徳川秀忠

徳川秀忠についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [徳川秀忠] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

徳川秀忠を含むブログ記事

まりもんぬさん
  • 秋の鎌倉 御朱印道中 ?
  • ひと踏ん張り。だけど、会社の飲みは2回あるしクリスマス飲みもあるし・・・。はぁ。さっさと鎌倉を終わらせねば。年越せないww建長寺、鎌倉五山第一位。よくテストに出るやつねw必ず見にくるのは唐門江戸時代、徳川秀忠の奥さん崇徳院のところから持ってきたやつ豪華だよね。江戸時代〜って感じ。(コメントが雑w)ここよりも奥に、半僧坊ってのがあって、そこがとっても面白いんだけどさなんせ時間無いからww日が暮れちゃうw天狗...
  • 気ままに生きようか。まりもんぬさんのプロフィール
orimasaさん
  • 平成日本紀行(211) 金沢 「金沢城」
  • が、それに対して利長は弱そうな振りをして何気なくも、鮮やかに難題をかわしている。  謀反の疑いをかけられても、母親(まつ)を江戸に証人・人質として出し忠誠を示している。 一方で、利長の弟・利常と珠姫(徳川秀忠の娘、家康の孫。)の婚姻関係を約し、自ら隠居して利常に家督を譲った時には、豊臣色の濃かったはずの前田氏は徳川色に染まり、三代家光が将軍になる頃には前田氏と徳川氏は外様にしては異例の良好な関係になってい...
  • 日本周遊の旅orimasaさんのプロフィール
orimasaさん
  • 平成日本行(211) 金沢 「金沢城」
  • るが、それに対して利長は弱そうな振りをして何気なくも、鮮やかに難題をかわしている。 謀反の疑いをかけられても、母親(まつ)を江戸に証人・人質として出し忠誠を示している。 一方で、利長の弟・利常と珠姫(徳川秀忠の娘、家康の孫。)の婚姻関係を約し、自ら隠居して利常に家督を譲った時には、豊臣色の濃かったはずの前田氏は徳川色に染まり、三代家光が将軍になる頃には前田氏と徳川氏は外様にしては異例の良好な関係になってい...
  • 国内旅行(G)orimasaさんのプロフィール
鎌学ファンさん
  • おんな城主直虎の「ノブ」さん
  • 躍をしたノブさん、1万石ではいかにも少ない印象ですが、武勇ではなく知略で出世した自分があまりに多くの領地を得ると災いを呼び寄せると考え、お断りしていたそうです。(息子の正純には、3万石以上はもらうな、徳川秀忠にも現状のままであげないでくれ、と伝えていたそうです。)玉縄のあたりをちょっと散策してみたくなりませんか?鎌倉市HPより 玉縄城址受験生の方も親御さんも歩きながら昔に思いをはせてみてください!(そんな...
  • 鎌学Fan Fun !鎌学ファンさんのプロフィール
あずフィスさん
  • 本日は東京タワー完工の日です。
  • 歳となりました、おめでとうございます。天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか 変わらぬ皇統の重み (PHP新書)/PHP研究所¥価格不明Amazon.co.jpそのほかの出来事1613年 江戸幕府2代将軍徳川秀忠が2回目の「キリシタン禁令」を全国布告1855年 「日蘭和親条約」締結。日本とオランダの間の国交正式化。1868年 明治政府が富くじ興行禁止布告1876年 オスマン帝国が初の憲法制定1885年 内閣法...
  • あずフィスのきょうの出来事あずフィスさんのプロフィール
mokaさん
  • 高額武将落札!!
  • 札してますが、落札できるのは特武将くらい。まあ特武将は白くじを連打した方が安く手に入りますが、時間がないので入札しています。どうせ今日も特武将くらいしか落札できないだろうと思っていたら・・・プラチナ極徳川秀忠を落札できていました^^。10合流なら弓砲器攻72%上昇となかなかの火力になります。弓は他にも強い武将がいるので、育てるなら砲かな。早速千万の覇者とのコラボでゲットした三英傑の饗宴を合成することに。ど...
  • 戦国IXA17−32ワールドmokaさんのプロフィール
ronさん
  • 永井路子「日本史にみる女の愛と生き方」感想
  • 、当時の風潮を表しているとも思いました。薄幸で美しい女性の代表である静御前を反体制タレントと称したり、壇之浦で生き延びた建礼門院徳子も悲劇の女性と見ないでなりゆきまかせの女と手厳しいのです。同じように徳川秀忠の娘で豊臣秀頼と結婚し、大阪夏の陣で助けられた千姫に至ってはなぜ秀頼と死ななかったのかと非難しています。面白かったのは、清少納言と紫式部の対決。清少納言は物知りで〇×形式には強く、紫式部は...
  • リタイアライフのつぶやきronさんのプロフィール
ししゃもさん
  • ?ケータイ国盗り合戦国盗りクイズ答え合わせ?12/18
  • 維持します!↓∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞?ケータイ国盗り合戦 国盗りクイズ? 【本日の問題】伊達政宗のことを「伊達の親父殿」と呼ぶほど慕っていたといわれる将軍といえば?1. 徳川家康2. 徳川秀忠3. 徳川家光4. 足利義昭答え:3. 徳川家光【解説】江戸幕府の第3代将軍である徳川家光は、伊達政宗のことを「伊達の親父殿」と呼び、祖父・徳川家康と同じくらい慕っていたといわれています。政宗が没した...
  • ししゃもなフクラハギししゃもさんのプロフィール
ufitさん
  • 『殿といっしょ 5』
  • パーシリーズ)戦国武将を題材とした4コマギャグ漫画の第4巻。本作では身体を張ったリアクション芸をする大谷吉継、にこやかな顔で主君の龍造寺隆信と言い争いをする鍋島直茂、被害妄想をこじらせて暴走するお江(徳川秀忠夫人)、眼帯のことで息子の伊達政宗と張り合うお東の方などが初登場で、さらに笑いの種類を増やしている。信長と家臣団や周囲の大名のところで朝倉攻めからの金ヶ崎退き陣をめぐるやり取りが続いたり、大友宗麟が立...
  • 雨読夜話ufitさんのプロフィール
balloondreamsのブログさん
  • 江の歴史的背景
  • 合わせた三人を、浅井三姉妹と称しており日本では最も有名な三姉妹と言えるかもしれません。後に江は姉妹と敵対する事になってしまうのですが、この辺りにも戦国時代特有の歴史的背景が関わっています。江は最終的に徳川秀忠の妻となるのですが、長姉の茶々は豊臣秀吉に嫁いだ事もあり姉妹でありながら対立してしまいます。江だけでなく三姉妹のそれぞれが数奇な運命を辿っており、歴史的背景をなぞるだけでもかなり楽しめるでしょう。ドラ...
  • 面白くて楽しい最新情報ブログballoondreamsのブログさんのプロフィール

徳川秀忠を含むトラコミュ

江〜姫たちの戦国〜
  • 江〜姫たちの戦国〜
  • 2011年NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」主演は上野樹里さんです。小谷城主・浅井長政の三女で、後に江戸幕府・二代将軍徳川秀忠に嫁し、数奇な運命を辿ったお江...
  • トラックバック数:481 TB参加メンバー数:35人カテゴリー:テレビブログ
浅井長政
  • 浅井長政
  • 戦国時代の戦国大名、武将。正式名乗りは藤原長政。家系としては浅井氏は藤原姓を称するが、学説には現地の土着豪族の出かといわれている。近江国小谷城主浅井久政の子、母...
  • トラックバック数:36 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:歴史ブログ
徳川秀忠
  • 徳川秀忠
  • 徳川家康の第三子。江戸幕府第二代将軍。関ヶ原では、真田昌幸の前に失態を演じるが、多くの外様大名を改易するなどして、徳川幕府の基盤を固めた。
  • トラックバック数:20 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:歴史ブログ
千姫
  • 千姫
  • 徳川秀忠の娘。母は崇源院。豊臣秀頼の正室。秀頼死後、本多忠刻と結婚。父、徳川秀忠は徳川家康の三男で後の江戸幕府第二代将軍。母、崇源院は浅井長政とお市(織田信長の...
  • トラックバック数:10 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:歴史ブログ

徳川秀忠を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

徳川秀忠について