倫理研究所

倫理研究所についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [倫理研究所] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

倫理研究所を含むブログ記事

campusさん
  • 私の手元にやってくるまで
  • 、電化製品、文房具など、すべてのものができる過程にもいえることです。 身近にあるものが、どのようにして、自分のもとにやってきたのかと考えてみると、そのものに対する愛着が深まるはずです。 一般社団法人倫理研究所発行「職場の教養 6月号」6月20日よりhttp://www.rinri-jpn.or.jp 私たちは、とかくものの価格だけしか見ずに、その価値を判断してしまいますが、価格には、そのものに関わっ...
  • campusのSmile Cafecampusさんのプロフィール
campusさん
  • 何でも「ハイ」
  • たSさん。何気ない会話にも磨きがかかってきたといいます。 何事も受け止めようとする姿勢は大切にしつつ、相手との関係や、その場の状況に応じて、ふさわしい言葉を使えるよう配慮したいものです。 一般社団法人倫理研究所発行「職場の教養 6月号」6月19日よりhttp://www.rinri-jpn.or.jp そうですね! 普段は元気よく「ハイ」と返事することが良いことでも、時と場合によっては、それがふさ...
  • campusのSmile Cafecampusさんのプロフィール
campusさん
  • 目覚めを良くする
  • ルーティンを作ること、?朝の時間を楽しむこと、などが挙げられます。 小さいことの積み重ねが自己成長への近道です。気持ちの良い目覚めから、早朝の時間を活用し、豊かな生活を育みたいものです。 一般社団法人倫理研究所発行「職場の教養 6月号」6月18日より http://www.rinri-jpn.or.jp 私の「朝活」はこれを書くことです。でも今朝は、ウィンドウズの更新の後にWi−Fiがつながらなく...
  • campusのSmile Cafecampusさんのプロフィール
campusさん
  • 紫陽花のように
  • 、新しい部署に異動した人は、3カ月目に突入しました。今いる環境をどう感じるのかは自分次第です。紫陽花のように環境に応じつつ、明るさと自分なりの「色」を出し、職場で輝いていきたいものです。 一般社団法人倫理研究所発行「職場の教養 6月号」6月17日よりhttp://www.rinri-jpn.or.jp 小さい頃は、何となく地味で暗いイメージのある紫陽花が、どちらかといえば嫌いでした。 でも最近の紫陽花は...
  • campusのSmile Cafecampusさんのプロフィール
開運ナビゲーターなおみさん
campusさん
  • 学ぶ主体
  • ともすると私たちは、上達しない責任を「教え方が悪い」と、指導するものに転嫁しがちです。しかし、あくまでも、「学びの主体は学ぶ側にある」というのが、「啓発」という言葉の本当の意味なのです。 一般社団法人倫理研究所発行「職場の教養 6月号」6月16日より 教える側が、散々苦しんだものでなければできないのならば、受ける側も、苦しんだものでなければ上達しない。 きっとそれは、藁をもつかむ思いで参加しているから...
  • campusのSmile Cafecampusさんのプロフィール
campusさん
  • パン派とご飯派
  • 人とが席を同じくすれば、価値観の違いは必ずあるものです。同時に、その価値観の背景も、またそれぞれにあるものでしょう。互いの背景を思いやることで、家庭も、職場も、より和やかになるでしょう。 一般社団法人倫理研究所発行「職場の教養 6月号」6月15日よりhttp://www.rinri-jpn.or.jp うちはいつもごはんです。 仏壇に、その日の朝炊いたご飯をあげるので、必ずごはんになります。 ただ、たま...
  • campusのSmile Cafecampusさんのプロフィール
campusさん
  • 100分間の練習
  • は、日常の業務にも当てはめられるでしょう。ただ長いだけの会議や行き当たりばったりの仕事は、効果的とはいえません。 「この時間に何をするか」という意識を持って、仕事の質を充実させましょう。 一般社団法人倫理研究所発行「職場の教養 6月号」6月14日よりhttp://www.rinri-jpn.or.jp 以前私の店の上の階に、鹿島アントラーズのコーチが住んでいました。 出かけていく姿を見かける時間は、夏場...
  • campusのSmile Cafecampusさんのプロフィール
campusさん
  • 看板を磨く
  • を徹底して磨いたところ、初めて来店したお客様より、「看板を見てお店に入ってみました」と嬉しい言葉をもらいました。 日々の清掃がお客様の気持ちをつかんだことを従業員一同、体感したのでした。 一般社団法人倫理研究所発行「職場の教養 6月号」6月13日よりhttp://www.rinri-jpn.or.jp エステのお店で、店の前が草ぼうぼう…という店がありました。 最近は、小さなエステ店が次々とオープンし...
  • campusのSmile Cafecampusさんのプロフィール
campusさん
  • 雨の日を心地良く
  • 身の危険のみならず、周りへの迷惑となる行為を心得ておきたいものです。 傘のお陰で、雨風は凌げます。愛着を持って丁寧に扱い、周囲への気遣いも心に留めながら、雨の日を心地良く過ごしましょう。 一般社団法人倫理研究所発行「職場の教養 6月号」6月12日よりhttp://www.rinri-jpn.or.jp 昨日も雨風がすごかったです(>_もちろん台風本体ではないので、それよりは弱いですけどね。 最近は風が...
  • campusのSmile Cafecampusさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

倫理研究所について