運用会社

運用会社についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [運用会社] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

運用会社を含むブログ記事

投資教育セミナー講師 森田朝美さん
  • 資金は分別管理されていますか?
  • のように保全されているか ということを知ることがあります。 真っ当な投資であれば、資金は分別管理をされていることがほとんどです。 わかりやすい例で言うと、銀行(証券会社)で投資信託を購入しても、資金は運用会社(信託銀行など)に行きますので、 万が一銀行(証券会社)が倒産したとしても、資産がなくなると言うことはありません。(運用の結果、なくなると言うこととは別) (じぶん銀行さんから画像お借りしました)...
  • 投資・教育ブログ「経済と金融がわかる」ブログ投資教育セミナー講師 森田朝美さんのプロフィール
つみたて次郎さん
  • 【ひふみ投信】運用と投資の違いに関する見解
  • される部分も大きいです。むしろ損するかもしれないという不安や、含み損を抱えるという不運に耐えることが投資家の仕事ともいえます。そういった意味で藤野氏の見解は正しい側面もあるのですが、アクティブファンド運用会社の代表の言葉と考えると複雑です。特に最近は運用成績が不調であり、保有者からも批判もしばしば相次いでいます。参考記事「ひふみ投信が不調。ホルダーは売るべきか?」藤野氏にそのような意図があるかは不明ですが...
  • つみたて次郎の投資日記つみたて次郎さんのプロフィール
いろいろでセカンドライフさん
  • 証券投資サービス無料化の収益源
  • フィデリティからこの夏、手数料無料の指数連動型投信が発売されて、一時期話題となりましたフィデリティ、手数料無料の指数連動ファンド投入−競合の株価急落米資産運用会社フィデリティ・インベストメンツは、新たな指数連動型の投資信託2本の手数料を無料にした。個人向け投信の競争が一層熱を帯びてきた。 同社は1日、新たに個人投資家向け指数連動型ファンド2本を経費率ゼロで提供...
  • 軸足の定まらないセカンドライフいろいろでセカンドライフさんのプロフィール
ヴォロスさん
お金を無理なく安定増やそうさん
  • 個人と年金運用、2つの違いとは?そして政府は今後どうしたい?
  • 1】運用業界では年金運用が「標準」資産運用業界では、長年年金運用が運用方法の「標準」のような役割を果たしてきた。企業年金や公的年金は資金のサイズが大きく、運用を委託する側の年金基金も運用のプロなので、運用会社は厳しいチェックを受けて、採用されたり解約されたりする。年金運用にあっては、顧客のチェックが厳しく、運用の進め方が定式化されているので、運用に関わる専門家の運用プロセスに関する常識は、年金の運用が基準...
  • お金を無理なく安定増やそうお金を無理なく安定増やそうさんのプロフィール
しんたろうさん
TradeBitLABさん
  • マイケル・ノヴォグラッツ「数ヶ月以内に機関が参戦する明らかなサイン」
  • 貨エコシステムだが、市場が実は正式な規制の元でこそ恩恵を受けるだろうとノヴォグラッツ氏は、繰り返し訴えている。規制が業界を正当化し、詐欺を働く者の撤退こそが価格を押し上げると述べている。世界最大の資産運用会社であるBlackRockは、ゆっくりと仮想通貨を取り入れ始めているが、業界が「合法的」になるまではビットコインETFを開始しないと同社CEOのLarry Fink(ラリー・フィンク)氏は勧告している。...
  • TradeBitLAB | トレードビットラボTradeBitLABさんのプロフィール
TradeBitLABさん
  • マイケル・ノヴォグラッツ「数ヶ月以内に機関が参戦する明らかなサイン」
  • 貨エコシステムだが、市場が実は正式な規制の元でこそ恩恵を受けるだろうとノヴォグラッツ氏は、繰り返し訴えている。規制が業界を正当化し、詐欺を働く者の撤退こそが価格を押し上げると述べている。世界最大の資産運用会社であるBlackRockは、ゆっくりと仮想通貨を取り入れ始めているが、業界が「合法的」になるまではビットコインETFを開始しないと同社CEOのLarry Fink(ラリー・フィンク)氏は勧告している。...
  • TradeBitLAB | トレードビットラボTradeBitLABさんのプロフィール
源さん
  • ネット証券でETFが買いやすくなりました
  • な商品に資本が流れるという傾向は止まらないと考えられます。計算可能な手数料このような手数料の安い優良投信やETFは、長期保有が前提のものがほとんどかと思います。そうなると、長い目で見れば、証券会社にも運用会社にも、計算可能な額の手数料が入り続ける事になります。(運用報告書の『売買委託手数料』という項目に、非常に少額ですが確実に計上されていますので、自身の商品で確認してみてください)証券会社や運用会社はこれ...
  • 積立投資健忘録源さんのプロフィール
ひねぷーさん
  • 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018 に投票しました
  • ですね。「低コストで分散投資」この傾向は今年も変わらないと思いますが、「eMAXIS slim 全世界株式」という黒船が登場していますし、昨年よりもより低コスト競争が激化し、同時にコストだけではなく、運用会社は情報開示にも積極的になっていますので、順位は入れ替わるでしょう。自分もそれらを総合的に勘案して今回は以下のファンドを選ばせて頂きました。?eMAXIS Slim 先進国株式 3ポイントすごく迷ったの...
  • こつこつインデックス投資で資産形成ひねぷーさんのプロフィール

運用会社を含むブログ村メンバー

  •  
Daigoさん
株山人さん
NINJA250さん
エリオトレーダーさん
kiminitodokeさん
  • プロトレーダー日誌kiminitodokeさんのプロフィール
  • 大手証券会社11年勤務後、独立。投資運用会社設立起業6年目。

にほんブログ村

>

キーワード

>

運用会社について