和歌集

和歌集についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [和歌集] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

和歌集を含むブログ記事

桜田 史弥さん
  • 20180426-11
  • ながら用意されたテーブルでお弁当を食べたり、展示された自衛隊車両に乗り込む体験をしたりしていた。また、JR ... ひらがなの美―高野切東京国立博物館高野切は、平安時代・11世紀半ばに書写された『古今和歌集』の現存最古の写本です。平安時代に書写された仮名の最高峰であり、現代のひらがなの美しい形のもととなるもので、日本の書の歴史において基本中の基本とされる重要な作品です。本特集ではまず、高野切の仮名の世界...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
日々是好舌さん
  • 石が泣く 小夜の中山 青しぐれ
  • 夜の中山 青しぐれ2018年04月26日 17時35分53秒 |日記「小夜の中山峠」 小夜の中山峠は、旧東海道の金谷宿と日坂宿の間にあり、急峻な坂のつづく難所である。古来、歌枕としても有名であり、古今和歌集の紀友則「東路(あづまぢ)のさやの中山なかなかに何しか人を思ひそめけむ」や新古今和歌集の西行法師「年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり小夜の中山」で広く人口に膾炙しています。「夜泣き石伝説」 曲亭...
  • 日々是好舌日々是好舌さんのプロフィール
村雨庵さん
  • 朧月夜にしくもの
  • こにブログのネタ満載!記事を書く検索ウェブこのブログ内で村雨庵 茶の湯日記日々是茶の湯朧月夜にしくもの2018-04-26 01:06:57 |村雨庵 稽古 今日は水曜稽古だ写真は筆者は不明だが新古今和歌集の大江千里の和歌大江千里オオエノチサト は同じ文字のアーティスト大江千里オオエセンリや昔の宝塚歌劇団にもいたようだがこの歌の作者大江千里は平安時代の歌人父親は在原業平と兄弟であり中古三十六歌仙の一人だ...
  • 村雨庵 茶の湯日記村雨庵さんのプロフィール
森鴎外 文学・文化論攷さん
  • 平成30年度 学習院大学史料館 春季特別展「宮中和歌の世界―うたのいろどり―」
  • 和歌の世界―うたのいろどり―」2018年3月28日 10:03古代以来、わが国の人々は、豊かな四季の移ろいの中で、日々の生活の機微を歌に詠み交わしてきました。時の帝をはじめ、広く人々の和歌を集めた勅撰和歌集は、平安時代の古今和歌集以降、室町時代の新続古今和歌集に至る21を数えます。政権が武家に移るなかで、和歌は公家社会の文化的核として重視され、勅撰の命を受けた撰者などを中心に歌壇が形成されました。一方、...
  • 森鴎外 文学・文化論攷森鴎外 文学・文化論攷さんのプロフィール
森鴎外 文学・文化論攷さん
  • 万葉集  人気じわり 乱世の証し? 苦境の人照らす「命」の歌 万葉学者・中西進さんに聞く
  • 時代だったはずの古代を象徴するものとして万葉集が顧みられた。欧州でいうルネサンスが起きたのです」次にもてはやされたのは、武家政権崩壊の後。「明治時代に万葉集は大人気となります。たとえば正岡子規は、古今和歌集を『くだらぬ』と批判して万葉集を読むべきだと言った。院政期と同じような現象です」。また太平洋戦争では若者たちが万葉集を好んで戦地へと持って行った。「万葉集には北九州で外敵の守備に当たった防人(さきもり...
  • 森鴎外 文学・文化論攷森鴎外 文学・文化論攷さんのプロフィール
シオンのカケラへ遊びにきてね!さん
  • 挨拶、絵画、美しい日本語、音楽、シオンのウンチク、庭の花、
  • 彼を派遣した垂仁天皇は亡くなっていました。田道間守は、天皇の墓の前で亡き崩れ、橘(蜜柑)の実を供えて、後を追ったといわれています。 〜さつきまつ 花橘の 香をかげば 昔の人の 袖の香ぞする〜 (「古今和歌集」よみ人知らず) 甘酸っぱい香りは、胸がきゅんと締めつけられるような思い出が、いっぱい詰まっているからなのかもしれません。音 楽幸島美登里/ サイレント・イブ〜シオンのウンチク〜声に出したい元気になる...
  • シオンのブログへようこそ!!シオンのカケラへ遊びにきてね!さんのプロフィール
全適堂さん
  • 【日記】 『寺山修司の俳句入門』(光文社文庫)より
  • 口誓子の結社「天狼」や俳誌にも投稿してその才能を認められている。晩年にまた俳句同人誌の発行を計画していたようである。俳人では石田波郷が好きで、水原秋桜子には関心がなく、短歌に移っても『万葉集』や『古今和歌集』など和歌には興味がないという。「花売車いづこへ押すも母貧し」を波郷が「菊売車いづこへ押すも母貧し」と「花」を「菊」と添削したことについて、解題で斎藤慎爾は改悪であろうと述べている。「寺山が意図したの...
  • 全適堂古書買取専門店in京都全適堂さんのプロフィール
平成和歌所さん
  • 【和歌マニア(第59回)】★和歌で星よみ★ 第1回「牡羊座」
  • 室平成和歌所では、誰でも楽しめる「和歌教室」&「歌会(連歌会)」を開催しています。和歌ならではの修辞法から四季の感じ方を学び、自分オリジナルの詠歌をしてみましょう。 「四季を味わうルールブック」〜古今和歌集で知る日本文化の基本〜「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始し...
  • 「古今和歌集を遊び倒せ!」平成和歌所平成和歌所さんのプロフィール
シュンさん
  • 森の中にいて
  • 251)写の真 (37)美の談 (174)素人が書譜 (6)和漢朗詠集 (1)俳句と和歌の墨場必携 (39)詩の墨場必携 (9)熟語の墨場必携 (2)一文字の墨場必携 (10)おくのほそ道 (8)古今和歌集 (13)百人一首 (1)虞世南 (3)孫過庭 (6)欧陽詢 (5)松尾芭蕉 (13)北原白秋 (8)頭の素描 (10)人物画 (22)裸婦 (11)ひざの研究 (4)手の素描 (30)シルエットシリ...
  • ある日の美術シュンさんのプロフィール
夜狐さん
  • ろうろう手話通訳
  • 私が国語系の学習者であったことから、思いつけるのは「古文」がそれに近いと思う。 有名な古文の作品とはなにか? 「平家物語」、「源氏物語」、「伊勢物語」、「方丈記」などなど… 何も万葉集や古今和歌集まで遡らなくてもいい。 「戦国絵巻」などのような戦国時代の書状でも良い。 書体のせいもあってスラスラと読める人は少ないとは思うが… だからといって「明朝体」や「ゴシック体」のようなパソコンで...
  • 夜狐のつぶやき夜狐さんのプロフィール

和歌集を含むブログ村メンバー

  •  
七会静さん
日和さん
  • アニキの徒然和歌集日和さんのプロフィール
  • 大好きな韓国ドラマ、韓国旅行、最近ハマっているキム・スヒョン君のこと、その他色々好きなものを徒然と。
くえんさん
積 緋露雪さん
平成和歌所さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

和歌集について