徳川家

徳川家についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [徳川家] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

徳川家を含むブログ記事

DEEPLY JAPANさん
  • 華為問題異聞? 米中共に悩んでたのかも
  • (5)参考資料−明治(6)参考資料−昭和(前期)(28)参考資料−大正(11)参考資料−昭和(後期)(20)参考資料−平成(20)参考資料−通史(6)時代劇−映像(2)新・平家物語(1972年)(1)徳川家康(1983年)(0)花の乱(1994年)(2)葵徳川三代(2000)(13)観劇のおとも(4)つらつら思んみるに(5)日々雑感(15)ログイン編集画面にログインブログの新規登録最新コメントブログ主/...
  • DEEPLY JAPANDEEPLY JAPANさんのプロフィール
misiriさん
  • 美濃国一之宮 南宮大社
  • い感じでした。大鳥居。逆光。摂末社がさびれているのが気になりました。なんででしょうね。本殿回廊内にメインの摂末社があったみたいですね。入れませんでしたが。今年、51年ごとの式年遷宮があったみたいです。徳川家が再建という印象が強い神社でした。    ...
  • ミシリノキmisiriさんのプロフィール
zaucatsさん
  • 京都観光「霊鑑寺の紅葉」Autumn leaves of Reikanji Temple in Kyoto
  • り、お堂のように見えます。順路に従って階段を上がります。本堂から、更に一段高いところの紅葉を眺めました。本堂には菊の御紋と葵の御紋が並んでいるのが珍しい。霊鑑寺は門跡寺院ですから菊の御紋ですが、本堂は徳川家斉の寄進によって建立されたため両方の紋が並んでいるのです。最上段の回遊式庭園を奥に進んでいきます。サザンカが満開ですね。霊鑑寺は椿の名所でもあります。年明けから様々な種類の椿が咲き乱れることでしょう。...
  • 京都日めくり・絶景ウェブログzaucatsさんのプロフィール
心霊-都市伝説ナビ-さん
  • 【関東の恐怖体験】地獄沢とは
  • 茨城の西北端、福島と境を接する大子町。ここには今から400年前に「生瀬騒動」或いは「生瀬乱」と呼ばれる事件があった。小生瀬村の住人が女子供に至るまで、藩士を殺された水戸徳川家の報復として、皆殺しにあったのだ。その人数は数百人と言われるが正確なところは分かっていない。この時住人は袋小路のような沢に追いつめられ殺されたのだが、命乞いをした沢の入り口付近を「嘆願沢」、奥の方で全...
  • 心霊-都市伝説ナビ-心霊-都市伝説ナビ-さんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20181214-4
  • ていなかった。同課では「早太郎が挙母藩脱藩後、新選組隊士となったことが明確になった」と喜んでいる。 田中優子の江戸から見ると毎日新聞加賀藩は際立って特別な藩であった。藩主の前田氏は外様大名でありながら徳川家から準親藩として待遇された。松平姓と葵(あおい)紋が下賜され、石高は諸藩 ... 明治150年有終の美 維新の世界的意義を発信するシンポ開催 日文研産経ニュース国際日本文化研究センター(小松和彦所長、...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
みみさん
  • 母に味噌煮込みうどんをプレゼントする。
  • ントするお出かけのスタートです。 これ、だーれだ? これは、オランダ人の「ヤン・ヨーステン」さんを偲んでつくられた像。ヤン・ヨーステンは、1600年に難破した船に乗っていました。そのまま日本に住んで、徳川家康の信任を得て、外交や貿易について進言をする役目についていました。その江戸屋敷がこの近くにあったので、彼の名にちなんで「八代洲河岸」と呼ばれていました。八代洲…やよす…やよす…やえす(笑)  … 八重...
  • お出かけ大好き みみみのごはんみみさんのプロフィール
なみなみさん
  • 戦コレ泰平女君 徳川家康 小役確率
  • ©KONAMI「戦コレ泰平女君 徳川家康」小役確率です。この台は「スイカ確率」「SR役確率」に設定差があります。特にSR役確率に非常に大きな設定差があり、早い段階で複数回確認できれば、高設定の期待度が大幅にアップするので必ずチェックしてく...
  • なみなみスロットなみなみさんのプロフィール
合原 千尋さん
  • 日本屈指の名城、名古屋城を観光その1@名古屋市中区本丸
  • 音頭をとり、気勢を上げたとのこと。東南隅櫓(とうなんすみやぐら)武具をおさめていた櫓で、石を落として敵の侵入を防ぐ”石落としの窓”になっています。ちょうど木で隠れてしまっていますが(泣)、1590年に徳川家康が入城した江戸城のシャチホコが取り付けられています。西南隅櫓(せいなんすみやぐら)1921年の震災で石垣とともに倒壊したが、1923年に宮内庁が再建した重要文化財。宮内庁が再建したため瓦が菊の紋にな...
  • 終活行政書士 合原千尋の絵日記@鹿児島市合原 千尋さんのプロフィール
ギャンブルあんてな速報さん
おやじのつぼさん
  • JR高崎線「吹上」駅〜東武伊勢崎線「川俣」駅。その5。(「日光千人同心街道」第5日目。)
  • で実子の慶喜(のちに15代将軍となる)を推し、井伊直弼らと対立し、安政の大獄で処罰されました。尊皇攘夷派を主導し、桜田門外の変の原因をつくるなど、歴史に大きな足跡を残した人物です。?佐藤延昌の箱書  徳川家康の忌日に日光東照宮で行われる4月大祭に、2代将軍秀忠から12代将軍家慶までみずからが計19回も日光に社参しました。最後は天保14年(1843)のもので、総勢14万人にも及びました。このとき、徳川御三...
  • おやじのつぶやきおやじのつぼさんのプロフィール

徳川家を含むトラコミュ

徳川家康
  • 徳川家康
  • 安土桃山時代の武将。松平広忠の嫡男。1542年,三河国(愛知東部)岡崎城で生まれる。幼少時代を織田氏(尾張清洲)・今川氏(駿河)の人質として過ごしたが桶狭間合戦によ...
  • トラックバック数:381 TB参加メンバー数:62人カテゴリー:歴史ブログ
豊臣秀吉
  • 豊臣秀吉
  • 尾張国中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り信長の後継の地位...
  • トラックバック数:237 TB参加メンバー数:49人カテゴリー:歴史ブログ
直江兼続
  • 直江兼続
  • 越後・長尾(上杉)氏下士の出。その才を認められ上杉景勝の近習となった。絶えた直江氏を継ぐ。豊臣秀吉に降った上杉氏が会津120万石に封じられると、陪臣としては破格の...
  • トラックバック数:564 TB参加メンバー数:45人カテゴリー:歴史ブログ
加藤清正
  • 加藤清正
  • 戦国武将。戦国後期最強武将の一角をなす。肥後熊本城主。豊臣秀吉の子飼いで、賤ヶ岳七本槍の一人。朝鮮では鬼と恐れられる。小西行長、石田三成らと対立が高じて、関ヶ原...
  • トラックバック数:63 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
関ヶ原の戦い
  • 関ヶ原の戦い
  • 1600年,美濃国 (岐阜県)の関ヶ原で行われた徳川家康(東軍・10万)と石田三成(西軍・8万)の戦い。戦いは家康側の勝利に終わり徳川氏の覇権が確立した。秀吉死後、かね...
  • トラックバック数:192 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:歴史ブログ

徳川家を含むブログ村メンバー

  •  
アツさん
夢幻海さん
鳴月さん
よしぶんさん
ミカさん

徳川家を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

徳川家について