弘法大師

弘法大師についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ◆千夕龍華様、後の世へ誕生なさった栄光に心から感謝もうしあげます  弘法大師
  • 【公認】天宙神千夕龍華様[弘法大師] ブログ村キーワード静寂の時の中で、無の境地へ至る為の修行を致しました。宇宙の存在をすでに慕い求めておりました。?我が何者であるのか?肉を打ち、内なる魂の呼吸をなして、貴方様を探していました。今、万王の王たる千夕龍華様の?命の説教?に陶酔し、磨き上げられた?玉(ぎょく)?のごとき、その美しい世界を噛み締めながら・・・。火の中にも冷ややかさを醸(かも)し、氷の中にも温(ぬ・・・続きを読む
  • 『公認』 ありがとう 千夕龍華様 『公認』 天宙神 千夕龍華様さん『公認』 天宙神 千夕龍華様さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

弘法大師を含むブログ記事

pariさん
  • 市川海老蔵、冬の空を見て思いを馳せる「まおがもっと好きです」
  • 様子を明かしている。空の写真とともに自撮り写真を公開した海老蔵は、「寒いっす しかし 空が美しいからツイツイ出てしまう」「空と海が好きです。ちなみに空海も好きです。」と、つづっている。「空海さんは後に弘法大師となられますが、その前は真魚と名乗っていて まおと言われたとか、弘法大師も好きですが まおがもっと好きです」と、空に思いを馳せている様子をうかがわせた。弘法大師は、現在の香川県生まれで幼名は真魚(まお...
  • 幸せ呼ぶ猫神の呟きpariさんのプロフィール
石川鏡介さん
  • 四国霊場第五十八番札所・仙遊寺(せんゆうじ)《過去のブログ記事より》
  • 仙遊寺」と呼ばれるようになった、とのこと。阿坊仙人とは大陸の方から渡ってきた帰化人僧ではないかという説もあり、瀬戸内海が大陸とを結ぶ重要な交通路だったことを考えると興味深いです。 その後、寺は荒れたが弘法大師が巡錫の折に留まり、再興したということで四国八十八ヶ所のひとつとなりました。 本堂は昭和二十八年に再建された(昭和二十二年に山火事で焼失したため)ということですが、なんとも古びた雰囲気の建物です。 私...
  • 石川鏡介の旅ブログ石川鏡介さんのプロフィール
まっさんさん
  • 正式な高野山の参詣道〜研修会こぼれ話?
  • を清める」意味があります。中門も同じように、またぐことで「また結界を通って身を清める」意味があります。高野山に行った際には必ず大門と中門をまたいで清めて参詣してくださいね。御影堂は生身(しょうじん)の弘法大師空海を感じることのできる場所です。そのあと奥之院の順で今度は瞑想しているお大師様を感じてください。以上、高野山参詣の参考にしてください。ちなみに写真は大門(2014年12月撮影)以外は、高野山開創12...
  • 光を求めて 動の開運術 方位どりのまっさんまっさんさんのプロフィール
うしみつさん
  • 仏教の「真言」ってなに?
  • 212 思えばお経もなんのために唱えてるのかわからないな 11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/12(火) 13:32:24.949 ID:2kbL1VL+a1212 弘法大師「真言は不思議なり。観誦すれば無明を除く。」 13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/12(火) 13:34:12.332 ID:j02oGP9HM1212 呪文みたいな...
  • うしみつ-2ch怖い話まとめ-うしみつさんのプロフィール
K爺さん
  • 甲府湯村温泉郷へ 塩澤寺散歩
  • 、行くところもないので宿泊場所である湯村温泉に向かいました。その辺を散歩すればいいかぁ…というつもりです。ここがメインの通りのようです。この「湯村温泉」の提灯飾りが風情を感じさせますね。1200年前に弘法大師が開湯し、武田信玄の隠し湯の筆頭として知られているそうです。葛飾北斎の「勝景奇覧 甲州湯村」に描かれたという歴史ある温泉です。ただ、石和温泉が出来てからはその勢いに押され気味であるとか。宿が見えてきま...
  • K爺の日々是好日K爺さんのプロフィール
ひろし爺1840さん
  • 広島:花鳥風月>?紅葉狩り・広島新四国88カ所札所<三滝寺>参拝・ご案内!
  • 中国三十三観音の第十三番札所や広島新四国八十八ヶ所霊場第十五番札所で、桜や紅葉の名所としても知られる。☆彡?★Youtube動画=秋の三滝寺 =秋の三滝寺☆彡?★寺伝によれば809年(大同4年)空海(弘法大師)による創建とされ、「三滝観音」として古くから親しまれている☆彡?★三滝山に切れ込む谷の底に位置しており、それが幸いして1945年の広島市への原子爆弾投下(爆心地から約3.18km)の際にもほとんど無...
  • ひろし爺1840の花鳥風月ブログひろし爺1840さんのプロフィール
莉倖2さん
  • 足立百不動尊酉年開帳に行く。/4日目・・・の巻11
  • 2017年4月25日 足立百不動尊 78番 吉祥院=埼玉県さいたま市南区辻2-3-9吉祥院 さあ困りました。ネットに吉祥院の情報がありません。 宗派さえ分かりません。たぶん 真言宗・・・でしょう。 弘法大師らしい?像がありました。たぶん こちらが興教大師像でしょう。本堂です。檀家の方か?地域の方が御開帳3セット -角塔婆、縁の綱、五色幕-を揃えて戴きました。有難いことです。 ご本尊は大日如来。脇侍に札所...
  • 仏像1万2千体莉倖2さんのプロフィール
木内脩岳さん
  • 人生の出来事
  • 火水木金土12345678910111213141516171819202122232425262728293031最新の記事人生の出来事心のあり方出会いとは自分の心新鮮に生きる全ての根本とは同行二人弘法大師のことば修行するとこんな心になるんですこころ一覧を見る画像一覧を見るテーマ【お葬式】 ( 7 )“今日の心に響く言葉” ( 353 )“今日の縁日” ( 45 )関東三十六不動霊場 ( 1 )巡礼 (...
  • 仏の道木内脩岳さんのプロフィール
黒塚アキラさん
  • 【二十八宿曜】知者か愚者か?独自分野で成功する?!波乱の宿命「胃宿」の運勢とは?
  • 前、文殊菩薩とリシたちが、27宿や12宮、七曜などの天体の動きや曜日、日や方角等の巡りをもとに、インド占星術の経典として上下二巻にまとめたものです。その経典を翻訳し、西暦803年に日本にもたらしたのが弘法大師の空海です。さらに空海がもたらしたこの経典を、密教徒たちが独自に研究、発展させた結果、完成したのが「宿曜占星術」というわけです。また道教の概念も取り入れられており、宿曜経そのものは唐で完成したのではな...
  • とりぷるL新ブログ(仮)黒塚アキラさんのプロフィール
sunaoさん
  • 南岳山 東長寺
  • ブログトップ |ログインおっちゃんの気まぐれ絵日記南岳山 東長寺2017年 12月 12日南岳山 東長寺(なんがくざん とうちょうじ)弘法大師が日本で最初に創建したお寺で、真言宗とありました。真言宗って聞いた事はあるんですが、詳しい事はサッパリ。写真は、ライトアップウォークで何度か訪れているし、昼間も何度か来た事があります。2階大仏殿の木造...
  • おっちゃんの気まぐれ絵日記sunaoさんのプロフィール

弘法大師を含むトラコミュ

高野山
  • 高野山
  • 高野山は、和歌山県にある標高約1,000メートル前後の山々の総称。平安時代の西暦819年頃より弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗の聖地であり総本山金剛峯寺が...
  • トラックバック数:75 TB参加メンバー数:34人カテゴリー:旅行ブログ
延岡人の輪!(のべおかん)
  • 延岡人の輪!(のべおかん)
  • 宮崎県延岡市への関わりに関係なく、だれでも参加できます。 延岡情報サイトのべおかん と連動したコミュです。 http://www.nobeokan.com/ 携帯サイト(のべおかん携帯版...
  • トラックバック数:30 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:地域生活(街) その他ブログ
伊豆八十八ヶ所霊場(遍路)
  • 伊豆八十八ヶ所霊場(遍路)
  • 平安時代 延暦17年(798) 空海伊豆を遍歴する。伊豆半島にある、弘法大師(空海)の修行時代の足跡を辿る、伊豆八十八ヶ所霊場をご案内します。
  • トラックバック数:56 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:地域生活(街) その他ブログ
雪の札所に登る
  • 雪の札所に登る
  • 1月10日、正月から雪の消えない、西国4番札所・槇尾山に登りました。山上から岩湧山の眺めが絶景です。南に霧氷の泉山脈最高峰・南葛城山が仰がれます。この槇尾山は、...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:地域生活(街) 関西ブログ
自転車遍路
  • 自転車遍路
  • 本場の四国八十八カ所札所巡りを自転車で完走しました。札所巡りは日本全国にたくさんありますがひとまず、弘法大師様の開基された四国をメインテーマとしましょう!!これ...
  • トラックバック数:21 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:自転車ブログ

弘法大師を含むブログ村メンバー

  •  
喜左衛門さん
  • 弘法大師喜左衛門講喜左衛門さんのプロフィール
  • 三人の講で護摩祈祷や瞑想、滝行などを修行中。お経の上がらない仏さまには、これでもかの読経を行う。
miyo-shukuyouさん
木内脩岳さん
シャンティさん
讃州菴さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

弘法大師について