下垂体

下垂体についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [下垂体] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

下垂体を含むブログ記事

究極のヨガマスター(永世整体名人)さん
  • うつ病九段 先崎学
  • 影響が及びます。自分で出来る頸椎の矯正法(頸椎のコントロール法)をマスターすることで以下のようなところが正常に機能します。●視床下部(体温調節・睡眠・生殖・物質代謝などを司る自律神経系の高次中枢)●脳下垂体(視床下部の司令を受け、各種のホルモンを血液中に分泌、各方面の組織に合図を送る役目 神経系と内分泌系との連結部をなす)・前葉からは、成長ホルモン・生殖腺刺激ホルモン・甲状腺刺激ホルモン・副腎皮質刺激ホ...
  • 長野市の永世整体名人のヨガの光の行先ヨガの森究極のヨガマスター(永世整体名人)さんのプロフィール
Saku-Laboさん
  • かいちゃんの最近
  • ます今週のレッスンは3日、パーツクラブ出張レッスン自宅レッスンやることもさまざまでした。昨日はかいちゃんの病院へかいちゃんの病気は色々あるんですが、最近分かったのが甲状腺ホルモンの減少。それによって脳下垂体が働きすぎて肥大し、悪化すると脳がガン化するというのです。聞くだけで恐ろしいでしょそれを食い止める為のお薬をのみはじめました。最初10日ほど飲んで血液検査数値が上がらないので薬の量を増やすこれを繰り返...
  • Saku-Labo beadssalon at三茶Saku-Laboさんのプロフィール
グロース・カワタさん
  • 改訂版、身体障害の方、私の祈り療法を試してみませんか。無料です。
  • 性麻痺において 上記の身体障害の原因は多くありますが、私は医者でないため詳しいことは分かりませんがその原因の一つとして幼少の頃に高熱を出して脳性小児麻痺になり、或いは他の原因での脳性小児麻痺になり、脳下垂体の働きが悪くなってしまって脳下垂体から身体に必要なホルモン、脳内物質が減った状態になっているのではないかと思います。このことは祈り療法や気功療法によって「癒しのエネルギーを入れると体の調子が良くなる」...
  • inori1122のブロググロース・カワタさんのプロフィール
柴犬モモのママちゃんさん
  • 切ない、切ない、切ない
  • はずだった。そう思うだけで、朝から泣けてくる。この日を一緒に迎えられないなんて、夢にも思わなかったョ。 モモはとってもいい子だったのに……何で、「クッシング症候群」なんかになっちゃったんだろうね。「脳下垂体の腫瘍によるホルモン異常」なんて、よく判らない病気でさ。大体、良性腫瘍がなんで悪さするんだよ。「天命」と思うしかないのかな。「天命」なら、神様なんか嫌いだ。モモちゃんをこんなに早く連れて行ってしまって...
  • 柴犬モモとママちゃんのシニア日々是好日柴犬モモのママちゃんさんのプロフィール
足もみ教室 ノマドさん
  • 多湿の時の足の蒸れは、足のあせも(汗疱)の原因になります。
  • ことが多いように思いますが、その間、やっぱり心地よくはありません。今回あらためて調べてみて、 体質の問題ならば、体質改善を目指そう と思いました。日々の足もみセルフケアのときに、 小脳・脳幹、脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎 など 代謝に関係しているホルモンバランスを整える足もみセルフケア に取り組んでみようと思っています。 汗疱が湿疹化する症例も調べてみると多く紹介されてい...
  • 足もみ教室ノマド 楽しくおけいこ足もみ教室 ノマドさんのプロフィール
あんなさん
  • ロコちゃん お薬もらいに病院へ
  • 行ってきました。 副腎に腫瘍のあるロコちゃん、クッシングのお薬を飲んでいます。抗血栓剤とアドレスタン 体重は大きな変化なし 安定 心雑音出始めもなく、心臓問題なしクッシング(副腎皮質機能亢進症)は、脳下垂体からくるものと副腎の腫瘍が原因のものとでは、ロコちゃんみたいな副腎の腫瘍からのものは2割くらいで少ないそうです。 で、脳下垂体の方は副腎皮質刺激ホルモン依存性」と呼ばれるのに対して非依存性 と言われる...
  • ちばたりあんなあんなさんのプロフィール
男性セラピスト KOUTAさん
  • 女性ホルモンの分泌に効果的
  • ヤも少なくなり、抜け毛や薄毛の原因になります。さらに、爪や骨格(骨粗鬆症)にも悪影響を与えたり、太りやすく、ボディラインも崩れやすくなります。女性ホルモンの分泌をコントロールするのは脳にある視床下部と下垂体です。まず、視床下部からの指令で下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌して卵巣ホルモンに働きかけ、卵巣から女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが分泌されます。いつまでも女性らしい美と健康を保つためには...
  • 女性専用出張マッサージアロマリラックス福岡男性セラピスト KOUTAさんのプロフィール
百華茶苑さん
  • チェストツリーの開花
  • チェストツリーは、通経薬として視床下部や脳下垂体や卵巣の分泌を調整することによって、月経が正常化するのを助ける。チェストツリーの、小さい蕾が集まっている。-----------------------------------------------...
  • ハーブ・薬草とは?百華茶苑さんのプロフィール
pari88さん
  • 関ジャニ安田さんも克服 髄膜腫はガンマナイフで開頭せず治せる
  • あり、そもそも手術ができなかったり、十分取り切れないことが多いのです。  ところが、髄膜腫は、境界がハッキリしていて手術で切除しやすい。治りやすいのは、そのためです。脳の外側にできるタイプには、ほかに下垂体腺腫や神経鞘腫などがありますが、いずれも同じように悪性度が低く、手術で切除しやすく、治りやすい。脳腫瘍は、脳の内側か外側かが大きなポイントです。■再発した道上洋三アナは放射線治療を 安田さんの一件が発...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
cotaさん
  • 定期検診に行ってきました!
  • の前に二人でジーッと目をこらす 肝動脈塞栓の効果はわからなかったけど、「大きくはなっていない」と言う結論に 今の私にはそれでも大成果 ホッとして消化器内科の受診が終わりました。 内分泌内科では下垂体にあるラトケ嚢胞の影響でホルモンバランスが崩れているのではないかとずっと検査してきましたが… どうやら異常なバランスだったホルモンが落ち着いてきたみたいです。 「それって更年期ってことですか?」っ...
  • 専業主婦万歳cotaさんのプロフィール

下垂体を含むトラコミュ

下垂体機能低下症との共存
  • 下垂体機能低下症との共存
  • 内分泌・ホルモンの病気難病である「下垂体機能低下症」と言う病気を持ってる人が集まるトラコミュ。患者数が非常に少ないこの病気。偶然知り合えた同じ病気の人との交流を...
  • トラックバック数:61 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:病気ブログ

下垂体を含むブログ村メンバー

  •  
魚夢さん
あっぷるみんとさん
mamekitiさん
ひめままさん
あやさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

下垂体について