松尾芭蕉

松尾芭蕉についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ◆人間の心の移り変わりが粗雑で、傷つきました。それは例外なく自分自身もそうでした。  松尾芭蕉
  • 【公認】天宙神千夕龍華様[松尾芭蕉] ブログ村キーワード日本の大地から神の息吹を感じて、神を思い、神を慕って日本を歩きました。日本の繊細な風景が、貴方様(千夕龍華様)の面影を待っていたような気が致します。小川のせせらぎの背後に、眩しいほどの新緑の背後にあなたの愛があったことを今、思い出します。日本の国を神が御創りになられ、その美しさを永久に残したいと思い、私が派遣されましたが、世の惑わしによって疲れ・・・続きを読む
  • 『公認』 ありがとう 千夕龍華様 『公認』 天宙神 千夕龍華様さん『公認』 天宙神 千夕龍華様さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

松尾芭蕉を含むブログ記事

美容外科 SOグレイスクリニックスタッフさん
  • 【松島や ああ松島や 松島や】研修旅行に参加しました
  • り宮城県仙台市におじゃましてきました 国宝 瑞巌寺のお隣にある円通院は紅葉の名所としても知られています庭園が大変綺麗でした 今回の表題 諸説あるようですが一説には芭蕉の句とするものもあり松尾芭蕉が松島にてそのあまりの絶景に思わず詠んだというものです 松島の海岸沿いに宿泊しました お部屋から見た朝の景色 フェリーにも乗る事ができました霞がかった松島は本当にきれいでした 今回は...
  • SOグレイスクリニック スタッフブログ『美・創り』美容外科 SOグレイスクリニックスタッフさんのプロフィール
狂志郎さん
  • 恋の手紙 愛の手紙 半藤一利
  • 山本五十六、太宰治 斉藤茂吉竹久夢二??? 芥川龍之介、島崎藤村、北村透谷、堀辰雄、樋口一葉、高見順 岡倉天心夏目鏡子、森鴎外、横光利一、大宅壮一、高村光太郎、磯部浅一 坂口安吾、光源氏小野寺十内、、松尾芭蕉、坂本龍馬、小林一茶、皇女和宮、武田勝頼夫人、豊臣秀吉?この世の中、何が辛いと言って別れほど哀しく辛いものはない。ましてや今生の別れとなれば尚更だ。この本には何も結婚前の熱烈なラブレターばかりが載って...
  • 居眠り狂志郎の遅読の薦め狂志郎さんのプロフィール
cafe Ange &文化教室瑞月さん
  • 工夫するって!素晴らしい!
  • みなさん、お仕事帰りです!お疲れ様! 今日は、全員「己書二人三脚展」の、作品に取り組んで下さっています。 さすが、一番年少者の「松井さん」1作品完成しました! そうめんの空き箱の木のふたに!松尾芭蕉の俳句を、描いてくれました! 後の三人は、お家で仕上げるという事で今日も一生懸命に集中してくださいました! 松井さんの、傑作は!フォークアートで、木を立てる、パーツをネットで検索して、作ってこられまし...
  • ♪あれや!これや!と!♪cafe Ange &文化教室瑞月さんのプロフィール
KABUOさん
  • 天童市  天童ホテルさんの日帰り入浴をご紹介!
  • (18)歴史と史跡をご紹介! (79)歴史と史跡をご紹介!-史跡巡り (54)歴史と史跡をご紹介!-神社仏閣巡り (48)歴史と史跡をご紹介!-百名城 城址 廃城 巡り (28)歴史と史跡をご紹介!-松尾芭蕉の軌跡 (8)歴史と史跡をご紹介!-歴史偉人をご紹介 (5)観光スポットをご紹介! (56)観光スポットをご紹介!-観光スポット (24)観光スポットをご紹介!-温泉街 日帰り入浴巡り (25)観光ス...
  • KABUOカブで激走 山形 東北街道巡りの旅KABUOさんのプロフィール
イタチさん
デンマンさん
  • 落ちる人が死んでから
  •  仁王島でもね、上の俳句は芭蕉が作ったのではないらしいのですよ。実は、僕もこの記事を書く前まで知らなかったのですよ。でも、念のために調べたら次のように書いてあるじゃないですか!(basho3.jpg)松尾芭蕉が『奥の細道』で松島を訪れた際に、あまりに絶景なので句が浮かばず、「松島やああ松島や松島や」と詠んだという逸話があるが、この川柳は後世の狂歌師田原坊の作で、芭蕉の作ではないとされる。ただし、その場で句...
  • デンマンの徒然ブログデンマンさんのプロフィール
khimyuさん
  • 平泉・中尊寺
  • 氏の庇護を受けて堂宇の補修・建立が行われ承応3年(1654年)からは仙台・仙岳院が別当寺となり寛文5年(1665年)には江戸・寛永寺の末寺となります。元禄2年(1689年)に『奥の細道』の旅をしていた松尾芭蕉が、中尊寺の荒廃ぶりを見て嘆き 詠んだ事が知られています。 奈良や京都や鎌倉や 権力の中心地がめまぐるしく変わって行った歴史。その中で 中央から遠く離れた東北の辺鄙な位置に こんな栄華があったという記...
  • blog 旅と写真khimyuさんのプロフィール
ほっくんさん
  • ★千住の秋歩き
  • 千住の秋歩き JR北千住駅がスタート地点です。今年2回目の北千住ウォーキングとなります。確かあの時は、松尾芭蕉の足跡をたどったりしました。 駅を出たら東に向かって歩き出すと、すぐに学園通りの商店街にはいります。 商店街の途中に足立学園があるので、この名前になったんでしょうか。 ほどなく柳原稲荷神社に到着します...
  • 私の好きな旅行・ウォーキングとミステリほっくんさんのプロフィール
聖海さん
  • ぶらりみちのく日帰り旅行の巻
  • 5年くらい前に、東北5県を周遊したことが御座いまして、その中でも平泉は、人生の中でもう一度訪れたい場所まずは、今回、初訪問の毛越寺、なんですが、…なんか、すっごく悲しい…「夏草や兵どもが夢の跡」って、松尾芭蕉が平泉を訪れて詠んだ句の一つらしいのですが、まさしくそんな感じで、昔は栄えていたんだろうなぁと(多分その後の戦乱で、復興されなかった)観自在王院跡と無量光院跡も拝見したのですが、盛者必衰とか、諸行無常...
  • 全ての女性は女神です✨聖海さんのプロフィール
お寺に神社 御朱印求めて ぶらり 一人旅 さん
  • もみじ狩り 山形県山形市立石寺山寺(6)芭蕉・曽良像、宝物殿、念仏堂
  •  これも願掛けものっすね 延命、長寿小銭に名前を書いて お供えすれば・・・・・小銭に書く・・・・マジック持ってません・・・・(笑鳥居をくぐって 先に進みます逆光っすね 『俳聖芭蕉』って書いてあります 松尾芭蕉っすね 東北各地に 松尾芭蕉の像見掛けますよね 岩手平泉辺りでも 見掛けなかったかな?こっちは 『芭蕉門人』『曽良の像』です 「閑かさや岩にしみいる蝉の声」有名な俳句ですね『宝物殿』『念仏堂』山寺の山...
  • お寺に神社 御朱印求めて ぶらり 一人旅 お寺に神社 御朱印求めて ぶらり 一人旅 さんのプロフィール

松尾芭蕉を含むトラコミュ

奥の細道紀行
  • 奥の細道紀行
  • 松尾芭蕉の歩いた下野路を写真で紹介。栃木県内に残る芭蕉の句碑も紹介しています。
  • トラックバック数:43 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:歴史ブログ
伊賀
  • 伊賀
  • 伊賀市は、三重県北西部に位置する都市である。伊賀市は、2004年(平成16年)11月1日に上野市、阿山郡伊賀町、阿山町、大山田村、島ヶ原村、名賀郡青山町の6市町村が合併(...
  • トラックバック数:94 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

松尾芭蕉を含むブログ村メンバー

  •  
つぶれ梅さん
青海(オウミ)さん
さとうさん
松尾芭蕉さん
ebisu2017さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

松尾芭蕉について