皮下脂肪

皮下脂肪についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 脂肪と成長ホルモン  【気功講義 Vol.82】
  • [皮下脂肪] ブログ村キーワード我らが師こと「カメ仙人」の気功講義をご紹介していきます。「脂肪と成長ホルモン」について、3回シリーズの2回目です。***** ***** ****** その時に、体内の皮下脂肪などから、新しい細胞を産生するためのエネルギー産み出す事をします。その他の新陳代謝を促すようなホルモン系統の全てを高揚させて、新陳代謝に関わる全てのホルモンが刺激を与えられて、優先して細胞を作る作用が実行されます...・・・続きを読む
  • 潜在能力と気功・功法 気功教室日之本元極 向こう三元量と態(なり)さん向こう三元量と態(なり)さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

皮下脂肪を含むブログ記事

J2さん
  • ボディ系大会後の楽しみ
  • ボディビルやフィジークのように皮下脂肪が少ない筋肉美を競う競技は、大会に向けて減量に取り組む選手がほとんどですので、大会終了後には「減量中にガマンしていた食材を思いっきり食べられる」という解禁の喜びを味わうことができます。このダイエットか...
  • ジャングルジム津(トレーニングジム&治療院) J2さんのプロフィール
函館クロスロードさん
  • 3ヶ月の糖質制限ダイエット
  • +1日おきに筋トレという王道かつ地道なダイエットでしたが、その結果3ヶ月で体重   69.0 → 59.8体脂肪率 35.4 → 25.1BMI   25.9 → 22.5となりました。下腹部から腰の皮下脂肪が落ちづらく腹筋は割れてませんが(笑)、とりあえずの目標だった「Tシャツを着てもお腹のシルエットが出ない」は達成できました。ジーンズは1回サイズダウンしたのですが、もう1回替えようか悩む程度にはブカブ...
  • ゲストハウス 函館クロスロード函館クロスロードさんのプロフィール
とりっくさん
  • 運動器官/皮膚の機能、構造【第2章の覚え方】
  • (コラーゲン、フィブリリン、 エラスチン等)からなる結合組織の層?皮膚の弾力と強さを与えている?毛細血管や知覚神経の末端が通っている【皮下組織】※内皮じゃない!?真皮の下にあり、脂肪細胞が多く集まって皮下脂肪層となっている?皮下脂肪層は、外気の熱や寒さから体を守るとともに、衝撃から体を保護するほか、脂質としてエネルギー源を蓄える機能があるポイント特に表皮、真皮、皮下組織からの出題は多いので、それぞれ区別し...
  • 絵で覚える登録販売者とりっくさんのプロフィール
ダイエッターmaiさん
  • 痩身+たるみ修復も!クラランス クレーム マスヴェルトで触りたくなる肌に
  • るメソッドの誤解?正しい方法は?あなたにオススメな記事ボディメイク間違った有酸素運動してない?ダイエット効果を求めるなら効率的にトライ!有酸素運動は、「開始120分から、リパーゼという脂肪分解酵素が、皮下脂肪を燃焼しはじめる」と言われてきましたが、現在ではその情報は誤りだとさ...脚やせ脚が痩せた!クラランスボディフィットの効果のある使い方などレポート?キュッと締まった体を目指してまだまだダイエット中のm...
  • 美人は日々の積み重ねダイエッターmaiさんのプロフィール
hogushianさん
  • ゴーヤが勝つか、チーズが勝つか・・・どっち?!!
  • 型?日本人の遺伝子別4つの体型でダイエットが変わる?ダイエットの1日の摂取カロリーは目的体重によって変える!カラダには痩せる順番があった!一番痩せたいあの部分は一番最後?揉み出しでサイズダウンするのは皮下脂肪が減ったからではないという現実【ダイエット日記】ほぼ毎日40回のヒップリフトで腰回りとお腹周りが変わってきた知っておくと安心知識こんなダイエットアドバイザーにはお金を払いたくない!4つの特徴気を付けて...
  • 40代、50代でも痩せる!!と信じるゆきこのブログhogushianさんのプロフィール
シマウマさん
  • 蜂巣炎
  • 炎と言う病気だとわかった。蜂巣炎(ほうそうえん)とは、 蜂窩織炎(ほうかしきえん)」とも呼ばれている。 いちばん外側の表皮にある、 毛穴・汗腺・傷口・・乾燥肌・水虫・湿疹などから細菌が侵入し、 真皮や皮下脂肪に到達して炎症・化膿を起こす。症状の経過を聴いた。先月中旬頃から左足が腫れて、引きずって歩く。 ↓ 訪問看護の看護師さんからは、熱中症ではないかと言われる。 ↓ 内科に行き点滴するが回復しない。 ↓...
  • 意味性認知症の夫との闘病記シマウマさんのプロフィール
ダイエットマスター幸男さん
  • 男性の方、一読願います♪
  • すし基礎代謝量が異なりますからね。 それ以外にも肥満のタイプにも違いがあります。 男性の場合、内臓そのものに脂肪がついていて 上半身肥満になりやすく 女性は女性ホルモンの働きもあってお尻や太腿などに 皮下脂肪がつきやすく下半身肥満になりやすいのです。 皮下脂肪は内臓脂肪に比べて減らしにくいため 女性よりも男性のほうが痩せやすいということになります。 皮下脂肪の減らし方はいずれ書きます しかし。。。。。よく...
  • ダイエットは通過点ダイエットマスター幸男さんのプロフィール
オガワさん
オガワさん
前多 一彦さん
  • リポセルで切らずに二の腕を細く?
  • 、やはり張り出しは残ります。この辺は、「脂肪吸引」には敵いません。「どうしても、脂肪吸引はイヤ!」そういう患者様には、お勧めの治療法です。【術式の概要】HIFU(ハイフ)高密度焦点式超音波治療による、皮下脂肪細胞の破壊。【リスク・副作用】浮腫、痛み、内出血、しびれ、熱傷、皮膚壊死、皮下硬結。モニターの価格設定が、とても魅力的です!・【 腹部(ウエスト含む)】 通常価格 28万円(税別)。モニター価格 20...
  • 聖心美容クリニック 札幌院 前多院長のブログ前多 一彦さんのプロフィール

皮下脂肪を含むブログ村メンバー

  •  
Pochi7036さん
ers89さん
びぇいんさん
Koshiさん
キラキラさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

皮下脂肪について