豊臣秀吉

豊臣秀吉についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ■何と秀吉は養子の多いこと!
  • [豊臣秀吉] ブログ村キーワード 戦国時代の英雄、太閤秀吉。一介の足軽から太閤にまで成った古今東西稀にみる大出世の英雄ですが、この豊臣秀吉にも大きな泣き所が有りました。それは、正室ねねとの間に子供をもうけることが出来なかったことでしょう。確かに晩年になって側室、淀君の間に、二人の男児をもうけましたが、一人は早世、二人目の男児秀頼は、秀吉が亡くなる六年前のことでした。   位人臣を極めた豊臣秀吉豊臣家に・・・続きを読む
  • 真空管のアナログ世界に魅せられて blograjioさんblograjioさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

豊臣秀吉を含むブログ記事

名言メモさん
  • 人を用ふるの者は、能否を択ぶべし、何ぞ新故を論ぜん
  • 乱世の終焉に道筋をつけた。しかし天正10年6月2日(1582年6月21日)、重臣・明智光秀に謀反を起こされ、本能寺で自害した。すでに家督を譲っていた嫡男・織田信忠も同日に二条城で自刃し、信長の政権は、豊臣秀吉による豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府へと引き継がれていくことになる。...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
名言メモさん
  • 人、城を頼らば、城、人を捨てん
  • 乱世の終焉に道筋をつけた。しかし天正10年6月2日(1582年6月21日)、重臣・明智光秀に謀反を起こされ、本能寺で自害した。すでに家督を譲っていた嫡男・織田信忠も同日に二条城で自刃し、信長の政権は、豊臣秀吉による豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府へと引き継がれていくことになる。...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
まっちゃもなかさん
  • 松島基地航空祭2018に行ってきた? 前日入りからの松島観光→オジロワシちゃん激写!!!!
  • とんど全ての写真が望遠というか…まぁまず持っているレンズが望遠ばかりだから広角を撮れっていっても無理なんですけどね(笑)松島の観光名所と言うことでもう1つ紹介したいのがこの観瀾亭。この建物は文禄年中に豊臣秀吉から伊達政宗が拝領した伏見桃山城の一棟で、江戸品川の藩邸に移築したものを二代藩主忠宗が一木一石変えずこの地に移したものと伝えられています。ここでは抹茶と茶菓子を頂く事が出来るので抹茶大好きなまっちゃも...
  • まっちゃもなかのおいしそうなブログまっちゃもなかさんのプロフィール
銭無のとっつあんさん
  • 彼岸の入り(^^♪「ヒガンバナ(彼岸花)」は天界に咲く赤い花 別名曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
  • 養源院大般若経会(だいはんにゃきょうえ)」 商売繁盛の御利益があるとされる養源院で行われる恒例行事です。 仏教の諸経典を集成した大般若経全600巻を御宝前で導師と出仕の僧4人で転読します。 養源院は、豊臣秀吉の側室淀君が父(浅井長政)の菩提を弔うため、秀吉に願い出て建立されたそうです。 1619年に火災で焼失しましたが、徳川秀忠の正室小督(おごう)(淀君の妹)が伏見城の遺構を移築して再建されました。 伏見...
  • 日々是好日 とっつあんの雑記帳銭無のとっつあんさんのプロフィール
大橋むつおのブログさん
  • 高校ライトノベル:真凡プレジデント・82《かえでとすみれ》
  • じゃ、きっといい目が出る!」「じゃ、お手当は十文増しね」「いやいや、おぬしらにはかなわんなあ!」 二人のやり取りを聞いて、やっと分かった。 この大声の小男は、やっと公に姓を名乗り始めた藤吉郎……のちの豊臣秀吉だ!ジャンル:小説毎日、自分の作品(小説、戯曲、エッセーなど)の発表と更新をしています。人気ブログランキングにほんブログ村コメントTweet«高校ライトノベル・連載戯曲... |トップ |...
  • 大橋むつおのブログ大橋むつおのブログさんのプロフィール
名言メモさん
  • だいたい人は、心と気を働かす事をもって良しとするなり
  • 乱世の終焉に道筋をつけた。しかし天正10年6月2日(1582年6月21日)、重臣・明智光秀に謀反を起こされ、本能寺で自害した。すでに家督を譲っていた嫡男・織田信忠も同日に二条城で自刃し、信長の政権は、豊臣秀吉による豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府へと引き継がれていくことになる。...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
AYAさん
  • 深谷城【深谷市】
  • ある。室町時代中期の康正2年(1456)、深谷上杉房憲が古河公方の侵攻に備えて、築城したと伝わる。土塁や深い濠を巡らした城は、面積約20ヘクタールその形から木瓜城とも呼ばれた。天正18年(1590)、豊臣秀吉の関東攻めによって開城するまで、憲清、憲賢、憲盛、氏憲と134年間にわたり、戦国時代の北武蔵における上杉方の支城であった。徳川家康の関東入国後は、徳川一族や譜代家臣の居城であったが、寛永11年(163...
  • AYA's blog 「beautifuldays.」AYAさんのプロフィール
IROYASUさん
りせさん
  • 般舟院 皇室ゆかりの寺院と事件の顛末
  • 庭田朝子を葬った後は多くの皇妃の墓が造られました。庭田朝子は後土御門天皇に寵愛され、後柏原天皇、尊伝入道親王の生母となり、後に皇太后宮の称号が贈られました。下は「般舟院陵」。安土・桃山時代の1595年豊臣秀吉の伏見築城に伴って、般舟院は現在地(大歓喜寺の旧地)に遷されました。この般舟院陵は般舟院とともに伏見から遷されたものとみられています。先日の台風で松の木が倒れて参道をふさいでいました(9月9日)。般舟...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
IROYASUさん
  • BLEACH 死神代行篇 4 DVD (A4534530009067Z)
  • ER DSS-PC-VT3Roland AIRA VT-3ダストカバー dust cover デッキセーバー DSSPCVT3 (A5060348660408Z)黒地文様ストラップ 戦国武将 20. 豊臣秀吉(A4571384651066Z)YAMAHA/ヤマハ LL16D ARE ブラック BL アコースティックギター ケース付属 (A4957812547826Z)===================...
  • いろぽたIROYASUさんのプロフィール

豊臣秀吉を含むトラコミュ

豊臣秀吉
  • 豊臣秀吉
  • 尾張国中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り信長の後継の地位...
  • トラックバック数:237 TB参加メンバー数:49人カテゴリー:歴史ブログ
直江兼続
  • 直江兼続
  • 越後・長尾(上杉)氏下士の出。その才を認められ上杉景勝の近習となった。絶えた直江氏を継ぐ。豊臣秀吉に降った上杉氏が会津120万石に封じられると、陪臣としては破格の...
  • トラックバック数:564 TB参加メンバー数:45人カテゴリー:歴史ブログ
加藤清正
  • 加藤清正
  • 戦国武将。戦国後期最強武将の一角をなす。肥後熊本城主。豊臣秀吉の子飼いで、賤ヶ岳七本槍の一人。朝鮮では鬼と恐れられる。小西行長、石田三成らと対立が高じて、関ヶ原...
  • トラックバック数:63 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
長浜
  • 長浜
  • 旧長浜市域は羽柴秀吉(豊臣秀吉)ゆかりの長浜城の城下町として、17世紀初頭の長浜城廃城後は大通寺の門前町として、また北国街道の要衝として発展してきた街である。現在...
  • トラックバック数:205 TB参加メンバー数:14人カテゴリー:地域生活(街) 関西ブログ
豊臣秀頼
  • 豊臣秀頼
  • 豊臣秀吉の子。母は淀殿。豊臣政権の後継者となるも、後見人前田利家の死、石田三成の失脚後、家康の台頭で一大名に没落。大阪の役で敗れ、豊臣家滅亡を迎える。
  • トラックバック数:20 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:歴史ブログ

豊臣秀吉を含むブログ村メンバー

  •  
tokugawaさん
ぽこぺんさん
銀河さん
紀伊(赤石いとこ)さん
mikawaケンイチさん

豊臣秀吉を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

豊臣秀吉について