大村益次郎

大村益次郎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大村益次郎] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大村益次郎を含むブログ記事

城新聞さん
  • 第652号浜田城
  • 恒が嗣子なく没し、古田氏が改易となって以来、松平氏や本多氏など親藩や譜代が入れ替わり藩主となっていきました。幕末は、長州藩に対する山陰側の押さえの最前線とされたものの、1866年、第2次長州征伐の際、大村益次郎の進軍に藩主である松平武聡は戦わずして逃走。敗残の兵が城と城下に放火し、落城としました。現在、城跡は城山公園として整備されていて、写真にある二の丸跡は護国神社の境内となっています。二の丸から本丸への登...
  • 城新聞城新聞さんのプロフィール
バンブー福田さん
  • 【京都探訪】坂本龍馬遭難之地から(京都市東山区) 3月25日?
  • 士の分際で未来を創るその先端に立つ者なんて嫉妬を越えて憎悪の対象でしかなかったんでしょうか・・・。坂本龍馬が脱藩した後の土佐藩の政争ってそういう人間臭い次元が濃い感じがする(笑)。    佐久間象山、大村益次郎両先生の殉難の地もこの辺りだったようです。松代藩出身の佐久間象山は維新の志士達に大変多くの影響を与えたそうです。『言志四録』の著者であり岩村藩出身の佐藤一斎先生に学ぶなど研鑚を積み、若かりし時からその...
  • 笑門来福帳バンブー福田さんのプロフィール
haruさん
ケイさん
  • 紫陽花と2つの恋の物語
  • に紹介しました。 それで紫陽花の学名はハイドランケ?オタク サとなっているそうです。遠いオランダの地からシーボルトは 日本でのお滝との思い出をあじさい の花をみながら思い出していたんで しょうか。 『大村益次郎とおイネ』江戸時代後期、シーボルトにオランダ語を学んだ村田蔵六 ( 大村益次郎 )は宇和島の伊達藩に雇われてオランダ語を教えていました。村田蔵六は変った人物で、夏の暑い日「お暑うございます」と挨拶され...
  • ケイの日常ケイさんのプロフィール
しずかさん
  • 木屋町通の幕末維新の史跡(2)
  • 佐久間象山・大村益次郎遭難之碑三条木屋町の高瀬川の橋の東側に、「佐久間象山先生・大村益次郎卿遭難之碑」の道標があります。佐久間象山 大村益次郎 遭難之碑佐久間象山は信州松代藩出身で、儒学や朱子学を修め、西洋科学の導入で日本...
  • 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
昌裕さん
  • 「西郷どん」龍馬の妻 お龍に水川あさみさん 新たな出演者発表
  • と話していました。このほか、龍馬とともに活躍した土佐藩士、中岡慎太郎の役を山口翔悟さんが、明治時代に初代内閣総理大臣となる伊藤俊輔、のちの伊藤博文の役を浜野謙太さんが、戊辰戦争などで長州藩の兵を率いた大村益次郎の役を林家正蔵さんが、それぞれ大河ドラマ初出演で演じます。NHK公式ホームページ:http://www.nhk.or.jpNHK 公式Twitter:@nhk_news...
  • real voice昌裕さんのプロフィール
デグチカズオさん
  • 軍事のこと
  • 日本の海軍は薩摩藩からスタートしています。対して陸軍は長州(すなわち山口県)から始まっています。*軍隊用語の「〜であります」というのは、長州弁から来ていると、本で読んだことがあります。また長州の大村益次郎が、日本陸軍の育ての親と言われています。*日本の海軍力は世界NO.2と言われ、特に潜水艦能力に長(た)けているようです。*護衛艦「いずも」が4年ほど前に竣工しました。「護衛艦」という名前がついているの...
  • 社長通信デグチカズオさんのプロフィール
ペタワロスwwwwwwwwwさん
Chicago Regimentalsさん
  • 大阪城周辺散歩「兵部大輔大村益次郎卿殉難報國之碑」
  • デンスディやGODZILLAのローランド・エメリッヒ監督が製作中とか・・・こちらも楽しみです・・・が赤城や加賀が巨大UFOになりませんように)。 本日のお題はこちら、しつこく大阪城周辺徘徊で「兵部大輔大村益次郎卿殉難報國之碑」です。 場所は大阪城の近くの国立病院大阪医療センター近くにございます(ざっくり)。 レリーフの大村益次郎さんは四境戦争、戊辰戦争(の中の上野戦争のブログはこちら)、軍制改革でその恐るべ...
  • Chicago BlogChicago Regimentalsさんのプロフィール
アトムパパさん
  • 木屋町通り界隈には幕末に活躍した人達ゆかりの地が多いんだね!!
  • たりします「ふーーーん」ビジネス街のど真ん中でもこんな風情がある街並みが残ってますここは何のお店かな昔は高瀬川を使って材木なんかを運んでいたそうなここでも覗きこむのね高瀬川沿いをお散歩しようねすると、大村益次郎と佐久間象山が襲撃された場所がありました京都では納涼床が始まってますよ「アタチも行ってみたいのよ」御池通を渡った所には加賀藩邸跡もありますトカゲを探さなくていいんだよ川に落ちないように気を付けてよ桂小...
  • 柴犬アトム・黒柴アラレの日々是好日アトムパパさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

大村益次郎について