連続適時打

連続適時打についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [連続適時打] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

連続適時打を含むブログ記事

たかはしさん
  • 大阪桐蔭・中川卓也主将「本物の最強チームが完成した」
  • 打を放った。 春夏連覇の中心選手として投打に輝いた18歳が言う。「チームメートの力が、自分だけでは経験できない財産を 与えてくれた」。追加点が欲しい七回は、宮崎仁斗、青地斗舞の1・2番コンビが連続適時打を放ち、3得点。 横川凱、森本昂佑、柿木蓮とつないでリードを守り、今年の公式戦を負け無しで終えた。 昨秋の新チーム発足後の通算成績は41勝1敗。主将の中川卓也はしみじみと振り返った。「勝ちたい...
  • なんJ 高校野球まとめ速報たかはしさんのプロフィール
my5872さん
  • 大阪桐蔭・中川卓也主将「きょう勝って、本物の最強チームが完成した」
  • 二塁打を放った。 春夏連覇の中心選手として投打に輝いた18歳が言う。「チームメートの力が、自分だけでは経験できない財産を与えてくれた」。追加点が欲しい七回は、宮崎仁斗、青地斗舞の1・2番コンビが連続適時打を放ち、3得点。 横川凱、森本昂佑、柿木蓮とつないでリードを守り、今年の公式戦を負け無しで終えた。 昨秋の新チーム発足後の通算成績は41勝1敗。主将の中川卓也はしみじみと振り返った。「勝ちたい...
  • 阪神タイガースちゃんねるmy5872さんのプロフィール
K.Oさん
  • 先週のカープ、今週のカープ〜'18.10.1。
  • トへ同点タイムリースリーベース 広3-3De▽9/26(水)(23回戦 C18-5 マツダ)○広島 10 - 0 ヤクルト 広島が球団史上初のリーグ3連覇を果たした。広島は初回、松山、野間、會澤の3者連続適時打などで一挙5点を先制する。その後は5回裏に、野間の適時打、7回には田中と丸の適時打が飛び出すなど、着実に追加点を挙げた。投げては、先発・九里が8回2安打無失点の快投で今季8勝目。敗れたヤクルトは、投打...
  • K.Oのカープ・ブログ。K.Oさんのプロフィール
K.Oさん
  • 巨人23回戦(東京ドーム)。
  • 刊スポーツ<巨人7−8広島>◇29日◇東京ドーム 巨人は1回に坂本勇の先頭打者弾で先制。広島は3回に鈴木の適時打などで2点を奪うも、巨人田中俊が再逆転の2ランを放つ。 広島は5回に野間、小窪、石原の3連続適時打などで5点を奪い、逆転。巨人は6回、長野の二ゴロの間に1点を返した。 巨人は7回に坂本勇の看板直撃弾などで同点とするも、広島は9回に西川の適時打で勝ち越した。7回途中から登板した永川が2勝目。巨人は同...
  • K.Oのカープ・ブログ。K.Oさんのプロフィール
たいがーすさん
ドリヨシさん
  • 23回戦@東京ドーム 広島8−7読売 打撃戦制す!西川選手決勝タイムリー!
  • 影・狩俣裕三)<巨人7−8広島>◇29日◇東京ドーム巨人は1回に坂本勇の先頭打者弾で先制。広島は3回に鈴木の適時打などで2点を奪うも、巨人田中俊が再逆転の2ランを放つ。広島は5回に野間、小窪、石原の3連続適時打などで5点を奪い、逆転。巨人は6回、長野の二ゴロの間に1点を返した。巨人は7回に坂本勇の看板直撃弾などで同点とするも、広島は9回に西川の適時打で勝ち越した。7回途中から登板した永川が2勝目。巨人は同点...
  • 真っ赤なドリヨシドリヨシさんのプロフィール
かーぷぶーんさん
アンテナマスターさん
  • 巨人、12年ぶりのシーズン負け越し 広島戦4連敗、再びDeNAと同率3位
  • ピンチを招き、マウンドを2番手・アダメスに譲った。だが、右腕は4番鈴木に押し出し四球を与え同点。さらに、代打・西川のニゴロの間に勝ち越しを許した。 アダメスはその後も、6番野間、7番小窪、8番石原に3連続適時打を浴び降板。結局アウトを1つしか奪えず、巨人はこの回だけで5点を奪われた。 それでも4−7で迎えた7回、坂本のこの試合2発目となる17号2ランで1点差。さらに5番阿部の左前適時打で7−7の同点とした。...
  • おすすめまとめアンテナアンテナマスターさんのプロフィール
K.Oさん
  • ヤクルト25回戦(マツダ)。
  • 。☆主力が働かない時は、みんなでつなげる。カープらしい勝ち方ができたと思います。◇セ・リーグ▽中日 4 - 3 阪神 (22回戦 D13-9 ナゴヤドーム) 中日は2点を追う5回裏、アルモンテと高橋の連続適時打で同点とする。続く6回には、無死二塁から平田が適時打を放ち、勝ち越しに成功した。投げては、4番手・岡田が2年ぶりの白星。最後は7番手・岩瀬が締めて、NPB史上初の通算1000試合登板を達成した。敗れた...
  • K.Oのカープ・ブログ。K.Oさんのプロフィール
CARP BOYによる「広島カープ 情報発信局」さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

連続適時打について