血管

血管についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 血行を改善し、自然治癒力を高める血管力という力
  • '17年3月29日(水)[血管] ブログ村キーワード血管力とは、今注目されているキーワードで、TVや雑誌、書籍などで頻繁に取り上げられている。人の身体は大小様々な血管が網の目にように張り巡らされている。よく知られた動脈や静脈の他、5ミクロンから10ミクロンの毛細血管が全身を巡り、全部つなげて伸ばすとその総延長は成人でなんと10万?(約、地球2周半)にもなる。人の身体は、骨や筋肉、内臓、血液だけでなく、膨大な血管の・・・続きを読む
  • 聞こえるように独り言 (雑)学者さん(雑)学者さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

血管を含むブログ記事

ゆうらくさん
  • 父の心臓は20代?!そして自分の老後の事
  • 昨日は、父の心臓の検査がありました。一年以上前に心臓の血管に狭窄部が見つかりステントを入れる治療を地元の国立病院機構の循環器科で受けました。その後、経過観察を受けてきましたが、特に血管の詰まりなどもなく安定しているので、病院の方針で地域の病院に観察をゆだねる...
  • 胞子の手帳ゆうらくさんのプロフィール
nabe087さん
  • 緩和ケアっていいながら
  • しみ、そんな時職場で咳風邪をもらってしまい、熱と咳に苦しみ。さすがに仕事に行けなくなり、予約外で主治医の診察を受け、そのまま入院となった。血圧が下がらなければ、元気だった。最初は検査入院のはずだった。血管の脱水のせいで血圧が下がっているのだという診断で、透析であまり除水ができていないが、点滴治療が始まった。血圧は上がらず、腹水は増え、足がむくみ始めた。血圧が低いので透析で相変わらず除水ができない。腹水...
  • なるようになるさnabe087さんのプロフィール
Re-womanさん
  • 本格的な冬が到来する前に、冷え対策で女子力アップ!
  • 冷え性対策には、39-40℃、10-15分くらいの全身浴が効果的。血行が良くなるだけでなく、肩こりなど筋肉のコリをほぐす効果も期待できますね。熱めのお湯に長時間つかるのは、逆効果!交感神経を優位にして血管が収縮して血流が悪くなるからです。少しぬるめの湯舟につかることで、副交感神経が優位になって血管が緩み、末端まで血液が流れます。 冷え症レシピジンジャー紅茶紅茶 1杯分ジンジャーパウダー 小さじ1杯(お...
  • Re-womanRe-womanさんのプロフィール
茶々さん
  • 防風通聖散ダイエット続行中、50代後半の私のカラダはデトックスで変化してきた
  • になった。 最初はコリコリとした感触だったし、しばらく汗をかくとアンモニア臭がしていた。 最近は柔らかくなってきて汗をかいても汗のニオイは気にならなくなってきた。 テレビで観ていたら、玉ねぎを食べると血管が柔らかくなり血流が良くなるということなので積極的に毎食玉ねぎを食べるように習慣にしはじめた。 会社の30代の女性がダイエットを続けていて、今年になってみるみるうちにキレイに痩せていった。 ウエストも...
  • 私、1型糖尿病なんで痩せなきゃいけません茶々さんのプロフィール
白手袋さん
  • 検査結果は良好でした。
  • から移る病気(肝炎とかその他)もありますから採血係さんは身を守るためにも充分注意しないといけませんね。最近の採血係さんは大学病院直雇の人ではなくどこかの派遣会社から来ている人のように思います。私は腕の血管が深くて血を採りにくいので手の甲から採ってもらうことが多いのですが「手の甲から採ってもらった方がいいかも」と伝えてもなんだか頑張って腕(横の方)から採ったのであとでCT検査の造影剤を入れる時に困るんじ...
  • ハチコ先生のお片付け指南〜第2部白手袋さんのプロフィール
RELUMさん
  • 真皮のしくみ
  • コラーゲンやエラスチンヒアルロン酸などの真皮を構成している成分を生み出す役割をしているのが線維芽細胞です。 お肌での荷物の積み下ろし場の役割をしているのが「乳頭層」です。 乳頭には毛細血管やリンパ管神経などが通っています。 表皮の基底細胞に栄養を与えたり皮膚の構造を維持する役割を担っています。 乳頭層にもコラーゲン・エラスチンがあります。 お肌の弾力を保ってくれているの...
  • RELUM *リルム*RELUMさんのプロフィール
ちりけつさん
  • 造影CT結果
  • 半?の大学病院消化器内科の先生は感じが良かったです。大学病院というと偉そうなジジィばかりかと思っていましたが血液検査で今回追加されていた非特異的IgEや、PR3-ANCA、MPO-ANCAは問題なく、血管炎の心配はなさそうとのこと。あれ、NOMI(非閉塞性腸間膜虚血)はどうなった??聞くの忘れましたが・・。 先生は「僕は慢性膵炎じゃないと思うんですけどね〜あ、でも僕は、ですからね」とおっしゃっていまし...
  • 膵炎もどきLIFEちりけつさんのプロフィール
Stellaさん
  • ファスティングリトリート2018総集編 Part1
  • いでした。相手を紹介する他己紹介ですぐに親しく。紅葉が始まっていて、夕方のショーキングもとても気持ち良かったです。皆さん楽しそう。こんな坂も歩きました。各講師の熱の入ったセミナーや参加者の皆さんの毛細血管観察会も行い、充実した初日でした。ファスティングセミナーキラーストレスセミナードキドキの毛細血管観察会です。若い方の毛細血管はさすがに綺麗でした。翌日早朝はまたウォーキングに続いてヨガを行いました。豊...
  • Stellaオープンへのカウントダウン!Stellaさんのプロフィール
hanaさん
  • 新しい白衣と秋制服と頂いたキンパ
  • クラリティタイトニングEndy Medコラーゲンピール痩身系クールスカルプティング脂肪溶解注射Endy Medリフト糸系リードファインリフトGメッシュ(隆鼻)Gコグテスリフト3Dシルエットソフト毛穴・血管拡張系血管治療(レーザー)イノプラスニキビ・ニキビ跡系ニキビ注射FCRトリートメント白玉ローラー白玉ニードルEndyMed FSRイノプラスレーザーピーリング医療脱毛ほくろ・シミ・くすみ点滴療法・発毛...
  • Dr.hanaのブログhanaさんのプロフィール
hakueiさん
  • 松果体を活性化させる方法
  • と、YES。方法もスキャン。「井穴(せいけつ)」への刺激で改善すると出ました。「井穴」は爪の付け根にある自律神経のバランスをととのえるツボですストレスの多い現代社会では 交感神経に傾きがち・・・緊張は血管を収縮させるので、酸素や栄養が行き届かなくなり、老廃物や毒素が停滞、さらに、身体を病気から守る白血球のバランスも連動して乱れます。だから松果体にも影響でるということか?予防するなら井穴を刺激し自律神経...
  • 願望を実現させる占い師 吉本博栄の独り事hakueiさんのプロフィール

血管を含むトラコミュ

メタボリックシンドロームを撲滅せよ
  • メタボリックシンドロームを撲滅せよ
  • メタボリックシンドロームは、内臓肥満に血糖値が高いこと・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態をいいます。メタボリックシンドロームを放置しておくと、動脈硬...
  • トラックバック数:1000 TB参加メンバー数:150人カテゴリー:健康ブログ
メタボリックが気になる!
  • メタボリックが気になる!
  • 心筋梗塞や脳血管障害になる原因のひとつとして、メタボリック症候群があります。食生活・運動習慣を見直し、適正な体重・体型を維持することが、将来、健康で楽しい人生を...
  • トラックバック数:1153 TB参加メンバー数:102人カテゴリー:ライフスタイルブログ
柚子湯
  • 柚子湯
  • 1.柚子湯(ゆずゆ)とは柑橘類の果実である柚子を砂糖で煮て、その香りのついた砂糖湯を熱湯でうすめた飲み物である。(柚子茶) 2.柚子湯(ゆずゆ)とは柚子(ユズ)...
  • トラックバック数:73 TB参加メンバー数:23人カテゴリー:健康ブログ
低速回転ジューサー
  • 低速回転ジューサー
  • イキイキ酵素くんパワフルジューサーやグリーンパワージューサーなどの低速回転ジューサー関連の記事は何でもトラックバックしてください。低速回転のジューサーは、ミキサ...
  • トラックバック数:72 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:ダイエットブログ
猫っぱな愛好会
  • 猫っぱな愛好会
  • 「猫っぱな」とは猫のムクムクとした、鼻とひげのあたりを総称しております。その曖昧な感じで、勝手に「猫っぱな」と名づけました。猫の気持ちや体調は、血管や神経の豊富...
  • トラックバック数:199 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:猫ブログ

血管を含むブログ村メンバー

  •  
ななもりうぃるままさん
みかん大好きさん
夢母さん
がんばれ右半身さん
なきさん

血管を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 心不全を起したことのある人にお聞きします。レス: 0/40(59件)病気ブログ
  • さんやお姉さんもこの病気だということは、遺伝性がこの病気では、強いのですね。実は、僕の一族も、心臓・血管・血液、いうならば、循環器の病気を持っています。で、この病気を起こしてわかったことは、2度と心不全を...
  • 「死刑制度」は存続か?廃止か?レス: 0/244(1043件)政治ブログ
  • 医師の技術もあがるし、薬品のデータも増えるし、今後さらに増えるであろう老人性痴呆やアルツハイマー、脳血管障害などの治療技術に対しても貢献すると思う。