豊臣秀吉

豊臣秀吉についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ■何と秀吉は養子の多いこと!
  • [豊臣秀吉] ブログ村キーワード 戦国時代の英雄、太閤秀吉。一介の足軽から太閤にまで成った古今東西稀にみる大出世の英雄ですが、この豊臣秀吉にも大きな泣き所が有りました。それは、正室ねねとの間に子供をもうけることが出来なかったことでしょう。確かに晩年になって側室、淀君の間に、二人の男児をもうけましたが、一人は早世、二人目の男児秀頼は、秀吉が亡くなる六年前のことでした。   位人臣を極めた豊臣秀吉豊臣家に・・・続きを読む
  • 真空管のアナログ世界に魅せられて blograjioさんblograjioさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

豊臣秀吉を含むブログ記事

みどりの木さん
  • 米子城の紹介1 歴史と関ケ原の戦い
  • た周防、長門の2ヶ国を毛利宗家に安堵すること、毛利輝元・秀就父子の身命の安全を保障する旨の起請文を発行します。毛利家内では広家は裏切り者として、岩国に転封しました。江戸時代 慶長5年(1600年)に、豊臣秀吉の三中老であった、中村一氏は駿府城下内膳屋敷で徳川家康と会談し、東軍徳川方に加わりました。この論功により、一氏の嫡子中村一忠は伯耆一国17万5000石を領し米子城に拠り、初代米子藩主となります。一忠は...
  • 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
芳瑩さん
  • 京都の「後白河天皇」と「豊臣秀吉
  • 社仏閣もそうです。巡礼をつづけると歴史の忘却したものに出会うことがある。その忘却した記憶を拾い集めています。ブログトップ記事一覧画像一覧日本文化の源流はど・・・ »京都の「後白河天皇」と「豊臣秀吉」2018-01-20 18:39:28NEW !テーマ:テーマ旅41年ぶりの「国宝」展 京都国立博物館?京都国立博物館開館120周年記念都国立博物館ではこれまで、昭和44年(1969)、昭和51年(...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
ヨシさん
  • 直木賞受賞!門井慶喜さんの「家康、江戸を建てる」は面白い!!
  • sted with ヨメレバ門井慶喜 祥伝社 2016-02-09AmazonKindle楽天ブックス??【内容】「北条家の旧領、関八州を差し上げよう」天正十八年、落ちゆく小田原城を眺めながら、関白・豊臣秀吉は徳川家康に囁いた。その真意は、水びたしの低湿地ばかりが広がる土地と、豊饒な現在の所領、駿河、遠江、三河、甲斐、信濃との交換であった。愚弄するかのような要求に家臣団が激怒する中、なぜか家康はその国替え...
  • サバイバル日和ヨシさんのプロフィール
heburinさん
多摩散歩人さん
  • なぜここに西軍の敗将・宇喜多秀家の墓が?・東光寺@地下鉄の地上を歩く会・都営三田線の4回目その4
  • んです。山門入ってすぐの大きな大きな塔に「秀家卿」と彫ってありました。備前岡山の秀家の墓がどうして板橋にあるんでしょう。関ヶ原合戦後の長い物語があります。秀家といえば豊臣五大老のひとり。秀は元服の際に豊臣秀吉から与えられたもの。なので関ヶ原では西軍の主力だったが、敗れて薩摩に逃れた。やがて発覚、死一等を減ぜられて八丈島に流された(主従13人)。八丈島の流人第一号です。苗字も浮田と変えた。流人生活は50年に...
  • 多摩と入間の雑学的な散歩多摩散歩人さんのプロフィール
とらじろうさん
  • 岸和田城を散策
  • はいつ誰によって建てられたのかはまだわかっていないそうですが、16世紀の半ば頃、ちょうど戦国時代の末期頃には当時泉州地域を治めていた松浦氏の居城となっていたことが分かっています。その後紆余曲折を経て、豊臣秀吉の叔父である小出秀政が城主となり、岸和田城の天守閣は秀政によって建てられたそうです。当時は五層の天守閣だったそうですが1827年(文政10年)に落雷で焼失、現在の天守閣は1954年(昭和54年)に再建...
  • 城跡漫遊記とらじろうさんのプロフィール
りせさん
  • 相国寺林光院 湧泉 鶯宿梅、薩摩藩墓地
  • が、師への尊崇の念から自分ではなく師を開山としたものです。(林光院は、右の東門への道の途中にあります。)当初は二条西の京の紀貫之の屋敷跡にあったと伝えられています。その後移転を繰り返し、安土桃山時代に豊臣秀吉の命により相国寺山内に移りました。維新後の廃仏毀釈の中で、明治7年に廃寺となりましたが、大正8年に相国寺派管長の橋本獨山(どくざん)によって再建されました。本堂、書院などの建物は仁正寺(にしょうじ)藩...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
自費出版専科、自分史の書き方や自費出版の内容説明なさん
  • 1月19日(金)のつぶやき
  • bookgarasu… @yamanobebookupさんから ― fumito (@yamanobebookup)2018年1月19日 - 15:28ジャンル:ウェブログ立身出世の代名詞となっている豊臣秀吉が行ったこと。それは壮絶な虐殺行為であった。人気ブログランキングにほんブログ村コメントTweet...
  • 自費出版専科、自分史の書き方や自費出版の内容説明な自費出版専科、自分史の書き方や自費出版の内容説明なさんのプロフィール
紫 式武さん
  • 世間の雑事とは離れ.深く風流の道に生きよう 第 884 号
  •  井伊家の人々の“生き様”を我々は学ぶべきである。 浜松、彦根、井伊家1000年の歴史。  徳川家康だけでなく、豊臣秀吉からも高い能力を認められた徳川四天王の一人だった井伊直政。  幕末の大老で桜田門外の変で暗殺される井伊直弼に続く名門井伊家は、どのように形づくられたのか。  彦根市出身で、彦根藩の元藩校だった彦根東高...
  • 生きる・食紫 式武さんのプロフィール
Etienne Marcelさん
  • ソウルから帰国 まとめ
  • 茶を買いました。東京駅の大丸とかと、なんらかわりないと思いました。今回の旅の発見は、昌徳宮と昌慶宮は、倭乱(文禄慶長の役)で焼失したと案内板にさらっと書いてある。文禄慶長の役って、まさかと思うくらい、豊臣秀吉の朝鮮出兵じゃないですか。多分、加藤清正と黒田長政あたりが、燃やしてしまったのかなあ。このあたりから、韓国の人の日本人にたいする恨みは、もうはじまっていたのですね、絶対。文禄慶長の役は、十五万の秀吉軍...
  • Etienne MarcelEtienne Marcelさんのプロフィール

豊臣秀吉を含むトラコミュ

豊臣秀吉
  • 豊臣秀吉
  • 尾張国中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り信長の後継の地位...
  • トラックバック数:237 TB参加メンバー数:49人カテゴリー:歴史ブログ
直江兼続
  • 直江兼続
  • 越後・長尾(上杉)氏下士の出。その才を認められ上杉景勝の近習となった。絶えた直江氏を継ぐ。豊臣秀吉に降った上杉氏が会津120万石に封じられると、陪臣としては破格の...
  • トラックバック数:564 TB参加メンバー数:45人カテゴリー:歴史ブログ
加藤清正
  • 加藤清正
  • 戦国武将。戦国後期最強武将の一角をなす。肥後熊本城主。豊臣秀吉の子飼いで、賤ヶ岳七本槍の一人。朝鮮では鬼と恐れられる。小西行長、石田三成らと対立が高じて、関ヶ原...
  • トラックバック数:63 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
長浜
  • 長浜
  • 旧長浜市域は羽柴秀吉(豊臣秀吉)ゆかりの長浜城の城下町として、17世紀初頭の長浜城廃城後は大通寺の門前町として、また北国街道の要衝として発展してきた街である。現在...
  • トラックバック数:205 TB参加メンバー数:14人カテゴリー:地域生活(街) 関西ブログ
豊臣秀頼
  • 豊臣秀頼
  • 豊臣秀吉の子。母は淀殿。豊臣政権の後継者となるも、後見人前田利家の死、石田三成の失脚後、家康の台頭で一大名に没落。大阪の役で敗れ、豊臣家滅亡を迎える。
  • トラックバック数:20 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:歴史ブログ

豊臣秀吉を含むブログ村メンバー

  •  
ぽこぺんさん
銀河さん
紀伊(赤石いとこ)さん
tokugawaさん
mikawaケンイチさん

豊臣秀吉を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

豊臣秀吉について