歌集

歌集についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • お薦めの1冊
  • [切手] [歌集] ブログ村キーワード一冊の本が届きました。待ち焦がれた親友の歌集です。ページをめくるとそれぞれ4つのお作品が57577のリズムをとって嬉しそうに並んでいます。それもそのはず、全306首は投稿入選歌!詩的な活字の広がりは小説さながら目に見えないストーリを展開してゆきます。好奇心を厭きさせることがないのは、歌集だけにとどまりませんでした。ウルビーノのビーナスをもじった封筒に沢山の花の切手。封を切る...・・・続きを読む
  • 陶磁器絵付工房&お教室ピアットスカーナな暮らし piattoscana-kasaharaさんpiattoscana-kasaharaさんのプロフィール
  • 08/04/27 19:04桜花咲く頃 1横丁大家さん横丁大家さんのプロフィール
  • 08/04/26 02:50桜咲く頃 2横丁大家さん横丁大家さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

歌集を含むブログ記事

naitoukonanさん
  • 業平や日蓮親鸞日吉丸南洲
  • を推測する他はない。代表的なのは、パドマサンバヴァのチベットの土着異教神を帰順せしめ、仏教中心の神的秩序をもたらしたことや、役行者が日本で同じようなことをしていたらしいことが挙げられる。出口王仁三郎の歌集言華から。『日吉丸日出吉(ひでよし)となるそれまでは、矢矧(やはぎ)の橋の月を見しかな和歌麿も五六七(みろく)の柱となるまでに淋しき人屋の月を見しかな山川をもろもろこしや蒙古までいのちをすてに渡りし吾...
  • アヴァンギャルド精神世界naitoukonanさんのプロフィール
言の葉花壇さん
  • 8月12日(日)のつぶやき
  • やき8月7日(火)のつぶやき8月6日(月)のつぶやき8月5日(日)のつぶやき8月3日(金)のつぶやき8月2日(木)のつぶやき>> もっと見るカテゴリーお気に入りのつぶやき(530)万葉集(47)古今和歌集(4)新古今和歌集(2)千載和歌集(1)続古今和歌集(1)拾遺和歌集(2)古事記(2)バックナンバー2018年08月2018年07月2018年06月2018年05月2018年04月2018年03月20...
  • 言の葉花壇言の葉花壇さんのプロフィール
想いを込めて・・・さん
  • 途中経過5 (フサスグリと子猫)
  • 14年04月2014年03月2014年02月2014年01月2013年12月2013年11月2013年10月2013年09月2013年08月ブックマーク私らしい言葉でまっさの日々ウエザーな暮らし詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ)晴れ、ときどきイラストポエム - gooブログ「ポエム」に関するgooブログの記事一覧です。「ポエム」記事充実、要チェック・ブログ多数! gooブログ...
  • 想いを込めて・・・想いを込めて・・・さんのプロフィール
林誠司さん
  • 「おくのほそ道」〜那谷(なた)
  • り老松を植え並べ、萱葺の小さな堂を岩の上に造り、ありがたい景勝の地である。石山の石より白し秋の風○白根が岳…白山のこと。歌枕。 白山にとしふる雪やつもるらむ 夜半にかたしく袂さゆなり藤原公任『新古今和歌集』 ○花山法皇…第六十五代天皇。法皇時に西国三十三カ所を巡った。西国巡礼は那智に始まり、美濃谷汲で終わる。この記事に>芸術と人文>文学>俳句、川柳コメント(0)コメント投稿名前パスワードブログ絵文字&...
  • 林誠司俳句オデッセイ林誠司さんのプロフィール
暁 櫻華さん
トチヤさん
  • 割烹「つる由」
  • ブログログインランダムgooアンバサダー募集中!!記事を書く検索ウェブこのブログ内で花々に贈る短歌集自然に身を委ね小さな息吹を感じていたい割烹「つる由」2018-08-12 19:29:02 |短歌「平日も 賑わう店の カウンター シェフの手際が 夏風を呼び」先日行った奈良の割烹「つる由」は、京都、...
  • 花々に贈る短歌集トチヤさんのプロフィール
フミヤスさん
  • 真実の愛・縄文の万葉集
  • の歌の両方が掲載されている。 いわば万葉集は縄文と弥生のコラボレーションと言えるかもしれない。 「日本の文化伝統そして日本人のこころ」の編集委員の渡邊さお里は語る。 ・・・・・・・・・ 日本最古の歌集、万葉集には、古代の人の心が映し出されています。 万葉集に書き記された数々の言葉は1200年前に書き留められたものですが、その中には数千年に及ぶ縄文の人々の愛と和を守り伝えている言葉も少なくないと思わ...
  • フミヤス・サンタゲバラフミヤスさんのプロフィール
まさやんさん
  • ときめき
  • -08-12ときめき2018-08-10爪水虫2018-08-08100年一日の如し2018-08-08お詫び2018-08-06心の乱れランキングバナーにほんブログ村月別アーカイブ最近のコメントわが歌集無明の酒無明の酒論評わが酒歴酒歴はてなブログをはじめよう!Masachangさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?はてなブログをはじめる(無料)はてなブログとは...
  • まさやんの負けるが負けまさやんさんのプロフィール
kazu1000のブログさん
kazu1000のブログさん
  • 【手向山八幡宮】(たむけやまはちまんぐう)又は【手向山神社】(たむけやまじんじゃ)奈良県奈良市 (1/2)
  • 観光スポット神社旅行奈良県奈良市【手向山八幡宮】(たむけやまはちまんぐう)又は【手向山神社】(たむけやまじんじゃ)奈良県奈良市奈良市街東部の手向山麓に位置します。手向山は紅葉の名所として知られ、古今和歌集では菅原道真が「このたびは幣もとりあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに」と詠んでいます。東大寺大仏殿前の道を東に行った正面に位置し、すぐ北には東大寺法華堂(三月堂)があります。天平勝宝元年(749年)、...
  • kazu1000のブログkazu1000のブログさんのプロフィール

歌集を含むブログ村メンバー

  •  
新サスケさん
yurikaさん
ミッシェルさん
司乃ブタさん
くどうよしおさん