春日局

春日局についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 春日局…大奥内外に権勢(後編)
  • [春日局] ブログ村キーワード 昨日に続き、春日局の後編です。世の中は皮肉なもので、正則が老中として仕えていた頃の1680年に、家綱が病死します。何時の時代でも同じで、可愛がり庇護してくれていた権力者が、亡くなるとか、勢力が衰退した時、他人の謗り、僻みも出て来るものです。快い世界がそれを機に、暗転する訳です。そこで正則は、局の助言と自らの冷静な判断の結果、ここは潔く身を引く事が最善の策と悟り、家督を嫡・・・続きを読む
  • 真空管のアナログ世界に魅せられて blograjioさんblograjioさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

春日局を含むブログ記事

紅雲庵さん
  • 蔵茶 KURA-CHA 
  • ランの敷地内あちこちにいくつか 例えば 「壁に耳あり」 中村公之作愉しいオブジェも常設されていますからこちらもお見逃しなく。 会場となる土蔵は築推定380年江戸時代初期。島原の乱鎮圧の年、大奥には春日局がいたころ、お茶で言えば小堀遠州や細川三斎が活躍し、宗旦が隠居するちょっと前。(ざくっとです) パーティやLIVE会場としても利用されている様子。 当日はこの空間に立礼茶席がしつらえられます...
  • 紅雲庵 日乗 名古屋の茶の湯 和のあれこれ紅雲庵さんのプロフィール
goody-goodyさん
  • 名人小團次伝 -講談広小路亭-
  • 火事の由来」「伊達家の鬼夫婦」「和田平助 鉄砲斬り」「木津の勘助 お直祝言」松鯉師匠「水戸黄門記 雁風呂由来」中入りをはさんで、阿久鯉さん「天明白浪伝 徳次郎の生い立ち」神田陽子師匠「名人小團次伝」「春日局家光養育」愛山師匠「天一坊 山内荷担」まで4時間を超える“どっぷりと”講談の世界です。(講談を本格的に聴き始めて丸1年、聴くことにだいぶ余裕ができて、演題演目の知識もだいぶついてきました)今日は神田陽...
  • 哲ノートgoody-goodyさんのプロフィール
サッカー好きなオヤジさん
  • 春日局ゆかりのお地蔵様
  • 徳川家光の乳母、春日局御愛祈のお地蔵様東京都文京区向丘の日光御成街道沿いにあります       いつもありがとうございます               励みになるのでポチよろしくお願いします↓               ...
  • NORIの日々の日記サッカー好きなオヤジさんのプロフィール
すたっふさん
  • 良い出会い
  • きだった祖父にそっくりな羅漢様がいました。 とても良い出会いがあり、何だかとても嬉しく、見守っていてくれているようで、温かい気持ちになりました。 五百羅漢の他にも喜多院には、徳川家光誕生の間や春日局の化粧の間、家光や春日局にゆかりの深い天海僧上にも触れられている、江戸城から移築された御殿もあり、実はそちらも国指定重要文化財ということでとても有名でした。 その中の部屋や装飾、庭などもとても見応え...
  • 清明なる日々すたっふさんのプロフィール
みーちゃん猫さん
  • お散歩日和!川越めぐり
  • 越大師 喜多院へ。 かなーり昔に行ったことがあるのですが、すっかり記憶の彼方に行ってしまったあらためて見たら、とっても見どころが多くて見ごたえがありました。 江戸城から移築された、「家光誕生の間」や「春日局化粧の間」。 五百羅漢。538体の羅漢は壮観です。 目が慣れてくると、だんだん見えてくるものがある。 お猿を抱えた羅漢様。 十二支が全部いたようなのですが、全部は見つからず、卯・辰・巳・申・酉・戌な...
  • みーちゃん猫日記みーちゃん猫さんのプロフィール
ぽっぷでらいとさん
  • 10月10日「過去の出来事」
  • 10月10日「過去の出来事」1567年松永久秀に攻められた三好三人衆が、籠城していた東大寺に放火し逃亡。大仏殿は1180年以来2度目の全焼。1629年江戸幕府3代将軍徳川家光の乳母・ふくが参代し、春日局の称号を受ける。1877年北海道石狩町で日本初の本格的な缶詰工場が営業を開始。1882年日本銀行が開業。資本金1千万円で国が半分を出資。1911年辛亥革命。清国の武昌・漢口・漢陽など各地で革命軍が清朝...
  • ぽっぷでらいとな日記ぽっぷでらいとさんのプロフィール

春日局を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 「本能寺の変」の黒幕レス: 0/130(995件)歴史ブログ
  • 回答ありがとうございます!家康が黒幕でそのつながりで、その後、光秀の重臣・斉藤利三の娘お福(後の春日局)が徳川家光の乳母になれたという話がありますよね。さらには生き延びた光秀が、天海大僧正になって家康の...

にほんブログ村

>

キーワード

>

春日局について