松尾芭蕉

松尾芭蕉についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ◆人間の心の移り変わりが粗雑で、傷つきました。それは例外なく自分自身もそうでした。  松尾芭蕉
  • 【公認】天宙神千夕龍華様[松尾芭蕉] ブログ村キーワード日本の大地から神の息吹を感じて、神を思い、神を慕って日本を歩きました。日本の繊細な風景が、貴方様(千夕龍華様)の面影を待っていたような気が致します。小川のせせらぎの背後に、眩しいほどの新緑の背後にあなたの愛があったことを今、思い出します。日本の国を神が御創りになられ、その美しさを永久に残したいと思い、私が派遣されましたが、世の惑わしによって疲れ・・・続きを読む
  • 『公認』 ありがとう 千夕龍華様 『公認』 天宙神 千夕龍華様さん『公認』 天宙神 千夕龍華様さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

松尾芭蕉を含むブログ記事

貢蕉の瞑想さん
  • 同い年で出陣!?
  • 願のお礼と実盛の供養のために、多太神社に兜を奉納したのである。 流石、義仲! この兜にまつわる実盛と義仲の話は、『平家物語』巻第七に「実盛」として語られている。 それからずっと後元禄2年(1689)、松尾芭蕉が「奥の細道」の途中にこの地を訪れた。 兜を見た芭蕉は実盛を偲び、「むざんやな 甲の下の きりぎりす」と句を詠む。 それが、上の句碑である。 その句碑のそばに「松尾神社」という神社があるが、これは松尾...
  • 貢蕉の瞑想貢蕉の瞑想さんのプロフィール
アスカ マコトさん
  • 高館義経堂
  • 義経堂を建立します。 源義経主従供養塔です。昭和六十一年(1986)、藤原三代・秀衡公、源義経公、武蔵坊弁慶さま八百年の御遠忌を期して、供養の為に塔が建立されました。 元禄二年(1689)、俳聖・松尾芭蕉さまが門人の曽良さまを伴い、高館の地に訪れます。 『夏草や兵共が夢の跡』松尾芭蕉 この地で義経さまは生涯を終えましたが、ここから北の地へ逃れる伝説が始まりました。岩手、青森、秋田(家臣の足跡)、北...
  • 神社仏閣に癒しの音が響くアスカ マコトさんのプロフィール
ティエンさん
  • 2019年01月15日のつぶやき
  • さんの失敗作を作れる人」天才は最初から傑作が作れて、発表する作品がことごとく人気になると思いがちですが、これは誤解です。ピカソは14万7800点もの作品を残し、アインシュタインは240本の論文を書き、松尾芭蕉は982句を残しています… at 01/15 18:42thiennaqua / ティエン“ばーちゃる化学分析員”RT @8cFS70aWWJFzgr0: 成人式を迎えた新大人へ貴方の年齢を倍にして、...
  • thiennのドロップシッピング修行ティエンさんのプロフィール
笑子さん
  • 旅立ちの地
  • フォト俳句ブログブログ[3266][3264][3263][3262][3261][3260]旅立ちの地いにしへの旅立ちの地に冬日射す笑子いにしえのたびだちのちにふゆびさす「奥の細道」紀行文によれば、松尾芭蕉は元禄2年(1689年)3月に船で隅田川を北上し千住の地に上陸。千住より奥州へと旅立ちましたなんだか 熱意が途切れそうだったもので年始休暇中に芭蕉翁像に会いに行ってきました(*^-^*)フォト俳句を始...
  • 笑子のフォト俳句ブログ笑子さんのプロフィール
和辻鉄丈さん
  • 目黒不動尊(東京都目黒区) 将軍から庶民まで不動の地
  • さるお不動様。右の龍の口から出るのが独鈷の瀧、左奥が青竜大権現を祀る垢離堂。目黒不動尊御朱印下目黒郵便局 ; 瀧泉寺前不動堂目黒不動尊お参りの後は、24〜25日のイベントの下見も兼ねて下町へ。 深川は松尾芭蕉が1680年に日本橋から移り住んだ場所。江戸では土木に関する仕事に従事していたので、官僚的雰囲気から逃れる意味で庶民の街に引っ越したのでしょうか。ここから奥の細道も出発しました。隅田川沿いにある芭蕉翁...
  • 和辻鉄丈の個人巡礼(御朱印・風景印)和辻鉄丈さんのプロフィール
木村松峯(峯子)さん
  • 筆文字アート・R
  • ントTweet«伊豆新聞掲載=あす東堤に新灯台 |トップ |このブログの人気記事伊豆新聞掲載=平成最後は629人筆文字アート・静世界の名画/アルブレヒト・デューラー(1)書家・かな713/松尾芭蕉世界の名画/サルバドール・ダリ(20)世界の名画/ピーテル・ブリューゲル(1)伊豆新聞掲載=スイセンと海岸美堪能世界の名画/岡鹿之助(13)書家・かな191/一草世界の名画・ドイツ・ロマン派/ハッケル...
  • 墨象家|書家|木村松峯(峯子)のブログ木村松峯(峯子)さんのプロフィール
木村松峯(峯子)さん
  • 伊豆新聞掲載=あす東堤に新灯台
  • トTweet«世界の名画/ルーカス・クラ... |トップ |このブログの人気記事伊豆新聞掲載=平成最後は629人筆文字アート・静世界の名画/アルブレヒト・デューラー(1)書家・かな713/松尾芭蕉世界の名画/サルバドール・ダリ(20)世界の名画/ピーテル・ブリューゲル(1)伊豆新聞掲載=スイセンと海岸美堪能世界の名画/岡鹿之助(13)書家・かな191/一草世界の名画・ドイツ・ロマン派/ハッケル...
  • 墨象家|書家|木村松峯(峯子)のブログ木村松峯(峯子)さんのプロフィール
木村松峯(峯子)さん
  • 世界の名画/ルーカス・クラナッハ(1)
  • ウェブログコメントTweet«筆文字アート・静 |トップ |このブログの人気記事伊豆新聞掲載=平成最後は629人筆文字アート・静世界の名画/アルブレヒト・デューラー(1)書家・かな713/松尾芭蕉世界の名画/サルバドール・ダリ(20)世界の名画/ピーテル・ブリューゲル(1)伊豆新聞掲載=スイセンと海岸美堪能世界の名画/岡鹿之助(13)書家・かな191/一草世界の名画・ドイツ・ロマン派/ハッケル...
  • 墨象家|書家|木村松峯(峯子)のブログ木村松峯(峯子)さんのプロフィール
虚無僧一路さん
  • 網走は会津藩領だった
  • ンル:ウェブログコメントTweet«幕末秘話「網走をドイツに売... |トップ |このブログの人気記事坪内ミキ子は逍遥の孫?闇に葬られた「東電OL殺人事件」坪内逍遥の最後林住期さそり座の女松尾芭蕉は、なぜ「芭蕉」を俳号にしたのか人生劇場傷だらけの人生霧の摩周湖網走番外地最近の画像[もっと見る]虚無僧牧原一路 四国の室戸岬から足摺岬へ1年前虚無僧牧原一路 四国の室戸岬から足摺岬へ1年前絶海の孤島...
  • 一路の虚無僧日記虚無僧一路さんのプロフィール
虚無僧一路さん
  • 幕末秘話「網走をドイツに売却」の秘密工作
  • ク (1)Tweet«網走番外地 |トップ |網走は会津藩領だった »このブログの人気記事坪内ミキ子は逍遥の孫?闇に葬られた「東電OL殺人事件」坪内逍遥の最後林住期さそり座の女松尾芭蕉は、なぜ「芭蕉」を俳号にしたのか人生劇場傷だらけの人生霧の摩周湖網走番外地最近の画像[もっと見る]虚無僧牧原一路 四国の室戸岬から足摺岬へ1年前虚無僧牧原一路 四国の室戸岬から足摺岬へ1年前絶海の孤島...
  • 一路の虚無僧日記虚無僧一路さんのプロフィール

松尾芭蕉を含むトラコミュ

奥の細道紀行
  • 奥の細道紀行
  • 松尾芭蕉の歩いた下野路を写真で紹介。栃木県内に残る芭蕉の句碑も紹介しています。
  • トラックバック数:43 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:歴史ブログ
伊賀
  • 伊賀
  • 伊賀市は、三重県北西部に位置する都市である。伊賀市は、2004年(平成16年)11月1日に上野市、阿山郡伊賀町、阿山町、大山田村、島ヶ原村、名賀郡青山町の6市町村が合併(...
  • トラックバック数:94 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

松尾芭蕉を含むブログ村メンバー

  •  
青海(オウミ)さん
つぶれ梅さん
さとうさん
eriki30さん
松尾芭蕉さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

松尾芭蕉について