事603年 秦河勝が聖徳太子から仏像を受け京都・太秦に蜂岡寺(広隆寺)造営643年 天皇位を争って敗れた聖徳太子の子・山背大兄王が蘇我入鹿に襲われ自害999年 藤原道長の娘・彰子入内1604年 ウィリアム・シェイクスピアの「オセロ」、ロンドンで初演。1611年 ウィリアム・シェイクスピアの「テンペスト」、ロンドンで初演。1755年 ポルトガル、リスボン大地震。津波と...
  • あずフィスのきょうの出来事あずフィスさんのプロフィール
ハレソラさん
  • 誠心院の御朱印情報/京都市中京区
  • 印納経料:300円境内案内初代住職は和泉式部誠心院は正式には「華嶽山東北寺(かがくざんとうぼくじ)誠心院」と号する真言宗泉涌寺派の寺で、通称「和泉式部寺」と呼ばれています。万寿4年(1027年)に関白藤原道長が、娘の上東門院(藤原彰子)に仕えていた和泉式部のために、法成寺東北院内の一庵を与えたのが当寺の始まりといわれています。当所、御所の東側にありましたが、鎌倉期に一条小川(上京区)にある誓願寺の南に移転...
  • ハレノソラシタハレソラさんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
徳薙 零己さん
  • 次に来るもの 131/260 (平安時代叢書 第十三集)
  •  この白河の地の所有者は藤氏長者とは限らなかった。実際、藤原頼通は父の藤原道長の死後に相続したが、その所有権を姉である上東門院藤原彰子へ譲っている。藤原彰子は藤原氏であると同時に皇室に嫁いだ身であり、藤原彰子の死によって白河の地の相続権が微妙なこととなった。その微妙となった相続...
  • 次に来るもの(平安時代叢書第十三集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
山城めぐりさん
  • 山田城
  • ています。西南の堀本曲輪北都雲配されている土塁本曲輪にある説明板北東にある虎口(ここは気に入っていますので次回もう少し紹介します。構えから北条流を想起します。山田氏の主家成田氏について成田氏は、一説に藤原道長の後裔式部大夫任隆が武蔵国の国司として幡羅郡に住み、任隆の子助広が成田太郎を称したのが始まりという。しかし、そのようにいわれるだけで史料的な裏付けがあるわけではなく、厳密なことはわかっていない。成田氏...
  • 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール

藤原道長を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

藤原道長について