谷崎潤一郎

谷崎潤一郎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 谷崎の世界「春琴抄」 バービカンにて
  • [谷崎潤一郎] ブログ村キーワードロンドン、バービカンにて行われているイギリス人演出家Simon McBurneyによるShun Kin「春琴」を再び鑑賞してきました。これは、世田谷パブリックシアターとサイモンが率いるCompliciteの共同作品である。実は、この演劇、キャストの方の一人が怪我をされたとかでキャンセルになった開幕一日目となるはずだった1月30日ではなく、運良く31日、つまり実質的な開幕日に私は見てきていたんです。御本人・・・続きを読む
  • ピアニスト和香のロンドンブログ cocoさんcocoさんのプロフィール
  • 08/11/19 00:36異性の匂い庄司夕子さん庄司夕子さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

谷崎潤一郎を含むブログ記事

つららさんさん
  • アートの心に触れてきました
  •  大山崎山荘美術館に「谷崎潤一郎文学の着物を見る」ヒロインたちの多彩なよそおいを アンティーク着物で再現覗いてきました。 小説の中身を読みつつアンティーク着物に携わる人たちが再現されたらしい。 大正モダンの時代から昭和初期でしょうか...
  • うきうき探し帖(心象スケッチ)つららさんさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180918-10
  • 谷崎文学、ヒロインの着こなし 挿絵など基に再現30点 大山崎で12月2日まで /京都毎日新聞文豪・谷崎潤一郎(1886〜1965年)の小説に登場するヒロインたちの着こなしを再現する展覧会、「谷崎潤一郎文学の着物を見る」(毎日新聞京都支局など後援) ... 清川泰次が撮影した昭和の風景写真展 世田谷美術館分館...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
あやさん
  • 維持できてる
  • うで電話で確認すればいいのにまあデッサンをちょっと早く切り上げて行きますあ、学校のプリント忘れた旅行の記録品川こだま新大阪大阪大阪クワトロうめはんゆかり金龍ホテルあべのハルカス太陽の塔アパート見に行く谷崎潤一郎の展示着物屋さん京都駅でいつものお弁当とお酒こだま品川メガネがケースにない忘れたと思ってホテル名探して問い合わせたら別のポーチから出てきました…ブログ村 うつ病(鬱病)ayaaya25 2018-09...
  • たらたらにっき。あやさんのプロフィール
kakiさん
  • ガス燈朗読会 vol.5 〜声で聴く文藝作品〜 谷崎作品
  • 昨年の「蘆刈」に続き、谷崎潤一郎作品を朗読致します。1931年に書かれた「吉野葛」1919年の作品「母を恋ふる記」かなり違う時期に書かれているにもかかわらず、底流するものを感じます。 日本橋って、どういう街だったんだろう? 1923...
  • かきのブログkakiさんのプロフィール
ちょいぶら日記さん
  • ちょい旅 箱根・熱海 2泊3日一人旅 3日目 熱海
  • 熱海城から見下ろした熱海の街です新幹線の時間もあるので熱海城には上らず目的地、起雲閣へ起雲閣は、1919(大正8)年に別荘として築かれ1947(昭和22年)に旅館として生まれ変わり山本有三、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治、舟橋聖一、武田泰淳など、日本を代表する文豪たちにも愛されてきた旅館です。次回ご紹介します人気ブログランキングへ ポチッとネ 『静岡県』 ジャンルのランキングランキングに参加中。クリックして応...
  • ちょいぶら日記 (MOMO ☆ 空 日記)ちょいぶら日記さんのプロフィール
けいさん
  • 告白 / 町田康
  • Amazon.co.jp人はなぜ人を殺すのか――。河内音頭のスタンダードナンバーにうたいつがれる、実際に起きた大量殺人事件「河内十人斬り」をモチーフに、永遠のテーマに迫る著者渾身の長編小説。第四十一回谷崎潤一郎賞受賞作。 「ゴランノスポン」、「パンク侍、斬られて候」と読んできまして、満を持してついに、告白を読んでみました〜!又吉の「第2図書係補佐」でも紹介されていましたし、“本読み”の方たちからの評価がとに...
  • 趣味は読書ですけいさんのプロフィール
たけわきさん
  • 城の崎にて 陰翳礼讃
  • くさまを精緻な描写で綴ってあり、筆者が自らの命に向き合うシーンが描かれています。一切の説明を省いていて、むしろそれが故に、読者に訴えかけ、迫るものがある。短編小説のお手本のような作品でした。もう1つは谷崎潤一郎。春琴抄や刺青、痴人の愛など、常に美しさを求め続けた作家です。富山で暮らしていると、太陽よりも曇りや雨、雪の暮らしぶりが長くなり、光よりも影に様々な想いを込めることが多いような気がしていて、影を扱った...
  • 陸に彩りを添える楓と柊たけわきさんのプロフィール
苺さん
  • 谷崎潤一郎文学の着物本
  • こんにちは。大阪の着付教室・出張着付けのかろやか着付け苺(15kimono.com)講師・着付師のえりかです。  さて昨日告知した大山崎山荘美術館の展覧会「谷崎潤一郎文学の着物を見る」に行くカジュアル着物倶楽部のイベント早くも満席となりました。ありがとうございます。この展覧会は昨年、東京の弥生美術館で開催されたもので関連する本が出ているんですよ。耽美・華麗・悪魔主...
  • 苺 memo苺さんのプロフィール
つれび工房さん
  • アンソロジーを編んで贈ろう〜北欧刺繍の箱作り「エスカ」と文鳥文庫
  • り、刺繍などを飾って特別なひとつに仕上げる手工芸です。まず「文鳥文庫」とは、長くても16ページしかない、短くも、深い名作文学を集めた文庫です。薄さ1、2ミリの一冊でも世界に引き込まれるおもしろい本で、谷崎潤一郎、太宰治や村上春樹も読めます。「文鳥文庫」のホームページはこちら↓http://bunchosha.com/buncho_bunkoこの文鳥文庫から気に入ったものを数編選んでオリジナルのアンソロジーを...
  • つれび工房 デンマークの刺繍の箱エスカつれび工房さんのプロフィール
MASHAさん
  • 熱海の商店街をブラブラ・・・
  • が、後から入ってきた人に席を取られてしまいました。お店に方が、『先に入ってきたのに、ごめんなさいね。』と可愛らしいおばあちゃんの言葉に、『大丈夫ですよ。』と。買ったケーキを持って、海の風を感じながら、谷崎潤一郎さんがよく食べていた、モカケーキを頂きました。ちなみに、世界的に有名な報道写真家のロバートキャパさんも来た事があり、サインがありました。 その後に、来宮神社に!有名なパワースポットとの事でした。『みん...
  • 静岡市葵区カイロ麻謝のブログMASHAさんのプロフィール

谷崎潤一郎を含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ

谷崎潤一郎を含むブログ村メンバー

  •  
seitaroさん
vianさん
あっちゃんさん
オスカさんさん
  • 海底の春,オスカさんさんのプロフィール
  • 離人症学生ニート。映画読書(谷崎潤一郎,三浦しをん,コクトー)ストレッチ,コーヒーが趣味。
  • 濃厚すぎる一年。
又一さん
  • 週刊又一漂流記又一さんのプロフィール
  • 一人ぼっちの60歳中年男が。稀に見る少子高齢化社会と国際的な不況を如何に生き抜くか?

谷崎潤一郎を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

谷崎潤一郎について