始皇帝

始皇帝についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [始皇帝] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

始皇帝を含むブログ記事

ふふみさん
  • 「昔の中国の人は一割しか漢字が読めなかった」というトリビア (nya.656)
  • 43パーセント女子が10パーセントあり、都会に限れば「識字率」80パーセントとされていて、むしろ日本の方が、特異なのです。ともあれ、宮脇淳子 先生によると、、、「漢字は20世紀までルビがない」ために「始皇帝(しこうてい、紀元前259年 – 紀元前210年)が公認漢字3,300字を定め、読み方は一字一音一音節と決めた」ことをかたくなに守り続けたというのです。・・・始皇帝・・・魂消ました。考えて...
  • にゅうがん4な私と風太(日本猫)のららら田舎生活ふふみさんのプロフィール
ごっとさんのブログさん
  • 生命の多様性と新陳代謝
  • 自分自身 薬と猫と時々時事生命の多様性と新陳代謝2018-08-17 10:34:36 |自然生命科学に関わっていると、「人類は不死を実現できないのか」という疑問が時折出てくるような気がします。秦の始皇帝が不死を求めたという話があるくらい、昔から人は不死を切願してきましたが、そもそも何故わざわざ「命を創って壊す」という一見非合理なことを行っているかという問いになります。こういった不死を考える場合、「死...
  • ごっとさんのブログごっとさんのブログさんのプロフィール
T2Pさん
  • 教養の中国史 #津田資久
  • 中国史を通史のみならず、思想史、文化史、美術史にも目を配った、大学一?二年生向けの教養科目テキスト。始皇帝以前の先秦から21世紀の現代に至るまで図版を豊富に掲載し、学ぶべきポイントを整理する。中国をまるごと学ぶよろこびを伝える。 教養の中国史 [ 津田 資久 ]価格:3,024円(2018/8/17 10...
  • 新刊.comT2Pさんのプロフィール
中国わがまま旅さん
  • 西安の美しい亀蛇山
  • .goods568.com/voice/guestvoice.htm読者登録読者になる新着記事西安の美しい亀蛇山西安発着8日間、陝西省黄土高原と黄河及び長城などへの旅兵馬俑はなぜ一重まぶた? 三つの説始皇帝祖母の墓とみられる場所に陪葬のテナガザル、「新種」と確認奇妙な色の珍しいパンダ人気記事三道嶺炭鉱(蒸気機関車SLの最後の聖地)撮影集客(現地催行ツアー)2019年6月までに西安発着8日間、陝西省黄土高...
  • wagamamatabiのブログ中国わがまま旅さんのプロフィール
古代史が好きさん
  • 今までのまとめ
  • 辰韓(新羅)にしばらくとどまったのち次々と伯州(伯耆国)に渡り、徐福本隊は小さな湾(鳥取県北栄町)に到着した(紀元前210年)。徐福は三神山〈蓬莱山(大山)・方丈山(烏ヶ山)・瀛州山(蒜山)〉に上がり始皇帝にいわれたように王(天照大御神)となった。月読命は保食神であり女性である。3 素戔嗚は葦原中津国(倉吉市谷)で泣いてから瀛州(蒜山高原)に上がり、降りて八岐大蛇を退治した。八岐大蛇は第一次の徐福一行(...
  • 天孫降臨の地古代史が好きさんのプロフィール
まるのんちゃんさん
  • そうだ京都へ行こう 最終日東福寺?
  • 。下の写真は南の庭の一部。大きな石組は、蓬莱、瀛洲、壷梁、方丈の四神仙島を現しているそうな。この神仙島は道教の思想なのですが、中国の遙か東海上にあり、仙人が住み仙薬財宝があると信じられてきました。秦の始皇帝はこの神仙思想に基づき不老不死を願い、実際に蓬莱島を探しに行かせました。これが日本全国で見られる徐福伝説の基ですね。また、漢の武帝は、庭園に池を掘り、これらの四神仙島を設置したそうです。これを枯山水で...
  • アウトドア親爺の徒然日記まるのんちゃんさんのプロフィール
鈴木詩織さん
  • 『陳勝呉広の乱』〜項羽と劉邦シリーズ〜販売開始になりました
  • ビを多めに振る】【覚えることを減らすために固有名詞を極力省く】などの工夫をしています。読了までにかかる時間は15〜20分ほどです。「項羽と劉邦シリーズ」はシリーズでありながらも1話完結なので1巻目の『始皇帝の崩御』を読まなくても理解できるし、本書だけでも物語は一応完結しています。筆者である私としては1巻目も今後も読み続けて欲しいですけどね!!!20日から無料キャンペーンも開催します。作品の詳しい紹介はキ...
  • 作家☆鈴木詩織のブログ鈴木詩織さんのプロフィール
iceice0811さん
心霊-都市伝説ナビ-さん
尼崎の夢をつかむ男さん
  • 「花火」の意外な技術革新、実は年々こんなに進化していた!(ダイヤモンド・オンライン)
  • は事実だが 実は花火は毎年のように技術革新が進むテクノロジーアートなのだ。 最近の花火事情をご紹介したい。(ジャーナリスト 戸田一法) ● 徳川家康も見た花火 文献などによると、花火の歴史は古く、秦の始皇帝時代、万里の長城で通信手段 として使われた狼煙(のろし)がルーツとされている。 現在のように近代的な花火は14世紀ごろ、イタリアで始まったとされ キリスト教のお祭りで山車にくくり付けて火花や音を出すシ...
  • 夢への挑戦尼崎の夢をつかむ男さんのプロフィール

始皇帝を含むブログ村メンバー

  •  
ぽっかぽかさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

始皇帝について