アブラゼミ

アブラゼミについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • せみ
  • [アブラゼミ] ブログ村キーワードセミの鳴き声が聞こえてくると、『夏到来!』を感じます。クマゼミの鳴き声が一番うっとおしいですけど、一番「夏」を感じさせてくれます。日本各地にセミって生息してますが、地域が変われば種も変わりますね。自分が住んでる地域でよく聞く鳴き声は、クマゼミ・アブラゼミ・ニイニイゼミ・ツクツクボウシです。テレビドラマなんかでミンミンゼミがよく鳴いていますけど、このあたりは少 ...・・・続きを読む
  • 革雑貨屋Vertigoの妄想BLOG 革雑貨屋ヴァーティゴさん革雑貨屋ヴァーティゴさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

アブラゼミを含むブログ記事

とんびさん
  • ヒダリマキマイマイを発見
  • 投稿ボタンを押してください。コメントを投稿する「虫」カテゴリの最新記事ヒダリマキマイマイを発見カブトムシのオスは長生きなのか?又しても何の卵かセグロアシナガバチの巣セミの習性エントツドロバチクマゼミとアブラゼミカブトムシの親子種の綿毛かと思ったらカブトムシ関連の〆記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 瓢箪から駒のトヨムスメプロフィール読者登録中読者になる読者になるtw...
  • 鳥瞰ニュースとんびさんのプロフィール
244さん
  • 【必聴名盤】- アルバムレビュー -すとーりーず /ZAZENBOYS
  • 奏。泥沼にはまってずぶずぶでぬけだせない。やはり何かにたいするいらいらを感じる。そんな緊迫感のなかで「つるっとさわってするめのように」などすっとリラックスさせてくれるのが向井流。10. すとーりーず アブラゼミの泣き声。汗でベトベトのTシャツ。子供のころ夏休みが無限に続いてほしいと思っていた。そんな気持ちが夢遊病のように頭の中でリフレイン。 11. 天狗「電線にぶらさがる紫色の天狗」不気味な光景だ。その不条...
  • Budda meets Rock244さんのプロフィール
アンテナバンドマンさん
  • 【Yellow Studs・山人音楽祭 2018】「また帰って来るからな!」故郷の群馬で錦を飾った
  • と、十数年前を振り返るMCから「汚い虹」を披露。Yellow StudsYellow Studsさらに、高野玲(Dr)がキックでリズムを刻みながらヴァイオリンを奏でる驚きのスペシャル編成で届けられた「アブラゼミ」は、秋になった今、哀愁が一層増していてグッとくる。群馬を発ち、東京で何度も秋を迎えた彼らだからこそ鳴らせる音があり、届けられる歌がある。繰り返される毎日には、喜んだり楽しんだりする明るい感情だけが湧...
  • 邦楽バンドの最新まとめサイト!アンテナバンドマンさんのプロフィール
樺さん
  • 10月の楽しみ
  • に短いです。現在、フジバカマのお花の蕾の数も増え、花壇も段々と賑やかになりつつあります。アサギマダラの飛来が、今からとても待ち遠しいです。今年は猛暑の影響ですかね、樺家の家の周辺で毎年姿を見せてくれるアブラゼミが全くいなかったです。今はツクツクホウシの鳴き声が賑やかです。秋ですねぇ〜。...
  • 新ご機嫌な一日樺さんのプロフィール
芝さん
  • 自分史『闇歩き』002
  • れとして木々の生い茂る庭は、おそらく蝉たちにとって絶好の繁殖地だったのでしょう。彼らのざわめきがうるさいくらいに部屋を満たしています。あの部屋で、私は蝉の鳴き声を覚えました。父に教えてもらいながら。 アブラゼミ、ミンミンゼミ、秋が近くなってくるとツクツクボウシとヒグラシでしたかね。この原風景からは「ジーーーーーー」という、耳につく鳴き声が聞こえてきます。 まあ、それはどうでも良いですね。窓辺にぽつんと座して...
  • 闇は果てない芝さんのプロフィール
サムライ菊の助さん
  • 突然ですが、無農薬無化学肥料のカボスを販売いたします!
  • ろうとしているわけではありませんが、カボスに集まる虫を食べてくれています。) 農薬を撒けば、このクモさんたちが死に絶えてしまいます。 セミは幼虫の間、3年から17年間、土の中で成長すると言います。(アブラゼミは6年間) このセミも、長い間、土の中で暮らし、成虫になって飛び立っていったのでしょう。 除草剤など撒いたら、土の中で確実に死んでしまいます。 今年も、ミヤトさんに収穫を手伝ってもらいました。...
  • サムライ菊の助「畑日記」サムライ菊の助さんのプロフィール
ゆめこさん
  • ● 水辺のボントクタデ ・ タデ科
  • 赤黒・・・クサグモ● 鳥のフンダマシ3種 ・ クモ目 コガネグモ科● アリバチ 2種 ・ ハチ目 アリバチ科● テントウムシ種類 №12 ・ テントウムシ科● コチャバネセセリ ・ セセリチョウ科● アブラゼミ ・ セミ科最近の画像[もっと見る]● 水辺のボントクタデ ・ タデ科21分前● 水辺のボントクタデ ・ タデ科21分前● 水辺のボントクタデ ・ タデ科21分前● 水辺のボントクタデ ・ タデ科21...
  • ゆめこが虫を撮るゆめこさんのプロフィール
なおさんさん
  • 久しぶりの「新治市民の森」雑感(平成30年9月)
  • 田んぼ」から帰ってくるコースです。途中、「にいはる里山交流センター」や「旧奥津邸」で休憩しながら、まるまる一万歩くらいにはなります。途中、「常見谷戸」の方に寄り道したりしますけど。まだツクツクホウシやアブラゼミが鳴いていたり、夏の終わりを感じながらたらたらと歩くのは、里山ならではというものです。過ごしやすいように整備を続けて下さっている愛護会の方々に感謝です。「にいはる里山交流センター」のガイドの方とは、結...
  • エンジニャー的編集者のブログなおさんさんのプロフィール
komoさん
  • 自然観察編 蓼科の生き物はそれぞれに元気いっぱい!
  • てきた私ではありますが、判ってきたことは、権利とか人の決め事とは別に、我々別荘の住人はこの自然の営みの中に住まわせて貰っているという事実です。時におおらかに、時に厳しく。逆に下界で普段見かけるスズメ、アブラゼミ、クマゼミ、秋の鳴く虫は全く見かけません。だからこそ自分自身もここで自然体に戻り、空気をめいっぱい吸い込み、しっかり充電できるのでしょう。リセットして明日からまた頑張ろうと。 最後までお付き合いくださ...
  • villa-komorebikomoさんのプロフィール
komagata owlさん
  • ごぜんやまラーメン
  • 味、遊びなどいろんなものにチャレンジして楽しんでいます。そんな日々の生活の中で、感じたこと、思ったことなどを気まぐれに書き込んでいます。最新記事ごぜんやまラーメン異常値金砂郷プレミアムあんぱん?バッタアブラゼミ百日紅空蝉コキア車中泊小旅行記(南東北)-4車中泊小旅行記(南東北)-3(2)>> もっと見るカレンダー2018年9月日月火水木金土1234567891011121314151617181920212...
  • 田植え機に乗ったサラリーマン(常陸の国から)komagata owlさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

アブラゼミについて