アール・ヌーヴォー

アール・ヌーヴォーについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [アール・ヌーヴォー] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

アール・ヌーヴォーを含むブログ記事

Prikkaさん
  • ◆アートな一日◆
  • 始は主婦にとっては大忙し。忙しいという字は「心を亡くす」と書きます。本当にその通り、ちょっとお疲れモード入っています  なくした心を取り戻しに、今日はアートな一日にしました オルガンのリサイタルの後、アール・ヌーヴォーの華 「ミュシャ展」へ。 世界中で愛されるミュシャの作品は切手にもなっています 作品の中には花冠もよく出てきます モチーフとして描かれる植物も美しい 素晴らしいオルガニストでした...
  • Prikka FlowerPrikkaさんのプロフィール
明菜さん
  • 2019年はオランダ・ベルギー美術の年!旅行で行くべき美術館をまとめたよ!
  • 羊》があるんだって!見たーい!と思ったけど、残念ながら今は修復中。終わるのは2020年だけど、部分的に公開しているとか、していないとか。時間があったら行きますけれども。その前に、ゲント is どこ??アール・ヌーヴォー建築めぐり(ブリュッセル)オルタ邸の外観。CC BY-SA 4.0 by Paul Louis私の旅行はいつも行きたい場所をギュウギュウに詰めるので、○○めぐり・○○散策といったぶらぶらイベントはあり...
  • アートの定理〜アートとスイーツと少しの自分磨き〜明菜さんのプロフィール
ひだまりわかなさん
  • 今年の気流れは軽い!
  • ?????????????????????????????????????持ってるタロットズラッと並べてみました?\(^o^)/?         ?          ?          ? ?はアール・ヌーヴォーで、イラストに惹かれて買ってしまったタロットです。使い勝手は初心者には向いてないものでした。ただ、使い慣れてくると(タロットになれてくると)カードが会話しているのがわかってきます。 ?keiko先生の...
  • 手描き 猫イラストのふぃーりんぐ Catひだまりわかなさんのプロフィール
花子さん
  • 12月に読んだ本
  • ーとして、ブランドを作り上げて行ったか。身分の違いのはっきりした時代に、どうやって貴族階級の間で重宝される人気ブランドにシャネルはなったのか。なかなか面白い本でした。フランスのベルエポック時代の華麗なアール・ヌーヴォーの世界から第一次世界大戦前後の装飾を抑えたモダンデザインの世界へと、移り変わる時代とともに生きたココシャネル。時代の息吹を感じます。あとは、こちら。息子ってヤツは1,512円Amazon室井佑月さんの...
  • ものぐさ花子の多忙な日々花子さんのプロフィール
蓮華さん
  • ベルギー一人旅四日目
  • 建築で有名です。私はソルヴェ邸タッセル邸、あたりで満足しちゃいましたが、他にも何件もありますので、今日ある方はこちらもご参考ください。 ブリュッセルでののまどさんの旅行記です。ベルギー ブリュッセル アール・ヌーヴォーの館めぐり (ブリュッセル) - 旅行の... - 旅行のクチコミサイト フォートラベル事前に治安があまりよろしくない地域と聞いていましたが、むしろ人の気配がないのにやたらきれいで安心してました。途中...
  • アイルランドで生活してみた蓮華さんのプロフィール
fiorellinoさん
  • ちょっと変わったモデナの観光!老舗周りをしてみよう♪
  • げな?笑)品物の名前が書いてあります。実はここチェックしていなかったのですが、周りが閑散としているのにここの周りだけ人が大勢いてクリスマス前のウキウキが伝わってきたので中に入ってみると…あまりの素敵なアール・ヌーヴォー調の内装に「ムムム、これはもしや?」とサービスさんに聞いてみるとやはボッテーガ・ストーリカの一つだったのです。狭い店内に人がたくさんいたので写真は控えましたが、中が本当に素敵なので是非訪れて見て欲しい...
  • Wine Food Art! トスカーナからお届けfiorellinoさんのプロフィール
記憶の彼方へさん
  • 2018秋イタリア経由パリ行きvol.9
  • ・アル。 かつてパリの胃袋と呼ばれた中央卸売市場だ。当時のことは写真でしか知らないが、留学していた頃に一度だけ来たことがあった。聖ユスタッシュ教会は覚えていたが、あの頃の風景とはすっかり変わっていた。アール・ヌーヴォー調の曲線が特徴的な建物だった。 朝早いからどこのお店も空いてないのが残念ホテルには、9時半過ぎに戻り、初めてホテルの朝食を食べた。クロワッサンもまずまず 10時には閉まるらしく、ヨーグルトはお部屋に持...
  • 記憶の彼方へ記憶の彼方へさんのプロフィール

アール・ヌーヴォーを含むブログ村メンバー

  •  
nekoさん
アールヌーヴォーさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

アール・ヌーヴォーについて