徳川秀忠

徳川秀忠についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [徳川秀忠] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

徳川秀忠を含むブログ記事

しずかさん
  • 寛永寺 清水観音堂
  • 隆盛銅像の近くに清水観音堂があります。清水観音堂は、寛永8(1631)年に天台宗東叡山寛永寺の開山、慈眼大師天海大僧正(1536〜1643)によって建立されました。天海大僧正は寛永2(1625)年に、徳川秀忠から寄進された上野の山に、平安京と比叡山の関係にならって「東叡山寛永寺」を開き、比叡山や京都の有名寺院になぞらえた堂舎を次々と建立しましたが、清水観音堂は京都の清水寺(きよみずでら)を見立てたお堂です...
  • 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
葵 北風さん
  • 歴史史跡ランドマーク 2 静岡県 静岡市
  • 保の松原 羽衣の松歴史史跡ランドマーク 2静岡県静岡市 1 久能山東照宮2 駿府城3 三保の松原 羽衣の松 1 久能山東照宮 久能山東照宮は、1616年元和2年に徳川家康が没した後で、徳川二代将軍 徳川秀忠が家康の遺命を守り、創建を命じたもので、本殿の奥に家康の遺骸を西方に向けて納めた廟所、神廟が在ります。久能山東照宮に納められた家康の遺骸は、後で創建された日光東照宮に改葬されたと伝わります。権現造りの...
  • 日本歴史紀行葵 北風さんのプロフィール
戦国未来さん
  • 明智光秀異聞「明智光秀は妻木氏!?」
  • り土岐郡の旧領を安堵され、交代寄合格の旗本として大名に準ずる待遇を受けました。彦根城や加納城(岐阜市)の築城だは普請奉行を務め、元和元年(1615)の大坂夏の陣に従軍し戦功あげました。元和9年二代将軍徳川秀忠に従って上洛し、従五位下長門守に叙任しますが、その時病にかかり10月2日京都にて死去しました。崇禅寺に瑞松院を創建し菩提を弔いました。父伝入の死からわずか3年のことでした。  ──今日は妻木へ...
  • 戦国未来の戦国紀行戦国未来さんのプロフィール
ボロおやじさん
  • 猪苗代湖付近に行ってきました
  • べて血圧が低いまま(毎回困ったもんです)猪苗代ハーブ園へ 秋桜、コキアを中心に少ないダリアや薔薇等も見てきましたそのあとに猪苗代にある土津神社(ハニツジンジャ)へここは(初代)鶴ヶ城主で二代将軍・徳川秀忠の四男 保科正之公のお墓があります 正之公が会津藩の領土の猪苗代に葬むるように遺言しておりこの土津神社の造りが家康の眠る日光東照宮の小さい感じで葬られてます 戊辰戦争で1度消失に明治13年に更に小さく...
  • ボロおやじの透析生活ボロおやじさんのプロフィール
KA2さん
  • 東国三社巡り(1)
  • きるので、海側からパチリ(逆光です)。道路に「鹿島大神宮」という案内が。良い時間になったので鹿島神宮に向かいます。楼門は1634年水戸藩初代藩主徳川頼房公奉納です。  拝殿、本殿  1619年二代将軍徳川秀忠公が建立。奥参道と奥宮  厳かな凜とした空気です。 1605年徳川家康公が本殿として奉納。後で奥宮として移されました。  御朱印をいただいて、東国三社お守り(木でできた三角形の本体に各神社で入手したシ...
  • 羊の皮を被った山羊の日記KA2さんのプロフィール
たらさん
  • お江と有楽斎と大野城(愛知県常滑市)
  • しれないけど、戦国時代、意外と色んな人と縁があったりしている。まず1人目は織田信長。城主佐治信方は信長の妹、お犬の方を妻に迎えている。2人目はお江(信長の姪)。2011年、大河ドラマの主人公。2代将軍徳川秀忠に嫁ぐ前、1番最初の夫が、ここの城主佐治一成。3人目は信長の弟、織田長益(有楽斎)。一瞬だけここの城主となったが、水利の悪さから、近くに大草城を築城し、大野城は廃城になった。と、間接的に織田信長ともの...
  • れきし手帳たらさんのプロフィール
いなかさん
  • 織田まつり
  • ・市と戦国武将・浅井長政との間に生まれた3人の娘、いわゆる浅井三姉妹(あざいさんしまい)。長女・茶々(淀殿)は豊臣秀吉の側室、次女・初(常高院)は京極高次の正室、三女・江(崇源院)は徳川2代将軍となる徳川秀忠の妻(御台所)となった。この三人は、ここ柏原藩の織田家で一時期養育されていたとも伝えられている。鉄砲隊。浅井三姉妹、柏原でこんなもん食べたんやろか?あまご塩焼 1尾350円むしゃむしゃむしゃ食べたとし...
  • いなかさんのべログいなかさんのプロフィール
はるさん
  • 五社神社・諏訪神社(浜松市中区)
  • に鎮座します五社神社・諏訪神社です。隣接して鎮座してた五社神社と諏訪神社が昭和35年(1960)に法人格を一つとして五社神社・諏訪神社と称したものです。現社殿は昭和57年(1982)の再建で両社ともに徳川秀忠の産土神とされたことから、子守り、子育ての神として人々の崇敬を集めています。手水舎狛犬稲荷社拝殿御朱印とオリジナル御朱印帳をいただきました。にほんブログ村">にほんブログ村...
  • 神社へヨーソローはるさんのプロフィール
殿上人夢穂さん
  • 戦国一のイケメンや、淀君と三成所縁の彦根の寺で雨宿り
  • 豊臣姓を与えられる(中略) >大坂冬の陣では後藤基次とともに今福砦攻防戦を >展開し、徳川軍と対等に戦い全国にその名を広めた>真田丸の戦いにも参加する。また、和議にあたっては >秀頼の正使として岡山で徳川秀忠の誓書を受け、その >進退が礼にかなっているのを賞された。慶長20年5月 >大坂夏の陣が勃発すると豊臣軍の主力として長宗我部 >盛親とともに八尾・若江(東大阪市南部)方面に出陣>八尾方面には長宗我部盛...
  • 殿上人日記殿上人夢穂さんのプロフィール
団子屋のページさん
  • 伏見の御香宮と三栖神社で例祭 大獅子巡行、みこしに火祭りも
  • 3kgの重量がある巨大な獅子を被り「あーヨイヨイよ」の掛け声とともに、早朝の伏見の町を駆け抜けた。 御香宮神社のみこしの歴史は古く、徳川家康の孫の千姫が慶長2(1598)年、豊臣秀頼に嫁いだ際に、父の徳川秀忠が奉納したのが始まりとされる。現在の巡幸は3基のみこしが各氏子地区を練り歩く形で行われる。午後からは、橘會が向島神輿会から、木挽町青年団は乾青年団からみこしを引き継ぎ、勇壮な掛け声とともにみこしを手担...
  • 団子屋のページ団子屋のページさんのプロフィール

徳川秀忠を含むトラコミュ

江〜姫たちの戦国〜
  • 江〜姫たちの戦国〜
  • 2011年NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」主演は上野樹里さんです。小谷城主・浅井長政の三女で、後に江戸幕府・二代将軍徳川秀忠に嫁し、数奇な運命を辿ったお江...
  • トラックバック数:481 TB参加メンバー数:35人カテゴリー:テレビブログ
浅井長政
  • 浅井長政
  • 戦国時代の戦国大名、武将。正式名乗りは藤原長政。家系としては浅井氏は藤原姓を称するが、学説には現地の土着豪族の出かといわれている。近江国小谷城主浅井久政の子、母...
  • トラックバック数:36 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:歴史ブログ
徳川秀忠
  • 徳川秀忠
  • 徳川家康の第三子。江戸幕府第二代将軍。関ヶ原では、真田昌幸の前に失態を演じるが、多くの外様大名を改易するなどして、徳川幕府の基盤を固めた。
  • トラックバック数:20 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:歴史ブログ
千姫
  • 千姫
  • 徳川秀忠の娘。母は崇源院。豊臣秀頼の正室。秀頼死後、本多忠刻と結婚。父、徳川秀忠は徳川家康の三男で後の江戸幕府第二代将軍。母、崇源院は浅井長政とお市(織田信長の...
  • トラックバック数:10 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:歴史ブログ

徳川秀忠を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

徳川秀忠について