豊臣秀吉

豊臣秀吉についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ■何と秀吉は養子の多いこと!
  • [豊臣秀吉] ブログ村キーワード 戦国時代の英雄、太閤秀吉。一介の足軽から太閤にまで成った古今東西稀にみる大出世の英雄ですが、この豊臣秀吉にも大きな泣き所が有りました。それは、正室ねねとの間に子供をもうけることが出来なかったことでしょう。確かに晩年になって側室、淀君の間に、二人の男児をもうけましたが、一人は早世、二人目の男児秀頼は、秀吉が亡くなる六年前のことでした。   位人臣を極めた豊臣秀吉豊臣家に・・・続きを読む
  • 真空管のアナログ世界に魅せられて blograjioさんblograjioさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

豊臣秀吉を含むブログ記事

目白芭蕉さん
  • 神奈川 小田原ひと巡り【小田原城 二宮神社】
  • これはこれで風情がある。小田原城は、北条早雲(伊勢新九郎)に始まる小田原北条氏の本拠地となって以降、関東支配の拠点となりました。あの上杉謙信、武田信玄に攻められても、はねのけた堅固な城郭でした。そして豊臣秀吉との小田原合戦を前に、周囲9キロに及ぶ総構えを構築して、日本最大級の名城となりました。北条氏滅亡後は、大久保氏、稲葉氏が城主となり、小田原城も破却と再興を繰り返します。 明治維新を迎えると、小田原城は...
  • 歴史と文化 巡礼の旅日記目白芭蕉さんのプロフィール
今日までそして明日からさん
  • 御土居の紅葉
  • グッズを教えて」をチェック記事を書く検索ウェブこのブログ内で今日までそして明日から散歩道で見つけた自然の移ろいや街の様子、等々御土居の紅葉2018年11月18日 17時28分09秒 |お出かけ御土居は豊臣秀吉公が天正19年(1591)洛中洛外の境界、水防のために築いた土塁です。北野天満宮の境内西側の御土居には、現在でもかつてからの自然林が残り、自生のものと後に植林されたものを含め、現在、約350本の紅葉を...
  • 今日までそして明日から今日までそして明日からさんのプロフィール
とめのかくれがさん
  • 大徳寺 織田家や毛利家の庇護受けた黄梅院
  • っていますのでそのネタで。大徳寺黄梅院です。休憩中の大量の旅行カバンに注目。さすがに紅葉のシ−ズンは京都も大混雑ですね。黄梅院は織田信長が父、信秀の供養のため建立しました。本能寺の変で信長が亡くなると豊臣秀吉によって主君、信長の葬儀が盛大に行われましたが秀吉の主君に当たる信長、織田家の塔所としては黄梅院は小さいとの理由でその後、大徳寺内に総見院が建てられています。織田家や信長はここに祀られその後黄梅院は小...
  • とめの隠れ家へようこそ neoとめのかくれがさんのプロフィール
くんまさん
  • 杜鵑な三人組
  • POLAR精神障害者保険福祉手帳2級杜鵑な三人組2018年11月18日 14時20分29秒 |メンタル本人が詠んだ歌じゃないですが、性格を示す歌として有名です。織田信長 「鳴かぬなら殺してしまえ杜鵑」豊臣秀吉 「泣かぬなら鳴かせてみせよう杜鵑」徳川家康 「鳴かぬなら鳴くまで待とう杜鵑」歴史が得意ではなくても、聞いたことがある歌ですよね?が、違うって言う説もあるんだそうで、言葉自体は変わらないんですが、誰が...
  • BIPOLARくんまさんのプロフィール
播磨河内守さん
  • 積善寺城跡
  • 9年(1581年)高野攻めには「城郭取立也」とある。また天正11年(1583年)秀吉の紀州攻めでは、中村一氏を岸和田城に入城させ、雑賀衆、根来衆に備えた。 天正12年(1584年)小牧・長久手の戦いに豊臣秀吉が出撃した隙を狙って、雑賀衆、根来衆連合軍は、中村城、沢城、田中城、積善寺城、千石堀城を5城を付城として岸和田城の5町ばかりを隔てて、翌天正13年(1585年)正月始めまで幾度か小競り合いが続いたが、...
  • なんとなく城跡巡り播磨河内守さんのプロフィール
秩父・仙台まほろばの道さん
  • 霊窟の淡島神社と金
  • るほど〜。高子沼の伝説がそうですね。伊達家の時代ですが、周辺の高子地区の山はかつて金山として採掘が行われていたとのいわれがあり、実際に沼底から鉱石粉砕用の石臼や廃鉱石が発見されている。また、伊達政宗が豊臣秀吉に当地を含む伊達郡を召し上げられたときに、土手を築いて金山の坑口を水没させたとの言い伝えもある。ということで、庚申碑と金は関係してるでしょう。スクナヒコさんは猿田彦と同じように見られている事もあり、カ...
  • 秩父・仙台まほろばの道秩父・仙台まほろばの道さんのプロフィール
篠崎ミッキーさん
  • 六文銭ビスケット@nissinシスコ
  • 自転車六文銭のための六文銭ビスケット真田人気で六文銭の比率が高い!普通なら豊臣秀吉、上杉謙信、武田信玄あたりが来るところ、徳川四天王や竹中重治を持って来るあたり、なかなかの洒落たチョイス。今日は友達が出ている合唱コンサートにいってきます。...
  • 自転車六文銭〜すべてはこの一杯のために篠崎ミッキーさんのプロフィール
(遅報)歴史まとめ管理人さん
  • 「本能寺の変」後の柴田勝家直筆の書状見つかる
  • ていた光秀の動きを把握できていなかったことがうかがえます。 調査にあたった三重大学の藤田達生教授は「本能寺の変のあとの勝家の情報収集の水準がわかる貴重な記録だ。今後は、そうした状況のなかでなぜ、豊臣秀吉が光秀討伐に素早く動けたのかという点に関心が高まるのではないか」と話しています。 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1542339867/続きを読む...
  • (遅報)歴史まとめ(遅報)歴史まとめ管理人さんのプロフィール
tetsudaさん
  • バス停「大織冠」は、鎌足神社のことだった!/毎日新聞「ディスカバー!奈良」第90回
  • 留所があります。「大織冠」は飛鳥時代の冠位の最高位で、藤原鎌足が亡くなる直前に天智天皇から授与されました。この冠位の授与が史上唯一のため、鎌足公の尊称、代名詞となりました。1585(天正13)年9月、豊臣秀吉の弟・秀長が郡山城に入城後、多武峯談山(とうのみねたんざん)神社の鎌足公の御神霊を城の西北の地に遷座しました。大織冠宮と呼び城の守護神としてまつり、付近一帯は大織冠と称されました。1590(天正18)...
  • 日々ほぼ好日tetsudaさんのプロフィール
戦国さん
  • 正龍寺(御朱印)〜北条氏邦の墓
  • らに北条氏邦の墓があると聞き、訪問しました(^^)/本堂の屋根に北条氏の家紋を確認('◇')ゞ 寺の墓地の小高い所に北条氏邦の墓はありました。夫人の墓も隣にあります。鉢形城主だった氏邦は、小田原の役で豊臣秀吉の大軍に包囲され、この寺に蟄居して開城したそうです。その後は攻め手だった前田利家に仕えるという道を歩んでいます。隣には藤田康邦の墓が夫人と一緒にありました。北条氏邦は康邦の養子となり、康邦の娘が夫人に...
  • 戦国武将と城と御朱印と戦国さんのプロフィール

豊臣秀吉を含むトラコミュ

豊臣秀吉
  • 豊臣秀吉
  • 尾張国中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り信長の後継の地位...
  • トラックバック数:237 TB参加メンバー数:49人カテゴリー:歴史ブログ
直江兼続
  • 直江兼続
  • 越後・長尾(上杉)氏下士の出。その才を認められ上杉景勝の近習となった。絶えた直江氏を継ぐ。豊臣秀吉に降った上杉氏が会津120万石に封じられると、陪臣としては破格の...
  • トラックバック数:564 TB参加メンバー数:45人カテゴリー:歴史ブログ
加藤清正
  • 加藤清正
  • 戦国武将。戦国後期最強武将の一角をなす。肥後熊本城主。豊臣秀吉の子飼いで、賤ヶ岳七本槍の一人。朝鮮では鬼と恐れられる。小西行長、石田三成らと対立が高じて、関ヶ原...
  • トラックバック数:63 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
長浜
  • 長浜
  • 旧長浜市域は羽柴秀吉(豊臣秀吉)ゆかりの長浜城の城下町として、17世紀初頭の長浜城廃城後は大通寺の門前町として、また北国街道の要衝として発展してきた街である。現在...
  • トラックバック数:205 TB参加メンバー数:14人カテゴリー:地域生活(街) 関西ブログ
豊臣秀頼
  • 豊臣秀頼
  • 豊臣秀吉の子。母は淀殿。豊臣政権の後継者となるも、後見人前田利家の死、石田三成の失脚後、家康の台頭で一大名に没落。大阪の役で敗れ、豊臣家滅亡を迎える。
  • トラックバック数:20 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:歴史ブログ

豊臣秀吉を含むブログ村メンバー

  •  
worrldさん
  • 先祖と歴史の探索worrldさんのプロフィール
  • 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康と江南市の生駒八右衛門家長・蜂須賀小六・前野将右衛門・板倉四郎右衛門行記
ぽこぺんさん
銀河さん
紀伊(赤石いとこ)さん
tokugawaさん

豊臣秀吉を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

豊臣秀吉について