信託財産留保額

信託財産留保額についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [信託財産留保額] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

信託財産留保額を含むブログ記事

VIC(ビク)さん
  • 投資信託を選ぶ際に見るべきは「実質コスト」!「信託報酬」だけでは不十分です!
  • たコストがある投資信託を購入する際、「目論見書」を確認しますよね。この「目論見書」には、投資信託にかかる手数料として、次のようなものが記載されています。(1)購入時購入時手数料(2)換金時換金時手数料信託財産留保額(3)毎日、随時運用管理費用(信託報酬)監査費用その他の費用・手数料実際の「目論見書」でいうと、ここの部分です。(1)や(2)については、ほとんどかからないという投資信託が増えてきていますし、また、か...
  • VICの投資コーポレーションVIC(ビク)さんのプロフィール
booklifeさん
  • お金は寝かせて増やす!インデックス投資とは?
  • 資額にかかわらず投資した資産は制度的に守られています。?投資信託のデメリット投資信託には、デメリットもあります。?1. 持っているだけで手数料がかかる主に、下記の3つがあります。購入時手数料運用管理費信託財産留保額1と3に関しては、0%のインデックスファンドがあるため、これを選べば問題ありません。しかし、2に関しては、投資信託を持っている間は、毎日かかるので、運用管理費ができるだけ低い投資信託を選ぶことが重要で...
  • 読書録booklifeさんのプロフィール
はるまきさん
  • セゾン投信を解約したって話。
  • ァンドの2本を積み立てしていましたが、後者の手数料は年1,35%もあるんですよね。(ちなみに前者はこの間手数料が下がって年0、6%となりました。それでも若干高いかな)おまけに、解約時にも手数料がかかる信託財産留保額が0、1%。もちろん、事前に手数料等必要な事はわかっていたし、少しの手数料は払うつもりで毎月積み立てていたのですが、他にも色んな投資を調べていくと、どうしてもこのコストの差が気になり始めてしまって。た...
  • 子育てママの夢見るプチセレブ生活はるまきさんのプロフィール
いくパパさん
  • 100円から投資できます。楽天証券で投資信託買ってみた。
  • これは9月に購入した楽天市場のポイントを +1倍 にするためです。分配金コースは再分配型に。再投資して、複利で利益を上げていきます。この投資信託買付手数料:なし (ノーロード)管理費用:0.1696%信託財産留保額:なしと安くていいですね。投資信託なのですぐに約定ではないですね。9/19(水)約定、9/25受け渡し。投資信託の購入でまず気を付けることは買付手数料、管理費用(信託報酬)はできるだけ安いものを選ぶこ...
  • ロードスターで釣りへ行こういくパパさんのプロフィール
公務員女子さん
  • 公務員女子の投資信託の選び方
  • フォリオを考えたら、次はコスト面から選別します。投信を購入・維持するためには当然コストがかかります。主に下記4点の手数料が挙げられます。買付手数料信託報酬(投資信託を保有している期間にかかる管理費用)信託財産留保額(解約時に基準価額から差し引かれる、または購入時に基準価額に加算される費用)解約手数料わたしは基本的に1.買付手数料が無料のもの(ノーロード投信と言います)を選びました。SBI証券はノーロード投信が1...
  • 公務員女子 主に米国株でセミリタイアを目指すブログ公務員女子さんのプロフィール
しんたろうさん
しんたろうさん
株式会社DSKさん
  • 毎月分配型投信なら、貯蓄を取り崩した方がマシ
  • か。という意見もあると思います。では、なぜ貯蓄の方がマシなのでしょう。投信は手数料がかかる それは手数料の関係と税金の関係です。まず投信には基本的に3つの手数料が存在します。・購入時手数料・信託報酬・信託財産留保額それぞれ簡単に説明すると“購入時手数料=入会金“”、“信託報酬=年会費”、“信託財産留保額=退会金”です。購入時手数料や信託財産留保額は、個人でやっても売買に手数料はかかるので仕方ないと思います。(最...
  • DSKのコラム株式会社DSKさんのプロフィール
あれこれさん
  • 【基本】投資信託を購入するときにチェックしたい4つのポイント
  • るコストは大きく3つあります。以下の図に3つのコストが発生するタイミングを整理しました。 (1) 購入時(申込時)にかかる「申込手数料」 (2) 運用中にかかる「信託報酬」 (3) 解約時にかかる「信託財産留保額」 (1)申込手数料は、購入時に窓口となる証券会社や銀行に支払う手数料のことです。商品によっては申込手数料がかからないものがあり「ノーロード」といいます。 投資信託は、申込手数料込の金額指定で購入...
  • あれこれ まとめブログあれこれさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

信託財産留保額について