ホモ・サピエンス

ホモ・サピエンスについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ホモ・サピエンス] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ホモ・サピエンスを含むブログ記事

リックドムさん
  • 人類進化700万年の物語
  • 安定するようになり、脳が肥大化。他種より複雑な思考が可能になり、高度な集団生活、武器や火を使う等、それまでの他種にはなかった進化を遂げ、地球上のほぼ全ての場所に広がっていった。 現在のヒトは、私達、「ホモ・サピエンス」という単一の種。黄色人種も白人も黒人もみんな同じ種ということらしい。 過去には、私達ホモ・サピエンスとは違うヒトの種が20種くらいいて、全て滅んだ(ヒトの定義は直立2足歩行する猿ということらしい)。...
  • レトロゲーマー・リックドムの日記リックドムさんのプロフィール
ひろた歯科通信さん
  • 『ペニシリン発見から90年。フレミング博士は耐性菌出現を予見していた!』
  • リン」の発見から90年! 発見者フレミングは「薬剤耐性菌」の出現を予見 フレミングによって「ペニシリン」が発見されてから90年(写真はwikipediaより) 人類が生誕したのはいつか? 現生人類(ホモ・サピエンス)の先祖に当たる猿人から原人に進化したのは、およそ300万年前だ。以来、絶え間なく続いてきた人類と病原菌との苦闘。夥しい人命を奪ったペスト、チフス、コレラ、スペイン風邪、肺炎、梅毒、敗血症、破傷風など...
  • ひろた歯科通信ひろた歯科通信さんのプロフィール
人類の起源さん
  • 人類は、共認力・追求力で生き延びてきた
  • 人類が弱者でありながら奇跡的に生き延びることができたのも、ホモ・サピエンスがネアンデルタール人より優っていた点も、「共認機能→探求(追求)機能→観念機能」であることが明らかになってきている。脳サイズより社会性が要因か?!リンク -----------------------...
  • 人類の起源を探る人類の起源さんのプロフィール
SBR         さん
  • ◆科学技術<テレビ番組情報>◆NHK「サイエンスZERO」/BSフジ「ガリレオX」/BS朝日「WILD NATURE 地球大紀行」他
  • 組情報>NHK-BSプレミアムコズミックフロント☆NEXT 毎週木曜日 午後10時00分〜11時00分再放送 翌週水曜日 午後11時45分〜0時44分6月21日(木) シリーズ“地球 謎の大絶滅史” ホモ・サピエンスと同じように、強じんな体と大きな脳を持っていたネアンデルタール人。いったいなぜ、彼らは絶滅してしまったのか?その謎を解いていくと、意外な結末が待っていた。そして私たちのDNA分析から、ネアンデルタール...
  • “科学技術書”読書室?SBR?          SBR         さんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 小麦と人間
  • ユヴァル・ノア・ハラリ氏は『サピエンス全史』の中で、小麦の立場で農業革命について少し考えてみいて欲しいと読者に呼び掛けています。小麦は、ハラリ氏曰くホモ・サピエンスを家畜にした"犯人"の一つです。(参照記事=>「農業革命は、人類史上最大の詐欺だったのか?」)===以下、『サピエンス全史』より文章引用して書いています===●1万年前の小麦は、ただの野生の草にすぎず...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
coccolithさん
  • 6月17日ー6月20日のテレビ番組情報
  • K総合 クローズアップ現代+「」。22:00−22:50 BS1 国際報道2018 特集「」。22:00−23:00 BSプレミアム コズミック フロント☆NEXT「シリーズ“地球 謎の大絶滅史”」。ホモ・サピエンスと同じように、強じんな体と大きな脳を持っていたネアンデルタール人。いったいなぜ、彼らは絶滅してしまったのか?その謎を解いていくと、意外な結末が待っていた!そして私たちのDNA分析から、ネアンデルタール...
  • COCCOLITH EARTH WATCH REPORTcoccolithさんのプロフィール
なみ たかしさん
  • 「強い力」の大きさは?陽子内部の圧力を測定、中心部は中性子星よりも高圧10の35乗Pa
  • |トップ |このブログの人気記事地面にソーラーパネル、駐車場に敷き詰めたコンビ...第62回ノーベル生理学医学賞 ワトソンとクリック「...「夏かぜ」流行 ヘルパンギーナ・手足口病・プー...発見!ホモ・サピエンスにわずか数%のネアンデル...世界一高い場所にある地層「イエローバンド」とは...最近の画像[もっと見る]「強い力」の大きさは?陽子内部の圧力を測定、中心部は中性子星よりも高圧10の35乗Pa4分前地...
  • Yes,We Love Science!なみ たかしさんのプロフィール
cap-hiroさん
  • 「霊魂論」神秘学87
  • ホーム過去の記事新しい記事新着記事上に戻る2018年06月16日「霊魂論」神秘学87カテゴリ:夢有無有「霊魂論」神秘学87 人間個々の生命体系の中には、其々に、32億年を越える生命の歴史の記憶があり、ホモ・サピエンスと成ってからは善悪の行為から生ずるカルマ(karma)、乃至、解釈的には「「業(ごう)」、即ち、善悪の行為から生ずる輪廻転生に応じたそれぞれの「業」が刻印されているとしても差し支えないし、血脈に応じた...
  • Tough Boy-World of cap_hirocap-hiroさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 農業革命は、人類史上最大の詐欺だったのか?
  • かしかなかった。現代の知識・環境・技術を持ってすればもっと多くの動植物種が現代まで姿を見せていたかもしれないが、その罪を祖先たちに押し付けるのは難しい。祖先たちは、それらの動植物を狩猟採集し、今日へとホモ・サピエンスの血を繋いでくれたのだから。と言うわけで、中東や支那や中央アメリカといった特定地域に生息していた動植物を活用し、サピエンスは農業革命を起こしたわけです。===以下、ユヴァル・ノア・ハラリ氏著の『サピエ...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
comingsuさん
  • 「しっかしあっちぃ〜ニャ」の巻
  • に植え付けていったんだ」ジェット「その集合体があんた達、いニャ・・俺たち、キャッツセインツだニャ」にや(不敵に笑いながら手に握る毒矢の矢じりを向ける)レオ「ダミアンは、ニャン=ジュストが領外で横行するホモ・サピエンス共の殲滅や、領内を恐怖政治で抑圧している間に、マイノリティである猫民の手を汚すこと無く、内から基盤を固めることで、ニャン=ジュストの目を欺くことに成功した。まったく大した奴だよ」ジェット「ニャン=ジュ...
  • あたちのモンハン日記comingsuさんのプロフィール

ホモ・サピエンスを含むブログ村メンバー

  •  
NEOさん
mitakashomonさん
マイクソジャンクションさん
うり坊&ソラ&ハナさん
パソ吉さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

ホモ・サピエンスについて