応仁の乱

応仁の乱についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [応仁の乱] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

応仁の乱を含むブログ記事

ufitさん
しずおかkさん
harimamonoさん
  • 第5話「魔物は幻覚ですが」
  • 尾畑 雁多著者メッセージはじめまして、播磨陰陽師の尾畑雁多《おばた・かりんど》です。 陰陽師には京都系統の「都《みやこ》陰陽師」と、播磨の国の「播磨陰陽師」の二種類の系統があります。  播磨陰陽師は、応仁の乱の時に京の都から播磨に戻った陰陽師達の子孫のことですが、播磨の国はもともとの陰陽師達のふるさとでした。 播磨陰陽師には、夢に関してや、武術のことなど様々な伝承を持ちますが、今回はその中から「不幸のすべ...
  • 播磨陰陽師☆雑記(一部有料)harimamonoさんのプロフィール
中学受験のゴッドマザーさん
  • 【社会】ちょっと言葉を意識して
  • 役は他国との戦争の中でも近隣の戦争に対して使われます文永・弘安の役、文禄・慶長の役、前九年・後三年の役など 乱は政権に対する武力の反抗に使われます保元の乱、平治の乱、大塩平八郎の乱壬申の乱、承久の乱、応仁の乱など 変は政治的な陰謀で政権担当者側が不意に襲われたときに使われます本能寺の変、桜田門外の変など 言葉のことなので例外はたくさんあると思います政府がそう呼んだらそうなるみたいですし でもこんな風にちょ...
  • ゴッドマザー日記中学受験のゴッドマザーさんのプロフィール
風紋さん
  • 【佐藤優】文化は操作可能な道具か
  • まったく理解できない/数学者が説く「シンギュラリティ」の不可能」「【佐藤優】トップリーダーの孤独、紛争地域や犯罪組織への武器拡散、精神科医と諜報工作員の共通点」「【佐藤優】混乱する現代との類似性 〜『応仁の乱』〜」「【佐藤優】自死した保守派論客の思想の根源 〜『保守の真髄』〜」「【佐藤優】「当事者にとって」と「学理的反省者として」の二重の視座 〜『世界の共同主観的存在構造』〜」「【佐藤優】テロ対策に関する...
  • 語られる言葉の河へ風紋さんのプロフィール
harimamonoさん
  • 第5話「ヤギの思い出」
  • 尾畑 雁多著者メッセージはじめまして、播磨陰陽師の尾畑雁多《おばた・かりんど》です。 陰陽師には京都系統の「都《みやこ》陰陽師」と、播磨の国の「播磨陰陽師」の二種類の系統があります。  播磨陰陽師は、応仁の乱の時に京の都から播磨に戻った陰陽師達の子孫のことですが、播磨の国はもともとの陰陽師達のふるさとでした。 播磨陰陽師には、夢に関してや、武術のことなど様々な伝承を持ちますが、今回はその中から「不幸のすべ...
  • 播磨陰陽師☆雑記(一部有料)harimamonoさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • 怪説・応仁の乱(19)〜明徳の乱・下〜
  • は、全11ヶ国を領したうちのたった3ヶ国に減らされたことになり、内紛は身を滅ぼすそのままの結果となった。が、3ヶ国も残して貰えたと考えるべきかもしれない。それによって、応永の乱以降に復活の狼煙を上げ、応仁の乱の一方の主役を生む。...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
ColdSnapさん
  • 戦国の合戦 (学研新書)
  • 信長の臣下の一人が書き残した決定的に重要な記録。「信長公記 (角川文庫―名著コレクション) 」著:太田 牛一 太田牛一の「信長公記」の写本版です。中古商品…2018-08-16ただただ不毛で不条理。「応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 」著:呉座 勇一 「これだけ大規模で長期にわたる戦乱なのに、大…2018-08-15決定版太平洋戦争?日本降伏 天皇・陸海軍・米ソそれぞれの戦い (歴史群像シリーズ)著:片...
  • 密林の図書室ColdSnapさんのプロフィール
マリーゴールドさん
  • 読書感想243  黎明に起つ
  • ではなっている。伊豆にいた堀越公方の足利茶々丸を攻めたのは足利幕府の管領細川政元や将軍足利義澄と連携した作戦だったこと。また享年は64歳で通説の88歳ではないこと。この小説の中では下克上がすさまじい。応仁の乱で子供時代に実兄と一騎打ちになり殺してしまうことから始まる。そして関東に下ってからは連携していた細川政元や足利義澄が目先の利害のために伊勢宗瑞を裏切ったことから、生き残るために宗瑞も彼らと袂をわかって...
  • 『そぞろ歩き韓国』から『四季折々』にマリーゴールドさんのプロフィール
みぞかつさん
  • 京都府 晴明神社
  • に、晴明公の屋敷跡である現在の場所に社殿が設けられました。古い資料によれば、創建当時の晴明神社は、東は堀川通、西は黒門通、北は元誓願寺通、南は中立売通という広大なものであったとされています。ところが、応仁の乱の後、豊臣秀吉による都の造営や度重なる戦火によって、その規模は縮小。古書、宝物なども散逸し、社殿も荒れたままの時代が続きました。その後、式年祭の度に、氏子が中心となって整備・改修が行われ、昭和25(1...
  • みぞかつのぶらり散歩みぞかつさんのプロフィール

応仁の乱を含むトラコミュ

足利義政
  • 足利義政
  • 室町幕府の第8代将軍。6代将軍義教の子。1449年に将軍職をつぎ,初めは政治に力を入れたが,のちには夫人の日野富子や側近に政治をまかせてしまった。そのころ,京都...
  • トラックバック数:17 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

応仁の乱を含むブログ村メンバー

  •  
酔雲さん
応仁の乱以降の畿内史さん
武蔵守俊之さん
なりきり侍さん
孫子を極めし者さん
  • 応仁の乱(百年の乱世)孫子を極めし者さんのプロフィール
  • 戦国時代・三国志などの古代乱世に興味をもっています。

応仁の乱を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

応仁の乱について