胆管

胆管についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [胆管] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

胆管を含むブログ記事

hemitotsyさん
  • 2015年(平成27年)訃報
  • 1/13 女優 魚住 純子 さん(83歳)肺炎01/18 元台湾、日本のプロ野球野手 大豊 泰昭 氏(51歳)急性骨髄性白血病01/20 ロサンゼルス、ソウル五輪金メダル 柔道 斎藤 仁 氏(54歳)胆管細胞癌01/21 元プロ野球投手 井本 隆 氏(64歳)膵癌01/29 映画「リング」の貞子の母役 女優 雅子 さん(50歳)肺動脈肉腫中日時代の故 大豊 泰昭 氏故 斎藤 仁 氏◇ 2015年(平成...
  • アセンションへの道程 ある外科医のスピリチュアルhemitotsyさんのプロフィール
だっちゅさん
  • 気持ちだけいただいとくよ。
  • いたら、また、咳のぶり返し。それでも、病院なんて行かず、お薬ものまず、家でこんな感じでいましたわ。ウッフフ、猫様はよく病院にいくなぁ、なんて、思ってもいませんよ(笑)こんな時に、一番歳上の叔母の入院(胆管炎)や母の健診結果の要検査の付き添いをしたりと猫の手も借りたいですわ。何?まちゃる(まさる8歳)それはいいよ^^;それもいらないです。ぜーんぜん、いらない!皆様も、御多忙な年末、お風邪など召しませぬよ...
  • 猫のあくびだっちゅさんのプロフィール
新潟のTさんさん
  • ボロボロじゃー
  • -;)体重は14Kgも落ちたのですが筋肉が大半の様に感じます。検査の結果は当初心配された血液異常も正常になり心臓も異常は無く、 手術には問題ない状態になり胆嚢の炎症も治まり大丈夫な様です。ただ、腫瘍が胆管に有るので検査し難いのか?悪性と思われる との診断ではっきりしません。まだ初期の為分かり難いとも・・・いずれにしても胆管を塞ぐ形ですので摘出手術は必要で 先生の経験上100%悪性でどこまで癌が広がって...
  • Tさんのクワガタ部屋新潟のTさんさんのプロフィール
なめさん
  • どさ。 そういえばAさんもなんだかんだ続いてるなぁ。 先週飼い猫ちゃんが誤飲で入院して。もしかして開腹手術か?って状態にまでなったけど、それがようやっと治ったってなったら、自分のお父さんが緊急入院で。胆管炎とかなんだって。その上自分の検査でしょ〜。 なんなんだろね?人の人生の波って。どうして続くときは続くんだろか。恐ろしいくらいだよね。起こる時って。 そういえば、今までほんとに順調だった仕事場が、...
  • つぶつぶろぐなめさんのプロフィール
ごっとさんのブログさん
  • 沈黙の臓器「肝臓」とそのガン
  • ことも大きな特徴です。少々の障害が生じても症状を呈することなく知らぬ間に再生します。それが「沈黙の臓器」もしくは「忍耐の臓器」とも呼ばれる理由です。さて原発性(転移ではない)肝臓ガンには、肝細胞ガンと胆管細胞ガンがありますが、95%が肝細胞ガンです。肝細胞ガンの90%は、ウイルスの感染が原因ですが、それが減少傾向にありここでは省略します。ここで問題は、肝炎ウイルス感染やアルコール常習などの慢性肝炎の原...
  • ごっとさんのブログごっとさんのブログさんのプロフィール
スィートレモンさん
  • 適齢期は今! Think around 50 〜2018年12月〜
  • 入院になるかもしれないので総合病院に来て欲しいとのことでした。そして原因は わからないものの吐き気と、ある数値が異常に高いので深夜に入院になりました。もう これでこんなことは 何度目だろうか?父が急性胆管結石で、深夜に入院したこともあります。自分でも狼狽えずに 淡々と 必要書類にサインしていました。場慣れというのでしょうか。母の入院は、命に関わるリスクは少ないこと。それだけで、私には安心材料です。同年...
  • 子育て応援カラーセラピスト スィートレモンスィートレモンさんのプロフィール
LIFE4EVERさん
  • 治療だけが闘病ではない
  • 熱や痛み、そしてさまざまな苦しみをもたらします。これらへの対応は闘病の基本と言えます。闘病2 - 合併症などとの闘い癌はさまざまな合併症を引き起こします。私の場合は肺血栓塞栓症です。ステントが詰まると胆管炎に苦しみます。それらへの対応として服薬すると、更なる副作用を起こすことがあります。これらとも闘わなければなりません。闘病3 - 衰弱(フレイル)との闘い抗癌剤の蓄積毒性やその他の薬の副作用で諸臓器の...
  • 「すい臓がん、余命一年」を生き抜いていますLIFE4EVERさんのプロフィール
ぷんさん
  • 再発後2年9ヶ月?キイトルーダ/マイクロサテライト不安定性試験(MSI)
  • かの相談相手を誰にするか?なかなか課題の多そうな検査だし、これからの医療は更に遺伝の問題が増えていきそうですね。そして検体のことこの検査では病理組織が必要とあって、手術をしている私は問題無いんだけど、胆管癌は手術していない人も多い癌種。血液だけで出来る検査方法が増えていって欲しいですね。検査方法も遺伝の問題もいつかはクリアになっていく日が来ると信じて過ごしていきたいです...
  • 胆管癌〜再発〜開き直って楽しく生きるか☆ぷんさんのプロフィール
kawanishiさん
  • 日御碕灯台と鰐淵寺から宍道湖みながら松江城見て米子へ
  • り 侮っていました出雲大社 2018.11.30マヴィレット製造承認 パンジェノ型リバビリンフ...肝臓クリニックニュース20号12月号糖尿病は砂糖で治す! えーって思った方是非読ん...原発性胆汁性胆管炎(PBC)の方のかゆみにいい薬かも肝臓病の血液検査の見方 2017.10.27録画版アーシング体験談 2018.2.21追記エプクルサ(ソフォスブビルとベルバタスビル)C型...ちょっとの運動でも健...
  • 肝臓病と共に生きる人たちを応援しますkawanishiさんのプロフィール
BIRD READERさん
  • 稀代のストーリーテラーは、最期まで書くことを諦めなかった。「転移 (朝日文庫)」
  • まい。そんな僕でも、「魔界水滸伝」は楽しんだものだ。ファンタジー、伝奇小説、推理小説等々、様々なジャンルでの活躍ぶりは、まさしく「書くことが生きること」という感であった。その栗本氏がすい臓ガン(当初は胆管ガンと思っていた)に罹り、手術により摘出、退院するまでの日々を綴ったのが前著「ガン病棟のピーターラビット (ポプラ文庫)」(レビューはこちら)である。同書では割と死に対して達観しているような感もあった...
  • ちょっとヨクナレ 〜読書と日記〜BIRD READERさんのプロフィール

胆管を含むブログ村メンバー

  •  
くどうあゆさん
ゆみこさん
いちこさん
faredodgerさん
North Windさん