清少納言

清少納言についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 異性の匂い
  • [清少納言] ブログ村キーワード 七月ばかりに、風いたう吹きて、雨など騒がしき日、おほかたいと涼しければ、扇もうち忘れたるに、汗の香すこしかかへたる綿衣の薄きを、いとよくひき着て、昼寝したるこそ、をかしけれ。(清少納言、『枕草子』第四十一段)自分の汗の匂いを感じながら昼寝する、その幸福感、うっとり感・・・ああ、もうたまらなくいいわぁ!なんて、こんなことを臆面もなく語る清少納言はかなりの匂いフェチだった...・・・続きを読む
  • 猫の恋 庄司夕子さん庄司夕子さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

清少納言を含むブログ記事

キヨピヘルスさん
  • 末の松山コース!
  • JR多賀城駅から歩いて10分ほど、枝振りも見事な老黒松がシンボルの小高い山が見えてくる。平安の昔から陸奥を代表する歌枕として、数々の歌人たちに詠まれてきた末の松山だ。道端には清少納言の父にして36歌仙の一人でもある清原元輔の歌碑百人一首でお馴染みの、契りきな かたみに袖をしぼりつつ 末の松山 なみこさじとは、が立つ。失恋の歌にも明らかなように、古来、末の松山を波が越えることは、あ...
  • 納得のスタイルキヨピヘルスさんのプロフィール
ネトウヨにゅーすさん
  • 日本が誇る紫式部さんの清少納言に対する評価www
  • き散らしているが、よく見ると間違いも多いし大した事はない」「こんな人の行く末にいいことがあるだろうか(いや、ない)」「歌は素晴らしいかもしれないが、家柄は良くない」 引用元: ・日本が誇る紫式部さんの清少納言に対する評価www(´・ω・`)<話題になってるニュースだよ続きを読む...
  • ネトウヨにゅーす。ネトウヨにゅーすさんのプロフィール
えっちゃんさん
  • 2月18日(日)のつぶやき
  • 書き起こしで 世界中の人に 見てほしい。 ― えっちゃん (@ecchan3)2018年2月18日 - 10:542月18日の誕生花【紅梅・紅千鳥(こうばい・べにちどり)】 花言葉:なんて愛らしい:清少納言は枕草子で、“木の花は濃きも薄きも紅梅”と書いています。艶やかな紅梅、紅千鳥は“見上げた時 の空の青さが目にしみる”と言われ… twitter.com/i/web/status/9… ― 日本の誕生花...
  • いいことタイムえっちゃんさんのプロフィール
すずたさん
  • 枕草子にも出てくる堀かねの井の本命なのか、堀兼神社の堀兼の井
  • 新後は堀兼井浅間社と言われており、その後、村社となり堀兼神社となったそうです。まず、平安時代前期の女流歌人である伊勢により、「いかでかと思ふ心は堀かねの井よりも猶ぞ深さまされる」の1首が詠まれました。清少納言の『枕草子』にも、「井は堀兼の井。走井は逢坂なるがをかしき。山の井。さしも浅きためしになりはじめけん。」とあり、天下の第1位に「ほりかねの井」を挙げています。他にも、紀貫之、藤原俊成、西行の歌にも詠ま...
  • まち歩きで趣味探しと図書館めぐりを自転車ですずたさんのプロフィール
すみかさん
  • 吉田兼好の経歴はウソ。500年に及んだ捏造劇が明らかに
  • 師 徒然草に記されなかった真実』(小川剛生 著)「つれづれなるままに、日ぐらし、硯にむかひて」と書きおこされる『徒然草』を、国語の授業などで読んだことがある人は多いだろう。試験に備えて、「『枕草子』は清少納言、『徒然草』は吉田兼好」と作品と作者の組み合わせを暗記したこともあるかもしれない。だが本書の帯には「『吉田兼好』は捏造された」と、かなり刺激的な惹句が記されている。 人物研究におSource: 何気...
  • ほーほーブログすみかさんのプロフィール
おやじのつぼさん
  • 「すまじきものは宮仕え」とは心にも思っていないでしょう。そうじゃなければここまで・・・
  • 高官になれなかった官僚の方も多かったでしょう。まさに競争社会(出世社会)そのもの。 つい「すまじきもの」ならぬ「すさまじきもの(あきれるもの、興ざめなもの)は宮仕え」と言い換えて、笑うしかないですね。清少納言のように。 この場合は、司得ぬ(官職につけなかった)人へのあてこすりですが、でも、端から見てはあきれる、興ざめなものでしょう、宮仕えするのも、と宮仕えしている清少納言の言。枕草子『すさまじきもの』より...
  • おやじのつぶやきおやじのつぼさんのプロフィール
大川原英智(おおかわらえいち)さん
  • 第2章 平安時代 7 藤原定子
  • なり若死にした才色兼備の皇后〜 生涯、一条天皇に愛され続けた藤原定子(ふじわらのていし)。 仲の良い夫婦で、3人の子どもにも恵まれました。 美貌で明るく、知性と教養が豊かでした。 「枕草子」 で有名な清少納言が仕えた女性でもあります。 その人柄はつんつんとしたところが一つもなく、周りの者にも好かれ、朗らかに行動することができました。 しかし、定子の生涯はわずか24年。 いったい、彼女の身に何があったのでし...
  • 差別と歴史上の人物大川原英智(おおかわらえいち)さんのプロフィール
ブルーピーさん
  • 『九品蓮台のあひだには…』*九品仏浄真寺
  • らせたれば、(定子)むげに思ひくんじにけり。いとわろし。…? 枕草子の第九十七段。  常々「人に二番・三番に思われてもうれしくないわ。この人が一番と思われな ければ、嫌われた方がいいわ。」と言っていた清少納言が、定子に「私との関係は どう?」と尋ねられます。 「一番下のランクでも極楽往生できるなら満足です(定子様に思われるなら一番下 でも何でも…)」と答える少納言に、定子が笑って「何を言っているの。日ごろ...
  • 60ばーばの手習い帳ブルーピーさんのプロフィール
ゆうさん
  • 冲方丁『はなとゆめ』〜清少納言と枕草子ものがたり
  • BOOKS 雨だれ10代のための小さな本屋さんフォローするホームニューステーマ特集作家で読むランキング本棚リストホーム本棚リスト小説・エッセイ冲方丁『はなとゆめ』〜清少納言と枕草子ものがたり2018/2/13 2018/2/13 小説・エッセイシェアするLINE!歴史はなとゆめ (単行本)posted withヨメレバ冲方 丁 角川書店 2013-11-07Amazon...
  • BOOKS雨だれゆうさんのプロフィール
ぷしゅねこさん
  • 雲のあなたは 春にやあるらむ ♪
  • なかろうか。待ち遠しい春であるが、気持ちだけでも春の気 配を味わった歌です。 注・・冬ながら=冬でありながら。 花=雪を花と見たもの。。作者・・清原深養父=きよはらのふかやぶ。910年頃活躍 した人。清少納言の曾祖父。出典・・古今和歌集・330。新版 古今和歌集現代語訳付き角川ソフィア文庫)/角川学芸出版¥1,253つらい時、いつも古典に救われた(ちくま文庫)/筑摩書房¥864涙がながれる日もあるけど次の...
  • 虹ぷしゅぷしゅねこさんのプロフィール

清少納言を含むトラコミュ

徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳
  • 徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳
  • 徒然草(つれづれぐさ)は、吉田兼好が書いた随筆。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』とあわせて日本三大随筆の一つと評価されている。つれづれなるまゝに、日暮ら...
  • トラックバック数:299 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:哲学・思想ブログ

清少納言を含むブログ村メンバー

  •  
納言ちゃんさん
つれづれなるままヨさん
cocoさん
nonstargazerさん
‡清少納言‡さん
  • パンドラの箱‡清少納言‡さんのプロフィール
  • 色々な方と交流して、毎日笑顔で過ごしたいです(*^_^*)

にほんブログ村

>

キーワード

>

清少納言について