脂肪細胞

脂肪細胞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [脂肪細胞] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

脂肪細胞を含むブログ記事

ろんり〜うるふさん
  • インスリン抵抗牲と脂肪筋。やせ型の方も含め。
  • す。 が、脂肪筋も多いです。脂肪肝や脂肪筋は、溜まった脂肪が毒性を発揮して、 インスリン抵抗性が高くなりがちに。筋肉の「量」の増加や「質」の改善を一緒に目指しませんか? ただ腰が・・・・・食べ過ぎは、脂肪細胞を膨らませるけど、それも限界が来ます。 脂肪細胞は約5倍くらいは膨らみます。皮下脂肪や内臓脂肪の脂肪細胞からあふれた脂肪は、 血液中に遊離脂肪酸として流れ、ほかの臓器や筋肉に蓄積してしまいます。高脂肪...
  • 「エルヴィスを聴きながら」 ご機嫌50'sろんり〜うるふさんのプロフィール
がんと自然治癒力研究所 所長 塚本みづほさん
  • 体の声を聴きながら空腹時を楽しむ・NK細胞が活性化
  • す。薬、添加物、食べ過ぎ、ストレスなど、足し算された毒ファステイング(断食)は、溜まった毒素を引き算していきます。断食をすると、くっついた赤血球が離れ、毒素が腸内に流れ込み、宿便となって排出されます。脂肪細胞も減り、正常化していきます。がんなおしに欠かせない免疫細胞のひとつであるNK細胞このNK細胞も、空腹時に活性化されます。生まれてからずっと足し続けてきた毒素足し算でガンをつくったのですから、今度は引き...
  • 三大療(抗がん剤・放射線・手術)法だけに頼らないがんと自然治癒力研究所 所長 塚本みづほさんのプロフィール
pari88さん
  • 味噌汁に驚きの効能が発覚 糖尿病の発症予防、肥満抑制効果か
  • /dL程度の差と思うかもしれないが、これは統計学的な検討を行うと、偶然起きた差ではないということがわかっている。●大豆由来食品が持つ効用 しかし、なぜ味噌汁で糖尿病を予防できるのか――。これには人間の脂肪細胞から分泌されるアディポネクチンと呼ばれるホルモンが関係していると考えられている。このホルモンには脂肪の燃焼や血糖値を低下させる働きがあり、大豆に含まれるタンパク質にはこのアディポネクチンの合成を増加さ...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
中性脂肪を減らす理由さん
  • 中性脂肪、別名「トリグリセリド」は人体のエネルギー源です。
  • 9-20 10:13:55 |中性脂肪中性脂肪、別名「トリグリセリド」は人体のエネルギー源です。食事で摂取したエネルギーが消費しきれずに余ってしまうと、余った分は肝臓において中性脂肪に合成され、肝臓や脂肪細胞に蓄えられます。飢餓に備える働きです。脂肪分だけでなく、炭水化物を多く摂って血糖値が高くなった場合や、アルコール摂取(飲酒)をした場合にも蓄えられやすくなります。蓄えられた中性脂肪は、食事量が減る・有...
  • 中性脂肪を減らす理由中性脂肪を減らす理由さんのプロフィール
桜さん
  • 舞茸が見当たらない〜
  • c(8)内科受診(7)睡眠(6)糖質制限(5)デザート(5)フルーツ(5)治療方針(5)女性ホルモン(4)糖尿病(4)内服薬中止(4)筋トレ(4)コレステロール値(4)レイノー現象(3)野菜高騰(3)脂肪細胞(3)ストレス(3)血圧(3)GI値(3)血液検査(3)野菜(2)眼検診(2)冷え症(2)グリコアルブミン(2)血糖値測定(2)内服薬(2)こむら返り(2)糖尿病網膜症(2)ふるさと納税(2)血糖値の...
  • やせ型なのに糖尿病桜さんのプロフィール
hogushianさん
  • コラーゲンは1日5000?必要?!【コラーゲンの重要性】
  • れようダイエット中に訪れる停滞期に動揺せずしっかりダイエット結果を出す方法【ダイエット日記】やる気なしでの運動は効果が半減?(やらなきゃよかった)知っておきたいダイエット知識記事ダイエットするなら白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞を知っておこう女性は人生で2回太りやすい時期を迎える?激太りを回避する対策ダイエットするなら代謝を上げるために必ず鍛えたい4つの筋肉無理なダイエットはしわを増やす大きな原因!キレイに痩せ...
  • 40代、50代でも痩せる!!と信じるゆきこのブログhogushianさんのプロフィール
hanaさん
  • やさしーいニードル治療で毛穴とたるみの新メニュー受けました☆
  • ` ) ニードル治療の幹細胞導入!!麻酔クリームを塗布して肌に直にニードルで細かく穴を開けていき、目の下や鼻の下、小鼻などはさらに浅くに傷をつけて、臍帯血由来幹細胞上清液(HSCM100)、もしくは 脂肪細胞由来幹細胞上清液(AAPE)を導入します。ハリを作るコラーゲン、弾力を作るエラスチン、潤いを保つヒアルロン酸この三つは真皮に存在しており、 化粧品を塗るだけではけっして届かないので針(ニードル)での治...
  • Dr.hanaのブログhanaさんのプロフィール
SUEさん
  • SUEクリニック銀座 脂肪溶解注射について 
  • は巷でいろんな名前の脂肪溶解注射が溢れているためです よく名前が知られているのがBNLSとVLSですね共通性分は下記の通りです脂肪溶解注射の成分の1つにフォスファチジルコリンと言う成分がありますこれは脂肪細胞に含まれる脂肪を遊離脂肪酸として細胞から血管のなかに取り出す働きがあります しかし脂肪細胞から取り出された遊離脂肪酸はそのままにしておくとまた脂肪細胞に取り込まれて元に戻ってしまい痩身の効果は望めま...
  • SUEクリニック銀座ドクターブログSUEさんのプロフィール
渋谷美容外科クリニックさん
  • セルフダイエットはもう限界?!努力しないで痩せられる方法とは?
  • カウンセリングが徹底している当院だからできることです。 渋クリの脂肪吸引について詳しくはこちらから⇒ https://shibu-cli.com/lohas-bodyjet/ 脂肪吸引をしたところは、脂肪細胞自体を取り除くため太りづらい状態になります即効性のある脂肪吸引で理想のボディラインだけでなく、太りにくい身体も手に入れましょう にほんブログ村↑↑ランキング参加中です☆ 渋クリ オフィシャルサイトh...
  • 渋谷美容外科クリニック≪渋クリ≫☆公式ブログ渋谷美容外科クリニックさんのプロフィール
精神科医療は思想警察なのか?さん
  • 時間栄養学が正しいのではなく、欲まみれ、怠惰な生活が太る原因
  • ・一日一食生活を3年続けたので一度まとめてみる - Lost in Mechanical・活躍する人たちが「1日1食」を選ぶ深いワケ | 健康 | 東洋経済オンライン糖質オフのようなダイエット理論は、脂肪細胞を蓄積するインスリン分泌を最小限に抑制するため、糖尿病の治療には向いていると思いますが、糖質オフしながら糖新生(筋肉の分解による血糖維持機構)対策をしようとすると、結局筋トレは必要になってきます。ダイ...
  • 精神科医療は思想警察なのか?精神科医療は思想警察なのか?さんのプロフィール

脂肪細胞を含むブログ村メンバー

  •  
pegasusさん
cosmoさん
  • ダイエット♪cosmoさんのプロフィール
  • ダイエットに関し血液クレンジングやミドリムシダイエット、ダイエットサプリ等の情報のご紹介

にほんブログ村

>

キーワード

>

脂肪細胞について