脂肪組織

脂肪組織についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [脂肪組織] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

脂肪組織を含むブログ記事

runさん
  • 2:「香害」が深刻化…芳香剤の健康被害続出、発がん性の指摘も
  • 異原性の強い化学物質は、高い確率で発がん性もあります。しかも、合成ムスク類は分解しにくい性質のため、人体への蓄積が懸念されます。 実際、05〜07に熊本大学・佐賀大学が行った共同研究で、日本人の母乳や脂肪組織に合成ムスク類の「HHCB」と「AHTN」が蓄積していることが明らかになっています。 芳香剤など香り付け製品に使われる香料は、大半が合成ムスク類です。早急に使用規制をしないと、「香害」は深刻化するばか...
  • 化学物質過敏症runのブログrunさんのプロフィール
ごっとさんのブログさん
  • 肥満と病気は関係あるのか
  • 注意とされており、この腹囲の測定は「内臓脂肪量」を推定するために行われています。以前の肥満研究においては、体内の脂肪蓄積量、あるいは体全体の脂肪蓄積率が重視されていました。しかし研究が進むにしたがって脂肪組織には質的な違いがあって、それが単なる脂肪蓄積量よりも重要と考えられるようになりました。これはCTにより内臓脂肪と皮下脂肪が確実に見分けられるようになったことも一因のようです。その後皮下脂肪型肥満に比べ...
  • ごっとさんのブログごっとさんのブログさんのプロフィール
女性の薄毛研究所さん
  • わかめで髪の毛が増えるは嘘?食べ過ぎで女性の薄毛が悪化する可能性も
  • めには血圧の上昇を抑制するカリウムも豊富に含まれています。肥満を予防するわかめには、フコキサンチンという成分が多く含まれています。フコキサンチンが脂肪の燃焼を促すという研究結果があります。私たちの体の脂肪組織には、褐色脂肪細胞と白色脂肪細胞の2つのタイプがあります。脂肪と聞いて一般的に思い浮かべるのが『白色脂肪細胞』であり、エネルギーを溜め込む働きがあります。反対に、溜め込むだけでなく、エネルギーを消費す...
  • 女性の薄毛研究所女性の薄毛研究所さんのプロフィール
IROYASUさん
  • ロイヤルカナン 猫用 減量サポート 500g(A3182550716406Z)
  • ト 500gショップ名Amazon.co.jp(マーケットプレイス新品)価格1105円送料リンク先の商品ページにて確認して下さいコメント【商品コメント】(クリックで開閉)【製品特長】リーボディマス(除脂肪組織)保持のため、タンパク質を増強。体重過多により負担がかかる関節の健康を維持するため、コンドロイチンとグルコサミンを配合。カロリー摂取を減少させるために給与量を制限した時にも、要求量を満たすことが出来る...
  • いろぽたIROYASUさんのプロフィール
肥満と健康それから美容の情報室さん
椎名さん
  • 逆流性食道炎の原因は乱れた食生活にある?
  • れば、食前食後に甘いものを食べても、それほど影響はありませんが、逆流性食道炎の人は、甘いものと、ご飯をセットで食べるのは症状悪化に拍車をかけるのではないかと考えます。原因その5:肥満肥満の人は、腹部の脂肪組織が胃を圧迫して逆流がおこりやすいです。太る人は、食べ過ぎて運動しない傾向がみられます。お腹が出ている状態で、好き勝手に毎日食べ過ぎ飲み過ぎを繰り返し、運動もろくにせず、食後は寝っ転がったり座ったりなど...
  • 逆流性食道炎椎名さんのプロフィール
バイオ太郎さん
  • 遺伝子変異を有するワルデンストレームマクログロブリン血症患者に対してイムブルビカが有効な可能性
  • 事遺伝子変異を有するワルデンストレームマクログロブリン血症患者に対してイムブル...厚労省 プレシジョン・メディシンにアクセル 遺伝子パネル検査19年度にも保険適用へ血管新生因子の発現の誘導を介して、脂肪組織の状態を健康な状態に保ち、肥満や糖...世界初!テロメアによるDNA複製の四次元的制御を解明炎症性腸疾患発症に関わる複雑な遺伝子発現制御機構炎症性腸疾患発症に関わる複雑な遺伝子発現制御機構開花する「異...
  • バイオの故里バイオ太郎さんのプロフィール
リキヤさん
  • お昼寝が病気のリスクを上げる?長時間のお昼寝を避けた方がいい理由とは
  • 昼寝が身体に悪影響を及ぼすここでまた一つ、論文の一部を抜粋します。昼寝の習慣をもつ人は、炎症マーカーであるC反応性タンパクや、免疫制御に関与するサイトカインの一つであるインターロイキン6が多い。また、脂肪組織における炎症反応を抑制するSFRP5が少なく、インスリン抵抗性指数や、インスリン抵抗性を誘導するプログラニュリンが高いなど糖代謝にも問題がみられる。さらに昼寝の時間が長く、頻度が多いと精神運動速度や言...
  • 鍼灸Lifeリキヤさんのプロフィール
namstarさん
  • エストロゲンバランス
  • ロゲン依存症の場合に使われるのが、アロマターゼ阻害薬というエストロゲンの合成を抑える薬です。エストロゲンは卵巣で主に作られますが、脂肪でもアロマターゼという酵素に手助けされて作られます。アロマターゼは脂肪組織でエストロゲンを作りだす酵素でもあり、アンドロゲンからエストロゲンを作り出す時に欠かせない酵素でもあります。このアロマターゼの活動が活発になると、エストロゲンの生産も過剰になりがちなのですが、アロマタ...
  • オーストラリアでのびのび育児namstarさんのプロフィール
keepbeautyandhealthさん
  • 血糖値が高めの方に、SBIアラプラス 糖ダウン
  • 運ばれて細胞に入っていきます。そこで代謝されてエネルギーとなり、脳や全身の臓器、筋肉を動かすもとになります。血糖が細胞に入るにはインスリンが必要膵臓から分泌される『インスリン』というホルモンが、筋肉・脂肪組織・肝臓の細胞などに血糖を取り込むようにはたらきかけています。インスリンがうまく作用していないと、細胞に入れなかった血糖が血液中であふれ、血糖値が高くなります。インスリンがうまく作用しない2つの要因・イ...
  • 体も心も健康維持をしませんか?keepbeautyandhealthさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

脂肪組織について