江沢民

江沢民についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [江沢民] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

江沢民を含むブログ記事

富山マネジメント・アカデミーさん
  • 基本企業の生産拠点として、中国大陸はまだ有効である。
  • るから、「チャイメリカン」という動態が静態構造へ転じる前に、「チャイジャパン」という静態構造が生まれ、漢字を共有するマテリアル・フローとマネーフローが構築されることになった。さらに、ドイツの下降線は、江沢民派の後退とともに衰退し始めている。中国の技術拠点である上海交通大学は、「チャイジャパン」Chajapan]という静態構造の全面に出てきている。このような変化に比べ、政治外交が後を追っているのが現状であ...
  • 富山マネジメント・アカデミー富山マネジメント・アカデミーさんのプロフィール
富山マネジメント・アカデミーさん
  • 中国が、対日関係の改善を重視する理由
  • 富山新聞文化センターで開講、教科書、参考書、講師陣の紹介、講座内容の紹介をいたします。中国が、対日関係の改善を重視する理由2018年09月13日 |Weblog中国が対日関係の改善ができなかったのは、江沢民政権が親日派を派閥闘争の敵として発動したからである。胡錦涛政権は、対日関係を正常化する思考があったが、それを表面化すれば、「親日」を理由に党内少数派に追い込むという党内環境にあったからだ。習近平政権は...
  • 富山マネジメント・アカデミー富山マネジメント・アカデミーさんのプロフィール
東アジア歴史文化研究会さん
このゆびと〜まれ!さん
  • 政府、マスコミの見通しの甘さとお人好しぶり
  • )は、尖閣諸島が「中国の領土」として法的に定められたことに対し、厳しく抗議しなければならなかったにもかかわらず――何の対抗措置もとらなかった。事態の重要性にも気づいていなかった。領海法制定の二カ月後の江沢民総書記の来日、その年秋の天皇、皇后両陛下の訪中という「日中友好」推進外交を国内の異論を抑え込んでまで進めた。時の首相は宮沢喜一氏、駐中国大使は橋本恕(ひろし)氏という「親中派」で、彼らは両殿下のご訪中...
  • このゆびと�・まれ!このゆびと〜まれ!さんのプロフィール
芙蓉峰さん
  • 広州で、鄺さんに会いました
  • います。ある意味、大歓迎なのかもしれません。もっとも、当たらなくても構いません。理由さえちゃんと言えれば、間違いなく、おお、スゲェ!となります。例えば「姜」(jiang1/ジアン)という姓があります。江沢民(江?民)(jiang1 ze2 min2/ジアンザミン)さんの「江」(jiang1/ジアン)と同じ発音です。よって、区別するため、通常「美女姜」(mei3 nv3 jiang1/メイニュジアン)と言...
  • 芙蓉峰の如是我聞芙蓉峰さんのプロフィール
経済まねきねこさん
  • 簡単な話だが出来ない相談だろう。
  • 南北共同宣言が発表された。  これは、金大中による対北宥和政策、太陽政策による成果と言えるものだが、金正日国防委員長は直前の2000年5月に最高指導者就任後の初外遊で中国を訪れ中国共産党総書記の   江沢民と南北首脳会談の事前協議を行っている。  その後、離散家族の再会事業、大韓民国主催のスポーツ行事へ北朝鮮が参加するなど、民間レベルでの交流事業が本格化した。 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ...
  • 経済まねきねこ株銘柄情報経済まねきねこさんのプロフィール
Rさん
  • 2日目:人権の限界、幸福追求権、法の下の平等
  • れない自由が保障されていること、警察官による無断撮影の目的と方法を検討しながら、合憲という結論まで読み進めましょう。プライバシーについては、ノンフィクション逆転事件、外国人指紋押捺拒否訴訟、早稲田大学江沢民講演会事件を題材に、前科を公表されない利益、指紋押捺を強制されない自由、個人情報がそれぞれ法的保護に値する利益であることを確認しましょう。ノンフィクション逆転事件では、今回は前科を公表されない利益の方...
  • TAC行政書士講座講師神田ブログRさんのプロフィール
勝又壽良さん
  • 日本、「元中国大使」丹羽氏の対中国観は日本の安保を「危機へ」
  • 版』(9月5日付)は、丹羽宇一郎氏の「対中外交の見直し、総裁選で議論を」と題するコラムを掲載した。 (1)「安倍首相の訪中後には習近平総書記が訪日する機運も生まれている。これまで10年ごとに鄧小平氏、江沢民氏、直近では08年に胡錦濤氏が訪日している。そしてその都度、両国の首脳は政治声明を出している。過去40年間、習氏だけが訪日しないということはあり得ないだろう。日本も対中外交を考え直す段階にきている。こ...
  • 勝又壽良のワールドビュー勝又壽良さんのプロフィール
マーロさん
  • 転機に差し掛かる中国経済(5) 課題とリスク
  • は、民主化を進めるどころが、人権及び言論の弾圧を推進。習氏は盟友である王岐山氏を中心に据えて、反腐敗運動を推進。反腐敗運動といいつつ、実際には反対派の弾圧を進めているだけであり、特に胡錦濤前国家主席、江沢民元国家主席につながる人脈の力を削ぎ、子飼いの人物を重用。毛沢東氏は終生に亘り権力を握り、文化大革という混乱を招きました。そのため、トウ小平氏以来、国家主席は任期を2期10年に制限し、常務委員も68歳を...
  • 新興国・金融情報マーロさんのプロフィール
七色さん
  • 『 国連の正体 と 敵国条項』-3 拡散希望の記事『敵国条項と憲法改正』及び日本政府の対応
  • ていく国となろう」「30年もしたら日本は大体つぶれるだろう」  これは、中国の李鵬首相(当時)が、1993年に訪中したポール・キーティング豪首相に語ったといわれる有名な言葉です  1993年といえば、江沢民が総書記・国家主席・党中央軍事委員会主席を兼任して権力を完全に掌握した年です 現在、中国がやっていることは、李鵬の言葉通り日本を侵略し、地上から「日本」という国を消そういう試みなのです 日本の尖閣諸島...
  • 都はるみ研究所(歌の女神様御降臨)七色さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

江沢民について