応仁の乱

応仁の乱についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [応仁の乱] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

応仁の乱を含むブログ記事

媛うさぎ☆さん
  • 【京都】二尊院で新たにいただけるステキな【限定御朱印】
  • 覚大師)が 建立したと伝わる  天台宗の寺院。     正式名称小倉山二尊教院華台寺。     御本尊に釈迦如来、阿弥陀如来の    二尊を お祀りしているので   『二尊院』 と言われています。  応仁の乱の兵火で諸堂が全焼 1521年、三条西実隆が諸国に寄付を求めて再建。    2016年約350年振りの平成の 大改修が完了しました。   本堂の裏にあります 【地獄道】 【飢餓道】 【畜生道】 【修羅...
  • Destiny 〜癒しの御朱印巡り〜媛うさぎ☆さんのプロフィール
ときどりの鳴く 喫茶店さん
  • 「築山城」 黒山自然公園4
  • 集団に没落したと思われます。以後、江戸時代に家康の庇護を得て、伽藍等を再建して今日に至るわけで・・・。庇護のご朱印状発行は「関東郡代頭・伊奈熊蔵忠次」か、と思われます。太田道灌時代の政治的背景描写・・応仁の乱から少し経った頃・・関東の政治の中心・鎌倉も動乱に巻き込まれていった。その頃より少し前まで、関東の政治は、京都発信の政治とは区分けして、関東を司っていた「関東管領」は、独占的に山内上杉家、扇谷上杉家、...
  • ときどりの鳴く 喫茶店ときどりの鳴く 喫茶店さんのプロフィール
もりのくまさん
  • 阿育王山 石塔寺(いしどうじ)(滋賀県東近江市)
  • 名前のとおり石塔が沢山あるお寺諸学説に依れば、一番大きな「阿育王塔」は推定飛鳥時代建立と云われ、日本最古の塔であることは定説だそうだ。応仁の乱、織田信長の焼き討ちに遭い伽藍文献等を焼失し詳細は不明。...
  • くるま旅でぶらり日本めぐりもりのくまさんのプロフィール
柳居子徒然さん
  • 不参加の『京都の会』
  • ては宵宮とは言わず?宵山?と言います。この事一事でも宵宮と名付ける事を控えたとみるべきか 神社から指示が有ったのか 其の辺りはよく判りません。  山鉾巡行の担い手 主役も時代と共に変わって来ています。応仁の乱以前は、位は高くないが公家・公卿に仕える『雑色(ぞうしき)』と呼ばれる実力者の四人が、覇を競うような形で祭りを盛り上げていました、乱後や維新後の復興は町衆と言われる人々の努力の結果だと思います。過去に...
  • 柳居子徒然柳居子徒然さんのプロフィール
京都ぶらり女の1人旅さん
  • 京都 隠れ青モミジの日向大神宮
  • 策・四季折々・観光祭他京都 隠れ青モミジの日向大神宮2018年07月13日 10時10分40秒 |京都ぶらり女の1人旅日向大神宮は、清和天皇の勅願によって天照大神を粟田山に勧請したことに始まり、その後応仁の乱で焼亡したが、寛永年間(1624-44)に伊勢人野呂左衛門尉源宗光が再興したと伝える。境内の再奥に南面して建つ内宮本殿は桁行正面1間、背面2間、梁行2間の神明造の建物である。両脇に棟持柱を建て、屋根の...
  • 京都ぶらり女の1人旅京都ぶらり女の1人旅さんのプロフィール
ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro theさん
  • 山鉾の準備が進み、13日は山鉾の曳初。「函谷鉾」に上がり、お囃子を楽しむ夜
  • は、興味津々。山鉾が並ぶ町では、町家を一般公開する「屏風飾り」の準備も進みます。  夕暮れ迫る京都には、祇園囃子が響きます。 「どこだろ?」 祇園囃子は、「函谷鉾」から聞こえてきます。この鉾の起源は、応仁の乱以前で、「長刀鉾」の次に続き2番目に巡行する「くじ取らず」の鉾です。 「あの〜鉾の上に行けますか?」とミモロ。「はい、どうぞ1000円です」といわれ、 「鉾にすぐに上がれるって珍しいから、行こうよ!」...
  • ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro theネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro theさんのプロフィール
山陽沿線歴史部さん
  • 塚口御坊を訪ねて(前編)
  • 空間があり、祠が建っていました。こちらは南町門跡の祠です。さて「門」とは一体何のことなのか?現在は住宅地となっている塚口ですが、かつてここは「塚口寺内」と呼ばれ、「塚口御坊」を中心とした寺内町でした。応仁の乱の際は土塁を築いて城郭のような姿に整えられ、実際、天正6(1578)年に荒木村重が織田信長に対して謀反を起こしたことに始まった有岡城の戦いでは、この塚口寺内は伊丹の有岡城の出城として使われたそうです。...
  • せっつ・はりま歴史さんぽ山陽沿線歴史部さんのプロフィール
sachiさん
  • 徳川家康 山岡荘八
  • いあらゆる条件をそなえた戦国社会の中で、声をからして画餅の平和を求めているにすぎないと。 ……私は徳川家康という一人の人間を掘り下げてゆくことよりも、いったい彼と、彼をとり巻く周囲の流れの中の、何が、応仁の乱以来の戦乱に終止符をうたしめたかを大衆とともに考え、ともに探ってみたかった。 ……戦いのない世界を作るためにはまず文明が改められなくてはならず、文明が改められるには、その背骨となるべき哲学の誕生がなけ...
  • 青い空sachiさんのプロフィール
なまさやさん
  • 友呂岐神社(大阪府・寝屋川市・香里本通町)
  • 治める立派な王という古語です。友呂岐神社西鳥居(香里丘陵の登り)室町時代の康正2年(1457)、後土門天皇が北ノ小路新邸を当地に造営し、その鎮護神として祀られた八幡宮が当社の初めての記録です。その後、応仁の乱、畠山義就と畠山政長による争いで、その八幡宮の社殿は焼失しました。天正五年(1576)には社殿を再建し、この地区の氏神として信仰されてきました。友呂岐神社の東鳥居明治43年には、近隣の三井神社・田井神...
  • エナガ先生の講義メモなまさやさんのプロフィール
ショコラ425さん
  • 2020年のNHK大河、明智光秀が主人公、長谷川博己さん主演「麒麟がくる」
  • れそうな戦国時代に戻るようです(^^;)タイトルにある「麒麟」は、空想上の獣ですが、「麒麟」について、制作側は「王が仁のある政治を行うときに必ず現れるという聖なる獣」と説明。 光秀が生きた時代には、「応仁の乱後の荒廃した世の中を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか、そして、麒麟はいつ、来るのか?」と、麒麟の出現が待ち望まれる時代であったとのこと。 光秀の前半生は資料がほとんど残...
  • ショコラの日記帳・別館ショコラ425さんのプロフィール

応仁の乱を含むトラコミュ

足利義政
  • 足利義政
  • 室町幕府の第8代将軍。6代将軍義教の子。1449年に将軍職をつぎ,初めは政治に力を入れたが,のちには夫人の日野富子や側近に政治をまかせてしまった。そのころ,京都...
  • トラックバック数:17 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

応仁の乱を含むブログ村メンバー

  •  
酔雲さん
応仁の乱以降の畿内史さん
武蔵守俊之さん
なりきり侍さん
孫子を極めし者さん
  • 応仁の乱(百年の乱世)孫子を極めし者さんのプロフィール
  • 戦国時代・三国志などの古代乱世に興味をもっています。

応仁の乱を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

応仁の乱について