波動関数

波動関数についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [波動関数] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

波動関数を含むブログ記事

梅の木 柚子の木さん
  • 数学・物理的なことのまとめ?
  • えないかを決めてる気持ちが反射して表れた仕組みで、例えると、お面が並ぶ棚のような感じになっている。 ?電子軌道人の集まりの中で空気を読んで、どのお面を使うかの人称による分類がそれぞれ人に観測された時、波動関数として表れる。?s軌道?双子の感じ方(H元素、He元素)が欠ける事で、余剰として1つの対称性や、自分の存在を証明する為の反転の双対関係が必要となってしまい、根と茎を一本と感じ、双子の裏返りがなくなる事...
  • もののケのしおり〜ちょっと新しい感じ方〜梅の木 柚子の木さんのプロフィール
Emptyさん
  • 2状態ベクトル形式をベイズで一般化する
  • 補足しておくと、私がここで言っているのは、宇宙が今にも滅亡しそうだという話ではありません。そうではなく、宇宙の終状態が決まっているとしたら、長い年月を経た後、その終状態へたどり着ける確率の話です。運命波動関数Φは現在の宇宙が正しい宇宙の終状態へたどり着く確率を表します。現在の宇宙の運命波動関数Φが「濃ければ」、たぶん正しい道筋を通っていますが、もし「薄ければ」、普通なら起こりえない奇跡が起きなければ正しい...
  • MemeplexesEmptyさんのプロフィール
Emptyさん
  • かんたん量子力学 2状態ベクトル形式
  • は実際にこの考え方から弱測定という有意義な考え方をひねり出しています(「宇宙の未来が決める現在」日経サイエンス)。正しいかどうかはともかく、考え方を理解しておくくらいはしてもいいかもしれません。2つの波動関数によって歴史は決まる次の図は、ヤキール・アハラノフらによる2状態ベクトル形式の概念図です(The Two-Time Interpretation and Macroscopic Time-Revers...
  • MemeplexesEmptyさんのプロフィール
Emptyさん
  • かんたん量子力学 ラグランジアン
  • 私達がすでに知っているものです。これは波の重ね合わせによる強まりや打ち消し合いを言い換えたものに過ぎないのです(同じ方向の矢印は波の強め合い、バラバラ方向の矢印は打ち消し合いです)。ですから経路積分は波動関数と同じことができるわけです。「ラグランジアン」はその矢印の回転を表します。前回では、速度(単位時間あたりの移動距離)の2乗に比例するということを述べました(下の図は前回から再掲)。2乗に比例するという...
  • MemeplexesEmptyさんのプロフィール

波動関数を含むブログ村メンバー

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

波動関数について