豊臣秀吉

豊臣秀吉についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ■何と秀吉は養子の多いこと!
  • [豊臣秀吉] ブログ村キーワード 戦国時代の英雄、太閤秀吉。一介の足軽から太閤にまで成った古今東西稀にみる大出世の英雄ですが、この豊臣秀吉にも大きな泣き所が有りました。それは、正室ねねとの間に子供をもうけることが出来なかったことでしょう。確かに晩年になって側室、淀君の間に、二人の男児をもうけましたが、一人は早世、二人目の男児秀頼は、秀吉が亡くなる六年前のことでした。   位人臣を極めた豊臣秀吉豊臣家に・・・続きを読む
  • 真空管のアナログ世界に魅せられて blograjioさんblograjioさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

豊臣秀吉を含むブログ記事

kasuterakunさん
  • 「家康、江戸を建てる」門井慶喜
  • by ヨメレバ「北条家の関東二百四十万石を差し上げよう」天正十八年、落ちゆく小田原城を眺めつつ、関白豊臣秀吉は徳川家康に囁いた。その真意は、湿地ばかりが広がる土地と、豊穣な駿河、遠江、三河、甲斐、信濃との交換であった。家臣団が激怒する中、なぜか家康は要求を受け入れる―ピンチをチャンスに変えた究極の天下人の、...
  • おすすめ本の紹介ブログkasuterakunさんのプロフィール
えちこさん
  • 【続100名城】No.125 小机城
  • 考えられています。1476年に始まる長尾景春の乱の中で、扇谷上杉氏の重臣・太田道灌により攻め落とされました。戦国時代は、小田原北条氏が関東進出の中で小机城も支配下に置き、城を再構築していったそうです。豊臣秀吉による小田原攻めの際、ここでの戦闘の記録はなく、徳川家康の関東入りの際廃城となりました。 現在、小机城は竹がいっぱい。こんな立派な竹林のお城、初めてです。 きっと、パンダ、大興奮。笹の葉は一年中枯...
  • 史跡めぐり『プラスあるふぁ』ぷらっ旅えちこさんのプロフィール
anesthesiologistさん
  • 医者は魅力ある職業か??
  • して、嫌悪感を抱くようです。江戸幕府が儒教を奨励して商業を「士農工商」の最下位に位置づけ、お金を稼ぐことが賤しいことであるように印象づけた影響が今でも残っているのでしょうか?徳川家康以前は、織田信長も豊臣秀吉も商業を重視していました。江戸時代にも田沼意次という、非常に経済センスに優れた政治家が登場しますが、不運にも飢饉により失脚してしまい、後に儒教信奉者たちによって悪徳政治家のレッテルを貼られてしまい現在...
  • IgA腎症を患った麻酔科医のブログanesthesiologistさんのプロフィール
ささらさん
  • 平成最後の○○から発想して、家紋が気になる
  • のですが、わからなければお好きな紋を。 ただし、菊の御紋と五七桐花紋はいくら好きだからと言っても、関係者以外は入れないように。 紋は天皇家以外は何が本当か分からないし、織田信長も7つ紋を持っていたし、豊臣秀吉もころころ変えていましたから。 こういうことを 「きもの文化サロン」の家紋についてで資料とともに詳しくお話しています。 平成最後の○○ と最近はよく言われていますが、日本の家紋をみることで、ルーツ...
  • 着物探求家ささらの着付け教室ささらさんのプロフィール
tabiblogさん
  • 東北地方の湯どころ -宮城県編-
  • 。現在の建物は、伊達政宗が桃山式建築手法の粋をつくして再建したもので、五大明王像は33年に一度、一般公開されることになっており、直近では平成18年8月に一般公開されました。 観欄亭観瀾亭は、もともと豊臣秀吉の伏見桃山城にあった茶室を政宗がもらい受けて江戸の藩邸に移築していたものを二代藩主忠宗が1本1石も変えぬようにと命じ、海路ここに移したと伝えられています。記録によると藩主姫君、側室等の松島遊覧、幕府巡...
  • 旅と散策tabiblogさんのプロフィール
momoandbonさん
  • 戦国史関連の電子書籍を出しました!
  • を成し遂げていたのですが、当時の幕府も後世の為政者もこの事実を黙殺したのです。これが皮肉なことに、現在の尖閣諸島問題と深くリンクしているのです。本書の中では彼を取り巻く人物として、当時の権力者であった豊臣秀吉や徳川家康・秀忠、戦国大名の高山右近、大村喜前、天正遣欧少年使節千々石ミゲル、さらには宣教師ジョアン・ロドリゲス神父、デ・モラレス神父、貿易商末次平蔵、長崎奉行長谷川権六、イエズス会司祭荒木トマス、背...
  • ナチュラリストの散歩道momoandbonさんのプロフィール
さくらにゃんさん
ひこいちの歴史研究さん
  • 『浪速史跡めぐり』御霊神社・大阪は都心は淡路町に御霊神社、祭神は天照大神荒魂、津布良彦神、応神天皇、源正霊神
  • 江、円形の入り江をなしていた。その地に瀬織津比売神、地主神たる津布良彦神、津布良媛神、奉祀し円神詞と言ったのがこの神社の古名である。御神威高く、上古、天皇のご即位大嘗祭に続く八十島祭を預かり給もうた。豊臣秀吉の大坂城築城後、各諸大名の寄進相次ぎ、特に石見藩亀井玆矩が屋敷地を割いて寄進した。文禄三年(一五九四)に源正霊神を合祀して現在の地に遷座した。その後、御霊神社と改称された、江戸時代には大阪城大家老が巡...
  • ひこいちの歴史研究ひこいちの歴史研究さんのプロフィール
日向亮司さん
  • 雪散れり「虎に翼」の碑に散れり最初の目的地は「吉野」である。しかし「吉野」といっても豊臣秀吉の「吉野の千本桜」でも世界遺産の「金峯山寺」でもない。地図に載っていない「吉野」である。カーナビに「宮滝遺跡」と入れてみたが出て来ない。それではと「桜木神社」と入れてみたがこれもまた出て来ない。何と入...
  • ひこばえ日向亮司さんのプロフィール
ペタワロスwwwwwwwwwさん

豊臣秀吉を含むトラコミュ

豊臣秀吉
  • 豊臣秀吉
  • 尾張国中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り信長の後継の地位...
  • トラックバック数:237 TB参加メンバー数:49人カテゴリー:歴史ブログ
直江兼続
  • 直江兼続
  • 越後・長尾(上杉)氏下士の出。その才を認められ上杉景勝の近習となった。絶えた直江氏を継ぐ。豊臣秀吉に降った上杉氏が会津120万石に封じられると、陪臣としては破格の...
  • トラックバック数:564 TB参加メンバー数:45人カテゴリー:歴史ブログ
加藤清正
  • 加藤清正
  • 戦国武将。戦国後期最強武将の一角をなす。肥後熊本城主。豊臣秀吉の子飼いで、賤ヶ岳七本槍の一人。朝鮮では鬼と恐れられる。小西行長、石田三成らと対立が高じて、関ヶ原...
  • トラックバック数:63 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
長浜
  • 長浜
  • 旧長浜市域は羽柴秀吉(豊臣秀吉)ゆかりの長浜城の城下町として、17世紀初頭の長浜城廃城後は大通寺の門前町として、また北国街道の要衝として発展してきた街である。現在...
  • トラックバック数:205 TB参加メンバー数:14人カテゴリー:地域生活(街) 関西ブログ
豊臣秀頼
  • 豊臣秀頼
  • 豊臣秀吉の子。母は淀殿。豊臣政権の後継者となるも、後見人前田利家の死、石田三成の失脚後、家康の台頭で一大名に没落。大阪の役で敗れ、豊臣家滅亡を迎える。
  • トラックバック数:20 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:歴史ブログ

豊臣秀吉を含むブログ村メンバー

  •  
ぽこぺんさん
銀河さん
紀伊(赤石いとこ)さん
tokugawaさん
mikawaケンイチさん

豊臣秀吉を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

豊臣秀吉について