後醍醐天皇

後醍醐天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [後醍醐天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

後醍醐天皇を含むブログ記事

yu asadaさん
  • 陰陽 黒と白? 勝尾寺には白山信仰があった?
  • 皇・桓武天皇の3代にわたり、それぞれ海上または開成という名の子があったということになる。しかも血のつながりのある志貴皇子・海上(開成)皇子がいずれもハンセン病をっ患ったという伝説が残されているのだ。?後醍醐天皇の第3皇子・開成皇子また前田速男さんの「白山信仰の謎と被差別部落」によると、愛知県新城市の白山神社には後醍醐天皇の第3皇子・開成皇子についての、次のような文書が残されているそうである。?御殿において白...
  • 旅 free styleyu asadaさんのプロフィール
アユイチコーポレーションさん
  • 2019年01月20日のつぶやき
  • pvgu #r_blog#ブログ#ブログ更新 #コーディネート #コーデ #… at 01/20 22:09ayuichi25 / アユイチコーポレーションRT @ichirouemon19th: 「後醍醐天皇」悪党「名和長年」を頼って都に帰り咲く!『名和神社』 https://t.co/Qyqfz0vXIv https://t.co/NivJWfBSpk at 01/20 22:06ayuichi25 /...
  • アユイチのブログアユイチコーポレーションさんのプロフィール
とめのかくれがさん
  • 二見興玉神社 夫婦岩 
  • 三重県伊勢市にある二見興玉神社に行ってきました。夫婦岩(めおといわ)で有名です。2016年に訪問です。男岩と女岩を結ぶ大注連縄(おおしめなわ)ですがおよそ650年前の文保年間、鎌倉時代終盤 後醍醐天皇の時代から始まったとの事です。訪問したのは夏です。二見興玉神社ですが猿田彦大神を祀っていますが猿田彦大神は天係降臨の時に道案内をしたそうです。この神の神使がカエルなのでカエルさんが境内にたくさんおりま...
  • とめの隠れ家へようこそ neoとめのかくれがさんのプロフィール
ゆきこさん
  • 嫌なことを乗り越える時期は、人生が変わるチャンス!
  • n五龍神の田無神社・東伏見稲荷神社お申し込みはこちらをクリック 先日は本当の自分に気づく!神さまセッション 1年ぶりにセッションにお越しくださり、ありがとうございました 今回のお客様の守護神様は、後醍醐天皇の皇子で南北朝時代のお公家さん「宗良親王さま」 父親の後醍醐天皇が鎌倉幕府を打倒する建武の新政が起きると、南朝が政権を取るために兵を率いて戦った、戦うお公家さんでした 幼い頃から和歌に親しみ、お公家さ...
  • 宇宙のメッセージの受け取り方ゆきこさんのプロフィール
風紋さん
  • 【佐藤優】職場にもやもやしている人
  • 育」「【佐藤優】誰かを袋だたきにしたい欲望、正統派の書評家・武田鉄矢、追い込まれつつある正社員」「【佐藤優】発達障害とどう向き合うか、アドルノ哲学の知的刺激、インターネットと「情報犯罪」」「【佐藤優】後醍醐天皇の力の源 「異形の輩」とは−−日本の暗部を突く思考」「【佐藤優】実用的な会話術、ユーラシア地域の通史、宇宙ロケットを生んだ珍妙な思想」「【佐藤優】キブ・アンド・テイクが成功の秘訣、キリスト教文化圏の悪...
  • 語られる言葉の河へ風紋さんのプロフィール
leo-royさん
  • 1300年以上の歴史!『那須温泉神社〜殺生石』を歩いてきた
  • ャメチャスマートでカッコよかった。惚れてまうやろ・・・(彼女連れてたけど)あんな風になりたいって思った瞬間でした。教傳地蔵(きょうでんじぞう)の伝説この地に伝わる もう1つの伝説があります。第九十六代後醍醐天皇の在位の頃(1318〜1339)、奥州白河在の五箇村に蓮華寺という寺があり「教傅(伝)」という小坊主がおりました。この教傅は生まれながらの悪童で、心配した母がこの寺に預かってもらうことにしました。その...
  • Leo-Roy's Dialyleo-royさんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
  • 「神仏霊場巡り」天龍寺・京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町・臨済宗天龍寺派大本山の寺院
  • 離宮を営み、「亀山殿」と称した。「亀山」とは、天龍寺の西方にあり紅葉の名所として知られた小倉山のことで、山の姿が亀の甲に似ていることから、この名がある。天龍寺の山号「霊亀山」もこれにちなむ。足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、大覚寺統(亀山天皇の系統)の離宮であった亀山殿を寺に改めたのが天龍寺である。尊氏は暦応元年/延元三年(1338年)、征夷大将軍となった。後醍醐天皇が吉野で崩御したのは、その翌年の暦応...
  • ひこいちの歴史研究ひこいちの歴史研究さんのプロフィール
蘆山人さん
  • 城址の棚田
  • 1月13日  河内 / 下赤阪城址  晴  左右に棚田を見下ろしながら旧街道を進むと、いちだんと展望の開けた場所に「赤阪城址」の石碑が立っている。楠木正成が後醍醐天皇の討幕計画に加担して最初に挙兵した場所とされる。この辺りの棚田は鎌倉時代から続いていると言うから、当時もこんな風景だっただろうか。時代が違っていれば、正成はこの温暖な地を領して悠々とした生涯を閉じたか...
  • ちょっと山ぼけ蘆山人さんのプロフィール
アユイチコーポレーションさん
  • 2019年01月19日のつぶやき
  • 「自分はどんな人間ともうまくやれる」と確信することです。〔ジョセフマーフィー〕 at 01/19 19:59ayuichi25 / アユイチコーポレーションRT @ichirouemon19th: 「後醍醐天皇」悪党「名和長年」を頼って都に帰り咲く!『名和神社』 https://t.co/Qyqfz0vXIv https://t.co/NivJWfBSpk at 01/19 19:59ayuichi25 /...
  • アユイチのブログアユイチコーポレーションさんのプロフィール
かもめ2602さん
  • 市民文化講座・天草島原一揆・細川藩や八代藩の戦記について
  • 細川藩と八代藩の対応を記した 「寛永治しょう」についてでした。 島原と八代は昔は海を隔て行き来が頻繁にあったが、今は県で 分かれて余り交流はない所です。今回は八代藩を中心に講義がおこなわれた。 八代は後醍醐天皇の臣名和家が地頭職になってから始まる。 人吉の相良藩・島津藩・キリシタン大名の小西行長・加藤清正 と支配と領主が変わる。 加藤改易後熊本は細川藩となり八代は細川家城主の舎弟松井三斎 が城代となり以後細...
  • わたしのブログかもめ2602さんのプロフィール

後醍醐天皇を含むトラコミュ

天龍寺
  • 天龍寺
  • 天龍寺は、京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町にある、臨済宗天龍寺派大本山の寺院。山号は霊亀山。寺号は詳しくは天龍資聖禅寺と称する。本尊は釈迦如来、開基は足利...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

後醍醐天皇を含むブログ村メンバー

  •  
山崎屋三男さん
007さん
  • 神護景雲と花鳥風月な日々007さんのプロフィール
  • 20歳の大学生がコンデジで撮った写真を挿絵に大学の日記を書くブログ♪♪♪

にほんブログ村

>

キーワード

>

後醍醐天皇について