藤原道長

藤原道長についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [藤原道長] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

藤原道長を含むブログ記事

ダイキチさん
  • 京都) 同聚院(東福寺塔頭)
  • 京都・東福寺の塔頭の一つ・同聚院。平安時代、藤原道長が法性寺境内に造営した五大堂の御本尊の遺跡と言われる不動明王坐像が現存している。名仏師「康尚」が作った貴重な文化財である。 所在地:京都市東山区本町15ー799...
  • 逢花打花 逢月打月 ー 百寺百社御朱印巡りダイキチさんのプロフィール
hopeさん
  • 正倉院の謎
  • 金銭を払って、買い取ったのである。 政治の実権を握った者がいかに、正倉院の宝物を私物視したか、自らの文化的厳具とした。?13 正倉院への宝物接近には、最高の政治権力者だけが許された。?14 平安時代の藤原道長は天皇以外に正倉院の宝物に手を付けることができなかったが、誰の断わりもなく、一介の入道者がこれを開封させた。おそらく、道長の好奇心からだろう。 しかし、それ以後、天皇よりも政治の実権者が正倉院の扉を開...
  • gooブログはじめました!hopeさんのプロフィール
たそかれの散策さん
  • 平安貴族の生死と宗教観 <「日記が明かす平安貴族の実像」>を少し聞きながら
  • じる☆らじるをかけて、たまたま映画音楽を少し流して、終わったので、別の番組はないかと探したら、ちょうどいいのがあり、聞いたのが<日記が明かす平安貴族の実像 国際日本文化研究センター教授…倉本一宏>の<藤原道長「御堂関白記」には何が書かれているか>と<藤原行成の「権記」には何が書かれているか>でした。半分くらい眠り薬となって聞き流していたのですが、時折、目覚めたときになかなか面白い話があり、これはいいと思っ...
  • たそかれの散策たそかれの散策さんのプロフィール
泉原豊さん
  • 京の街を愛し。
  • 京の街を愛し。 昨年の9月に日本に帰ってきてから、今年から市内に住み出し、少しづつ京の街を憶えていってる。 しかし、どこにいっても懐かしい気がするような感動を覚える。 藤原道長、源義経、大石内蔵助、徳川慶喜のゆかりの地を訪れるとその中でも感動を覚える。 坂本龍馬さんのゆかりの地も色々感動したが。徳川慶喜の大政奉還のアイデアは、坂本龍馬さんのもの。 今日参拝させて頂いた石清水...
  • YUTAKAの撮影日記。泉原豊さんのプロフィール
別宮孝司さん
  • 小右記
  • イント]1.摂関期の日記に『御堂関白記』と藤原実資の『小右記』がある。[解説]1.10世紀以降、朝廷での儀式・行事の比重が増大したこともあって、貴族はそのようすを漢字を用いて日記に詳細に記録した。2.藤原道長(966〜1027)の『御堂関白記』は、彼が33〜56歳の日記。道長が建てた法成寺の別名が御堂(みどう)で、道長はここに住んだため、御堂は道長の異名ともなり「御堂関白」と呼ばれた。ここで自分の治世を自...
  • DAIMAJIN-BOX別宮孝司さんのプロフィール
ぽにさん
chokochanさん
  • 平安時代の火事
  • に大規模な火事は下記のとおり。★安元の大火 安元3年4月28日(1177年6月3日)★治承の大火 治承2年3月24日(1178年4月13日)これ以外にも、大きな火事は少なくありませんでした。ここでは、藤原道長の火事にまつわるエピソードについてみてみたいと思います。内裏の火事で天皇に退位をせまった道長長和4年(1015年)11月、内裏が二度に渡って焼け落ちるという事件が起こります。公卿たちの間では「天下滅亡...
  • 旅行好きの先生のブログchokochanさんのプロフィール
鵜野森元信さん
  • 星座度数座標系における日本と冥王星
  • です。★957年、冥王星獅子座入室960年、平安京の内裏全焼(794年の遷都後初)。この時は獅子座5度逆行中ですが、首都が燃えるというのは東京大空襲と共通しています。スクエアでは、995(長徳1)年:藤原道長が内覧の宣旨を受ける。 天秤座23度999(長保1)年:藤原道長の娘彰子が一条天皇の女御になる。 蠍座3度(獅子座4度とオーブ1度)1000(長保2)年:藤原定子が皇后、彰子が中宮になり、二后並立。定...
  • 八卦に五黄は良くなじむ鵜野森元信さんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 天下三不如意 28/237 (平安時代叢書 第十四集)
  • カ月もの長きに渡る争いとなったのである。 デモではなく争いと書いたのは間違いではない。康和四(一一〇二)年五月八日に発生したデモは、比叡山延暦寺に属する仁源を法成寺長吏とするよう求めた運動であった。 藤原道長の建立した法成寺は平安京のすぐ隣にある、立地条件だけみてもこれ以上ない存在の寺院である。何しろ、道路一本挟めばそこは藤原道長の邸宅であった土御門殿、京都二条の貴族の邸宅街の東端である。おまけに、藤原道...
  • 天下三不如意(平安時代叢書第十四集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
GONsanさん
  • 5/12(土)〜5/13(日)の「某協会福山支部」san主催の京都研修旅行(^.-)☆(9)
  • ら貴族の別荘が営まれていた。現在の平等院の地は、9世紀末頃、光源氏のモデルともいわれる左大臣で嵯峨源氏の源融が営んだ別荘だったものが宇多天皇に渡り、天皇の孫である源重信を経て長徳4年(998年)、摂政藤原道長の別荘「宇治殿」となったものである。道長は万寿4年(1027年)に没し、その子の関白・藤原頼通は永承7年(1052年)、宇治殿を寺院に改めた。これが平等院の始まりである。開山(初代執印)は小野道風の孫...
  • GONsanの「気まぐれ独り言」GONsanさんのプロフィール

藤原道長を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

藤原道長について