谷崎潤一郎

谷崎潤一郎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 谷崎の世界「春琴抄」 バービカンにて
  • [谷崎潤一郎] ブログ村キーワードロンドン、バービカンにて行われているイギリス人演出家Simon McBurneyによるShun Kin「春琴」を再び鑑賞してきました。これは、世田谷パブリックシアターとサイモンが率いるCompliciteの共同作品である。実は、この演劇、キャストの方の一人が怪我をされたとかでキャンセルになった開幕一日目となるはずだった1月30日ではなく、運良く31日、つまり実質的な開幕日に私は見てきていたんです。御本人・・・続きを読む
  • ピアニスト和香のロンドンブログ cocoさんcocoさんのプロフィール
  • 08/11/19 00:36異性の匂い庄司夕子さん庄司夕子さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

谷崎潤一郎を含むブログ記事

さくら♡さん
  • ? ニナスのトレジャーbox ? 
  • おはようございます お返事の途中で更新ごめんなさい クリスマスプレゼントに頼んだニナスのトレジャーbox あまりにも可愛くてアップしてしまいました 朝のティータイム幸せな時間が過ごせました 谷崎潤一郎さんの全集にはまり旧漢字を愉しみながら過ごす休憩時間は至福の時です 今日は久しぶりにとても良い天気です...
  • 乙女日和さくら♡さんのプロフィール
篠田直樹さん
  • 丸玉食堂(名古屋市中村区)・高麗肉ライス
  • 舌を頼りに 28年間食べもの絵日記を描き続けている 雑食性サラリーマンです。 丸玉食堂(名古屋市中村区)・高麗肉ライス 谷崎潤一郎の「美食倶楽部」のラストの場面には「高麗女肉」というメニューが出てくるが、高麗肉というのは豚肉の天ぷらである。最近とんと見かけなくなった。ふわっとした衣で揚げた豚肉はとんかつとはまた違った旨さで、私は...
  • 食いしん坊サラリーマン シノダ部長の絵日記篠田直樹さんのプロフィール
ふみえさん
  • 河原和音 『 先生! 2巻 』 ★
  • えんとつ町のプペル 』 ★ (07/15)すずき大和『 天の原 ふりさけみれば 』★ 阿倍仲麻呂 (07/14)「昭和史」 _ 読んだ本_ 本棚形式一覧 (07/11)高井有一 『 この国の空 』 谷崎潤一郎受賞作 ★ (07/11)「 伝記 ★ 男性 」 _ 読んだ本_ 本棚形式一覧 (07/09)★ 『 レントゲン 』 コミック版世界の伝記 ★ (07/09)能條 純一 『 昭和天皇物語 2巻 』 ★...
  • 私の セレンディピティふみえさんのプロフィール
三里千秋さん
  • 阪神間モダニズム
  •  平成9年に兵庫県立近代美術館、西宮市大谷記念美術館、芦屋市立美術博物館、芦屋市立谷崎潤一郎記念館の四巻で開催された「阪神間モダニズム展」の公式冊子です。 近代貿易港・神戸の発達と合わせた商都・大阪の工業化に伴い、大阪の環境は「七色の煙が出る」と呼ばれるほど悪化していきます。そんな中、上流階...
  • まほろば漫遊記三里千秋さんのプロフィール
wadamyさん
  • HUREC AFTERHOURS 人事コンサルタントの読書・映画備忘録
  • 2) ●「読売文学賞」受賞作 (8) ●「菊池寛賞」受賞者作(一部) (46) ●「日本エッセイスト・クラブ賞」受賞作 (4) ●「新潮社文学賞」受賞作 (4) ●「文學界新人賞」受賞作 (5) ●「谷崎潤一郎賞」受賞作 (4) ●「吉川英治文学賞」受賞作 (5) ●「週刊文春ミステリー ベスト10」(第1位)(30) ●「吉川英治文学新人賞」受賞作 (7) ●「日本冒険小説協会大賞」受賞作 (8) ●「山...
  • HUREC AFTERHOURS 人事コンサルタントの読書備忘録wadamyさんのプロフィール
気がつけばアラ還さん
  • いちいの観音 櫟野寺 甲賀市へ
  • いかないとね。来週のライブまでには、直しとかないとね。ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメント (10)Tweet«谷崎潤一郎文学の着物を見る... |トップ |このブログの人気記事いちいの観音 櫟野寺 甲賀市へ谷崎潤一郎文学の着物を見る 大山崎山荘 千年後...ヤマハ 青春ポップス 体験してきました神戸では強気これは食べす...
  • 気がつけばアラ還気がつけばアラ還さんのプロフィール
三里千秋さん
  • 阪急電車
  • しまう。 壮大なラブストーリーや勧善懲悪譚ではなく、日常の中に、ささやかな物語が進んで行くのがこの小説の魅力だと思います。そこには、大都市郊外のベッドタウンの生活電車といった場所性もよく効いています。谷崎潤一郎の『細雪』などでは、阪神間の郊外はまだ富裕層のものですが、この作品の描かれている現代では、広く庶民も住む土地となっています。しかし、作品に描かれる人々や町々は、庶民的でありながら、どこか近代の、ゆった...
  • まほろば漫遊記三里千秋さんのプロフィール
ぽこさん
中井悠美子 「四季の絵文日記」    2011.9.2さん
  • Vol. 1026 クリスマスに纏わるちょこっと豆知識です!
  • Vol.1025 ドクターイエローに... |トップ |このブログの人気記事Vol.1025 ドクターイエローに会えました〜〜!Vol. 759 プロジェクションマッピングってなに?Vol. 846 谷崎潤一郎が愛した京都の家「石村亭」Vol. 556 岡山荒手茶寮Vol. 923『お箸Okeiko』和文化講座に参加してきま...最近の画像[もっと見る]Vol. 1026 クリスマスに纏わるちょこっと豆知識...
  • 中井悠美子 「四季の絵文日記」 2011.9.2中井悠美子 「四季の絵文日記」    2011.9.2さんのプロフィール
なおぼんさん
  • 林忠彦
  • て育った。忠彦の長男が今も写真館を継いでいるし、四男は写真家として活躍されている。忠彦の名を知らなくても、彼の写真を見れば「知ってる」という読書家は多いと思う。太宰治や坂口安吾、川端康成、山本周五郎、谷崎潤一郎のポォトレイトはどこかでお目にかかっているはずだ。多くは『小説新潮』のグラビアとして撮影されたものだけれど、気難しい作家の一瞬の表情を切り取る手腕は他の追随を許さない。土門拳らと並び称される写真家であ...
  • なおぼん(wawabubu)のブログなおぼんさんのプロフィール

谷崎潤一郎を含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ

谷崎潤一郎を含むブログ村メンバー

  •  
seitaroさん
あっちゃんさん
vianさん
オスカさんさん
  • 海底の春,オスカさんさんのプロフィール
  • 離人症学生ニート。映画読書(谷崎潤一郎,三浦しをん,コクトー)ストレッチ,コーヒーが趣味。
  • 濃厚すぎる一年。
又一さん
  • 週刊又一漂流記又一さんのプロフィール
  • 一人ぼっちの60歳中年男が。稀に見る少子高齢化社会と国際的な不況を如何に生き抜くか?

谷崎潤一郎を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

谷崎潤一郎について