エスパー魔美

エスパー魔美についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [エスパー魔美] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

エスパー魔美を含むブログ記事

ナガアゴシマさん
  • 【ドラえもん】藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきた感想
  • 。私達はJR南武線、小田急線の「登戸駅」から直通バスで行く事にしました。バスの時刻表はこちら↓出展:川崎市 市バスナビこちらの「藤子・F・不二雄ミュージアム」直通バスは「ドラえもん号」「パーマン号」「エスパー魔美号」「キテレツ大百科号」の4種類のラッピングバスが運行しています。私達はJR南武線の「登戸駅」の生田緑地口にありますバス停でバスを待ちます。 今回私達が行きで利用したバスは「キテレツ大百科号」でした。...
  • Naga_agoshima Lifeナガアゴシマさんのプロフィール
うみぞうさん
  • 四季折の羽を聴いて
  • でも、駄作は駄作です。駄作っていう言い方はあまり好きじゃないけど、世間に認めて貰えるかどうかっていうのは、プロを目指す私にとっては大事なことなのです。一生懸命、書いてもだめなのものはだめ、というのは、エスパー魔美で読みました。この場合は絵画でした。それでね、四季折の羽の歌なんだけどね。鶴の恩返しをテーマにしていると思うんだ。罠にかかっている鶴を助けたら、雪の降る夜に、人間の女性がやって来て、一緒に暮らすことに...
  • うみぞう村うみぞうさんのプロフィール
上代語法序説の著者さん
  • TSONTS-24 高山善行(2005)を何故批判するのか(4) 素人と専門家
  • 。「公表された作品については、みる人ぜんぶが自由に批評する権利をもつ。どんなにこきおろされても、さまたげることはできないんだ。それがいやなら、だれにもみせないことだ。」藤本弘(藤子・F・不二雄)氏の「エスパー魔美」からの引用である。「法華狼の日記」さんのサイトに詳細な解説とそれに対する読者の反論と議論がある。セリフに漢字が少ないことから窺えるように、この漫画は小中学生を読者と想定したものである。自分の論文が批...
  • 上代語法序説上代語法序説の著者さんのプロフィール
とろろさん
  • 星野源 ドドドドドラえもん と私のドラえもん記録
  • りてもらいました。特に魔界大冒険はテープが擦り切れる程何度も何度も観ました・・・。※もちろん大山のぶ代版・ビデオ=VHSの頃。 アニメとコミックス 小学生の頃、通常放送の「ドラえもん」(やエスパー魔美、パーマン・・・)以外に、「パオパオチャンネル」という夕方の番組の中で「藤子不二雄ワイド」というコーナーがあって、その中でも藤子アニメを観ていた気がします。「パオパオ~」は私の中ではウッチャンナンチャ...
  • 品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記とろろさんのプロフィール
katahoさん
  • 寝ぐせと誕生日
  • *訪問ありがとうございます*小中学生男子2人と猫、ときどき夫との日常ネタをマンガにしております。暇つぶし程度にゆるーい目でみていただけるとありがたいです。そういえばエスパー魔美は見せたことないから知らないだろうな、と思ったら知ってたのね。ドラえもんとかオバQとかそういう漫画本のつながりで見たそうです。そうか…じつは私もちゃんと見たことがなくてこの4コマを描くためにネットで調...
  • 暇つぶしになればいいんですkatahoさんのプロフィール
Nico-Recipeさん
  • ネコをのせてみた
  • パーマン シーズン1楽しいみたいで、今度はパーマン三昧です。「これだ!」と、パーマンバッジも登場して嬉しそうです。ドラえもんの次はパーマンブーム到来?私も、パーマンはんこに突入してしまうのでしょうか。エスパー魔美も捨てがたい・・・。年代・・・。☆応援クリックいただけると嬉しいです☆にほんブログ村にほんブログ村...
  • ツクル ヲ ツヅルNico-Recipeさんのプロフィール

エスパー魔美を含むトラコミュ

藤子不二雄作品
  • 藤子不二雄作品
  • 藤子不二雄作品に関する記事をトラックバックして下さい。「オバケのQ太郎」「ドラえもん」「忍者ハットリくん」「パーマン」「プロゴルファー猿」「エスパー魔美」「ウル...
  • トラックバック数:471 TB参加メンバー数:67人カテゴリー:漫画ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

エスパー魔美について