日本書紀

日本書紀についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [日本書紀] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

日本書紀を含むブログ記事

D-goさん
  • 極上の個体達は〜とても綺麗な梅花藻
  • してる方が沢山居てますよココは特に綺麗でしたよ緑がよく映えて光の指す感じが個人的にはたまりませんでした湧き水がいっぱい出てましたよ以前日本の湧き水NO.1になっていましたよ今は知らんけどココは古事記や日本書紀にも登場していて日本武尊(やまとたけるのみこと)が熱病を癒やしたという伝説もあり不老長寿の水といわれています暑かったので醤油プリンと醤油ソフトを頂きましたこれがねまた美味しいんですよのんちゃんは醤油ソ...
  • D-goのめだかブログD-goさんのプロフィール
十零土勝子さん
  • 文部科学省は馬鹿の集まりか?
  • が次々と書き換えられています。聖徳太子の存在は嘘だったとか、織田信長・豊臣秀吉も実在しなかったのではないか?など信じられない事実が発覚しています!歴史の事実を確認する事は不可能と言う事かも知れません!日本書紀などの書物は誰がいつ書いたのか?おそらく時の権力者が自分の都合の良いように勝手に作り上げたストーリーでしか無いのかも知れません。明治以降は写真などが残っているし、現在は動画も音声も残っているので歴史の...
  • 貴方は知っていますか十零土勝子さんのプロフィール
かごめかごめの真実とはさん
  • 台風12号はイエス再臨のオープンセレモニー 
  • ちらでも良いのかもしれませんが、普通この字読めますかぁ。私には読めません。私にはますます分かりません・・。ウカノミタマ・・は、日本神話に登場する神。『古事記』では宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、『日本書紀』では倉稲魂命(うかのみたまのみこと)と表記する。ほらほら又、重要な言葉でありキーワードだと、古事記と日本書記とで使い分ける文字には重要なことが隠されていることを教えていますよ。でも・・、現場に行くと...
  • かごめかごめの真実とはかごめかごめの真実とはさんのプロフィール
環境歴史観光防災プロジェクトXさん
倉西雅子さん
  • 自由貿易主義から最適貿易主義へ?
  • 07月ブックマーク倉西先生のご学問所倉西姉妹の歴史学と政治学のホームページ時事随想抄日本国の問題を中心に時事問題を語るブログまあちゃまの今語りまあちゃまが現代という時代の憂いを語るブログ歴史問わず語り日本書紀紀年法研究家である倉西裕子が古代史を語るブログゆうちゃまの昔語り日本書紀紀年法研究家である倉西裕子が日本書紀と紀年法について語るブログちゃぽくらてすは考えるちゃぽくらてすの哲学的冒険物語gooブログ...
  • 万国時事周覧倉西雅子さんのプロフィール
古代日本国成立の物語さん
  • 都萬神社(宮崎実地踏査ツアー No.3)
  • あるので、いったん車を停めてからここまで出てきて撮影。神橋。参道左手にある駐車場。右手の道から入ってきました。今回の車はこれです。向こうには土俵が見えます。二の鳥居。社殿。由緒。日本清酒発祥の地の碑。日本書紀にある「時神吾田鹿葦津姫、以卜定田、號曰狹名田。以其田稲、釀天甜酒嘗之。又用淳浪田稲、爲飯嘗之」の記述から、この地が日本清酒発祥の地とされています。「神吾田鹿葦津姫(かむあたかしつひめ)は占いで定めた...
  • 古代日本国成立の物語古代日本国成立の物語さんのプロフィール
さきさん
  • 藤井聡太七段の笑顔に癒される!!
  • くて焦り・・・飯島七段、頑張って!!「なりすましメール」を受信誕生日によせて藤井七段Q&A銀河戦予選 藤井聡太7段勝利お二人ともに残念!久々にデータづくり>> もっと見るカテゴリー将棋(32)古事記・日本書紀(6)ガーデニング(16)古事記(20)参考文献(9)言葉(2)食材・料理(19)ボランティア(53)漢文・漢字(71)日記(609)学習(110)パソコン(48)故事成語(3)TV・映画など(1)グ...
  • 好奇心旺盛なおばさんのワクワク日記さきさんのプロフィール
M・ITOさん
  • 原日本紀の復元040 神功皇后〈1〉巧妙に設定された神功皇后紀
  • があります。それは、「神功皇后」の存在をどのように解釈するかが、前後の年代観を大きく左右すると思われるからです。そこで、まずは神功皇后について考えることにします。  神功皇后(じんぐうこうごう)は、『日本書紀』上でもっとも謎に満ちた人物、女帝だと思います。もちろん、「神代(かみよ)」のいわゆる神話に登場する神々や、初代天皇である神武天皇、それに続く「欠史八代(けっしはちだい)」といわれる8人の天皇も謎であ...
  • 邪馬台国と日本書紀の界隈M・ITOさんのプロフィール
サンタ猫と奈良の行事さん
  • 奈良県の三大梅林は?・・(^-^)
  • こでの問題は、この歌を知っていれば簡単ですね・・(^-^)巨勢山のつらつら?つらつらに見つつ・・(萬葉歌1−54)?の花を知っていれば簡単かなあ。ヒントは山に出ていましたね。第二問のこの話は、古事記、日本書紀にも載っているようですね。天皇と鹿狩りを楽しんだ神として有名なんですね。悪いことも良いことも言い放つ神として「いちごんさん」として親しまれているんですね。では、挑戦を・・(^-^)(1) 奈良県には三...
  • サンタ猫と奈良の行事を中心にサンタ猫と奈良の行事さんのプロフィール
古代日本国成立の物語さん
  • 新田原古墳群(九州実地踏査の旅 No.2)
  • から宮崎に南下し、高島宮を仮宮としてこの地で留まったあとに子湯県に旅しました。そのときに「是の国は真っ直ぐに日の出る方に向いている」と言ったことから、それ以来、この地を「日向」と称するようになった、と日本書紀に書かれています。 一ツ瀬川左岸にある海抜70mほどの新田原台地の上に円墳、前方後円墳、方墳など大小あわせて207基が確認されており、1944年(昭和19年)に国の史跡に指定されました。国道219号線...
  • 古代日本国成立の物語古代日本国成立の物語さんのプロフィール

日本書紀を含むトラコミュ

日本神話
  • 日本神話
  • これまで、古事記・日本書紀に書かれた「日本神話」は8世紀に天皇家によって作られた架空の物語とされてきました。ここでは、「日本神話」は、紀元1〜2世紀のスサノオ〜...
  • トラックバック数:117 TB参加メンバー数:24人カテゴリー:歴史ブログ
神風
  • 神風
  • 神風(かむかぜ、しんぷう、かみかぜ)は神道用語。神が吹かせる風などを意味する。古くは日本書紀の垂仁紀において、「神風(かむかぜ)の伊勢の国は常世の波の敷浪の帰す...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:哲学・思想ブログ
官による官の統治(官官統治)
  • 官による官の統治(官官統治)
  • 官による官の統治」理論の簡単なレジメ1. 民による官の統治」という幻想の失敗 英国のサッチャリズムに始まる「官領域への民の侵食」は、ブッシュ・ジュニア米政権に於い...
  • トラックバック数:47 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:政治ブログ
天武天皇
  • 天武天皇
  • 第40代天皇。国風諡号は天渟中原瀛真人天皇。即位前の名は大海人皇子。系図上では、舒明天皇の次男で母は宝皇女(皇極天皇)、天智天皇の同母弟となっている。『日本書紀』...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
多武峰から明日香
  • 多武峰から明日香
  • 多武峰(とうのみね)は中大兄皇子と中臣鎌足との談合の場ですが、今日は紅葉の名所として有名です。別称は関西の日光です。曽我氏討滅の談合との故事のある多武峰から山越...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:アウトドアブログ

日本書紀を含むブログ村メンバー

  •  
南紀白浜応援団さん
eskky28さん
M・ITOさん
葦尊彦さん
古事記・日本書紀・万葉集を読むさん

日本書紀を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 邪馬台国、大和か?九州か?レス: 0/47(250件)歴史ブログ
  • とは、およそ考えられません。この点も、偽作説論者はまったく説明できていません。 この白鳳年号は『日本書紀』には記されていませんが、『続日本紀』の聖武天皇の詔報中に見える他、『類従三代格』所収天平九年三月十...
  • 国歌・国旗を掲揚を・・・なぜ駄目???レス: 0/241(1396件)政治ブログ
  • 来るものであり、流刑として日本に来たわけではありません。たしかに渡来人や帰化人が大勢いたという記録も日本書紀にありますが、中国の史料には、生活が豊かで文化水準も高く平和で安定している日本に、新羅・高句麗・百済...

にほんブログ村

>

キーワード

>

日本書紀について