夏目漱石

夏目漱石についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • すべての人間は恥をかくために生まれてきたものだ
  • '19年1月9日(水)[夏目漱石] ブログ村キーワード夏目漱石は一高(現東大教養学部)への進学前、予備門時代に落第を経験した。それが真面目になる転機になったと随筆に書いている◆<僕の一身にとって  この落第は薬になった  ・・・そのとき落第せず、  ただごまかしてばかり  通って来たら今頃は  どんな者になっていたか  知れない>(「落第」)。漱石の一高時代の成績を記す教員の手帳が福井県で見つかり、上位の成・・・続きを読む
  • 聞こえるように独り言 (雑)学者さん(雑)学者さんのプロフィール
  • 11/10/06 00:04那古井館3ブルー・ブルーさんブルー・ブルーさんのプロフィール
  • 11/10/05 00:04那古井館2ブルー・ブルーさんブルー・ブルーさんのプロフィール
  • 11/10/04 00:05那古井館1ブルー・ブルーさんブルー・ブルーさんのプロフィール
  • 08/09/15 19:35[本]こころぶーたんさんぶーたんさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

夏目漱石を含むブログ記事

見もの・読みもの日記さん
  • 2019年1月@関西:画僧月僊(名古屋市博)
  • と思った。 短冊は和歌・俳句を書くものだと思っていたが、漢詩(七言絶句を二行で)を書くこともあるのだな。絵短冊もたくさんあって、中村芳中の作品はすぐ分かった。大久保利通・木戸孝允など幕末維新の政治家、夏目漱石・正岡子規など近代の小説家の短冊もあった。実は展示品の過半(特に近世・近代もの)は「個人蔵」だったが、誰のコレクションかは不明である。『愛知県』 ジャンルのランキングコメントTweet«2...
  • 見もの・読みもの日記見もの・読みもの日記さんのプロフィール
ふみえさん
  • 芥川龍之介 『 羅生門 』 岩波少年文庫 ★
  • 0)御伽草子 ★ 民話 (4)室生犀星 ★ (8)歴史モノ★(戦国・幕末除く) (4)「戦争と平和」を考える絵本 ★ (3)源氏物語 ★ (4)歴史小説 ★ (2)「太平記」 ★ 「室町時代」 (6)夏目漱石 ★ (6)『 へうげもの 』 (6)『 君に届け 』☆ (7)柴門ふみ ★ (5)『 森、山 』 物語 ★ (5)絵本その他。 (1)西岸良平 ★ (3)みきもと凛 ★ (3)よしながふみ ★ (3...
  • こんばんは、向井くん!ふみえさんのプロフィール
アメリカンな生活!さん
  • Martina Mc'Bride - Smile
  • 記2019年(平成31年)1月19日(土)朝から快晴、洗濯日和だけど今日は無し。ディスカウント店へ買い物デー。<ニュービートル>相も変わらず、「月が綺麗ですね。」 そうですね。そう訳しておきなさい。(夏目漱石)<ブランチ>厚揚げサラダない!そんなに喰えないよ。サラダは飲んだ後に食べるよ。<出来事>昨日は水やりデー。これアップするの忘れてた。コメのとぎ汁だ。観葉植物を始め、内も外も液体肥料みたいに使っている...
  • アメリカンな生活!アメリカンな生活!さんのプロフィール
中小企業のホームドクターさん
  • 近代文学の流れ〜文学サロンを通じて
  • と直木賞が決まった。元々賞制定の経緯が菊池寛が文芸春秋社と文学の認知度をあげるためということを考えると、最近の受賞者の顔ぶれとレベルからすると、何とはなしに理解できる。  近代文学の礎。やはり森鴎外と夏目漱石の二人だろう。森鴎外は、文学者として幅広い素養に基づく作品を世に出したが、高級官僚でもあったために文学活動には時間的制約があったようだ。  これに対して、夏目漱石。文学サロンを、正岡子規などとともに、...
  • 中年税理士独立開業奮闘記中小企業のホームドクターさんのプロフィール
甚之介さん
  • 剣道の試合での応援について考えた
  • 猿楽)、狂言、歌舞伎などの観客は拍手しなかった。明治時代になり西洋人が音楽会や観劇のあと「マナー」として拍手しているのに倣い、拍手の習慣が広まったものと推測される。1906年(明治39年)に発表された夏目漱石の小説『坊っちゃん』には「(坊ちゃんが)教場へ出ると生徒は拍手をもってむかえた」との記述がある。まー、もしかしたら剣道が成立した大正時代あたりになると拍手という感情表現が日本にも定着していたのかもしれ...
  • 甚之介の剣道雑記帳2甚之介さんのプロフィール
夢から慈しみの世界へさん
  • 苦しみの奥に聖地がある。・・・有り難いばかりの人生である。
  • 物を7日前縄文の古代より日本で独自に発達した『水晒し』の調理技術・・・体にやさしい食物を7日前善き運命に転じることが出来る。・・・・・・運命は神が考えたものだ 人間は人間らしく働けばそれで結構だ・・・夏目漱石2週間前コメントを投稿名前タイトルURL※名前とURLを記憶するコメント※絵文字はJavaScriptが有効な環境でのみご利用いただけます。▼ 絵文字を表示携帯絵文字リスト1リスト2リスト3リスト4リ...
  • 夢から慈しみの世界へ夢から慈しみの世界へさんのプロフィール
よかとこさん
  • 土木の神様3
  • す”(30)熊本城 (121)熊本地震後の熊本城(162)熊本城・復旧復興(34)城彩苑、湧々座(18)熊本城おもてなし武将隊(4)くまもとさるく(12)熊本市内の史跡、観光施設(71)宮本武蔵(2)夏目漱石ゆかりの地(12)水前寺成趣園(8)神社・仏閣(37)熊本いろいろ(50)熊本風景(69)活動の様子(152)ガイドの紹介(7)素敵なお店(1)美味しいお店(14)美味しい!!御菓子など(19)熊本土...
  • くまもとよかとこ案内人の会よかとこさんのプロフィール
naitoukonanさん
  • 悪人は一人も残さない
  • のティルタンカラ>> もっと見る最新コメント湖南/"釈迦は何を悟ったのか"とググる太田/"釈迦は何を悟ったのか"とググる辺路/空海の死亡予告えむ/砕霊について比古りゅうじ/ニュースを知らない人々山蔭/夏目漱石の神経症からsarah/宗教、それで食べている人たちのためのshue/実践する宗教と仏像・神像山蔭/虚空蔵求聞持法 行者日誌湖南/ダンテス・ダイジのクンダリーニ上昇プロフィール読者登録中読者になる読者...
  • アヴァンギャルド精神世界naitoukonanさんのプロフィール
アメリカンな生活!さん
  • <うちの晩ご飯> カレイの煮付と厚揚げサラダ
  • イの煮付と厚揚げサラダ2019-01-19 05:34:28 |日記2019年(平成31年)1月18日(金) 金曜日は煮魚と厚揚げサラダの日。<ニュービートル>月が綺麗ですね。そう訳しておきなさい。(夏目漱石)薄暮の月、綺麗ですね。<うちの晩ご飯>久し振りにテーマ通りの煮魚と厚揚げサラダの日だった。カレイは北海道産も真カレイ、生で新鮮だったけど都合により冷凍にした。材料はこれ。その日のうちに調理したいけど...
  • アメリカンな生活!アメリカンな生活!さんのプロフィール
夢から慈しみの世界へさん
  • 我々の死後の存在は何処に・・・愛する人は何処に
  • 物を6日前縄文の古代より日本で独自に発達した『水晒し』の調理技術・・・体にやさしい食物を6日前善き運命に転じることが出来る。・・・・・・運命は神が考えたものだ 人間は人間らしく働けばそれで結構だ・・・夏目漱石2週間前善き運命に転じることが出来る。・・・・・・運命は神が考えたものだ 人間は人間らしく働けばそれで結構だ・・・夏目漱石2週間前永遠のテーマである ― 人生は何のためにあるか? 何のために生まれたの...
  • 夢から慈しみの世界へ夢から慈しみの世界へさんのプロフィール

夏目漱石を含むトラコミュ

猫と人〜猫ひろし
  • 猫と人〜猫ひろし
  • 我輩は猫である〜勿論〜夏目漱石!飼い猫、野良猫、猫の写真集など猫のすべては人と切り離せない!猫のことならなんでもOK!!!!猫好きな作家〜大佛次郎さんとか猫と芸人〜猫...
  • トラックバック数:1752 TB参加メンバー数:113人カテゴリー:猫ブログ
「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ
青い文学
  • 青い文学
  • 夏目漱石「こころ」&太宰治「人間失格」をデスノートの小畑健キャラデザ。芥川龍之介「地獄変」をBLEACHの久保帯人デザイン。太宰治「走れメロス」をテニスの王子様の許斐...
  • トラックバック数:108 TB参加メンバー数:30人カテゴリー:アニメブログ
体験小説
  • 体験小説
  •  自分の経験から小説を作っている人はどうぞ。 昔から体験小説は多いです。夏目漱石の「坊っちゃん」もその一つであるし、島崎藤村の「春」や「新生」、アメリカの「大草...
  • トラックバック数:12 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:小説ブログ

夏目漱石を含むブログ村メンバー

  •  
夢子さん
masarinさん
野間さん
経氣-KEIKI- 博多湯店さん
えうげねさん

夏目漱石を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 我輩は猫である は難しい?簡単?レス: 0/2(1件)小説ブログ
  • 吾輩は猫であるは日本の歴代作家でも日常を描く事に長けていた夏目漱石の小説ですが、意外と夏目漱石の小説は難しいです。皆さんは簡単に読めましたか?それとも難しかっ...

にほんブログ村

>

キーワード

>

夏目漱石について