徳川秀忠

徳川秀忠についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [徳川秀忠] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

徳川秀忠を含むブログ記事

お寺に神社 御朱印求めて ぶらり 一人旅 さん
  • 小諸城址懐古園(4)小諸駅 長野県小諸市  
  • ば行きたい お寺の写真も 載ってます 行けるかな?まだ 懐古園の手前です 案内板見っけ 入口まで あと少し懐古園 『三の門』 ん? 右へ至る 直進して左?じゃなくて この看板に向かって右って事かな?『徳川秀忠公 憩石(いこいいし)』意味はそのまんま 徳川秀忠が 休憩した石石碑の手前の 低い広い石の事みたいっすね・・・・・・他にも こんなブログも書いてます→ 『花を探して ぶらり 一人旅』→ 『フィリピン ...
  • お寺に神社 御朱印求めて ぶらり 一人旅 お寺に神社 御朱印求めて ぶらり 一人旅 さんのプロフィール
武田 恭宏さん
  • 私は大きなハムスターなんですって
  • 木曽路は難所続き、かの徳川秀忠も関ヶ原に遅参した隘路です、ヘロヘロになって帰宅して狭いキッチンのイスに持たれて背中にストーブの熱を当てていたら器用にもそのまま寝てしまいました。絶妙のバランスで妻の帰宅にも気が付かず…糟糠の妻からは...
  • CASABLANCA DANDY武田 恭宏さんのプロフィール
えりこさん
  • 『おんな城主直虎』第45回 魔王のいけにえ
  • ないから」と訴えて再度検討してほしいと推す信康。聡明だわ、ホント…。家康も「考えておく」と前向きに捉えたようです。ここまでの親子関係は非常に良好…。ところが、その後家康の側室に男子・長丸が誕生。のちの徳川秀忠です…。私たちは知っている…この時生まれた息子が家康の跡継ぎになることを…。どんどん信康が追い込まれる展開へと舵を切っているのが分かってしまって辛い。そんな雰囲気をちょっと和らいでくれたのが万千代w。...
  • レポート&インプレッションえりこさんのプロフィール
mushoku2006さん
  • 翻弄
  • 上田秀人著。長宗我部盛親と徳川秀忠を描いた長編歴史小説。非常に長いという量だけでなく、内容的にも、読みごたえがありました。四国の覇者と天下人、偉大な父親の跡を継ぐ立場となった凡庸な人物という共通点を持つ二人ですが、それはそれで大変だっ...
  • 36歳からのドケチリタイア日記mushoku2006さんのプロフィール
Harryさん
  • H.036【真田丸】十五
  • 。お気に入りの人に登録/削除全体表示[ リスト ]H.036【真田丸】十五クリップ追加2017/11/14(火) 午前 0:07映画・ドラマ・アニメドラマ番組 真田昌幸と信繁の父子は、上田城に戻ると、徳川秀忠の率いる、東軍との決戦に挑む。 第二次上田合戦である。その回のタイトルが、「勝負」である点が、カッコイイ。 三万八千の徳川軍に対し、真田軍は、三千。その兵力差は、十倍以上。まさに、「勝負」である。 な...
  • 『正義』と『平和』Harryさんのプロフィール
caphotel-kyotoさん
  • 京都御苑(京都御所)を歩く その3(仙洞御所・大宮御所)
  • 営されました。御殿は、1854年に残念ながら焼失してしまったのを最後に再建されませんでしたが、美しい庭園・茶室が残されています。 〜後水尾天皇〜大108代天皇。名は政仁(ことひと)。陽成天皇第3皇子。徳川秀忠の娘・和子(まさこ)を女御としました。朝廷に対する幕府の圧迫が激しかったため、(紫衣事件がきっかけ)中宮和子の産んだわずか7歳の興子内親王(明正天皇)に位を譲り上皇となりました。学問・詩歌に優れ、修学...
  • カプセルな気分 Caphotel KYOTOcaphotel-kyotoさんのプロフィール
みどりの木さん
  • 修学院離宮の紹介1 歴史など
  • い上げられた田畑が広がり、細い松並木道が各御茶屋を結んでいます。上御茶屋と下御茶屋は、後水尾上皇の指示により、1655年(明暦元年)から1659年(万治2年)にかけて、江戸幕府が造営した離宮です。将軍徳川秀忠の娘和子を女御とし,寛永1年皇后宣下し中宮とします。なので、この見返りに江戸幕府からの援助がありました。しかし、朝廷に対する幕府の圧迫は激しく、中宮和子の生んだ、まだ7歳の興子内親王 (明正天皇) に...
  • 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
しずかさん
  • 家康の側室の子・長丸誕生 「徳川秀忠誕生の井戸」
  • 徳川秀忠は、徳川家康の三男として、遠江国(静岡県)浜松に生まれました。幼名は長丸。のち竹千代。母は側室の西郷局。彼女は、浜松城に奉公に出て、家康の目に止まり、二代将軍の秀忠を生みました。同母弟は、四男松平忠吉...
  • 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
カンナさん
  • 大宮御所・仙洞御所
  • っております。ちょうど紅葉が始まりだした今日参観してまいりました。大宮御所の大宮とは皇太后,太皇太后の敬称で、御水尾天皇の中宮東福門院和子の女院御殿として造営されました。東福門院・和子は徳川家康の孫、徳川秀忠の息女です。大宮御所は現在でも天皇陛下や皇太子殿下が京都にお見えになった時の宿泊所となっております。中は洋風になっているそうです。中庭には紅白の梅があり、松、竹と吉兆の樹木が植えられております。御所の...
  • 京の畦道カンナさんのプロフィール
タナトスさん
  • 戦国無双 真田丸 真田家の歴史と幸村の生き様を見る Part1
  • 使うのかわかりませんが、武器とかの素材なんだろうか。あと熊と仲良くなりやすくなるようなので、馬の代わりに連れていけるのかな。プレイ日記真田丸ということで、まずは大坂夏の陣から。一緒にいるのは徳川家康と徳川秀忠でしょうかね。そして、対峙するは真田幸村ですが、その描写が幸村から昌幸に変わりました。ということで、真田丸の話は幸村の父である真田昌幸から始まるようです。ちなみに、昌幸の横にいるのは武田勝頼です。第一...
  • たなブロ!タナトスさんのプロフィール

徳川秀忠を含むトラコミュ

江〜姫たちの戦国〜
  • 江〜姫たちの戦国〜
  • 2011年NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」主演は上野樹里さんです。小谷城主・浅井長政の三女で、後に江戸幕府・二代将軍徳川秀忠に嫁し、数奇な運命を辿ったお江...
  • トラックバック数:481 TB参加メンバー数:35人カテゴリー:テレビブログ
浅井長政
  • 浅井長政
  • 戦国時代の戦国大名、武将。正式名乗りは藤原長政。家系としては浅井氏は藤原姓を称するが、学説には現地の土着豪族の出かといわれている。近江国小谷城主浅井久政の子、母...
  • トラックバック数:36 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:歴史ブログ
徳川秀忠
  • 徳川秀忠
  • 徳川家康の第三子。江戸幕府第二代将軍。関ヶ原では、真田昌幸の前に失態を演じるが、多くの外様大名を改易するなどして、徳川幕府の基盤を固めた。
  • トラックバック数:20 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:歴史ブログ
千姫
  • 千姫
  • 徳川秀忠の娘。母は崇源院。豊臣秀頼の正室。秀頼死後、本多忠刻と結婚。父、徳川秀忠は徳川家康の三男で後の江戸幕府第二代将軍。母、崇源院は浅井長政とお市(織田信長の...
  • トラックバック数:10 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:歴史ブログ

徳川秀忠を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

徳川秀忠について