前田利家

前田利家についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [前田利家] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

前田利家を含むブログ記事

オレンジさん
  • 石垣最高!だった七尾城(2018.11.18)
  • 城だった畠山氏の居城として知られ、菊、松、竹、梅、亀、龍、虎と名づけられた7つの郭があったので、七尾城と称したと伝わっている「七尾城の戦い」で上杉謙信に攻められ落城、のちに織田氏の領地となったときには前田利家が城主になった 七尾城と能登畠山氏の歴史を描いたマンガがあります詳しくお知りになりたい方は、お読みくださいね マンガでわかる七尾城 七尾城石川県七尾市古屋敷町タ8-1 いつも、たくさんのいいね!&ご訪...
  • 転妻オレンジの普通でハッピーライフ(金沢転勤中)オレンジさんのプロフィール
キティさん
  • 【九州オルレフェスティバル】唐津コース
  • )時速2.5キロくらいのペース。行橋別府の七曲り峠を思い出す〜この棒は邪魔になるんだけど、みんな使ってました。笑いが出るほどスローペースでみんなに合わせて歩きます。いきなり山道一列歩行このリボンが目印前田利家陣跡建物がないので想像を膨らませて歩く。この矢印も目印青が順路で赤は逆回り。古田織部陣跡ただの更地なので空想の世界。石垣は当時のものなのかな?さらに山道を進む。堀秀治陣跡この旗があるから何となくわかる...
  • キティの遊ら湯ら散歩道キティさんのプロフィール
京都ぶらり女の1人旅さん
  • 京都 紅葉今がみごろ 泉涌寺 来迎院(らいごういん)
  • 、堂宇が建てられたのが泉涌寺第四世の月翁律師の頃(1218年(建保6年))とすれば、合点がいくところです。泉涌寺も含め、当時の伽藍は応多の乱の兵火で焼け、来迎院が再興されたのは1597年(慶長2年)、前田利家によってとなります。その後、この寺の大荒神が安産の守護神として信仰されたことから、朝廷から安産の勅願所に指定され、朝廷の菩提寺である泉涌寺の別当という地位を得るに至りました。元禄期には、大石良雄(内蔵...
  • 京都ぶらり女の1人旅京都ぶらり女の1人旅さんのプロフィール
羽柴茶々さん
  • 賤ヶ岳の前哨戦〜秀吉の長浜城攻防
  • たのです。しかも一方の秀吉も、亡き信長の葬儀を京都で盛大に行う(10月15日参照>>)ものの、そこに信孝と勝家の姿はなく・・・とまぁ、誰もが感じ始める険悪なムード。と、そんなこんなの11月2日、勝家は前田利家(まえだとしいえ)、不破勝光(ふわかつみつ=不破直光とも)、金森長近(かなもりながちか)の3人を秀吉のもとに派遣して和議に当たらせます。と言っても、これは完全なる時間稼ぎ・・・北陸の冬は雪深く、この先...
  • 今日は何の日?徒然日記羽柴茶々さんのプロフィール
純野一益(戦国)さん
  • 原政茂(はらまさしげ)[2/2]
  • さしげ)[2/2]〔現代仮名遣い〕はらまさしげ※下線部は信長公記以外の記事によります。1581年3月安土の信長に、「上杉景勝が越中へ進軍し小井出の城を攻囲した」と告げられると、信長の命により不破光治・前田利家・原政茂・金森長近及び柴田勝家の軍勢が現地へ向かう。1582年3月織田信長の信州入りに同行し、上諏訪の陣で信長を警護。1583年賤ヶ岳の戦いでは越前勝山城主として柴田勝家に属し、先鋒を勤め奮戦した。戦...
  • いいかよく聞け五郎左よ!−もうひとつの信長公記−純野一益(戦国)さんのプロフィール
葵 北風さん
  • 北海道地名由来史 9 松前町
  • 町北海道 渡島(おしま)支庁の松前町は、道南最南西部に位置する唯一の城下町です。地名の松前町については、豊臣政権後期、初代 松前藩主の松前慶広が、従来名乗っていた蠣崎氏から改姓する際、大老の徳川家康と前田利家に忖度する格好で、徳川家康の旧姓の松平の松の字と、前田利家の前の字をとって松前とし、以来、松前の氏名を名乗ったとされていますが、地名由来は、他の地域と同じ様にアイヌ語から来ています。語源は〜マツオマナ...
  • 日本歴史紀行葵 北風さんのプロフィール
純野一益(戦国)さん
  • 原政茂(はらまさしげ)[1/2]
  • 営を命じられる。太田の取手ができると、そこに居陣。その後太田取手を引き払い、惣持寺要害の番を命じられる。1579年3月信長父子摂津攻めに参陣。1579年4月播州攻めに出陣。惟住長秀と越前衆(不破光治・前田利家・佐々成政・原政茂・金森長近・織田信澄・堀秀政)は淡河城へ向けて取手の普請を命じ、古池田に帰陣し信長に報告。越前衆は信長から暇を下され、帰国の途につく。1579年12月伊丹城の人質の中で荒木一類の者は...
  • いいかよく聞け五郎左よ!−もうひとつの信長公記−純野一益(戦国)さんのプロフィール
IROYASUさん
mariaさん
  • 前田利家初陣の像
  • イエットも忘れるコンビニスイーツは?」をチェック記事を書く検索ウェブこのブログ内で 自然に育まれながらお花、野鳥、音楽、アート、旅行、の話題等。 母として子供達にもっと良い環境を残したいと願っています前田利家初陣の像2018年12月05日 |旅行・地域私は中川区の「第九を歌う会」に所属させて頂いておりまして12月2日の文化祭にも参加、「第九」と「翼をください」の合唱を終えたばかりですその日に、荒子駅前に有...
  •  自然に育まれながらmariaさんのプロフィール
旅好きおやじさん
  • 日本100名城訪問記 その67(金沢城 2018/11/10)
  • の前田家の城であるが、元々金沢城は、加賀一向一揆本願寺の拠点であった。加賀一向一揆は、、周辺の大名であった朝倉氏、上杉氏、織田氏と対立したが、大坂にある石山本願寺の降伏により、一揆は解体された。そこに前田利家が入り、加賀百万石となった。前田利家は、信長、秀吉とは占有のような間柄だったが、家康とも旨くいっていたため、徳川家と前田家は姻戚関係も強く、江戸時代も親藩のような扱いを受け、「松平」として、幕末までず...
  • 旅好きおやじの日記旅好きおやじさんのプロフィール

前田利家を含むトラコミュ

前田利家
  • 前田利家
  • 加賀藩主前田氏の祖。前田利昌の4男、母は竹野氏の娘(長齢院)。正室は尾張守護 斯波氏の家臣高畠直吉の娘芳春院(まつ)、側室は千代保(寿福院)など多数 。兄弟に前田利...
  • トラックバック数:23 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:歴史ブログ
豊臣秀頼
  • 豊臣秀頼
  • 豊臣秀吉の子。母は淀殿。豊臣政権の後継者となるも、後見人前田利家の死、石田三成の失脚後、家康の台頭で一大名に没落。大阪の役で敗れ、豊臣家滅亡を迎える。
  • トラックバック数:20 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:歴史ブログ
蒲生秀行
  • 蒲生秀行
  • 蒲生氏郷の子。氏郷の死により13歳で会津若松92万石を相続。豊臣秀吉の命で徳川家康の娘と結婚、家康と前田利家の後見を受けた。1598年(慶長3年)家臣の内紛が元で厳封。...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ
佐々成政
  • 佐々成政
  • 織田の家臣、柴田勝家の与力。初め信長の父、信秀に仕え、永禄4(1561)年頃までに黒母衣衆に抜擢され、以降天正3(1575)年頃までは信長の戦いに従軍した。天正3(1575)年9月、...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:歴史ブログ

前田利家を含むブログ村メンバー

  •  
百姓 ばんばのむっちゃんさん
前田利家さん
nobunagaさん
  • 名古屋市民が紹介する桶狭間の合戦nobunagaさんのプロフィール
  • 桶狭間の合戦について、名古屋市在住の地元民が写真を多くして、細かく現地を報告していくブログです。
としちゃんさん
  • 前田利家としちゃんさんのプロフィール
  • 加賀百万を築いた前田利家の生涯。
NORIKOさん
  • 戦国フェチNORIKONORIKOさんのプロフィール
  • 戦国武将フィギュア戦国系ミニチュアを製作しています。

前田利家を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 織田信長vs武田信玄、勝つのはどっち?レス: 0/338(3411件)歴史ブログ
  • 差があるのにもかかわらず、手取川の戦いでは。その後の天下人である羽柴秀吉の投入 しかも精鋭部隊である前田利家、柴田勝家、投入でも手取川の戦いでは上杉とでは相手にならず。織田が本当に強いと思うのなら、謙...

にほんブログ村

>

キーワード

>

前田利家について