労働契約法

労働契約法についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [労働契約法] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

労働契約法を含むブログ記事

ykroumuさん
  • 3/13セミナー『正規と非正規社員!その違いは?』
  • 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜成立した「働き方改革関連法」の中で、実務に大変影響がある正規・非正規社員の均等・均衡待遇などを目指す、パート・有期法、派遣法、労働契約法の改正は、大企業2020年4月、中小企業2021年4月施行となっています。正規・非正規社員が一緒に働くことが当たり前になっていますが、今回の改正を踏まえて、全ての棚卸が必要になってきます。自社の正規・...
  • こいけのひとりごと(人事労務)ykroumuさんのプロフィール
アンダンテの社労士受験日記さん
  • ◆・・・時間外労働の上限規制 p3〜p4 【一般常識】
  • 今日は、ブログ投稿が遅くなりましたが、2018年度最後のブログで、働き方改革について、ちょこっと・・・・・。(笑)先日より、『労働契約法 第20条の件 』で、『会員掲示板』に質問を出していますが、回答が無いので、本日締め切りました。ネットからの情報ですが、労働契約法20条が削除されたのは、従前のパートタイム契約法(短時間労働者の雇用管...
  • アンダンテの社労士受験日記アンダンテの社労士受験日記さんのプロフィール
日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
  • 日本政策投資銀行運転手 34ー5
  • akuginko.jp(htpp://seisakuginko.jp)seisakuginkou.jp(htpp://seisakuginkou.jp)を御覧ください。第5,原判決は憲法第14条に反し労働契約法第19条の解釈を誤っているものである。有期労働契約であっても、客観的合理的、社会通念上相当であると認められる理由がない場合には一方的な雇止めはできないことは示されている。原審では退職日時点での労務提供...
  • 日本政策投資銀行 日本総合サービス日本政策投資銀行  日本総合サービスさんのプロフィール
日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
  • 日本政策投資銀行運転手 34ー4
  • 告 受 理 申 立 理 由 書平成29年12月25日最高裁判所 御中事件番号 平成29年(ネ受)第61号上告受理申立て事件申 立 人 ○○ ○○ 相 手 方 日本総合サービス株式会社第4,判例違反・労働契約法違反(雇止め)原判決は、申立人の雇止めを正当であると判示するが最高裁判例、労働契約法に反する。すなわち、申立人には、採用時に既に雇用継続の期待権が発生しており、相手方に雇用された、同条件の他の労働者が...
  • 日本政策投資銀行 日本総合サービス日本政策投資銀行  日本総合サービスさんのプロフィール
入試ちゃんさん
  • [Day31] 倫理・政経どうしよう?
  • の政経では、今年出そうなキーワードが以下 ・ テロ対策特別措置法関連・ 郵政3事業、第2次臨時行政調査会で3公社(NTT/JR/JT)・ 勤労の義務、教育を受けさせる義務、納税の義務・ 労働審判制度、労働契約法・ 裁量労働制、ワークライフバランス 今日もいい天気だなー にほんブログ村...
  • 困ってます!お父さんと進むセンター試験 がんばり編入試ちゃんさんのプロフィール
日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
  • 日本政策投資銀行運転手 34ー3
  • 書平成29年12月25日最高裁判所 御中事件番号 平成29年(ネ受)第61号上告受理申立て事件申 立 人 ○○ ○○ 相 手 方 日本総合サービス株式会社第3,本件判決は、(民法第1条,権利濫用),(労働契約法第1条,自主的な交渉による契約、変更違反),(同法3条,労使対等、信義則違反、権利濫用),(最高裁大法廷判決,昭和25,10,11)の解釈を誤っている。配転を強行した理由は、答弁書1,6頁23行目 及...
  • 日本政策投資銀行 日本総合サービス日本政策投資銀行  日本総合サービスさんのプロフィール
日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
  • 日本政策投資銀行運転手 34ー2
  • 立人の前任者Oや、同僚のSも配転された実態がないことからも、配転が無い認識が申立人に存在し、相手方からも銀行勤務を条件とした提示を出されていることからも、勤務地限定の特約は、就業規則の配転条項よりも、労働契約法第7条の但し書きが優先されるものである。(就業規則第4条5項の本規則と異なる定め)「定期異動はない」「申立人と同様の地位である車両管理員は、同一勤務場所で毎年契約を更新している」ことからも、民法第92...
  • 日本政策投資銀行 日本総合サービス日本政策投資銀行  日本総合サービスさんのプロフィール
日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
  • 日本政策投資銀行運転手 34ー1
  • 提事実(14頁)において 「乙3 の労働条件は就業場所以外は当初の労働条件通知書と同一の内容である」と述べるのは事実誤認である。(6)被控訴人は配転に関し十分説明したと述べるが立証されていない。これは労働契約法第4条違反である。被控訴人と銀行総務課職員との話の内容を控訴人に教えることをせず、控訴人がその内容を知りえたのは民事調停被控訴人陳述書が控訴人に渡された後であり、被控訴人と銀行総務課職員との間で秘密裏...
  • 日本政策投資銀行 日本総合サービス日本政策投資銀行  日本総合サービスさんのプロフィール
日本政策投資銀行さん
  • dbj東北支店 33
  • 12月28日であることからも、自宅に押しかけてまでも回収する緊急性、必要性がないのにも拘わらず、控訴人の承諾や説得もなんら為されず行われた行為が不法行為に当たらず、憲法第13条の個の権利の侵害や民法、労働契約法の権利の濫用ではない理由を求めたのは先に記載したとおりである。最高裁判例(東亜ペイント事件)による配転無効の例として不当な動機、目的によって為された場合に上記事実が該当しない理由を求める。2, 同判例...
  • 日本政策投資銀行日本政策投資銀行さんのプロフィール
日本政策投資銀行さん
  • dbj東北支店 32
  • 提事実(14頁)において 「乙3 の労働条件は就業場所以外は当初の労働条件通知書と同一の内容である」と述べるのは事実誤認である。(6)被控訴人は配転に関し十分説明したと述べるが立証されていない。これは労働契約法第4条違反である。被控訴人と銀行総務課職員との話の内容を控訴人に教えることをせず、控訴人がその内容を知りえたのは民事調停被控訴人陳述書が控訴人に渡された後であり、被控訴人と銀行総務課職員との間で秘密裏...
  • 日本政策投資銀行日本政策投資銀行さんのプロフィール

労働契約法を含むブログ村メンバー

  •  
エリス・コンサルティングさん
労働基準法−情報局長さん
  • 労働基準法−情報局労働基準法−情報局長さんのプロフィール
  • 労働基準法や労働契約法などの労働法を分かり易く解説。近日、労働トラブルマニュアルを限定無料公開

にほんブログ村

>

キーワード

>

労働契約法について