日本書紀

日本書紀についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [日本書紀] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

日本書紀を含むブログ記事

秩父・仙台まほろばの道さん
  • 山形寒河江の慈恩寺裏山さんぽ
  • ki/%E6%9E%97%E5%AE%B6%E8%88%9E%E6%A5%BD四天王寺は、聖徳太子ですよね。「四天王寺は、推古天皇元年(593)に建立されました。今から1400年以上も前のことです。『日本書紀』の伝えるところでは、物部守屋と蘇我馬子の合戦の折り、崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開するために、自ら四天王像を彫りもし、この戦いに勝利したら、四天王を安置する寺院を建立しこの世の全て...
  • 秩父・仙台まほろばの道秩父・仙台まほろばの道さんのプロフィール
イーグルス16さん
  • 『神武天皇VS.卑弥呼』 関裕二
  • くることはあるが、たしかに阿曇氏が、ヤマト政権の成立に関わったという話は聞いたことがありませんね。著者は、それは「業績を奪い取られたから」といいます。さらには、「正体を消し去られた」ともいいます。もし日本書紀の中でそんなことが本当に行われているなら、それを行ったのは、この日本書記が編纂されたときの権力者ということになりますよね。つまり、藤原不比等です。・・・また、藤原氏かよ。「・・・かよ」なんて言ってる立...
  • めんどくせぇことばかりイーグルス16さんのプロフィール
人生は邂逅なりさん
  • ★世界遺産「神宿る島」宗像・宗像大社辺津宮を訪ねる
  • 神社」は神社より海岸を望むと、参道が一直線に続いて「光の道」として有名なところでもあります。ただ、夕陽が参道の延長線上に沈む「光の道」が見られるのは2月と10月のそれぞれ1週間ほどだそうです。古事記、日本書紀等では「神功皇后」が渡韓の折、宮地嶽山頂より大海原を臨みて祭壇を設け祈願されて船出した場所だそうです。ここは花菖蒲の神社でもあります。5月26日から「菖蒲まつり」が開催されますが、まだ少し早いようです...
  • 人生は邂逅なり人生は邂逅なりさんのプロフィール
清範剛さん
  • 大毘古命と日子坐王 〔213〕
  • て貴重な海路の確保に欠かせない場所であったと思われる。彼らが周防灘を自由に行き来するためにはこの地を手中に治めることが必須であったことを伝えていると思われる。通説を引き合いに出すことは極力控えたいが、日本書紀では多くが省略され、また丹波風土記のような記述から推測することは危険であろう。何故なら大半の国譲りは地形的に類似するところを選択しているが、致命的に異なるのが丹波国だからである。丹波国に関連する文字は...
  • 矛・盾 の e-Note清範剛さんのプロフィール
しえさん
  • 【千葉】香取神宮の御朱印
  • は利根川河川敷にあるそうです。参道をどんどん進みます。石灯籠には、神使の鹿がデザインされています。総門をくぐります。手水舎。手水をして清めます。由緒書き。御祭神は、武神・経津主大神(フツヌシ)です。「日本書紀」に登場する神で、タケミカヅチとともに国譲りの交渉に当たった神だそうです。「古事記」には登場しませんが、「タケミカヅチの神剣・布都御魂を神格化した」という説もあるそうです。神武天皇18年の創建と書かれ...
  • ゆるり寺社巡り 〜御朱印紀行〜しえさんのプロフィール
ねぷた絵(弘前・津軽)の話            川村 岩山さん
  • 弘前ねぷた絵163 見送り絵の題材 踊り子(アメノウズメ)
  • 今回から私が勝手に分類した「踊り子」と題し3話続けます。初回は、アメノウズメ(古事記では「天宇受売」、日本書紀では「天鈿女命」と書きます)です。私には日本書紀の表記になじみがあります。アメノウズメは、日本神話の天照大神(あまてらすおおみかみ)の「岩戸隠れ」の場面に岩戸の前で踊った神で、このことから日本最古の「...
  • ねぷた絵(弘前・津軽)の話 川村 岩山ねぷた絵(弘前・津軽)の話            川村 岩山さんのプロフィール
ふみえさん
  • 岩井俊憲 『 マンガでやさしくわかるアドラー心理学 』
  • のカラダ・女の心 」☆「スティーブ・ジョブズ」 ☆「 佐藤愛子 」☆「 脳の活性化 」☆素敵な「晩年」の送り方「デール・カーネギー」 ☆「 老子 」☆「アンガーマネジメント」 ☆「武士道」 ☆カテゴリ日本書紀 ★ (7)池田理代子 (5)デール・カーネギー☆ (5)「私」をつくる言葉 ★ (5)宮本武蔵! (1)アンガーマネジメント★ (1)老子 ☆ (2)素敵な「晩年」の送り方☆ (0)脳の活性化! (...
  • 私の セレンディピティふみえさんのプロフィール
かまくらdeたんか   鹿取 未放さん
  • ブログ版 馬場あき子の外国詠259(韓国)
  • 1年刊)74頁〜 参加者:K・I、N・I、佐々木実之、崎尾廣子、曽我亮子、藤本満須子、 T・H、渡部慧子、鹿取未放 レポーター:渡部慧子司会と記録:鹿取未放(鹿取注:下の3行はこの章全体の詞書き) 日本書紀では白村江(はくすきのえ)。天智二年秋八月、日本出兵して   ここに大敗したことを太平洋戦争のさなか歴史の時間に教 へた教師があつた。その記憶が鮮明に甦つてきた。259 斉明軍百済とともに滅びたる白村...
  • かまくらdeたんか   鹿取 未放かまくらdeたんか   鹿取 未放さんのプロフィール
たそかれの散策さん
  • 今森流里山を学ぶ(2)?<市民が作った都内の里山>と『今森光彦の心地いい里山暮らし12月』>とを考えてみる
  • 代に完全自動運転社会>を読みながらスマホ考 <くらしナビ・ライフスタイル スマホで心も視野も狭く?>を読んで今森流里山を学ぶ(1) <『今森光彦の心地いい里山暮らし12月』>を読みながら今森流を楽しむ日本書紀編纂の意図 <宮滝遺跡 聖武天皇の吉野宮か>や<邪馬台国 奈良に卑弥呼期の種>などを読みながら公取委の新たな潮流 <公取委員長 ITのデータ利用注視 専門家採用で強化>などを読みながら里山考 <百名山...
  • たそかれの散策たそかれの散策さんのプロフィール
tabiblogさん
  • 信州湯けむり紀行 -南信州エリア-
  • harakogen.jp/ 標高800mの「美ヶ原温泉」美ヶ原温泉の歴史は、遠く奈良時代初めにまでさかのぼります。時の天武天皇が「束間の温湯」に行幸せんと、三野王に信濃の国の地形図を献上させた旨が 「日本書紀」に記されていますが、この「束間の温湯」こそが、今の美ヶ原温泉なのです。昭和58年(1983)には効能豊かな泉質と美ヶ原の玄関口という環境の良さが評価されて国民温泉保養地に指定されました。高台に位置し...
  • 旅と散策tabiblogさんのプロフィール

日本書紀を含むトラコミュ

日本神話
  • 日本神話
  • これまで、古事記・日本書紀に書かれた「日本神話」は8世紀に天皇家によって作られた架空の物語とされてきました。ここでは、「日本神話」は、紀元1〜2世紀のスサノオ〜...
  • トラックバック数:117 TB参加メンバー数:24人カテゴリー:歴史ブログ
神風
  • 神風
  • 神風(かむかぜ、しんぷう、かみかぜ)は神道用語。神が吹かせる風などを意味する。古くは日本書紀の垂仁紀において、「神風(かむかぜ)の伊勢の国は常世の波の敷浪の帰す...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:哲学・思想ブログ
官による官の統治(官官統治)
  • 官による官の統治(官官統治)
  • 官による官の統治」理論の簡単なレジメ1. 民による官の統治」という幻想の失敗 英国のサッチャリズムに始まる「官領域への民の侵食」は、ブッシュ・ジュニア米政権に於い...
  • トラックバック数:47 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:政治ブログ
天武天皇
  • 天武天皇
  • 第40代天皇。国風諡号は天渟中原瀛真人天皇。即位前の名は大海人皇子。系図上では、舒明天皇の次男で母は宝皇女(皇極天皇)、天智天皇の同母弟となっている。『日本書紀』...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
多武峰から明日香
  • 多武峰から明日香
  • 多武峰(とうのみね)は中大兄皇子と中臣鎌足との談合の場ですが、今日は紅葉の名所として有名です。別称は関西の日光です。曽我氏討滅の談合との故事のある多武峰から山越...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:アウトドアブログ

日本書紀を含むブログ村メンバー

  •  
南紀白浜応援団さん
eskky28さん
M・ITOさん
葦尊彦さん
古事記・日本書紀・万葉集を読むさん

日本書紀を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 邪馬台国、大和か?九州か?レス: 0/47(250件)歴史ブログ
  • とは、およそ考えられません。この点も、偽作説論者はまったく説明できていません。 この白鳳年号は『日本書紀』には記されていませんが、『続日本紀』の聖武天皇の詔報中に見える他、『類従三代格』所収天平九年三月十...
  • 国歌・国旗を掲揚を・・・なぜ駄目???レス: 0/241(1396件)政治ブログ
  • 来るものであり、流刑として日本に来たわけではありません。たしかに渡来人や帰化人が大勢いたという記録も日本書紀にありますが、中国の史料には、生活が豊かで文化水準も高く平和で安定している日本に、新羅・高句麗・百済...

にほんブログ村

>

キーワード

>

日本書紀について