ラテン語

ラテン語についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 実践ビジネス英語(5月27日)を聴いて
  • [ラテン語] ブログ村キーワード"caveat emptor" という難しい言葉がでて、それは「買い手注意、買い主危険負担」といった法律用語でした。"caveat" が「差し止め請求、警告、仮出願」といった意味、"emptor" は「購入者、買い手」と辞書にありました。英語の中にはラテン語の言葉がときどき出てきますが、それらみーんな難しい。高松式 英語30分楽習 カリスマ英語トレーニング法トークるズ 目的目標・・・続きを読む
  • 英語の勉強日記 いいともさんいいともさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

ラテン語を含むブログ記事

(遅報)歴史まとめ管理人さん
  • 【冤罪】14世紀ヨーロッパを襲った「黒死病」、原因はネズミでなかった可能性
  • 学の共同研究により、14世紀のペストはノミやシラミから人間への直接感染であった可能性が高くなった。 ●14世紀のペスト「黒死病」  14世紀のヨーロッパに酷い爪痕を残したペストに「黒死病(ラテン語でatra mors)」という名を与えたのは、デンマーク人とスウェーデン人であるといわれている。  19世紀初頭、ドイツ人医学者ジャスタス・ヘッカーの論文によりこの言葉は定着し、現在も英語では「...
  • (遅報)歴史まとめ(遅報)歴史まとめ管理人さんのプロフィール
tuyosiさん
  • 決める2
  • マクラッチーグーグル、マイクロソフト、ディズニー、ファイザーアクセンチュアなど世界的企業を多数クライアントに持つコンサルティング会社ALLEERトレーニングアンドコンサルティングCEO。ALLEERはラテン語の「ALERE」に由来し、「人を開発する」という意味である。企業のほかハーバード・ビジネス・スクールやウォートン・スクールをはじめ大学、大学院でも指導を行うなど活躍の分野は幅広く、「ウォール・ストリー...
  • 気の向くままに・・本紹介tuyosiさんのプロフィール
覇王の馬券密議さん
  • 大波乱の真実 東海のラブレター
  • メールを頂戴し、拝読したが、この方の云われる通り東海ステークス馬番 6番8番= 6月8日世界海洋デーヴァイキングの日また、2着コスモカナディアン→カナダ国の標語A MARI USQUE AD MARIラテン語海から海へであることは、ここで申し上げる。 そして、ほぼ間違い無く、終わってからの確信、察知に過ぎないが、この 13番人気 波乱の主役とは、昨年の訃報。2017年 7月21日 平尾昌晃 さん死去この方...
  • 覇王の馬券密議覇王の馬券密議さんのプロフィール
lemonodasosさん
  • ケファロニア島スカラのローマ時代の荘園
  • の一部にキリスト妖怪が建設され9世紀から10世紀頃まで続いていたという。その後また火災により崩壊し、ビザンティン時代にはアギオス・アタナシウス礼拝堂が建てられた。ギリシャ語でエパヴリ(έπαυλη)、ラテン語でヴィラ(Villa)は荘園の意味で、小さな要塞化された農場の複合家屋のことである。現代だとヴィラと聞くと豪華別荘や大邸宅の意味として使用されている。詳細は→ヴィラ - Wikipediaヨロシク ...
  • 日刊ギリシャ 檸檬の森lemonodasosさんのプロフィール
プリティヴィーさん
  • センター試験とムーミンと言語の話
  • ドヤ顔で話しました(^^;) サンスクリット語なくして語族の概念や比較言語学の発展はありえませんでした。ざっくり言うと、植民地時代にインドでサンスクリット語の研究をしていたイギリス人が古典ギリシャ語やラテン語との共通性に気づき、共通の起源にさかのぼれることを発見したことで比較言語学ができ、同じ系統の言語を「語族」と呼んで分類するようになったんですね。 私は高校のときに語族について学んだ覚えは全くないのです...
  • サンスクリット・サーガラ(サンスクリット語の海)プリティヴィーさんのプロフィール
ぷしゅねこさん
  • 御言葉を持たない人に、真の意味での試練・誘惑はない。
  • 中にいる程度以上になると、試練・誘惑の中に入ります。人に備わる悪と偽りは、本人にある善と真理によって制御されながらも、より近い現存には耐えられないからです。『天界の秘儀』4299天界の秘義(第6巻) ラテン語原典訳エマヌエル・スヴェーデンボリ | 2006年06月発売via ヒルティ喫茶:虹息Your own website,Ameba OwndADいいね!コメントするリブログするツイート虹ぷしゅさんの読...
  • 虹ぷしゅぷしゅねこさんのプロフィール
当為 くまさん
  • デカルトの生涯と思想。その人生と「我思う、故に我あり」まで、神の存在証明。
  • す。『方法序説』『方法序説』は、どのようにしたら真理にたどり着けるかという、いわばHow to 本のようなものです。当為 くまあれ?『方法序説』はフランス語で書かれているんですね。当時は学問書といえばラテン語が普通なのにどうしてですか?デカルト学問に精通している人だけでなく、読み書きができるような一般の人にも読めるようにして、一般書であることをアピールしたのだよ。学問書と見なされるとガリレオ・ガリレイさん...
  • 観想的生活当為 くまさんのプロフィール
minminさん
  • タルト・・・♪
  • タルト・・・・美味しいですね♪タルト(tarte)は、菓子の一種。「焼き菓子」に相当するラテン語「tōrta」に由来する。「タルト(tarte)」という語自体はフランス語である(「トルテ(Torte)」はドイツ語)。                        −wikipediaよ...
  • ミンミンのほっと一息♪minminさんのプロフィール
鹿児島UFO(石清水長者丸)さん
  • 仏習合・修験道・北斗七星-3
  • ン力学は静止系での理論体系だが、その欠点を補うために、運動量保存則を導入している。対して、スミルノフ物理学では、動的ニュートン力学と万有引力の法則をベースとする。プリンキピアで見落とされていた理論で、ラテン語の古文書から発見したという。F: 力、V: 速度、G: 万有引力定数、M、m: 質量、r: 距離。連立差分方程式として解くと、宇宙始原t=0の時、r=∞となり、単一エーテルの光り輝く太陽であった!また...
  • 「地球維新◎天声会議」鹿児島UFO(石清水長者丸)さんのプロフィール
スパニッシュ・オデッセイさん
  • 中日ドラゴンズのビシエド選手
  • 、Guerrero 及び Anderson 以外で、上記と同姓の選手が現れることはそうそうあるまい。 ポチッとクリック、お願いします。↓↓↓スペイン語 ブログランキングへスペイン語とともに考える英語のラテン語彙の世界 (開拓社言語・文化選書) 好評発売中!!こちらは、このブログとは別物です。もちろん、トリビア満載です。『コラム』 ジャンルのランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほん...
  • スパニッシュ・オデッセイスパニッシュ・オデッセイさんのプロフィール

ラテン語を含むトラコミュ

テレビ
  • テレビ
  • テレビとは、「テレビジョン」の略語であり、一般には次のような文脈で用いられる。・テレビジョン:放送あるいは通信や遠隔監視に使用される、遠方へ映像を送る技術(映像...
  • トラックバック数:131 TB参加メンバー数:22人カテゴリー:テレビブログ
プロパガンダ
  • プロパガンダ
  • プロパガンダ(Propaganda)とは国家や政府、政権政党が権力のもとに特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する国策宣伝。有事下の情報・心理戦の技術の一つであり、しばしば...
  • トラックバック数:58 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:ニュースブログ
リンク栃木ブレックス
  • リンク栃木ブレックス
  • 栃木県を本拠地とする男子プロバスケットボールチーム。チーム名の「ブレックス」は打ち破る意味の「ブレーク・スルー」とラテン語で王様を意味する「レックス」を合わせた...
  • トラックバック数:90 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:その他スポーツブログ
積乱雲
  • 積乱雲
  • 積乱雲(せきらんうん、ラテン語学術名cumulonimbus、略号Cb、キュムロニンバス)とは何らかの原因で発生した強い上昇気流によって雲頂が時には成層圏下部にも達することが...
  • トラックバック数:5 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:環境ブログ
ユヴェントス
  • ユヴェントス
  • ユヴェントス・フットボール・クラブ(Juventus Football Club s.p.a) は、イタリア・トリノを本拠地とするサッカークラブチーム。ユヴェントスはラテン語で「青春」という...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:サッカーブログ

ラテン語を含むブログ村メンバー

  •  
時雨 湊さん
paxさん
グレゴ13さん
たんこぶさん
diadumenianusさん

ラテン語を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 英語といえば、どっち?レス: 0/42(218件)英語ブログ
  • われます。どちらも、様々な歴史的な背景を背負い、順次進化している言語だと思いますが、ラテン語をルーツとする古い言語である英語、様々なヨーロッパ言語と語源を共にする、古い英語を私個人は愛...

にほんブログ村

>

キーワード

>

ラテン語について