中国政府

中国政府についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [中国政府] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

中国政府を含むブログ記事

ぽーたりーふさん
  • Skypeが中国のアプリストアから削除、App Storeも影響下に
  • 定期的に妨害しています。アジア企業で初の時価総額500億ドル企業の仲間入りを果たしたTencentの提供する中国NO.1のメッセージングサービスWeChatも、9月末の最新アップデートでユーザー情報を中国政府に対して譲渡することへの承諾を求めるようになるなど、中国国内のコミュニケーションアプリの締め付けは強くなっていくばかりのようです。Source:Reuters Photo:Wikimedia (lex...
  • ぽーたりーふ.comぽーたりーふさんのプロフィール
この国の正義を伝える会さん
  • マイケル・ヨンが慰安婦問題に「中国共産党が背後にいることは間違いない」
  • 態がわかってくる。時には複数の黒幕が背後にいることもある。そしてこの教科書問題を操っているのは 中国のどの組織かというと、孔子学院ではないかと私は疑っている。孔子学院を非難することはまだ差し控えるが、中国政府の痕跡はいたるところに見られる。中国は日本を貶め、日米同盟を引き裂こうとしている。まだ100%孔子学院かどうかは分からないが、中国共産党が背後にいることは間違いない。我々は彼らの罠にはまるわけにはいか...
  • この国の正義この国の正義を伝える会さんのプロフィール
STECO EGASHIRAさん
  • 制度が始まったらトコトンまで厳しくする中国政府
  • ホームエガちゃんが見た、聞いた、体験した 中国現場力!メディア掲載 コラム月刊『東海財界』 コラムのページ← 【中日対訳】新時代を明るく灯す習近平総書記の金言名句制度が始まったらトコトンまで厳しくする中国政府投稿日:2017-11-22作成者:エガちゃん?保之家の報道:https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzAxMjI3MDM2Nw==&mid=2652451713&idx=...
  • 中国 環境・省エネ 最先端生情報STECO EGASHIRAさんのプロフィール
行政書士内村さん
  • 【国際結婚】中国人との国際結婚を、中国で先に手続きを行う場合
  • 。結婚相手が中国にいる場合、先に中国で婚姻手続きをしたほうが一般的です。 先に日本で婚姻手続きをする場合、中国人に中長期の在留資格があることが条件になります。短期滞在で日本で先に婚姻手続きをした場合、中国政府に婚姻証明書を発行してもらえなくなることがあります。中国での手続き 日本人と中国人が、二人一緒に必要書類を持って、中国人の戸籍所在地の省、自治区、直轄市の民政局婚姻登記処に出頭して登記手続きを行い、「...
  • 戦え!中国武術家行政書士内村的日記from静岡沼津行政書士内村さんのプロフィール
森鴎外 文学・文化論攷さん
  • <コラム>吉田茂が駐在した、天津日本人租界地跡を訪ねて
  • 年までの成長期、そして敗戦までの1945年の終焉期と3段階に分けられる。天津には1898年から1943年にかけて、日本人租界地が置かれ、最大規模であった(上海は欧米との共同租界地)。明治維新後、天津は中国政府(清国)との外交の入口であった。1871年の日清修交条規締結以後、天津が日中間外交交渉の窓口となり、1874年の台湾出兵に関しても、外務卿副島種臣や全権便利大臣大久保利通が天津にて交渉、翌年の朝鮮問題...
  • 森鴎外 文学・文化論攷森鴎外 文学・文化論攷さんのプロフィール
イエスちゃんさん
pariさん
  • 韓国へは戻らない中国人観光客・・・人気の渡航先は日本・タイ・シンガポール=中国報道
  • 訪れる中国人も減少した。中韓両国は関係を改善することで一致しているが、減少した中国人旅行客の足取りはまだ完全には回復していない。中国人旅行客の渡航先は政治の動向によって大きく変動すると言えるが、これは中国政府が莫大な経済効果をもたらす中国人旅行客の存在を外交カードとして使っているからであり、それに振り回されるのは中国の思う壺だと言える。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)...
  • 幸せ呼ぶ猫神の呟きpariさんのプロフィール
親父と息子の口喧嘩さん
  • 親父と息子の口喧嘩(金正恩委員長、中国特使に会わず習主席の面目丸潰れ)
  • 』と述べた。前日の会見で『具体的な状況について、提供すべき情報はない』としたのに続き、言葉を濁した格好だ(朝鮮日報日本語版11/22(水) 9:23配信)」親父「習主席の特使が帰国した翌日になっても、中国政府は金正恩委員長と会ったかどうかを明らかにせず、当惑している様子だった。日本経済新聞は21日、中国の消息筋の話として『宋氏と金委員長との会談はなかった』とした上で、宋特使が過去の共産党大会後に派遣した特...
  • 親父と息子の口喧嘩親父と息子の口喧嘩さんのプロフィール
高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟さん
  • 今そこにある危機とは!!
  • ることを強調し、中国側が具体的な尖閣奪取作戦を立案しているという見方も紹介していたことだ。 尖閣諸島をめぐる中国の意図、行動、そして日本側との対立による危機についての記述の骨子は以下のとおりである。・中国政府は、尖閣諸島の主権や施政権を有するという日本側の主張を、中国領土の違法な占拠の結果だとみなしている。その「占拠」を崩すために、人民解放軍と中国海警の艦艇などによる尖閣周辺の日本の領海、接続水域への侵入...
  • 高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟さんのプロフィール
Eastasianewsさん
  • 5割増しの手数料要求?韓国の弱みにつけこむ中国の旅行会社
  • 行える取り決めになっており、韓国の旅行会社は一定の集客手数料を中国の旅行会社に支払っているという。 こうした弱みにつけこんでいるのが中国の旅行会社だ。韓国のある中国人団体観光専門の旅行会社の関係者は「中国政府による韓国ツアーの販売禁止措置で韓国の観光・流通業界が深刻な打撃を受けたという弱みを握り、1人当たりの集客手数料をこれまでの400元(約6700円)から600元にまでつり上げる中国の旅行会社もある」と...
  • 東アジアニュースEastasianewsさんのプロフィール

中国政府を含むトラコミュ

中国
  • 中国
  • 中国(ちゅうごく、拼音: Zhōngguó)は、主に漢民族や華夏族が居住した地域のこと。中原(ちゅうげん)は中華文化の発祥地である黄河中下流域にある平原...
  • トラックバック数:318 TB参加メンバー数:43人カテゴリー:政治ブログ
セントラル・ロビー(政治・社会)
  • セントラル・ロビー(政治・社会)
  • 北京オリンピックが”成功裏に”終わりました。全体主義国家の特性は、支配が完全になればなるほど弾圧が強まる、という点にあります。不平不満をシャットアウトした実績は...
  • トラックバック数:972 TB参加メンバー数:38人カテゴリー:政治ブログ
東トルキスタン
  • 東トルキスタン
  •  東トルキスタンは、テュルク系民族が居住する中央アジアの地域、すなわちテュルクの土地を意味するトルキスタンの東部地域を指す地域概念。、トルキスタン東部地域を指す...
  • トラックバック数:88 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:政治ブログ
愛国無罪(中国語)
  • 愛国無罪(中国語)
  • 愛国無罪(あいこくむざい、爱国无罪)は「国を愛することから行われる蛮行に罪はない」を意味する中国語の言葉。主として中国における反政府運動の際に用いられてき...
  • トラックバック数:84 TB参加メンバー数:18人カテゴリー:政治ブログ
中国に自由を!劉暁波(りゅう・ぎょうは)
  • 中国に自由を!劉暁波(りゅう・ぎょうは)
  • ノルウェーのノーベル賞委員会は2010年10月8日、「長年にわたり、非暴力の手法を使い、中国で人権問題で闘い続けてきた」として、中国の民主活動家で作家の劉暁波(...
  • トラックバック数:53 TB参加メンバー数:16人カテゴリー:政治ブログ

中国政府を含むブログ村メンバー

  •  
茶遊サロンさん
TeaWave176さん
Flocorir L'arbre(フロコリール・ラルブル)さん
satoさん
へっぽこ留学生さん

中国政府を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 民主党と自民党 どっちがいい?レス: 0/309(1059件)政治ブログ
  • とを、民主党諸君は肝に銘じるべきです。 北朝鮮が、路線を転換し、核兵器を持たない方向に指導した、中国政府に感謝した韓国政府が、尖閣列島の中国帰属を認め、竹島は、韓国帰属をお互いに認め、共に足並みをそろえ、...
  • 外国人に地方参政権の是非〜!!!レス: 0/413(1812件)政治ブログ
  • 。自由に帰化して、また自由に自国民に帰るようなことでは何のための帰化かわかりません。もう中国政府に日本の政治家は弱点をつかまれ、中国政府のロボットのようになっているのかもしれません。中国政...

にほんブログ村

>

キーワード

>

中国政府について