家臣団

家臣団についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [家臣団] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

家臣団を含むブログ記事

果報丸さん
  • 本能寺ホテル[2017]
  • 子がたどり着いたのは、路地裏にひっそりと佇む“本能寺ホテル”だった。「ようこそ、本能寺ホテルへ」と出迎えた支配人(風間杜夫)に導かれるように、繭子は不思議な世界へと迷い込む……。時は1582年。武将と家臣団たちが逗留のため京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げるその女の正体は“本能...
  • THE映画館!果報丸さんのプロフィール
けんさん
  • 里小路の小笹生垣(佐賀県伊万里市)
  •                       松浦鉄道里駅から山の方に向かう道沿いの多くのお宅が笹の生け垣になっています。この区画は元は筑後の国人領主で江戸時代は小城藩家老職などを務めた山代領主田尻氏の家臣団の武家屋敷で、家臣たちはこの丘陵地を住居と定め東西に本道、南北にいくつかの小路を設けて土地を区画し屋敷を構え、その境に矢竹を植えて生垣としました。この矢竹は普段は生垣ですが有事の際には矢に用いる合理的...
  • ぶらり歴史旅一期一会けんさんのプロフィール
☆カオリン☆さん
  • 那須どうぶつ王国に行きました
  • 、キュンキュンしてしまいます。持ってない政宗様グッズがあったのでさっそく購入向かって左上は真田家の家紋マステ。 信長の再来と言われた、伊達政宗様。19歳で家督を継ぎ、自身は隻眼、忠義と裏切りが同居する家臣団。父は騙まし討ちに合い、母には毒を盛られてますよね。合戦では自ら最前列で戦ったといいます。その無謀さも常軌を逸してる所も哀愁のある所も全部好き。戦国時代は何でもありですね。...
  • カオリン☆のブログ☆カオリン☆さんのプロフィール
ニック西村さん
  • 成田の鷺山城跡探検・佐倉の土浮古墳群探訪
  • が病弱のため、弟邦胤に追われ、「鷺山城」に入りました。しかし、更に敗れ、奥州に逃れて死んだと言われています。近くにある「西光寺」内には、良胤とその子・當胤の墓が残されています。良胤の孫・知胤は、公津の家臣団に養育され、江戸時代を通じて千葉家再興運動を続けたと言います。良胤父子を養育した木内左馬介の孫が、江戸時代の義民・「佐倉惣五郎」であります。 さて、二人は、「鷺山城跡」に登って行きました。そう険しくも...
  • 西村治彦の日記ニック西村さんのプロフィール
気功師光明さん
  • 私の先祖 原田氏(大蔵氏)の歴史
  • 年/康永3年(1344)に、六車郷付近に原田兄弟が国人として働いているとの記載があることから、原田氏は14世紀中ごろから有力者として実在し、原田城を拠点としていた。その後原田氏は摂津守護である細川氏の家臣団に組み込まれていく。 気功師の家系である原田家はこの時期に細川氏の家臣団に気功を伝授していると思います。7月12(木) 京都で「気功指導」と「気功治療」を実施します。京都の東福寺の近くの「喫茶店メモ...
  • 気功治療原田光明気功師光明さんのプロフィール
蟠龍斎さん
  • 信長の野望 大志 15
  • 達氏を滅ぼしさらに南下しています。出羽は安東氏が統一して羽州探題を自称しています。関東甲信越では、上杉・竹田・北条氏が3つ巴なんですが、膠着状態です。中部の織田・徳川氏も同じくです。さて、有能な毛利氏家臣団をそのまま山陰山陽の各城を与えて、いよいよ大友攻めを行います。伊予も同時に攻めるので、大友氏の援軍もイマイチ間に合いません。そうこうしているうちに九州へ上陸。いくつか城を奪ったら、惣無事令が出せるよう...
  • 蟠龍戦記蟠龍斎さんのプロフィール
気功師光明さん
  • ”熊本で私のデジカメが「気の波動」に異常に反応。花開く光明気功(気功上達法)。”
  • 年/康永3年(1344)に、六車郷付近に原田兄弟が国人として働いているとの記載があることから、原田氏は14世紀中ごろから有力者として実在し、原田城を拠点としていた。その後原田氏は摂津守護である細川氏の家臣団に組み込まれていく。 気功師の家系である原田家はこの時期に細川氏の家臣団に気功を伝授していると思います。7月12(木) 京都で「気功指導」と「気功治療」を実施します。京都の東福寺の近くの「喫茶店メモ...
  • 気功治療原田光明気功師光明さんのプロフィール
たかっちさん
  • 松江城下に伊賀忍者がいた
  • 示す史料より早い時代のものになるといい「ここだけあえて名前が書かれていない。いち早く情報収集するなど機密の役割を担っていたのではないか」と話す。 絵図に描かれたころから三十年ほど後、一六三〇年代以降の家臣団名簿によると「忍者頭二人、忍者三拾(十)人」という記述がある。藩主が代わると、新しい忍び衆を連れてきたことが分かるといい「どこに住み、どんな活動をしていたのか明らかにしたい」と今後の調査に期待した。三...
  • たか爺のお気楽リタイア生活たかっちさんのプロフィール
ケン坊さん
  • 綾瀬はるか、料理の腕前披露も「気付いたら出来てた」と天然発言
  • イナミックかつ予測不可能な娯楽大作に仕上げている。?ストーリー倉本繭子はふとしたきっかけで京都の本能寺ホテルに宿泊することに。そこは戦国時代に繋がる不思議なホテルで、彼女は1582年の織田信長が少数の家臣団と共に滞在する本能寺に迷い込む。繭子は信長と交流を深めていく中で、彼の人間性に惹かれていくが…。?ここがポイント!濱田岳、平山浩行、田口浩正、風間杜夫ら個性派俳優が共演。2018年9月1日 23:59...
  • お節介オヤジの事件簿ケン坊さんのプロフィール
熱田北条さん
  • [転載]家康の駆け抜けた軌跡 18
  • 、この地域で覇権を握るためには、どうしたらよいのか。今川氏の影響を薄め、自立の方向にもっていくためにはどうしたらよいのか、これが家康や重臣たちの最大の関心事であったのではないだろうか。そのために、まず家臣団の結束を強化しなければならなかった。その方策として、従来よくいわれている「内を固めるためには、外に敵をつくれ」という方針に従ったのではないのだろうか。 では、その外の敵とはだれか。それはもちろん織田方...
  • 平成金沢文庫熱田北条さんのプロフィール

家臣団を含むトラコミュ

上杉景勝
  • 上杉景勝
  • 長尾政景の子、母は上杉謙信の姉・仙桃院。上杉謙信の養子。豊臣政権の五大老の一人。家康と対立し西軍の与した関ヶ原の合戦以降、米沢に減封されるも、上杉家臣団を減らさ...
  • トラックバック数:399 TB参加メンバー数:17人カテゴリー:歴史ブログ
松平忠輝
  • 松平忠輝
  • 徳川家康の六男。大阪の役後、越後福島75万石の太守。「色黒くまなじり裂け怖ろしげ」という怪異な容貌と云われる一方、剛毅な性格は家臣団や庶民に愛された。
  • トラックバック数:5 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ
板垣信方
  • 板垣信方
  • 板垣信方は、戦国時代の武将。武田信虎、晴信の2代に仕えた。武田二十四将、武田四天王の一人。武田晴信が父信虎を追放して家督を継ぐと家臣団の筆頭格となる。晴信が諏訪...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ

家臣団を含むブログ村メンバー

  •  
佐近下野守さん
ちろりさん
  • 歴史みやげちろりさんのプロフィール
  • 旅先で購入した歴史に関わるおみやげを紹介します。戦国時代の真田氏、武田家臣団関係がほとんどです。
kashindanさん

家臣団を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 「本能寺の変」の黒幕レス: 0/130(995件)歴史ブログ
  • くりと通り過ぎている。それに、信長が光秀と家康討ち取りの密談があったという話もあるという。それと明智家臣団の記録の中で本能寺突入まで家康を討ち取るものと思っていたという記録が残っているそうな。ここに光秀の思...
  • 織田信長vs武田信玄、勝つのはどっち?レス: 0/338(3411件)歴史ブログ
  • だと考えられます。とすると、信長とあのまま戦うのは、逆に難しかったのではと思います。甲斐・信濃土着の家臣団は必ずしも、日本の中央で信長と覇権を長期渡って争う事を望まなかったでしょう。信長もそこが分かっていて...
  • 織田信長vs武田信玄、勝つのはどっち?レス: 0/338(3411件)歴史ブログ
  • 出ていてもとりあえず家臣に意見をあげさせその上で信玄公の考えを家臣に説得させる信玄公のやり方がやはり家臣団の使い方が上手だったと思います。兵力の差を補えるほどの策略を信玄公は事前に手を打ったと思われます...
  • 織田信長vs武田信玄、勝つのはどっち?レス: 0/338(3411件)歴史ブログ
  • 信玄が勝つと思う。長篠の戦いにしてもまず長篠城を先に落として、後顧の憂いを絶ったと思うし、家臣団の絶対的な信頼もあった。後、たま〜にテレビとかで、長篠の戦は「織田信長が武田信玄を鉄砲で破っ...

にほんブログ村

>

キーワード

>

家臣団について