家臣団

家臣団についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [家臣団] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

家臣団を含むブログ記事

MAX編集部さん
  • CRフェアリーテイル実践
  • う「愛」の意味ではない。その意味は諸説あるが、愛染明王もしくは愛宕大権現の頭文字を取ったものと言われている。いずれにしても、決して直江兼続は「愛」をアピールしていた訳ではない。だが、自分の禄(給料)を家臣団に分け与えたり、愛に溢れる人物であったという逸話も多く残っており、あながち現代に伝わる人物像から遠くないのかもしれない。(興味のある方は、是非検索してみてください)その逸話の数々はさておき、当時はご存...
  • パチンコ・パチスロ日記のMAXMAX編集部さんのプロフィール
ママ先生さん
  • 戦国大名の国づくり
  • cママが先生って素敵!子どもと一緒に1年生!投稿日: 2018年9月17日2018年9月18日投稿者: mama-sensei戦国大名の国づくり戦国大名たちの、具体的な国づくりについて学んでいます1 家臣団のまとめかたこの時代、下剋上が当たり前だったのでちょっと前まで同僚だった人が、今日は家臣になっているなんてこともよくあったようですね敵の家臣だった人たちが、今では自分の家臣だということもなんだか、今の...
  • ママの理科実験教室etcママ先生さんのプロフィール
夢幻海さん
  • 第1章 九州の覇者  5  風立ちぬ?
  • が厳しい状況であり、天下を取るにはいささか難儀にござる」忠恒が声を張り上げる。「老いたか忠元、軍資金は確かに厳しいが、我らには最強の軍事力がありもんど」話は中立を除き、大きく東か西かに割れた。列席する家臣団の発言も一巡し、話が繰り返されているところで義久が義弘に決断を求める。「義弘、わしは隠居の身。最終的にはおまんの意見に従うが、なれど天下を目指すがよかろう」「島津が天下を取るならばこれが最後の機会じゃ...
  • 薩摩の風に送られて夢幻海さんのプロフィール
obenbenさん
  • 札幌でランチ(10) 白石区役所食堂にて
  • おりました。)メニューを見たら「シロッピーパフェ」もあるのですね。いただいてみたいです。帰りに食券置き場をふと見たら、「白石温麺(うーめん)」があり、販売されておりました。白石区と言えば、片倉小十郎の家臣団が入植して造り上げた街を中心に構成された区。今年の4月初旬まで宮城県に住んでおり、白石市の街を歩いて、温麺をいただいたことがある私、なんだかとても懐かしく、うれしくなりました。(宮城県白石市はかつて仙...
  • コツコツ歩き隊!obenbenさんのプロフィール
赤ひげのこころさん
  • 三春藩士時代の 菅家関連資料 ? 田村乃小史(分限帳)
  • 。実父は三春藩重臣の荒木高村。 荒木家から秋田季豊(秋田氏の分家)の養子となるも、三代藩主輝季の嫡男広季が亡くなったため宗家の養子となり家督をついだ。・分限帳: ぶげんちょう・ぶんげんちょう。 大名家家臣団の身分や氏名などを記録した文書。・弘化二年:1845年。この年3月アメリカ船マンハッタン号、漂流民を乗せ浦賀に入港、 通商を求める。 これより8年後(1853)ペリーが国書を携えて浦賀に来航、開国を迫...
  • 赤ひげのこころ赤ひげのこころさんのプロフィール
佐近下野守さん
  • 福原貞俊
  • と布野で戦ったが敗北。貞俊と児玉就忠は重傷を負い、上山広信、井上光利、粟屋元堅、粟屋元良、福原元勝、長屋吉親、荘俊正らが戦死する大敗を喫した(布野崩れ)。 天文十九年(1550)、井上党粛清直後に毛利家臣団が元就への忠誠を誓約した起請文の筆頭に署名した。貞俊自身も元就に忠節を誓い、それまでの功績や誠実な人柄を元就に信頼されて、毛利家における筆頭重臣にまで取り立てられた。また家中の誰からも信頼されたという...
  • 毛利元就家臣団列伝佐近下野守さんのプロフィール
佐近下野守さん
  • 福原広俊
  • 、それを見事に平常心に引き戻した広俊の冷静な判断の賜物である。広俊の冷静さ、若武者元就の引き際。それは、面目という建前論を押しのけるだけの力が、二人の間の血の濃さにあったわけだ。享禄四年(1531)、家臣団の利害調整を毛利元就に依頼した起請文の筆頭にも署名する。天文九年(1540)、吉田郡山城籠城戦では、嫡子貞俊を郡山城に派遣し、自らは鈴尾城に籠城し奮戦。次男元正は、元春が吉川氏へ養子に入った際、家臣団...
  • 毛利元就家臣団列伝佐近下野守さんのプロフィール
星田直彦さん
  • 本能寺ホテル
  • 路地裏に佇むレトロな宿“本能寺ホテル"に宿泊することに。なんとそこは戦国時代に繋がる不思議なホテルだった。 一方、時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は森蘭丸(濱田岳)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。 そんなとき、見慣れない格好の女(繭子)が一人、寺に迷い込んでくる。その女は、400年後の世界からやってき...
  • 雑学のソムリエ星田直彦さんのプロフィール
ベテランママさん
山城めぐりさん
  • 松山城
  • 信玄の連合軍の攻撃の前に再び陥落、北条氏のもとに戻った。この合戦の影響が房総にも飛び火して第二次国府台合戦へと発展した。この合戦以後松山城は一時北条氏の直轄となったものの、元亀年間以後は一貫して北条氏家臣団に組み込まれた上田氏の居城となり、同氏は松山領と呼ばれる比企地方一帯を支配下に置いた。ウィキペディアよりジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほん...
  • 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール

家臣団を含むトラコミュ

上杉景勝
  • 上杉景勝
  • 長尾政景の子、母は上杉謙信の姉・仙桃院。上杉謙信の養子。豊臣政権の五大老の一人。家康と対立し西軍の与した関ヶ原の合戦以降、米沢に減封されるも、上杉家臣団を減らさ...
  • トラックバック数:399 TB参加メンバー数:17人カテゴリー:歴史ブログ
松平忠輝
  • 松平忠輝
  • 徳川家康の六男。大阪の役後、越後福島75万石の太守。「色黒くまなじり裂け怖ろしげ」という怪異な容貌と云われる一方、剛毅な性格は家臣団や庶民に愛された。
  • トラックバック数:5 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ
板垣信方
  • 板垣信方
  • 板垣信方は、戦国時代の武将。武田信虎、晴信の2代に仕えた。武田二十四将、武田四天王の一人。武田晴信が父信虎を追放して家督を継ぐと家臣団の筆頭格となる。晴信が諏訪...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ

家臣団を含むブログ村メンバー

  •  
佐近下野守さん
ちろりさん
  • 歴史みやげちろりさんのプロフィール
  • 旅先で購入した歴史に関わるおみやげを紹介します。戦国時代の真田氏、武田家臣団関係がほとんどです。
kashindanさん

家臣団を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 「本能寺の変」の黒幕レス: 0/130(995件)歴史ブログ
  • くりと通り過ぎている。それに、信長が光秀と家康討ち取りの密談があったという話もあるという。それと明智家臣団の記録の中で本能寺突入まで家康を討ち取るものと思っていたという記録が残っているそうな。ここに光秀の思...
  • 織田信長vs武田信玄、勝つのはどっち?レス: 0/338(3411件)歴史ブログ
  • だと考えられます。とすると、信長とあのまま戦うのは、逆に難しかったのではと思います。甲斐・信濃土着の家臣団は必ずしも、日本の中央で信長と覇権を長期渡って争う事を望まなかったでしょう。信長もそこが分かっていて...
  • 織田信長vs武田信玄、勝つのはどっち?レス: 0/338(3411件)歴史ブログ
  • 出ていてもとりあえず家臣に意見をあげさせその上で信玄公の考えを家臣に説得させる信玄公のやり方がやはり家臣団の使い方が上手だったと思います。兵力の差を補えるほどの策略を信玄公は事前に手を打ったと思われます...
  • 織田信長vs武田信玄、勝つのはどっち?レス: 0/338(3411件)歴史ブログ
  • 信玄が勝つと思う。長篠の戦いにしてもまず長篠城を先に落として、後顧の憂いを絶ったと思うし、家臣団の絶対的な信頼もあった。後、たま〜にテレビとかで、長篠の戦は「織田信長が武田信玄を鉄砲で破っ...

にほんブログ村

>

キーワード

>

家臣団について