弘法大師

弘法大師についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ◆千夕龍華様、後の世へ誕生なさった栄光に心から感謝もうしあげます  弘法大師
  • 【公認】天宙神千夕龍華様[弘法大師] ブログ村キーワード静寂の時の中で、無の境地へ至る為の修行を致しました。宇宙の存在をすでに慕い求めておりました。?我が何者であるのか?肉を打ち、内なる魂の呼吸をなして、貴方様を探していました。今、万王の王たる千夕龍華様の?命の説教?に陶酔し、磨き上げられた?玉(ぎょく)?のごとき、その美しい世界を噛み締めながら・・・。火の中にも冷ややかさを醸(かも)し、氷の中にも温(ぬ・・・続きを読む
  • 『公認』 ありがとう 千夕龍華様 『公認』 天宙神 千夕龍華様さん『公認』 天宙神 千夕龍華様さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

弘法大師を含むブログ記事

フナッシュさん
  • 島旅部・冬のひとり合宿2日目【白石島編?】
  • 石島を代表する奇岩で天然記念物にも指定されています(まったく鎧には見えんけど・・・)下山の際は他にもちょっと不気味な洞窟がある神社やタイ式の白い仏舎利塔など宗教施設が点在していました“開龍寺”はかつて弘法大師が修行をした歴史あるお寺だそうですお寺の周辺は住宅街なんですが歩いている人が全然いませんでしたね(笑)のんびりした時間だけが流れていました無事に巨岩ハイキングを終え再び白石島港に戻ってきました小腹が減...
  • ブログな添乗員フナッシュさんのプロフィール
リッキーmamaさん
  • 弘法山公園♪ 〜弘法山〜
  • 、現在の鐘は1801年(享和元年)のものです。(秦野市観光協会HPより) 釈迦堂(しゃかんどう)をバックに。 〜釈迦堂〜 江戸時代に龍法寺の僧 馨岳永芳(けいがくえいほう)が、釈迦如来像と弘法大師像を祀った釈迦堂としたのが始まりです。1766年(明和3年)の火災で釈迦像が焼失し、石造りであった弘法大師像だけが残りました。その後、弘法大師像は現在の木像になり堂は再建されましたが、釈迦像は安置され...
  • ねぇ〜!リッキー〜secondplace〜リッキーmamaさんのプロフィール
純野一益(戦国)さん
  • 日野輝資(ひのてるすけ)
  • 界:ハウステンボス内の『ポルセレインミュージアム』で有田焼の逸品を堪能しました!sirouturi/陶磁器の世界:ハウステンボス内の『ポルセレインミュージアム』で有田焼の逸品を堪能しました!純野一益/弘法大師(こうぼふだいし)sirouturi/弘法大師(こうぼふだいし)純野一益/織田信康(おだのぶやす)けん/織田信康(おだのぶやす)純野一益/織田信康(おだのぶやす)けん/織田信康(おだのぶやす)最新記事...
  • いいかよく聞け五郎左よ!−もうひとつの信長公記−純野一益(戦国)さんのプロフィール
Midoriさん
  • 車の安全祈願に成田山不動尊へ
  • 車の安全祈願に成田山へ行ってきました。毎年お世話になっておりますm(__)mわが家は真言宗なのでお仏壇には中央に大日如来さま、私から見て右に弘法大師さま、私から見て左に不動明王さまがおられまして、毎朝ご挨拶しているので親しみがあります(#^.^#)良いお天気です〜(^^♪こちらは毎年朝ドラの主役たちが節分祭で豆まきをしてくださいます。平成31年2...
  • ローズ庵へようこそ♪Midoriさんのプロフィール
しえさん
  • 【富山】観音寺の御朱印
  • 仁王門。写真じゃわかりませんが、ちゃんと両サイドに仁王様がいらっしゃいます。境内はこんな感じ。門をくぐって右手にあるのが、金比羅堂です。明治初期に建てられたお堂で、金毘羅大権現を祀っています。仏足蹟と弘法大師像。弘法大師ですが、北陸を巡っていた時にこの寺で一泊したそうです。その晩、夢に阿弥陀如来が現れて大師にお告げを授けます。アミダ( 'A`)<「末世衆生済度のために観世音菩薩像を彫れ」で、朝起きて作った...
  • ゆるり寺社巡り 〜御朱印紀行〜しえさんのプロフィール
konopocoさん
  • 第64番札所「前神寺」参拝
  • ができました。前神寺は、愛媛県西条市州之内にある真言宗石鈇派総本山の寺院。石鈇山、金色院と号す。本尊は阿弥陀如来。日本七霊山の1つ、石鎚山 の麓に位置する。☆「大師堂」☆「鐘楼」☆「薬師堂」☆「本堂」弘法大師は若い空海のころ、この石鎚山に2度入山しており、虚空蔵求聞持法や37日におよぶ護摩修法、あるいは三七日(21日間)の断食修行をしたことが知られています。この日も、「護摩堂」で、修行の会?!が行われてい...
  • ふくろう日記konopocoさんのプロフィール
気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅さん
  • 中央区上溝 安楽寺を参拝
  • 、参道拝殿拝殿に掲げられている山号、寺院号の名の扁額の名は、「國分山安楽寺」本堂(けっこう重厚な建築物です)本堂の外観寺務所、檀家の方の休憩所の外観(参拝者も休めるそうです!!!)石燈籠、多宝塔空海「弘法大師」像、「聖観世音菩薩」像以上コメント;上溝正応五年の板碑(かみみぞしょうおうごねん いたび):市指定有形文化財(歴史資料)珍しい 鎌倉時代末の正応5(1292)年銘の板碑(いたび)で、市内で確認されて...
  • 気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅の備忘録気まぐれな神社・仏閣めぐりぶらり旅さんのプロフィール
高野山真言宗僧侶 光啓さん
  • 衆生は痴暗(ちあん)にして自ら覚るに由無(よしな)し如来加持して其の歸趣(きしゅ)を...
  • いねやコメント、メッセージどうもありがとうございます。なかなかご返信ができておりませんが皆さん方のさらなるご多幸をこれからもお祈りしております。 #高野山#koyasan#高野山真言宗赤松院#奥の院#弘法大師#空海#お大師様#四国遍路#歩き遍路#仏道修行#仏道#仏教#密教#秘密仏#buddhism#buddism#monk#修行僧#サライ#加山雄三#谷村新司#愛は地球を救う#心の故郷#いつか帰る#きっと帰...
  • 密教行者 天宮光啓高野山真言宗僧侶 光啓さんのプロフィール
kulalaさん
  • のんびりと三連休
  • 」だったので 高知に行くまでに寄り道です香川県といえば讃岐うどん数年ぶりに「おか泉」に行ってひやし天おろし雨とはいえ どこかに行かなければもったいない四国霊場 第75番札所 「善通寺」 香川県善通寺市弘法大師空海の御誕生地です数年前に車遍路でも廻ったし よく行く場所です駐車場に着いたのは昼過ぎ橋を下りて見えてくるのは「御影堂」善通寺は約45000?あるそうで 御影堂は西院金堂のあるのは東院五重塔大楠樹齢千...
  • *くららばあさんnoひなたぼっこ*kulalaさんのプロフィール
神の手さん
  • 杖杉庵【お遍路の元祖、河野衛門三郎がお大師様を追い続け21周目のお遍路で巡り逢った場所】
  • する事を四国遍路とし)を1687年に発行しベストセラーとなり全国に四国遍路を広めたのは真念です。その後僧侶、行者、聖などという宗教専門家以外の一般庶民が参加する四国遍路が大ブームとなりました。 『弘法大師出現所・右衛門三郎霊跡』と記されています。 ※2枚並んでいる画像は肉眼で観れる3D画像です。 パソコンは画面と目の間を40〜50cm、スマホなら25cm位で頭を傾けずに水平にした状態で写真と目の中間位...
  • お遍路はWild!…四国の果てまで歩イッテQ!神の手さんのプロフィール

弘法大師を含むトラコミュ

高野山
  • 高野山
  • 高野山は、和歌山県にある標高約1,000メートル前後の山々の総称。平安時代の西暦819年頃より弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗の聖地であり総本山金剛峯寺が...
  • トラックバック数:75 TB参加メンバー数:34人カテゴリー:旅行ブログ
延岡人の輪!(のべおかん)
  • 延岡人の輪!(のべおかん)
  • 宮崎県延岡市への関わりに関係なく、だれでも参加できます。 延岡情報サイトのべおかん と連動したコミュです。 http://www.nobeokan.com/ 携帯サイト(のべおかん携帯版...
  • トラックバック数:30 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:地域生活(街) その他ブログ
伊豆八十八ヶ所霊場(遍路)
  • 伊豆八十八ヶ所霊場(遍路)
  • 平安時代 延暦17年(798) 空海伊豆を遍歴する。伊豆半島にある、弘法大師(空海)の修行時代の足跡を辿る、伊豆八十八ヶ所霊場をご案内します。
  • トラックバック数:56 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:地域生活(街) その他ブログ
雪の札所に登る
  • 雪の札所に登る
  • 1月10日、正月から雪の消えない、西国4番札所・槇尾山に登りました。山上から岩湧山の眺めが絶景です。南に霧氷の泉山脈最高峰・南葛城山が仰がれます。この槇尾山は、...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:地域生活(街) 関西ブログ
自転車遍路
  • 自転車遍路
  • 本場の四国八十八カ所札所巡りを自転車で完走しました。札所巡りは日本全国にたくさんありますがひとまず、弘法大師様の開基された四国をメインテーマとしましょう!!これ...
  • トラックバック数:21 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:自転車ブログ

弘法大師を含むブログ村メンバー

  •  
シャンティさん
木内脩岳さん
讃州菴さん
miyo-shukuyouさん
四国お遍路代参サービス あなだ屋さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

弘法大師について