松尾芭蕉

松尾芭蕉についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ◆人間の心の移り変わりが粗雑で、傷つきました。それは例外なく自分自身もそうでした。  松尾芭蕉
  • 【公認】天宙神千夕龍華様[松尾芭蕉] ブログ村キーワード日本の大地から神の息吹を感じて、神を思い、神を慕って日本を歩きました。日本の繊細な風景が、貴方様(千夕龍華様)の面影を待っていたような気が致します。小川のせせらぎの背後に、眩しいほどの新緑の背後にあなたの愛があったことを今、思い出します。日本の国を神が御創りになられ、その美しさを永久に残したいと思い、私が派遣されましたが、世の惑わしによって疲れ・・・続きを読む
  • 『公認』 ありがとう 千夕龍華様 『公認』 天宙神 千夕龍華様さん『公認』 天宙神 千夕龍華様さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

松尾芭蕉を含むブログ記事

matasaburo3の散歩日記さん
  • 「奥の細道」出立の地と千寿竹やぶ
  • りながらの印象記やあれこれ。「奥の細道」出立の地と千寿竹やぶ2018-06-25 11:22:54 |グルメ 千住 6月中旬の梅雨の晴れ間の日、京成線千住大橋駅で下車しました。1689年(元禄2年)、松尾芭蕉は舟に乗って深川を出発し、千住大橋付近で下りて、矢立初めの句を詠みました。「おくのほそ道」の冒頭です。「月日は百代の過客にして、行き交う年もまた旅人なり。・・・・・・千住という所にて船をあがれば、前途...
  • matasaburo3の散歩日記matasaburo3の散歩日記さんのプロフィール
福岡筆文書家木原龍峰さん
  • 芭蕉の俳句二題 6.25
  • 用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。コメントを投稿する「芭蕉の俳句を書く」カテゴリの最新記事芭蕉の俳句二題 6.25芭蕉の俳句二題30.6.20松尾芭蕉の絶対的傑作を書く芭蕉の俳句二題30.610芭蕉の俳句二題30.6.9芭蕉の俳句二題30.6.6芭蕉の俳句二題30.6.2芭蕉の俳句二題 30.5.31芭蕉の俳句二題30.528芭蕉の俳句二題30.5...
  • 福岡筆文書家木原龍峰の日々是好日福岡筆文書家木原龍峰さんのプロフィール
温泉ドラえもんのブログさん
  • 子どもに人気の甲虫! クワガタムシ(鍬形虫)
  • ...小枝に擬態です! ナナフシモドキ(七節擬き)麩まんじゅうを包む葉です! サルトリイバラ(猿...人面昆虫のよう! オオホシカメムシ(大星亀虫)ぬる〜と出ました! オオミスジコウガイビル(大...松尾芭蕉も愛でた巨大な草! バショウ(芭蕉)潅水池で交尾・産卵! オオシオカラトンボ(大塩...野菜の天敵を食べてください! ナナホシテントウ...雨後の羽化! キイロスズメ(黄色雀蛾)黄色のバッタです! ツ...
  • 温泉ドラえもんのブログ温泉ドラえもんのブログさんのプロフィール
kabukumono(執行雅臣)さん
  • 芭蕉稲荷神社、深川芭蕉庵旧地、奥の細道への旅の出発地
  • 江東区常盤1-3-12にあるのが「芭蕉稲荷神社」で、ここは松尾芭蕉が延宝8年(1680年)から元禄7年(1694年)10月に大阪で51歳で病没するまで庵を構えた場所。ここから全国各地への旅を始めた。「芭蕉稲荷神社」はほんとうにこじんまりしたところで、そこにはたくさん...
  • 執行雅臣 東京ファッションと街歩きのブログkabukumono(執行雅臣)さんのプロフィール
風天道人の詩歌、歴史を酒の肴にさん
  • 流れゆく 高浜虚子(比歌句 41 左)
  • れたのだ。私がこの比歌句を書いてみようと思ったきっかけでもある。ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメント«五月雨を 松尾芭蕉(比歌句... |トップ |コメントを投稿名前タイトルURL※名前とURLを記憶するコメント※絵文字はJavaScriptが有効な環境でのみご利用いただけます。▼ 絵文字を表示携帯絵文字リスト1リスト...
  • 風天道人の詩歌、歴史を酒の肴に風天道人の詩歌、歴史を酒の肴にさんのプロフィール
木村松峯(峯子)さん
  • 書家・かな663/参議等
  • してください。コメントを投稿する「かな」カテゴリの最新記事書家・かな663/参議等書家・かな662/源兼昌書家・かな661/坂上是則書家・かな660/崇徳院書家・かな659/山部赤人書家・かな658/松尾芭蕉書家・かな657/持統天皇書家・かな656/大中臣能宣朝臣書家・かな655/壬生忠岑書家・かな654/大納言公任記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 伊豆新聞掲...
  • 墨象家|書家|木村松峯(峯子)のブログ木村松峯(峯子)さんのプロフィール
chuuyoさん
  • インターネット俳句会の選句がなかなか進まねぇ
  • りの人に登録/削除全体表示[ リスト ]インターネット俳句会の選句がなかなか進まねぇクリップ追加2018/6/23(土) 午後 2:47日記日々の出来事俳句はいい感じで推移してる気がする。うん、うん、松尾芭蕉風の確立も時間の問題やね。って、・・・。出来れば今年中に名句詠んで、来年にはプロの俳人としてデビューしたいもんぢゃ焼き。うん、うん、っちゅうことで、残すは名句を詠むだけ。って、・・・。名句詠める気でい...
  • 「兼業・チャリ舟株屋」chuuyoさんのプロフィール
ルークさん
  • オビを連れて芭蕉の里と雲厳寺
  • す  芭蕉の館  喉も乾いたので休憩、ゆずっぺ!美味しかったです  250円  そして向かったのは雲巌寺、吉永小百合さん効果で一躍有名になりましたね  禅宗の日本四大道場の1つだそうです、そして松尾芭蕉や水戸黄門公ともゆかりの深い古刹  オビはここまで、車でお留守番、何度か訪れていますが観光客の多さにビックリでした  黒羽の続編も近日公開  ポチットご協力お願いしますにほんブログ村...
  • ルークは今日もご機嫌ルークさんのプロフィール
こむぎんこさん
  • けして一人では読まないでください。恐ろしい殺生石伝説
  • ガスなどの有毒な火山ガスに近づかないよう言い伝えられたものだそうですよ昔話あるあるですな。すごい硫黄くさいもんね〜今でもガスの濃度の高い場所があって立入禁止の一帯があるそうですよ。ちなみにかつて かの松尾芭蕉もこの地を訪れたそうです。そして芭蕉が「奥の細道」の中に残した句がこちら。「殺生石は温泉の出づゆ山影にあり。石の毒気いまだ滅びず、蜂、蝶のたぐひ真砂の色の見えぬほど重なり死す」※真砂の色とは、地面の砂...
  • シェルティ.こむっこむぎんこさんのプロフィール
みやこさん
  • 『宝珠山 立石寺』
  • さぁ〜東北旅の記録簿の続きを記さないと・・・^^ この日は、2014.08.03 AM7:25 朝から快晴。 最初の訪問先は・・・『宝珠山 立石寺』松尾芭蕉の「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」の句で有名な所みたいです。初っ端から階段。 私の膝はもつのだろうか???まだ、人っ気は少なく、歩きやすい^^v階段や坂を登っていくと・・・うぎゃ〜\(◎o◎)/!木の...
  • 旅ブロ〜五感を刺激して〜みやこさんのプロフィール

松尾芭蕉を含むトラコミュ

奥の細道紀行
  • 奥の細道紀行
  • 松尾芭蕉の歩いた下野路を写真で紹介。栃木県内に残る芭蕉の句碑も紹介しています。
  • トラックバック数:43 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:歴史ブログ
伊賀
  • 伊賀
  • 伊賀市は、三重県北西部に位置する都市である。伊賀市は、2004年(平成16年)11月1日に上野市、阿山郡伊賀町、阿山町、大山田村、島ヶ原村、名賀郡青山町の6市町村が合併(...
  • トラックバック数:94 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

松尾芭蕉を含むブログ村メンバー

  •  
つぶれ梅さん
青海(オウミ)さん
ebisu2017さん
松尾芭蕉さん
さとうさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

松尾芭蕉について