労働契約法

労働契約法についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [労働契約法] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

労働契約法を含むブログ記事

時間の達人さん
  • 【大原生限定】論点チェック(ブログ版)【労一?】2019
  • ださい。労働に関する一般常識は「一般常識」の分野です。選択式で毎年1問、択一式で毎年5問出題されます。択一式での出題分野は、例年、次の通りとなっています。・労働経済の分野:2問・労働法令:3問(うち、労働契約法1問、社労士法1問、他詰め合わせ)このように、労働に関する一般常識は、労力をかけても得点につながらない科目ですから、あまり時間をかけないことがコツです。ただし、「労働契約法」はきっちり押さえましょう。...
  • 時間の達人ブログ 社労士時間の達人さんのプロフィール
日本政策投資銀行さん
  • 日本総合サービス事件 11
  • て配転撤回に繋がる恐れがあるからである。  労基法第19条1項の行政解釈(昭和63,3 ,24 労働省150号)は期間従業員として初めから契約終了日が確約されたものとしての認識がある場合の解釈である。労働契約法の成立により労契法19条により実質期間の定めのない雇用や雇用継続が期待するための合理的理由のある場合には適用されない。(労契法成立以前の行政解釈は本件にはそぐわない)9・第3の1(14頁)「原告の雇用...
  • 日本政策投資銀行日本政策投資銀行さんのプロフィール
日本政策投資銀行さん
  • 日本総合サービス事件 10
  • こったことである。さらに軋轢を生じさせた原因を原告の責任としているが事実を全く無視したものである。? 信義則上、職場配慮義務を怠り長期の鬱状態、休職に至らせた債務不履行違反に対する損害賠償の理由(1)労働契約法第5条 使用者は労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるように必要な配慮をするものとする。 原告は配転直後から体調を崩し欠勤を繰り返してきた。原告は被告仙台支店長...
  • 日本政策投資銀行日本政策投資銀行さんのプロフィール
日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
  • 日本政策投資銀行事件 11
  • よって配転撤回に繋がる恐れがあるからである。労基法第19条1項の行政解釈(昭和63,3 ,24 労働省150号)は期間従業員として初めから契約終了日が確約されたものとしての認識がある場合の解釈である。労働契約法の成立により労契法19条により実質期間の定めのない雇用や雇用継続が期待するための合理的理由のある場合には適用されない。(労契法成立以前の行政解釈は本件にはそぐわない)9・第3の1(14頁)「原告の雇用...
  • 日本政策投資銀行 日本総合サービス日本政策投資銀行  日本総合サービスさんのプロフィール
日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
  • 日本政策投資銀行事件 10
  • こったことである。さらに軋轢を生じさせた原因を原告の責任としているが事実を全く無視したものである。? 信義則上、職場配慮義務を怠り長期の鬱状態、休職に至らせた債務不履行違反に対する損害賠償の理由(1)労働契約法第5条 使用者は労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるように必要な配慮をするものとする。 原告は配転直後から体調を崩し欠勤を繰り返してきた。原告は被告仙台支店長...
  • 日本政策投資銀行 日本総合サービス日本政策投資銀行  日本総合サービスさんのプロフィール
ねもとさん
  • リストラとは|解雇の種類とリストラの正当性を判断する4つの要件
  • が、当該懲戒に係る労働者の行為の性質及び態様その他の事情に照らして、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、当該懲戒は、無効とする。引用元:労働契約法15条として、法律で懲戒処分の濫用は禁じられています。3、整理解雇(リストラ)の4要件とは整理解雇を有効におこなうためには、通常の解雇の場合と同様、客観的合理性があり、社会通念上相当なものである必要が...
  • "今が旬"の人事情報をお届けします!ねもとさんのプロフィール
大矢 睦さん
  • 有期派遣社員の期間制限到来と留意点
  • 限る。常用代替を防止するため。派遣労働者という働き方は、一般的には、臨時的・一時的な働き方として位置付ける。雇用の安定やキャリア形成が図られにくいため。 2018年問題とは有期派遣社員について、?改正労働契約法に基づく『無期雇用への転換』のタイミングと?改正労働者派遣法に基づく『抵触日』が、2018年に併せて到来すること。 今回は?の改正労働者派遣法に基づく「抵触日」について解説します。 平成27年9月30...
  • 0から始める!働き方改革社労士ブログ!大矢 睦さんのプロフィール
naitya2000さん
  • 10月21日 求人広告会社ビハイア パワハラ女性自殺社長提訴から考える事
  • 償給付・休業補償給付などの労災申請。 ・パワハラに関しては、民事訴訟で、行為者(社長個人)には民法709条の不法行為責任を請求し、会社(法人自体)には民法415条の債務不履行責任(安全配慮義務違反)・労働契約法第5条(安全配慮義務違反)・民法715条の使用者責任を請求。 ・パワハラに関して刑法的には、名誉棄損罪(刑法230条)・侮辱罪(刑法231条)・脅迫罪(刑法222条)を請求。 が、考えられます。以上の...
  • 労務管理の町医者「フェリー好き社労士」の事務所日記naitya2000さんのプロフィール
日本政策投資銀行さん
  • 日本総合サービス事件 9-4
  • で被告から陳述書を渡された3日後である。傷病の経過をみれば原告の健康障害は被告の不当な配転によるものであり被告が原告の健康問題を挙げて雇止めするのは「客観的合理的理由かつ社会通念上相当な事由」ではなく労働契約法違反である。原告が配転されていた時期が就労不能であったと医師は認めている。又、就労が可能と医師が認めていながら医師の診断を無視した原告に対する雇止めは権利の濫用である。労務に適さない場合の賃金未払いや...
  • 日本政策投資銀行日本政策投資銀行さんのプロフィール
日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
  • 日本政策投資銀行事件 9-4
  • で被告から陳述書を渡された3日後である。傷病の経過をみれば原告の健康障害は被告の不当な配転によるものであり被告が原告の健康問題を挙げて雇止めするのは「客観的合理的理由かつ社会通念上相当な事由」ではなく労働契約法違反である。原告が配転されていた時期が就労不能であったと医師は認めている。又、就労が可能と医師が認めていながら医師の診断を無視した原告に対する雇止めは権利の濫用である。労務に適さない場合の賃金未払いや...
  • 日本政策投資銀行 日本総合サービス日本政策投資銀行  日本総合サービスさんのプロフィール

労働契約法を含むブログ村メンバー

  •  
エリス・コンサルティングさん
労働基準法−情報局長さん
  • 労働基準法−情報局労働基準法−情報局長さんのプロフィール
  • 労働基準法や労働契約法などの労働法を分かり易く解説。近日、労働トラブルマニュアルを限定無料公開

にほんブログ村

>

キーワード

>

労働契約法について