日本書紀

日本書紀についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [日本書紀] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

日本書紀を含むブログ記事

J.W.Mccallister,jrさん
  • 『古田史学会報』一四八号をみて
  • 史を古田氏の方法論を援用して解き明かす(かもしれない…)『古田史学会報』一四八号をみて2018年10月16日 |古代史『古田史学会報』一四八号が発行され、そこに「谷本茂氏」の『「那須国造碑」からみた『日本書紀』の紀年の信憑性」と題する論が巻頭掲載されています。前回の記事はこの論の存在を前提としたものでしたが、さらに以下の点を指摘しておきます。 この谷本氏の論をみると各種の資料状況から「干支が現行歴とは一年...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
新地亜紀さん
  • 天火明命
  • 様々な講座、セッションとレンタルスペースのヒーリング&クリエイティブサロン「ことほぎ」主宰新地亜紀と同居人みっちゃんです。★・・・★・・・★・・・★・・・★天火明命ーあめのほあかりのみことー『日本書紀』では、天照国照彦火明命ーあまてるくにてるひこほあかりのみことー          火明命ーほあかりのみことーと表記。 正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命と、万幡豊秋津師比売命の御子神で、邇邇芸命の兄...
  • 神様とあなたをつなぐ神様コンシェルジュ新地亜紀京都新地亜紀さんのプロフィール
摂津三島からの古代史探訪さん
  • 「飛鳥寺西の歴史的変遷」〜 藤原鎌足と阿武山古墳展 講演会 〜
  • 」の創造」という壮大なものです。テーマの中心は、 飛鳥寺の西側の発掘調査内容。つまり、蹴鞠をしていた中大兄皇子 と藤原鎌足が出会ったあの場所、という事で、今回の展示会の主役、 藤原鎌足とつながります。日本書紀でも「飛鳥寺の西の槻の下」など、 この地は何度も登場しているんですね。明日香村では、近年、毎年の ように継続的に調査されてきたそうです。要は広場でしょ、と最初思ってしまいましたが、その北隣には、中大...
  • 摂津三島からの古代史探訪摂津三島からの古代史探訪さんのプロフィール
季節来遊人さん
  • ヤマト王権の始まりの国 6
  • でヤマタイ国が造られたであろう時代を想像してカムヤマトイワレビコノミコトの国造りの年を遡らせて初代天皇の即位年を決め、各天皇の在位年数を膨らませて辻褄を合わせようとしたのではないかと思われる。古事記と日本書紀とでは天皇の死亡年齢は異なっており、想像の年数であることを認めているようなものである。そういうことをしてまでも九州の王家の歴史を消す必要があったのである。それが権力の正統性神話というものであろう。五 ...
  • 日日雑学時時雑想季節来遊人さんのプロフィール
倉西雅子さん
  • 日本人は‘狂った民族’だったのか?−天皇中心の政教一致体制は外来では?
  • 07月ブックマーク倉西先生のご学問所倉西姉妹の歴史学と政治学のホームページ時事随想抄日本国の問題を中心に時事問題を語るブログまあちゃまの今語りまあちゃまが現代という時代の憂いを語るブログ歴史問わず語り日本書紀紀年法研究家である倉西裕子が古代史を語るブログゆうちゃまの昔語り日本書紀紀年法研究家である倉西裕子が日本書紀と紀年法について語るブログちゃぽくらてすは考えるちゃぽくらてすの哲学的冒険物語gooブログ...
  • 万国時事周覧倉西雅子さんのプロフィール
西村 治彦さん
  • 神社・寺院について知りたい?
  • された神社のことをいう。熊野速玉大神は海の神様、家都美御子大神は樹木の神様、熊野夫須美(産霊)大神は滝の神様で大願成就が御利益といわれている。今回調べていて難しいなと感じたのは、一柱の神様でも古事記や日本書紀などの古書によって表記が異なったり、生前と没後の名前があることが多く、同一の神様と認識するのが難しいと感じました神社の歴史は長く、時代によって状況が変わり、いろいろな解釈があるので、調べれば調べるほど...
  • 西村社会保険労務士事務所だより西村 治彦さんのプロフィール
Tune×Ableさん
  • 日本書紀(改ざん?)と藤原不比等
  • 藤原不比等の家系図からみる奈良時代の日本の政治 | 歴史上の人物.com?藤原不比等とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】 | 歴史上の人物.com?不比等が歴史を捏造する「日本書紀」の真実を見抜くことの難しさ、 - るいネット不比等が自らに課した政治的使命は、草壁、軽(文武)、首(聖武)の三人の皇子の擁立であった。擁立と言って即位と言えないのは、草壁は即位前に二八歳で亡くなって...
  • πνευμα (プラウマ)Tune×Ableさんのプロフィール
Tune×Ableさん
  • 1998念くらいから古代史で、橋浦満広が一番興味あること
  • 物部をめぐる記録は正史のなかでは改竄されてしまった。物部の足跡そのものを正確に読みとれるテキストがない。 だから物部の歴史を多少とも知るには、『古事記』はむろんのこと、不比等の主唱によって編纂された『日本書紀』すらかなり読み替える必要がある。のちに『先代旧事本紀』(せんだいくじほんぎ)という物部氏寄りの伝承をまとめたものが出るのだが、これも偽書説が強く、史実として鵜呑みにすることは、ほとんどできない。 な...
  • πνευμα (プラウマ)Tune×Ableさんのプロフィール
ラコスケさん
  • 冬の高野山・大阪ひとり旅 2日目(2)南海電車途中下車の旅。
  • 言いつつ、フランスに行くと地方都市でもモノプリに行ったりしているけれど。次の信号あたりで狭山池が見えてくるはず。狭山池は日本最古のダム式ため池とのことで、「最古」というのはいつの頃なのかを調べてみると日本書紀にも記載があるくらいの「最古」のようで、1934年に完成した村山貯水池(多摩湖)・山口貯水池(狭山湖)なんて比べ物にならないくらい歴史がある。東京都水道局が管理する水道用の狭山湖・多摩湖とは異なり、狭...
  • まだ知らないどこかへラコスケさんのプロフィール
heiseirokumusaiさん
  • §46.都と寺。
  • に書き表してみましょう。- 表.46a 都と寺 -藤原京飛鳥京近江京??X???X?大官大寺川原寺X???法隆寺??吉備池廃寺 こうすると、少なくとも近江までは遡れそうに見えます。また、それより先は『日本書紀』に頼れば、天智の倭京、斉明の後の飛鳥京へと続きはしますが、残念ながらこれらの都にかかわる寺が『日本書紀』からは見つかりません。従って、近江までを先ず確保することから始めることになります。  と言うの...
  • 昭和は遠くなりにけりheiseirokumusaiさんのプロフィール

日本書紀を含むトラコミュ

日本神話
  • 日本神話
  • これまで、古事記・日本書紀に書かれた「日本神話」は8世紀に天皇家によって作られた架空の物語とされてきました。ここでは、「日本神話」は、紀元1〜2世紀のスサノオ〜...
  • トラックバック数:117 TB参加メンバー数:24人カテゴリー:歴史ブログ
神風
  • 神風
  • 神風(かむかぜ、しんぷう、かみかぜ)は神道用語。神が吹かせる風などを意味する。古くは日本書紀の垂仁紀において、「神風(かむかぜ)の伊勢の国は常世の波の敷浪の帰す...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:哲学・思想ブログ
官による官の統治(官官統治)
  • 官による官の統治(官官統治)
  • 官による官の統治」理論の簡単なレジメ1. 民による官の統治」という幻想の失敗 英国のサッチャリズムに始まる「官領域への民の侵食」は、ブッシュ・ジュニア米政権に於い...
  • トラックバック数:47 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:政治ブログ
天武天皇
  • 天武天皇
  • 第40代天皇。国風諡号は天渟中原瀛真人天皇。即位前の名は大海人皇子。系図上では、舒明天皇の次男で母は宝皇女(皇極天皇)、天智天皇の同母弟となっている。『日本書紀』...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
多武峰から明日香
  • 多武峰から明日香
  • 多武峰(とうのみね)は中大兄皇子と中臣鎌足との談合の場ですが、今日は紅葉の名所として有名です。別称は関西の日光です。曽我氏討滅の談合との故事のある多武峰から山越...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:アウトドアブログ

日本書紀を含むブログ村メンバー

  •  
eskky28さん
南紀白浜応援団さん
M・ITOさん
snowymothさん
卑弥呼様は天照大神さん

日本書紀を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 邪馬台国、大和か?九州か?レス: 0/47(250件)歴史ブログ
  • とは、およそ考えられません。この点も、偽作説論者はまったく説明できていません。 この白鳳年号は『日本書紀』には記されていませんが、『続日本紀』の聖武天皇の詔報中に見える他、『類従三代格』所収天平九年三月十...
  • 国歌・国旗を掲揚を・・・なぜ駄目???レス: 0/241(1396件)政治ブログ
  • 来るものであり、流刑として日本に来たわけではありません。たしかに渡来人や帰化人が大勢いたという記録も日本書紀にありますが、中国の史料には、生活が豊かで文化水準も高く平和で安定している日本に、新羅・高句麗・百済...

にほんブログ村

>

キーワード

>

日本書紀について