漢方医学

漢方医学についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [漢方医学] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

漢方医学を含むブログ記事

すぎ内科クリニックさん
  • 漢方治療雑感
  • ていく様な感じ、なのかな。一方の漢方の診断の方法は…基本的に学校で習わないから、その医師なりのやり方。そんな感じになっていくのかなぁ〜。そんな感じだよね。現代医学の診断の仕方は検査があるから楽ですけど漢方医学の診断には検査がない訳ですから…ここが漢方の難関です。こんなことから…漢方治療に関しては身体の診察から処方を選ぶことしかなくて…身体と処方を結びつける部分が非常な難しい所です。うん!(^-^)漢方が出...
  • 病気って…なぁに?すぎ内科クリニックさんのプロフィール
ふーさん
  • 命の母A
  • に。 精神症状に効果の高い生薬を多く配合しています。 命の母ホワイト 生理痛・頭痛のほかに、PMS(月経前症候群)などによるイライラや憂うつ感、生理不順、冷えといった慢性的な症状にも効果を発揮します。漢方医学の考え方「瘀血(おけつ:血が滞ることで様々な不調を起こす)」を改善する成分が多く含まれています。 生理にともなう不調に、血行を促す生薬を多く配合しています。 体の中に滞っている「水」の流れをうながし、...
  • MtFな『ふー』の、アクセサリーデザイナーへの道ふーさんのプロフィール
ヒゲジジイさん
  • 科学としての中医学
  • 研究課題としては、中医学を構造論的な方法で徹底的に分析して行く必要があると愚考しているが、これによって昭和の終わり頃から村田が提唱してきた日本漢方の将来のあるべき姿として、弁証論治の中医学に随証治療の漢方医学を吸収合併させた「中医漢方薬学」の確立だけでなく、理想的な中西医結合の方向性を発見し確立することができるように思われる。 構造論の短絡的な誤解と歪曲の誹りを免れないが、ここで敢えて暫定的に、より具体的...
  • 中医漢方薬学専門薬剤師ブログ(過去の拙論多数掲載)ヒゲジジイさんのプロフィール
永遠の二十八歳さん
  • 漢方処方製剤(漢方薬)の「証」と「しばり」
  • 一般用医薬品の漢方処方製剤(漢方薬)では、漢方医学における「証(しょう)」を専門用語を使用することを避けた「しばり」という表現(しばり表現)というものを効能・効果として記載することで、それぞれ処方にあった使用者を絞り込めるようにしています。このページ...
  • 「登録販売者試験問題集」永遠の二十八歳さんのプロフィール
ヒゲジジイさん
  • 中医漢方薬学の理念とは
  • 1995年にウチダ和漢薬発行の『和漢薬』誌500号記念に依頼されて書いた拙論 中医漢方薬学の理念                              村田恭介  ●中国の新刊書『日本漢方医学』  おとなり中医学の本場中国では、中医学関係の新刊書籍類が、ひところほどではないにせよ、毎月かなりな点数が発行され続けている。最近、中国中医薬出版社から発行された『日本漢方医学』という七百頁に近い大...
  • 中医漢方薬学専門薬剤師ブログ(過去の拙論多数掲載)ヒゲジジイさんのプロフィール
ヒゲジジイさん
  • 弁証論治と方証相対(原題:「弁証論治」「方証相対」雑感)
  • に俟つべきものが多く、そしてそのことこそ、中医学の発展性を最も内臓している領域なのであろう、と理解していました。 これ等のことを考える時、森先生の言われる「方剤の薬能・薬理・生薬の薬能・薬理についての漢方医学的な定義はすでにほぼ定まっている」とのお言葉に対して、大きな疑問符を投げかけない訳には参りません。 ここまで考えてきますと、逆に「方証相対」の立場もあまり馬鹿にできないのではないか、と思われて来ます。...
  • 中医漢方薬学専門薬剤師ブログ(過去の拙論多数掲載)ヒゲジジイさんのプロフィール
ヒゲジジイさん
  • 日本漢方の将来「中医漢方薬学」の提唱(平成元年の提言!)
  • ない奇妙な医学と言わざるを得ない。その奇妙さをカバーするためか、かの徹底した実証主義者であるはずの吉益東洞が提唱した「万病一毒論」という「観念論」を利用して一事を糊塗する以外に、この極めて幼稚と思える漢方医学をどう弁明できるのであろうか?  このように、「虚実」の概念比較のみでも、既に吉益東洞の時代に<病態認識>に対する検討を放棄して一種の「観念的」実証主義に走った日本漢方の歴史的な失策の後遺症が、現在に...
  • 中医漢方薬学専門薬剤師ブログ(過去の拙論多数掲載)ヒゲジジイさんのプロフィール

漢方医学を含むブログ村メンバー

  •  
広州エリザベス国際医療センターさん
kourinnさん
おふくろさん
kampodaisukiさん
王霊芝鍼灸院さん
  • 王霊芝鍼灸院のブログ王霊芝鍼灸院さんのプロフィール
  • 新大阪にある王霊芝鍼灸院です。中医治療を用い、個人の体の状態に合わせて、総合的に治療を行っています。

漢方医学を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

漢方医学について