源頼朝

源頼朝についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [源頼朝] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

源頼朝を含むブログ記事

えいたろうさん
  • 白の執権 こぼれ話?
  • 今回は歴史連載物語「白の執権」のこぼれ話です。本編はこちらだよ??白の執権・目次「白の執権」の時代に生きたのに、全く登場しなかった人物がいます。それが阿野全成(あのぜんじょう)源頼朝(みなもとのよりとも)の弟で幼くして出家していました。「石橋山の戦い」の後に頼朝の元へ駆けつけ仕えるようになりました。北条政子(ほうじょうまさこ)の妹、阿波局(あわのつぼね)を妻にしています。北条氏と...
  • 歴史を感じようえいたろうさんのプロフィール
悠々愛々さん
  • 鎌倉てくてく(11)補陀落寺 。。。
  • 映画 | 音楽 | 日々雑感 | 悠愛倶楽部2018.04.19鎌倉てくてく(11)補陀落寺 。。。(1)カテゴリ:カテゴリ未分類?にほんブログ村次は、三十三観音巡りの第十七番札所の、補陀落寺。??源頼朝が打倒平家の御旗を掲げ、鎌倉に入った1181年( 養和元年 )、祈祷所と???して建立されました。 ???本堂には、本尊の十一面観世音をはじめ不動明王・薬師如来像、脇侍として?日光・月光??????菩...
  • 想い出は心の宝石箱にしまって。。。悠々愛々さんのプロフィール
ツーリングマンさん
  • ツーリングで知った ”歴史に埋もれた男” …の話
  • 敗れた頼朝が、小舟に乗って逃げて来た場所” だという事を知りました。 頼朝を再起させた男頼朝を救った一族の末裔 …の話には興味津々。何度も立ち寄っていたのに、今になって石碑を発見w ( 竜島海岸 源頼朝上陸地の碑 )   後日、色々と調べてみると... ”教科書に載っていない頼朝の裏話” も発見。雨で予定が流れてしまい、暇なので、”落ち延びて来た頼朝の話を安房勝山側の目線” で紹介しますw お暇な...
  • Biker's Photographyツーリングマンさんのプロフィール
アスカ マコトさん
  • 櫛引八幡宮
  • 青森県八戸市に鎮座しています櫛引八幡宮です。 櫛引八幡宮、拝殿です。御祭神 誉田別尊 由緒文治五年(1189)、南部家初代・光行公が平泉合戦で戦功を立て、源頼朝公から糠部郡を拝領します。 建久二年(1191)、南部光行公が入部。翌・建久三年(1192)、家臣の津島平次郎さまと天台宗の僧・宥鑁さまに命じ、甲斐国(山梨県)に祀っていた八幡大明神を平次郎さまの所...
  • 神社仏閣に癒しの音が響くアスカ マコトさんのプロフィール
okadoさん
  • 源頼朝が許した漁〜小坪・披露山〜
  • 小坪鎌倉時代からあるという小坪漁港。昔は鷺の浦と呼ばれ、源頼朝が許すまでは魚を獲ることが禁じられていたのだとか。伝説によると・・・あるとき、頼朝が小坪へ遊びにきました。魚でもてなすことのできない村人は、小さな茶壷を贈ったのだそうです。喜んだ頼朝は、魚を獲ることを...
  • okadoのブログokadoさんのプロフィール
キャラメルマンさん
  • 【都市伝説】日本の起源は地球外にある!?日本がすごいという西洋人たちの考え方に草生える
  • 神武天皇やその後に続く歴代の天皇は、地球外生命体の直接の子孫なのだろうか?そして3本足のカラスだと言われる八咫烏は、宇宙人の乗り物だったのだろうか?地球外生命体の存在を隠すための武士の反乱1185年、源頼朝により平家は滅亡し、平家が奉じていた安徳天皇も亡くなった。それから700年の間、日本は武家政権となり武士階級が国を治めることとなった。江戸時代には鎖国政策がとられ、出入国は禁じられ違反したものには厳罰...
  • 嘘か本当か分からない話キャラメルマンさんのプロフィール
はるさん
  • 由比若宮(元八幡)
  • 。鶴岡八幡宮の境外末社になります。康平6年(1063)8月、源頼義が前九年の役の勝利に感謝するため、源氏の氏神だった京都の石清水八幡宮を勧請して創建されました。治承4年(1180)10月、鎌倉に入った源頼朝が由比若宮を小林郷北山に遷座し、現在の鶴岡八幡宮を造営しました。境内入口境内は国の史跡に指定されています。幹がゴツゴツ石灯籠本殿御朱印は書き置きをいただきました。クリックお願いします。にほんブログ村...
  • 神社へヨーソローはるさんのプロフィール
記述師さん
ギラたんさん
  • 【皇室】日本の恥
  • 神を祀ること(まつりごと)の二本立てで、いにしえより日本は発展してきたのです。 政治の結果の《穢れ》を、天皇が神事で祓う。リセット出来るのです。考えてみると凄い併存システムです(これが朝幕併存体制)。源頼朝公以来の、このシステムは、現在もなんら変わりはありません。内閣が政治をし、天皇が神事で国の穢れを祓う。それが今機能しなくなりつつあります。こちらのリブログ先記事よりの引用です ↓ ↓ ↓八幡様は皇室の...
  • ギラの日本を護りたい!ギラたんさんのプロフィール
okadoさん
  • 梶原景季の身代わりとなった箱根の地蔵尊
  • 梶原景季は、源頼朝の側近だった梶原景時の嫡男。景時は、頼朝が挙兵したときには平家方の大庭景親に従っていましたが、石橋山の戦いで敗れて洞窟に隠れ潜んでいた頼朝を見逃したと伝えられている武将です。景時と子の景季は、よく似て...
  • okadoのブログokadoさんのプロフィール

源頼朝を含むトラコミュ

源頼朝
  • 源頼朝
  • 平安時代末期に河内源氏の棟梁である源義朝の三男として生まれる。平治の乱で父が平清盛に敗れ、伊豆国に流されるが、成人後に平家打倒の兵を挙げ、鎌倉を本拠とし関東を平...
  • トラックバック数:212 TB参加メンバー数:22人カテゴリー:歴史ブログ
源頼朝、征夷大将軍となり鎌倉幕府を開く
  • 源頼朝、征夷大将軍となり鎌倉幕府を開く
  • 1192年:源頼朝、征夷大将軍となり鎌倉幕府を開く に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。
  • トラックバック数:11 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ
梶原景季
  • 梶原景季
  • 平安時代末期から鎌倉幕府初期の武将。梶原景時の嫡男。通称を源太といった。木曽義仲追討に際し、宇治川の戦いにおいて佐々木高綱と先陣を争い渡河。続く一ノ谷の戦いでは...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:歴史ブログ
梶原景時
  • 梶原景時
  • 梶原景時は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。鎌倉幕府初期の有力御家人。梶原氏4代目当主。家系は桓武平氏の流れを組む鎌倉氏の一族あり、大庭氏の族弟にあ...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

源頼朝を含むブログ村メンバー

  •  
やまの龍さん
鎌倉観光さん
KI兄@まほろばさん
  • よりとも旅日記KI兄@まほろばさんのプロフィール
  • 鎌倉開都の祖,源頼朝公のことなど。
鬼むちゃさん
  • 鬼むちゃ鬼むちゃさんのプロフィール
  • 源頼朝を主人公にした近未来源平合戦4コマ漫画です
binnさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

源頼朝について