ローマ帝国

ローマ帝国についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • Colleen McCullough「Antony and Cleopatra」レビュー(0)
  • [ローマ帝国] ブログ村キーワードColleen McCullough「Antony and Cleopatra」(「アントニーとクレオパトラ」以下「A&C」)のレビューです。●リウィアonlyの内容であること●全体の1/10ほどしか目を通していないこと●管理人の英語読解力は乏しいので、理解不足が多々あること以上を了解のうえ、お楽しみ下さい。まず、「A&C」について。Colleen McCullough(コリーン・マクロウ)さんの、ローマ共和政末期の内乱時代を舞・・・続きを読む
  • 磨羯宮(まかつきゅう) デラさんデラさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

ローマ帝国を含むブログ記事

狸藤丸さん
  • 【美術館】ルドルフ2世の驚異の世界展@Bunkamuraザ・ミュージアム
  • 美術館】ルドルフ2世の驚異の世界展@Bunkamuraザ・ミュージアム2018-02-25 20:40:00NEW !テーマ:美術館本日は、渋谷Bunkamuraに行ってきました。ハプスブルク家の神聖ローマ帝国皇帝「ルドルフ2世」の収集した色々なものが展示されています。「ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像」 ジュゼッペ・アルチンボルドこの他、ヤン・ブリューゲル(父)、ルーラント・サーフェリー等の作品...
  • 美術館っていいよね。狸藤丸さんのプロフィール
コンテバロンさん
  • モナコ公国 ・ 王家に憧れたある貴族の夢が咲いた街
  • 当時のスペイン国王フェリペ2世(1527〜1598)と、その父カルロス1世(1500〜1558)そして彼ら親子が支配した「スペイン帝国」最盛期の領域図です。特に父王カルロス1世(左)の方は、ドイツ神聖ローマ帝国皇帝も兼ねており(カルロスはスペイン語読みであり、神聖ローマ皇帝としてはドイツ語読みでカール5世となります。「5世」なのは、カールという名はドイツの男性によくある名で、それ以前にドイツで同名の王様がす...
  • 世界の戦争・歴史ブログコンテバロンさんのプロフィール
warunekoさん
  • 【2】【植民】ギリシア語圏・ギリシア文化圏【移民】
  • 、古代ギリシアおよびその植民地(トルコ西岸、イタリア南部、シチリア、キプロス、黒海沿岸など)、マケドニア王国とその征服地、各地のアレクサンドリアや、ペトラなど、ギリシア文化の影響が強く見られる都市、東ローマ帝国、ギリシア移民が多い都市、世界各地のギリシア人街です。 続きを読む...
  • 歴史的速報@2chwarunekoさんのプロフィール
Yuriconさん
  • 美しいもの探し:ガラスのビーズ
  • でほぼ同じ形で作り続けられています。大昔の人も今の人も同じものに魅せられるなんて人間が美しいと感じるものは文明の度合いとは関係なく普遍的なのですね。紀元前1世紀頃になると吹きガラスが作られるようになりローマ帝国の拡大と共に急速に広がっていきます。その時代のガラスをローマングラスといいます。こちらはグリーンの透明のガラスですが時代による風化で色が段々枯れていってはじめのキラキラした輝きなどどこにもなく透明だか...
  • だって、魔女だから。Yuriconさんのプロフィール
kurasitoyumeさん
  • テルマエ・ロマエ(映画)
  • 響があるといい、2010年に受賞が相次いだ際には展覧会や旅行会社とのタイアップも企画された。2010年5月の時点で単行本1巻は約50万部発行されている。2巻には、このマンガのヒットはイタリアの新聞で「ローマ帝国ついに日本の漫画界を征服」と報道されたことが記された。本作の執筆のきっかけについて、作者は「東京スポーツ」紙上のインタビューで「ヨーロッパにはお風呂も銭湯もないから、お湯につかりたくてもつかれない。で...
  • 株式投資家の暮らしと夢kurasitoyumeさんのプロフィール
古荘冬馬人さん
  • 漢委奴国王は世紀の誤解 再録
  • す。当時は奴はなですね。匈奴の人たちが自分たちを「フンナ」と名乗っていたので、漢が字をあてて「匈奴」としたわけで、「な」に奴をあてたわけですね。ちなみに「奴」というのは侮蔑文字です。これ大事なこと。(ローマ帝国はフン族に苦しめれました。フン族=匈奴説は強いです)「匈」「奴」ともに中国語における悪字で、匈は胸に通じ「匈匈」は喧騒・騒乱を意味する、奴も下に見た呼び方で、「匈奴」は騒乱を起こす連中の意、これを周・...
  • 卑弥呼の都へ旅をする古荘冬馬人さんのプロフィール
ひなこさん
家庭連合‐聖典を訓読するさん
  • トランプの政策、歴史に逆行?(2)
  • って、英語は一人前ではない。それでも、一生懸命に働きながら、子供を育てている。私は、こういう人を見ると、まだアメリカも大丈夫、と明るい気持ちになる。そもそもアメリカは、そのような移民から始まり、現代のローマ帝国と言われるような巨大国家になったのだ。    200年以上前にアメリカに移民してきたのは、イギリス人はじめ、西欧の白人たちだ。彼らは、ちょうどこの婦人のように経済的に困難な生活の中、倹約して、神を信じ...
  • 家庭連合‐聖典を訓読する家庭連合‐聖典を訓読するさんのプロフィール
ごまおさん
  • ローマ帝国の属州であることに誇りをもとう!
  • 我等日本人は、現代のローマ帝国とでもいうべきアメリカとの戦争に大敗を喫した。アメリカは我等にパンとサーカスを与えてくれた。アメリカは日本に軍事基地を持ち、アメリカの軍事力によって日本の安全は保たれている。(憲法9条があろうがなかろ...
  • ごまおファンドごまおさんのプロフィール
ごまおさん
  • 【再掲】ガリア・ナルボネンシス(ローマ帝国属州)
  • ガリア・ナルボネンシス(ローマ帝国の属州)。現在のフランス南部。 イタリア本土と近いため多くの移民が移り住み、ローマ文化が深く浸透していた ガイウス・プリニウス・セクンドゥス(大プリニウス)は『博物誌』の中でナルボネンシスの貴族や民衆...
  • ごまおファンドごまおさんのプロフィール

ローマ帝国を含むブログ村メンバー

  •  
クッキングホイルさん
とらやんさん
くまくまさん
b-istさん
高松花クラヤさん

ローマ帝国を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

ローマ帝国について