受精卵

受精卵についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [受精卵] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

受精卵を含むブログ記事

自然の摂理研究会さん
  • 染色体から考える性別〜生物的には女性が基本形
  • 「XX」であれば女性であり、「XY」であれば男性になります。胎内の発生過程で、Y染色体があった場合に途中で男性ホルモンが分泌されて体の構造が変化して男になり、Y染色体が無い場合は女になります。つまり「受精卵から女と男が生まれる」というよりも、「女が生まれる途中で男に変わる」の方が実態に近いわけです。なお、性染色体についてはX染色体の方がY染色体よりも長く情報量も多いことが分かっています。そして、生命の維...
  • 生命の原理・自然の摂理自然の摂理研究会さんのプロフィール
梅安院長さん
  • Q&A0054:3年前に不妊治療を経て出産。二人目はまた最初から検査を受けますか?
  • して、出産時より年齢は経過しています。まず、基礎体温をしっかりつけてみてください。・オリモノが少ない・経血量が減った・高温期が短いなどありましたら女性ホルモンの分泌も低下でしょう。子宮内膜が薄くなると受精卵は着床しにくくなるということです。また、妊娠率&出産率も加齢とともに低下するものです。ちょっと古いデータですが、このグラフを見てください。 年齢が高齢になればなるほど、あまりゆっくりもしていられません...
  • 新潟市 インディバ西山鍼灸院梅安院長さんのプロフィール
古墳の里の甲斐さん
  • 兄弟なのに なぜ似ていない 2
  • する”種”を、繁栄させる事より強く、健康な 遺伝子を、残す。 等々 その為に、子孫(子)を造る。人間の場合は、男性は、精子を造る。一日に億単位女性は、卵子を造る。28日に1個 精子と卵子が、くっつき 受精卵になる。この一つの細胞が、分裂して 人間の体を造っていく。最終には、60兆個位になる。 人間の染色体は、23個×2=46個である。精子と卵子が、23×2=46個の染色体をもってきて合体すると、23×4...
  • 甲斐犬と古墳の里堺もずで暮らす古墳の里の甲斐さんのプロフィール
4ヶ月で21人妊娠!不妊を治すカウンセラーさん
  • 無排卵、低AMH、生理不順の40代。体外受精で2個の胚盤胞をつくる。医師に妊娠確率高いと太鼓判
  • 加し、潜在意識を変えてきましたよ。 あゆさき式をやっている方はそうでない方と比べちゃんと差をつけていくんだなと、いつも思います。 頂いた喜びのメールは↓ 『あゆさきさんこんばんは。先週金曜に、受精卵の成長結果を聞いて来ました。3つの卵子を採卵し、その内2つが受精卵となり、その2つですが、2つとも胚盤胞に育っていました。1つは、グレードが4AAで、もう一つは4BBでした。この二つの胚盤胞があれば、...
  • 4ヶ月で21人も妊娠!不妊を治すカウンセラー4ヶ月で21人妊娠!不妊を治すカウンセラーさんのプロフィール
examさん
  • 中3理科 生命の連続性 記述対策問題
  • をふやすこと。オスとメスに関係なくなかまをふやすこと。両親からそれぞれ半分ずつ染色体を受け継ぎ、親と異なる染色体の組み合わせを持つから。親と全く同じ染色体を持つから。親の生殖細胞どうしが合体すること。受精卵が細胞分裂を繰り返し、子の体をつくっていく現象。花粉が乾燥するのを防ぐため。メリットは、親と異なる染色体の組み合わせになるので、環境の変化に対応しやすい。デメリットは、数をふやすのに都合が悪い。メリッ...
  • examexamさんのプロフィール
大新生殖中心さん
  • 卵子の老化とミトコンドリア
  • ミトコンドリア。 卵子にあるミトコンドリアは、実は胎児のときに原始卵胞の中でつくられています。 ただ悲しいことに、卵子と一緒に老化していってしまうのもこれまた事実。 卵子が精子と出会い受精をした後に、受精卵は細胞分裂を繰り返していきます。そして分裂を続けておよそ5日目。胚盤胞とよばれる、着床前の状態まで育ちます。 しかし、この胚盤胞に育っていくまでの過程では、ミトコンドリアは新しく作られることはありませ...
  • 不妊治療 / 卵子提供 ブログ - 大新生殖中心大新生殖中心さんのプロフィール
代理出産ドットコム/Baby for Allさん
  • お医者さんが書いた代理出産の現状認識(4)
  • 現行法では、出産を担った女性が子どもの母親であるとされ、代理出産を依頼した夫婦が子どもを迎えるには「特別養子制度」の利用が一般的になり、つまり戸籍上は実子ではなく養子という判断となります。日本では胚・受精卵提供による体外受精の規制が成熟していないため、今後ますます海外での代理出産を希望し、国外へ行く人も増えてくると思われます。そういった意味でも法の整備をしっかり行い、代理母出産についてどうするのか検討し...
  • 代理出産ドットコム(Baby for All)代理出産ドットコム/Baby for Allさんのプロフィール
大新生殖中心さん
  • 卵子と原始卵胞。そして高齢妊娠。
  • 行うときに本来は半分ずつに分かれるはずが、均等に分けることができないということが起こります。減数分裂がうまくいかなかった卵子は、受精をしても染色体の数が一本多かったり、少なかったりします。多くの場合、受精卵がうまく育つことが出来なかったり、育っていった場合でも着床ができなかったり、着床しても流産してしまう、ということが起こってしまいます。こうした卵子の染色体の異常というのは、女性の年齢に関係なく起こりま...
  • 不妊治療 / 卵子提供 ブログ - 大新生殖中心大新生殖中心さんのプロフィール
まえ田さん
  • 個性(三女の巻)
  • 病なので、新しい何かにチャレンジするのも、いつも三番手だ。でも、ひとたび自分のものにすると、人一倍丁寧で確実にこなす能力が有る。手先が器用で、根気強い。 長女や次女には無い、三女だけの個性だ。ひとつの受精卵から分裂して(一絨毛膜三羊膜)、同じ時間お腹の中で過ごした。生まれてからは、ずっと同じ環境で過ごし、平等を心掛けて育ててきた。でも、性格はバラバラでそれぞれの特徴が有る。この先、三つ子の娘たちが、何に...
  • アラフィフの三つ子ワンオペ育児(自然・出産42歳)まえ田さんのプロフィール
ハラミッタさん
  • ハンス・ドリーシュ 生気論の歴史と理論
  • ズム)を主張したことで知られる。1880年代に最初の動物クローニングを行う。1867年10月28日にバート・クロイツナハで生まれた。1891年からナポリの海洋生物研究所で研究し、1895年までにウニの受精卵が細胞分裂して二細胞となった時に、細胞をばらばらにしても、残りの細胞は分裂を続け一個体になることを見出した。この実験結果から、生物の一部が欠損しても、系の内部で正常なものに調整される調和等能系の概念を...
  • 思想家ハラミッタのおもしろブログハラミッタさんのプロフィール

受精卵を含むトラコミュ

脳の仕組みと癒し
  • 脳の仕組みと癒し
  • 脳の仕組みがようやく解明されました。進化の過程からDNAの働きが分かり、受精卵が身体を建造して行きながら、併せて脳を形成して行く状況が説明できます。こうして、考え...
  • トラックバック数:340 TB参加メンバー数:42人カテゴリー:科学ブログ
受精卵取り違え問題
  • 受精卵取り違え問題
  • 香川県立中央病院が、不妊治療中の夫婦に対し、誤って別の患者の可能性が高い受精卵を移植。
  • トラックバック数:0 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:ニュースブログ

受精卵を含むブログ村メンバー

  •  
こたこさん
SUMIさん
rima♡さん
Noëlさん
ちさとさん

受精卵を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 「代理出産」の是非レス: 0/75(236件)政治ブログ
  • 体や生命を高確率で危険にさらすものなら、禁じるのが法律のあるべき姿である。他人の遺伝子をもつ受精卵を第三者の子宮に移植する代理出産は、通常の自分の卵子をつかって行う体外受精(年齢にもよるが平均すると...

にほんブログ村

>

キーワード

>

受精卵について