投与

投与についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [投与] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

投与を含むブログ記事

ミルキーウェイさん
  • 本当にリウマチか?
  • で病院まで連れていってもらい、院内は自分で歩けていた母親。母親が膠原病内科の主治医に全身痛を何とかして欲しいと泣きついたら、血液データの結果が出る前に、リウマチと診断が下り、抗がん剤とステロイドの大量投与が始まったのが、去年の4月。薬が出て直ぐに母親の全身痛の訴えは消え、ADLも全て自立した。リウマチ特有の朝のこわばり等の症状も、初めから現在に至るまで全くない。母親の親友もネットでリウマチを調べてくれ...
  • ミルキーウェイのブログミルキーウェイさんのプロフィール
しじーみさん
  • そういえば2kg太ってました
  • そうそう、今週はカドサイラの点滴があったのですが、その時に体重を測ったら先月より2kg増えてましたあ、そうそう、毎回点滴時に病院で体重をなんで測るのかというと、体重によって投与する抗がん剤の量が決まるためです。一応、知らない人がいた時の為の補足。薬によっては浮腫みやすくて体重が毎回増えて「えっ!? 私って今抗がん剤治療中なのに痩せないの!?」と心にダメージを与える、乙女(?...
  • まぁ、そんな日もありますしじーみさんのプロフィール
LIFE4EVERさん
  • 治療だけが闘病ではない
  • 方」と思います。闘病のさまざまな形を整理してみます】闘病1 - 治療、副作用との闘い闘病の中心となるのは癌を弱体化し死滅させる、あるいは切除して体外に排除する「治療」です。私の場合は強力な抗癌剤の継続投与です。抗癌剤投与に副作用は避けられません。癌そのもの、ないしはその副作用は、熱や痛み、そしてさまざまな苦しみをもたらします。これらへの対応は闘病の基本と言えます。闘病2 - 合併症などとの闘い癌はさま...
  • 「すい臓がん、余命一年」を生き抜いていますLIFE4EVERさんのプロフィール
まめさん
  • ボツ写真含め・・色々です☆
  • 受けて、治療した方が良いよ、と先生からコメントあったので病院へ。病院で点鼻薬とお薬をもらい、先生に大型オウム保定方法を再度、確認し・・家に帰って、BLA2級で学んだ保定方法を思い出し、点鼻とお薬の直接投与を実践。が、、オカメさんの点鼻、強制給餌、マスター出来ても、やはり、大型オウムはちょっとコツが必要です〜(汗)でも、大型オウムさんを飼うということは、そういう事も出来なくてはいけない。自分に言い聞かせ...
  • alahas 〜パル・アル・ドルの日記〜まめさんのプロフィール
ロクさん
  • 糖尿病の原因も足の筋肉の減少だった!?
  • 結構衝撃的な内容だけど、糖尿病の原因も足の筋肉の減少が問題らしいですね。そりゃいくら薬飲んでも治らないはずだわ(笑) これまでやってた治療って何だったんだろう。血圧下げたり、尿酸値下げたり、インスリン...
  • 土と水 時々ボランティアロクさんのプロフィール
銀座 美容外科シンシア 院長 又吉秀樹さん
  • ゾフルーザ 処方します。
  • 大変でも気合いで乗り切っちゃうのでしょうが周りにいる人たちにとってはインフルエンザウィルスをばら蒔かれているっていう点で 「やっぱり迷惑」 です。 インフルエンザに対しては、◯ワクチンをうったり◯予防投与のタミフル、リレンザ◯いざかかってしまったらタミフルなどの内服+自宅待機 っていう感じで、いざかかってしまったときに治療として弱い感じでした。 ゾフルーザって薬が新たに出たことによって、排...
  • 銀座の美容外科シンシア 〜Sincerely Yours銀座 美容外科シンシア 院長 又吉秀樹さんのプロフィール
柚月さん
  • 【21w0d】不満だらけの心療内科受診
  • きが良かったんですけどどうなんですか?と振ってみました。そしたら、カタログをペラペラとめくり、この薬はアメリカ基準だと特に記載がないですが、日本の基準だと『有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること』書いてあると見せられました。もうこの文章をみた時点で私はえ、それあんまり良くないよね?って思ったわけなんですよね。おまけに先生もなんかあやふやに濁した言い方するし…。これならまぁ…しょっちゅ...
  • 31歳主婦のベビ待ちブログ♪柚月さんのプロフィール
ある脳神経外科医さん
  • 脳血管内治療前の抗血小板薬ローディング
  • 。答えはわりとシンプルで、抗血小板薬を追加することになります。 そのときに新しい薬を追加するか、もしくは同じ薬の量を増やすか、の2つの選択肢があります。 もしクロピドグレルとアスピリンを十分量十分期間投与しているにも拘わらず効果が少ないのであれば、それはその患者さんがそれらの薬剤に耐性があるということになります。この場合、同じ薬の量を増やしてもあまり意味はありません。増量は、それ...
  • ある脳外科医のぼやきある脳神経外科医さんのプロフィール
三毛ニャンさん
  • 精神科混雑:まとめの2
  • ipolar01 さん、それでぴったりの総合内科医のブログを見つけることが出来ました。あをご覧下さいまし。(このリンクは、ブログ主の先生に断っております)同じ語句でググッた内容と併せると「長期の睡眠薬投与の場合、こういう(特殊な?)内科医以外の場合、一年に一回精神科へ行もらわないと、医者の診療点数=儲けが減る」と言う内容です。老人たち全員が睡眠薬を飲んでるワケではないですし、その方たちが一年に一回しか...
  • 三毛のつぶやき三毛ニャンさんのプロフィール
jazzclubさん
  • 胃腸をいじめる季節です☆対策は?
  • O!ブログ最新のエントリ◆12/14 のエントリ┗胃腸をいじめる季節です☆対策は?◆12/01 のエントリ┗カレンダープレゼント&12月の曲?◆11/26 のエントリ┗高齢者の足揉みで気付くことー多剤投与◆11/24 のエントリ┗(試聴できます)「転ぶ」ということについて。転倒にご注意!◆11/21 のエントリ┗23日(祝日)休まず開院します!&足湯のサービスのお知らせ◆10/23 のエントリ┗★むし...
  • 中国足心道足揉み伊達治療院の足揉みの部屋のBGMjazzclubさんのプロフィール

投与を含むブログ村メンバー

  •  
LIFE4EVERさん
ぱこたんさん
  • 医療用ウィッグの購入体験記ぱこたんさんのプロフィール
  • 抗がん剤の投与を受け医療用ウィッグを購入。医療用ウィッグの無料試着、購入の様子などをまとました。
SAKURAさん
TYCHOさん
  • 菜食主義の犬たちTYCHOさんのプロフィール
  • 犬の門脈体循環シャント、肝性脳症のケアについて。犬の炎症性腸疾患、膵炎、猫免疫不全の記録も。
  • 災害に備えて
貴美さん

投与を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 「代理出産」の是非レス: 0/75(236件)政治ブログ
  • 卵サイクルを合わせる必要があり、数ヶ月にわたって将来の女性特有のガンの発症リスクが高まる女性ホルモン投与をうけなければならない。そういった代理母の(将来的なことも含めた)健康を犠牲にしてまで挑んでも、...