後醍醐天皇

後醍醐天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [後醍醐天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

後醍醐天皇を含むブログ記事

さんまさん
  • 蒲郡・鎌倉
  • すね。ここをさらに登っていくと舗装の道が終わり、昔のままの状態の切り通しを登っていく。地面は、砂岩っぽい感じで、湧き水が出ているところもあり結構滑るので慎重に歩く。少し登ると源氏山公園に出た。上には、後醍醐天皇に仕えていた日野俊基の墓や源頼朝の銅像がありましたね。寿福寺の方へ下り、小町通りへ行く。だんだん狭くなってきてこんなところ降りていくのかと思いましたね。どうりですれ違う人もほとんどいなかったのか。下か...
  • SKE・HKT応援ブログ(仮)さんまさんのプロフィール
風紋さん
  • 【佐藤優】資本主義の本質が現れる定年後の再就職市場
  • 育」「【佐藤優】誰かを袋だたきにしたい欲望、正統派の書評家・武田鉄矢、追い込まれつつある正社員」「【佐藤優】発達障害とどう向き合うか、アドルノ哲学の知的刺激、インターネットと「情報犯罪」」「【佐藤優】後醍醐天皇の力の源 「異形の輩」とは−−日本の暗部を突く思考」「【佐藤優】実用的な会話術、ユーラシア地域の通史、宇宙ロケットを生んだ珍妙な思想」「【佐藤優】キブ・アンド・テイクが成功の秘訣、キリスト教文化圏の悪...
  • 語られる言葉の河へ風紋さんのプロフィール
鶴間正二郎さん
  • ?鎌倉?二階堂の超個性的寺社で頂ける御朱印と周辺の見どころまとめ
  • 清水崑の遺志を継いだ横山隆一らが1989年に建てたもので、漫画家154人によるレリーフが飾られています。菅原道真を祀る学問の神様らしい御朱印です。天皇が自ら創建した歴史上唯一の神社である鎌倉宮鎌倉宮は後醍醐天皇の皇子である大塔宮護良親王を祀るために明治天皇が創建した神社で、天皇が神社を創建した事例は皇室の長い歴史の中でもこれだけです。後醍醐天皇による鎌倉幕府倒幕運動が開始されると護良親王も合流して戦い、討幕...
  • 酒と車と御朱印と鶴間正二郎さんのプロフィール
まるのんちゃんさん
  • そうだ京都へ行こう 最終日東福寺?
  • そこで今回の目的地、東福寺なのですが第四位にランクインしています。ただ、五山に入っているから、順位が上だからといって偉いわけではないのですよ。あくまでも、室町幕府が政治的な思惑で付けた格付けですから。後醍醐天皇の保護が篤い大徳寺や、大内氏に加担した妙心寺は、室町幕府と反目した廉で冷遇されることになります。京都の世界文化遺産17文化財において、五山の中ではかろうじて天龍寺が数えられるだけです。別格とされる南禅...
  • アウトドア親爺の徒然日記まるのんちゃんさんのプロフィール
はるさん
  • 北野神社(名古屋市中区大須)
  • 今回は名古屋市中区大須に鎮座します北野神社です。大須といえば「大須観音」ですが大須観音はもともと北野神社の一部の神宮寺でした。1324年に後醍醐天皇の勅命で岐阜県の大須に北野天満宮を建立。清洲越し(清洲から名古屋へ都市を移転)の際に大須観音とともに現在地に移転しました。境内全景小さな神社です。胴体がハムみたいな撫で牛手水舎稲荷社門の向こうに本殿御...
  • 神社へヨーソローはるさんのプロフィール
sionozakiさん
  • 天満宮(南山城村)
  • 輪院が隣接する。祭神 菅原道真。江戸時代初期 柳生宗冬に依り創建された。境内社に恋志谷神社(戀志谷神社)がある。恋志谷神社は祭神 恋志谷姫大神で、もと古森といわれる地に鎮座していた。倒幕を計画していた後醍醐天皇は元弘元年(1331年)身辺の危険が迫ったため、急遽相楽......
  • 神社好きのページsionozakiさんのプロフィール
風紋さん
  • 【佐藤優】社会を覆う自己責任論が生んだ「発達障害ブーム」
  • 育」「【佐藤優】誰かを袋だたきにしたい欲望、正統派の書評家・武田鉄矢、追い込まれつつある正社員」「【佐藤優】発達障害とどう向き合うか、アドルノ哲学の知的刺激、インターネットと「情報犯罪」」「【佐藤優】後醍醐天皇の力の源 「異形の輩」とは−−日本の暗部を突く思考」「【佐藤優】実用的な会話術、ユーラシア地域の通史、宇宙ロケットを生んだ珍妙な思想」「【佐藤優】キブ・アンド・テイクが成功の秘訣、キリスト教文化圏の悪...
  • 語られる言葉の河へ風紋さんのプロフィール
なまさやさん
  • 御香宮神社の参道?大光明寺陵(京都市・伏見区・泰長老)
  • 頭、講和交渉は決裂し朝鮮再征の導火線となりました。大光明寺陵入口大光明寺陵は北朝系天皇である光明天皇(北朝第2代)・崇光天皇(北朝第3代)と伏見宮治仁王を合葬した御墓です。1333年の鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇と足利尊氏が対立し、尊氏が京都で光明天皇を擁立したため、後醍醐天皇は奈良の吉野に逃れました。朝廷は京都の北朝と吉野の南朝に分かれ南北朝時代が57年間続きましたが、結局北朝が正統となり現在に至ります。大...
  • エナガ先生の講義メモなまさやさんのプロフィール
ふじしゅー先生さん
talk-turkeyさん
  • 矛盾 <足利尊氏はどんな人? > 私本太平記を読んで。
  • に。例えば、弟には、全て譲るから頑張れと本心から言っている矢先に、勝手に相手に講和の話を弟に相談もせず出して、講和してしまう。どういったつもりだったのか?この時はこれで良かったように見えた。その相手は後醍醐天皇だったから、このことがあとあとで尊氏を悩ますことになり、さらに、弟と戦うことにもなってしまう。?尊氏の矛盾は、何か人を惹きつけるものがあったのだろう。血筋の良さと持って生まれた性格のおかげかもしれない...
  • いまこのときが大切talk-turkeyさんのプロフィール

後醍醐天皇を含むトラコミュ

天龍寺
  • 天龍寺
  • 天龍寺は、京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町にある、臨済宗天龍寺派大本山の寺院。山号は霊亀山。寺号は詳しくは天龍資聖禅寺と称する。本尊は釈迦如来、開基は足利...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

後醍醐天皇を含むブログ村メンバー

  •  
山崎屋三男さん
007さん
  • 神護景雲と花鳥風月な日々007さんのプロフィール
  • 20歳の大学生がコンデジで撮った写真を挿絵に大学の日記を書くブログ♪♪♪

にほんブログ村

>

キーワード

>

後醍醐天皇について