大村益次郎

大村益次郎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大村益次郎] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大村益次郎を含むブログ記事

京男さん
  • かっぱ寿司で遭難?
  • 悲しい。その前は、ここコンビニだった。コンビニで血だらけになりまがらレジを打っていた坂本さん。それもねぇ・・・。坂本龍馬って本当はどんな人だったのか?司馬遼太郎と福山雅治の影響はすごい。↑佐久間象山 大村益次郎遭難之碑。ここで事件にあったと思っていた。記事にするため写真を撮り、よくよく見ると左すみに「北へ約壹丁」と書いてあるではないか!なんや案内版やんか!大村益次郎も司馬遼太郎の『花神』だものね。↑池田屋事...
  • 京男雑記帳京男さんのプロフィール
Masa marianoさん
miriyunさん
  • もののふに関わる名前の花たち
  •     源氏の白、平氏の赤をイメージする、赤白の対比が美しい。 2.桔梗    涼しげな色の桔梗、よく家紋としても用いられた。清和源氏流土岐氏の紋で、江戸城築城の太田道灌、明智光秀、加藤清正、林羅山、大村益次郎などが家紋としている。もちろん茶花でもある花の先方が面白い。しっかりとくっついて紙風船のような形五角形に開きはじめる白の桔梗と紫の桔梗で涼やかに!                           ...
  • 写真でイスラームmiriyunさんのプロフィール
嵯峨野の青竹さん
  • 大村益次郎や福沢諭吉が塾頭を務めた「適塾」(下)
  • 橋本左内、大村益次郎、福沢諭吉、長與専斎、大鳥圭介、高松凌雲、佐野常民など、日本近代史に錚々たる人材を輩出した「適塾」です。 今は、大阪大学の管理に任されています。 1階は”洪庵先生の家族の部屋や客間”です。...
  • 今週の話題から嵯峨野の青竹さんのプロフィール
isseyさん
  • 肥中港と肥中街道(2)−1
  • の役には、阿川毛利藩からの出兵は肥中港が利用し、江戸時代には、萩藩が唐船打払い役と遠見番所を置き、北浦の警備や諸廻船の取締りにも当たっていた。 幕末には、港が埋まり特牛港に廻船が集まるようになったが、大村益次郎や伊藤博文が極秘に滞在して、洋式銃などの武器や弾薬を陸揚げし長州藩に運んだ港でもあった。 肥中浦の浄土宗恩徳寺には、大内義隆夫人の持仏を安置し、境内に見事な結びイブキ(天然記念物)がある。 肥中街道は...
  • イッセーのエッセーisseyさんのプロフィール
イケタクさん
  • 司馬遼太郎作品トップ10
  • の宰相の物語。 9位 坂の上の雲主人公:秋山好吉、秋山真之、正岡子規近代国家の道を歩み出した日本。その中で奮闘する若者たちを絵羽がいた作品。時代的には日露戦争までが描かれている。 10位 花神主人公:大村益次郎日本史上最高の軍事の天才と言われた大村。医師でもあり奇人でもあった彼が必要とされた時代背景も見事に描かれる。 この他にも、糟糠の妻と言われる千代を描いた「功名が辻」、家康を描いた「覇王の家」、松陰、晋...
  • スポーツ観戦の達人イケタクさんのプロフィール
嵯峨野の青竹さん
  • 大村益次郎や福沢諭吉が塾頭を務めた「適塾」(上)
  • い合うようにして勉強したといわれています。 適塾への入門者は、殆ど「全国から」でした。特に、佐賀、筑前、越前、土佐、宇和島などでは、”藩主の特命”により入塾者を送り込んできたほどでした。 橋本左内、大村益次郎、福沢諭吉、長與専斎(後に内務省初代衛生局長)、大鳥圭介、高松凌雲、佐野常民(日本赤十字社を創設)などが有名です。 建物「寛政4年(1792)頃の建物といわれています」は2階建てです。...
  • 今週の話題から嵯峨野の青竹さんのプロフィール
ブラッキーさん
  • 平成30年度 第72回みたままつり
  • どが行われます。平成27年から「見世物小屋」「お化け屋敷」をはじめ、夜店や屋台の出店が中止されていましたが、整備工事などの見通しがたったことから、今年から夜店・屋台の出店が再開されます。期間中、外苑の大村益次郎銅像周辺に、露店約50店の出店が予定されています。◆みたままつり平成30年@靖国神社の開催概要名称:第72回 みたままつり日程:30年7月13日(金)〜7月16日((月・祝))時間:18:00〜21:...
  • 平成・美しい日本を護る会 やむやまブラッキーさんのプロフィール
テツパパさん
  • NK18J? 「虎ノ門ニュース」参観、靖國神社正式参拝
  • ◇◆ ◆◇◆◇靖國神社に参拝しました。靖國へはサラリーマン時代に、東京出張を利用して一度参拝したことがあります。半蔵門線の九段下駅から地上に出て靖國神社に向かいます。五月晴れに鳥居が綺麗です。 途中、大村益次郎の銅像がありました。司馬遼太郎の「花神」を読んだことがあったので興味深く見上げました。 拝殿で参拝しようと思っていましたが、今回が最後になるかもしれないと思い本殿に上って正式参拝することにしました。皇...
  • 秘密基地ベーリンテツパパさんのプロフィール
haruさん
  • 【維新の十傑】 明治維新の立役者10人!明治初期には皆が亡くなっている?(その3)
  • 蟄居を解かれ京都へと派遣されました。旧幕府軍との戦い「戊辰(ぼしん)戦争」では、東征大総督府軍監(とうせいだいそうとくふぐんかん)に任命。いわゆる旧幕府軍を制圧する隊ですね。同じ維新の十傑の1人である大村益次郎(おおむらますじろう)さんとともに、旧幕府軍の彰義隊(しょうぎたい)を上野戦争でアームストロング砲を使いわずか1日で殲滅しています。明治2年、功により賞典禄100石を賜っています。今回は、幕末最後の戦...
  • 歴史好きのためになるブログharuさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

大村益次郎について