松尾芭蕉

松尾芭蕉についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ◆人間の心の移り変わりが粗雑で、傷つきました。それは例外なく自分自身もそうでした。  松尾芭蕉
  • 【公認】天宙神千夕龍華様[松尾芭蕉] ブログ村キーワード日本の大地から神の息吹を感じて、神を思い、神を慕って日本を歩きました。日本の繊細な風景が、貴方様(千夕龍華様)の面影を待っていたような気が致します。小川のせせらぎの背後に、眩しいほどの新緑の背後にあなたの愛があったことを今、思い出します。日本の国を神が御創りになられ、その美しさを永久に残したいと思い、私が派遣されましたが、世の惑わしによって疲れ・・・続きを読む
  • 『公認』 ありがとう 千夕龍華様 『公認』 天宙神 千夕龍華様さん『公認』 天宙神 千夕龍華様さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

松尾芭蕉を含むブログ記事

misakiさん
  • 湯殿山。
  • 三山のなかでも、湯殿山は特別に神秘的な山とされ、 神域とされるところからは一切撮影禁止です。 この山で体験したことは「語るなかれ」「聞くなかれ」との戒めあり 「語られぬ 湯殿にぬらす 袂かな」 これは松尾芭蕉が詠んだ句で、東北紀行『奥の細道』にも 湯殿山神社のことが簡単に記されているそうです。 ここから、もうしばらく歩くのですが、その道程も紹介出来ないので 是非出羽三山に興味ある方は行かれて見て下さい。...
  • ♪〜はっぴーでぃず〜♪misakiさんのプロフィール
りすにゃさん
  • 【note】甲州街道・鶴川宿から下鳥沢宿まで歩いてみた(2)−大椚を経て野田尻宿へ−
  • に、樹齢300年と推定される大きな杉の木が木陰をつくっています。【大椚風景2】観音堂から歩き始めると、再び中央道。談合坂SA(下り線)まで1キロの地点。左側を中央道に沿って進みます。【芭蕉句碑】道端に松尾芭蕉と弟子の各務支考の句碑。すでに摩耗・損傷していて句は読み取れませんが、以下の2句が刻まれているそうです。「古池や蛙とびこむ水の音」(芭蕉) 「あがりてはさがりあけては夕雲雀」(支考)句碑は日野の花岳寺...
  • 日日の幻燈りすにゃさんのプロフィール
進学塾アルファ狭山校さん
  • 松尾芭蕉
  • 昨日の国語の授業で、松尾芭蕉(まつおばしょう)について触れたので、ご紹介したいと思います。松尾芭蕉は江戸時代の俳人で俳諧紀行文「おくのほそ道」で知られています。今回の中間試験で「おくのほそ道」の冒頭部分が出題されるので、芭蕉の話...
  • 進学塾アルファ狭山校のブログ進学塾アルファ狭山校さんのプロフィール
ツバキさん
  • 【近畿道の駅】道の駅宮津&天橋立〜目指せ!全国制覇〜【京都】
  • 、フィットンチッドをたっぷり吸って(?)森林浴のような心地よさを感じ、また素晴らしい気を感じながらの散策となりました。 途中、天橋立神社(橋立明神)にお参りし……与謝蕪村の句碑を見て、晶子の松を見て、松尾芭蕉の句碑を見て、夫婦松まで進みます。さらにそこから進んだのですが、道の駅から歩いてきた私たちに松並木全長2.6kmの壁は厚く……。半分以上進んだところで、断念し引き返すことにしました。ちなみに天橋立では...
  • ジャニーズ、ディズニー大好きツバキの*気になる話*ツバキさんのプロフィール
katsusunさん
  • 「おくのほそ道」って何?
  • くのほそ道って、ブギウギ専務だよね」って言った。自分はケーブルテレビで録画したブギウギ専務をよく視るのだが、その中の人気企画「ブギウギおくのほそ道」のせいだ。完全に間違った刷り込みがされている。試しに松尾芭蕉を知っているかを訊いたところ、俳句の人という返事だった。「おくのほそ道」の作者が松尾芭蕉と言ってもピンとこないようだ。おまけに自分は子供に対して、デタラメとかいい加減なことしか言わないので信用されてい...
  • おっさん、酔った勢いで子育てを語るkatsusunさんのプロフィール
シュンさん
  • 桜色の
  • )俳句と和歌の墨場必携 (42)詩の墨場必携 (10)熟語の墨場必携 (2)一文字の墨場必携 (10)おくのほそ道 (8)古今和歌集 (14)百人一首 (1)虞世南 (3)孫過庭 (6)欧陽詢 (5)松尾芭蕉 (13)北原白秋 (8)頭の素描 (10)人物画 (23)裸婦 (11)ひざの研究 (4)手の素描 (30)シルエットシリーズ (4)仮名 (34)誰かの日常シリーズ (6)もしゃもしゃブック (2...
  • ある日の美術シュンさんのプロフィール
tamagourさん
  • 千年鮭 井筒屋@新潟県村上市〜郷土の味 塩引鮭のお茶漬け
  • が読みきれないので、なかなか予約しづらいところがあるのですが、塩引き鮭と土鍋ご飯でお手軽に鮭茶漬けを食べられる店が昨年オープンしたと聞き、ランチに伺ってみました。鮭料理専門店の『千年鮭 井筒屋』さん。松尾芭蕉が旅の途中で二泊したという、歴史ある元旅籠を改装したお店です。アクセス井筒屋さんの所在地は、新潟県村上市小町一丁目。かつては旅籠が立ち並んだ城下町の一角で、郷土資料館や武家屋敷からも程近い立地。最寄駅...
  • 多摩ぐるぐるtamagourさんのプロフィール
ビリアのブログ 4さん
  • 須賀川市 乙字ケ滝
  • 0 |20180912-13裏磐梯滝めぐり落差はさほどではありませんが滝幅が大きく小さなナイアガラを思わせる滝です。ここは昔サケが遡上していて、滝のために登りきれないサケを採り糧にしたとか。江戸期には松尾芭蕉も訪れて一句読んでいます。日本の滝百選のひとつ。那須高原に源を発する阿武隈川唯一の滝でジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメントT...
  • ビリアのブログ 4ビリアのブログ 4さんのプロフィール
ギャラリーあさかのさん
  • 【 奥の細道 春の医王寺 乙和の椿 】
  • のままで落ちてしまうことから、いつしか「乙和の椿」と呼ばれるようになったと伝えられています現在もつぼみを沢山つけピンク色になるのだが5月上旬ごろにはすべて落ちてしまうそうです。 乙和椿の石碑と民謡 松尾芭蕉も奥の細道の道中、医王寺に訪れ、義経の身代わりとなり命を失った佐藤継信・忠信を偲び「笈も太刀も五月に飾れ紙のぼり」と詠んでいます 今日もご覧頂きましてありがとうございました。 いつもご訪問、ご愛...
  • 福島県郡山駅前の画廊 ギャラリーあさか乃ギャラリーあさかのさんのプロフィール
おーぷんなんJまとめ部さん
  • 嬢「」シコシコシコシコッ 松尾芭蕉「ここでイック」
  • 1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/23(日)03:34:57 ID:y4i ビュルルルルッビュルルビュルビュルッビュルルルルッ 引用元: ・嬢「」シコシコシコシコッ 松尾芭蕉「ここでイック」続きを読む...
  • おーぷんなんJまとめ部おーぷんなんJまとめ部さんのプロフィール

松尾芭蕉を含むトラコミュ

奥の細道紀行
  • 奥の細道紀行
  • 松尾芭蕉の歩いた下野路を写真で紹介。栃木県内に残る芭蕉の句碑も紹介しています。
  • トラックバック数:43 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:歴史ブログ
伊賀
  • 伊賀
  • 伊賀市は、三重県北西部に位置する都市である。伊賀市は、2004年(平成16年)11月1日に上野市、阿山郡伊賀町、阿山町、大山田村、島ヶ原村、名賀郡青山町の6市町村が合併(...
  • トラックバック数:94 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

松尾芭蕉を含むブログ村メンバー

  •  
青海(オウミ)さん
松尾芭蕉さん
つぶれ梅さん
さとうさん
ebisu2017さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

松尾芭蕉について