労働契約法

労働契約法についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [労働契約法] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

労働契約法を含むブログ記事

お金諜報部さん
  • 副業は本当に解禁されたのか? <後篇>
  • 副業3時間で週5日勤務のような場合は、 1週間の労働時間が本業25時間、副業15時間となり 基準となる労働時間(週40時間の3/4=30時間)をどちらも超えない。また、近年の過労死問題などを背景に、 労働契約法第5条には、安全配慮義務が定められており、 従業員の生命や健康、安全に対する 使用者としての配慮が法的にも問われる状況になっています。そのような状況で、過労になりがちな 従業員の副業を認めることが、...
  • お金諜報部お金諜報部さんのプロフィール
日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
  • 日本政策投資銀行東北支店職員の送迎ドライバーが起こした訴訟 (日本総合サービス事件) 28
  • 応じ、内定を受けたことは被告も証明している。前任者や同僚の勤務実態、定期異動はないという状況からも、原告は明示的にも黙示的にも配転はないと認識しているものであり、就業規則第4条5項の特別な規則および、労働契約法第7条ただし書きからも、原告の合意なくして配転させたことは権利の濫用である。(2)甲4 に更改はしないと記載されており、民法第513条、更改の定義のひとつに要素の変更があることから勤務地が要素になり、...
  • 日本政策投資銀行 日本総合サービス日本政策投資銀行  日本総合サービスさんのプロフィール
想いの伝道師さん
  • ★糸口は「気にかけていました」&「提訴理由に雇止め」は違法 会社側に約4,000万円の支払い命令
  • といった理由から、雇用の継続や働けなかった期間分の賃金の支払いを認めませんでした。 原告側は、敗訴部分について、控訴するとのことです。 なお、雇止めの有効性については、平成24年8月から施行されている労働契約法19条に規定されています。 同条の解釈がこの訴訟のポイントとなっています。 〔参考〕労働契約法19条の概要を紹介しておきます。 ★労働契約法第19条(「雇止め法理」の法定化)/「労働契約法改正のあらま...
  • 想いの伝道師ブログ想いの伝道師さんのプロフィール
yocoyaさん
  • 非正規雇用5年目の雇い止め!あなたはどう思う?
  • 目の「ジェノサイド」 ―― 無期雇用への転換逃れか、相次ぐ雇い止め https://t.co/n6UX1qcTEa #Yahooニュース― 弁護士大西洋一 (@o2441)2018年6月14日この改正労働契約法が成立した2012年8月から「2018年問題」としてわかっていた事ですからねどう思います? 自己責任? 企業が悪い? 政府が悪い?向上心とか将来のこととかみんながみんな一生懸命考えてるわけじゃないじゃ...
  • 三方よしで貯金1000万円の最短ルート!yocoyaさんのプロフィール
りりさん
  • 有期雇用5年で無期雇用へ
  • 有期雇用を5年超えると 同じ待遇で 無期雇用へ転換できる 権利が発生するそうだ。 改正労働契約法 いろいろ 知識をもって 損しないように 生きて行かないと。 細々とブログを書きつつランキングに参加していますの。さみしいおひとりさまに押してくださいませ〜...
  • ひとりで生きていくためにりりさんのプロフィール
人事総務部さん
巨瀬慧人さん
  • 民法548条の4(定型約款の変更)民法改正勉強ノート221
  • 定です。※ これと似たような話が、就業規則の変更による労働条件の変更ですね。使用者は、労働者との合意を経ないまま、就業規則を変更することによって労働条件の不利益変更をすることは、原則としてできません(労働契約法9条)。例外的に、変更が合理的で、変更後の就業規則を労働者に周知させたときには、就業規則の不利益変更による労働条件の変更が認められます(労働契約法10条)。(関連記事)就業規則変更 賃金は簡単に減らせ...
  • 弁護士巨瀬慧人 雨のち晴れブログ巨瀬慧人さんのプロフィール
人事総務部さん
  • 実質的に法制化された「均衡待遇」は契約社員のみならずパートや派遣社員にも拡大へ
  • ◆「パートや派遣社員」も均衡待遇の対象に 正社員と非正規労働者の「処遇格差」を争った裁判において、最高裁判所は、6月1日に“不合理な処遇格差は違法である”との判決をしました。この最高裁判決により、『労働契約法』第20条(不合理な労働条件の禁止)に基づく「均衡待遇」が明確になりました。そして、この「均衡待遇」に関しては、最高裁判決が判例法理となり、『パートタイム労働法』や『労働者派遣法』においても、「パート...
  • 人事総務部ブログ人事総務部さんのプロフィール
(新版)お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々さん
  • 参議院厚生労働委員会 働き方改革関連法案に対する参考人意見/日本労働弁護団幹事長・弁護士 棗一郎さんの陳述
  • 健康を守り、家庭生活と仕事の調和を図ることができるような労働時間の上限規制をすべきである。 それとともに、上記内容の労基法改正によって、過労死労災認定基準の長時間労働に対する使用者の安全配慮義務違反(労働契約法5条違反)の責任が決して免脱されるものではないことを必ず明示すべきである。そうでないと、今後、使用者側から「一月100時間未満、月平均80時間を超えなければ労基法違反にはならず合法なのであるから、使用...
  • (新版)お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々(新版)お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々さんのプロフィール
civilesocietyさん
  • 「6月6日に立命館大学が労基署より是正勧告を出されたことに関する声明」
  • の待遇も勝手に決められてきたということです。つまり、更新5年上限という契約を結ばされて不当にも大学に無期転換権を奪われている非正規労働者が、「授業担当講師」のみならず、たくさんいるわけです。私たちは、労働契約法の趣旨を逸脱し、有期契約を濫用し続ける大学を許しません。授業担当講師の撤廃とともに、立命館大学に雇われている全ての非正規労働者の5年上限撤廃も求めます。そして、これは立命館大学だけの問題ではありません...
  • 市民社会フォーラムcivilesocietyさんのプロフィール

労働契約法を含むブログ村メンバー

  •  
労働相談ノートさん
エリス・コンサルティングさん
労働基準法−情報局長さん
  • 労働基準法−情報局労働基準法−情報局長さんのプロフィール
  • 労働基準法や労働契約法などの労働法を分かり易く解説。近日、労働トラブルマニュアルを限定無料公開

にほんブログ村

>

キーワード

>

労働契約法について