町奉行

町奉行についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [町奉行] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

町奉行を含むブログ記事

琉次郎さん
  • 遠山の金さんの実像
  •  天保十二(1841)年八月十八日、江戸城内の吹上で三奉行(※1)による公事上聴(※2)が行われました。この時、北町奉行であった遠山(の金さん)が担当した裁判は、奉行所の編纂した記録(※3)によれば、  ・養子対談違変出入 ・弟子身分引渡出入 という二件の公事出入(民事裁判)でした。 その二日後(※4)、将軍家慶から遠...
  • 江戸雑記録琉次郎さんのプロフィール
かぶまくらさん
  • 尋常じゃない株高を見つめてから、鬼平犯科帳をめくる
  • 以来、池波正太郎の大ファンだ。 鬼平犯科帳は、江戸幕府の役所である火付盗賊改方の長官、長谷川平蔵の活躍を描いた作品だ。 火付盗賊改方とは、文字通り盗賊や放火犯などの凶悪犯罪を取り締まる組織で、町奉行所では対処しきれないような犯罪を主に担当していた。 そのため、凶悪犯と遭遇した時は、抵抗するようであればその場で斬り捨てたりもする等、かなり手荒い事件処理も許されていた。 現代の日本では中々考えられな...
  • 米国株を枕に夢を見るかぶまくらさんのプロフィール
きねこさん
  • おやつをいっぱい食べたのぢゃ
  • ルコールもセットできますよ。両奉行は、たくさん遊んだごほうびにスタッフーからおやつをもらいました。リノンちゃんの上目使いがかわいい!代わりばんこぢゃ。シンクロ目線。シンクロ舌ベロ。楽しい1日でした。北町奉行所のみなさんありがとうございました〜。んじゃあ、明日もへのかっぱで行こう♪人気ブログランキングに参加中! ↓   ↓   ↓ ↑   ↑   ↑1日1クリック、ありがとうなのぢゃ〜。☆ 釣りが趣味のス...
  • 最強へのかっぱ伝説きねこさんのプロフィール
夢見さん
  • 辻堂魁著「遠雷 風の市兵衛13」 (祥伝社文庫)
  • や観た映画やドラマの感想も入りますほぼ身辺雑記です辻堂魁著「遠雷 風の市兵衛13」 (祥伝社文庫)2018-09-21 22:22:03 |本と雑誌遠雷 風の市兵衛 (祥伝社文庫)辻堂 魁祥伝社元京都町奉行の垣谷貢の息子で6歳の勝之助がさらわれ三千両の身代金が必要になる事情も深くは知らされぬまま 矢藤太に乞われて垣谷の屋敷に向かった唐木市兵衛貢の後添えとなり攫われた勝之助の母なる女性は 京で市兵衛が仕え...
  • 夢見るババアの雑談室夢見さんのプロフィール
yukemuriのブログさん
  • 江戸を見れば 115  時代の変化に対応できず
  • である。 頭取死罪、名主重き追放、組頭田畑取上所払、総百姓村高に応じ過料 と、厳しいものであったが、厳密に守られなかったために一揆は減るどころかふえるいっぽうであった。 普請奉行であった大岡忠相を江戸町奉行に任用したのがこの年である。忠相があの吉川英治の小説で有名になった大岡越前守の初代である。参考=町奉行(まちぶぎょう)とは江戸時代の職名で、領内の都市部(町方)の行政・司法を担当する役職。強訴=為政者...
  • yukemuriのブログyukemuriのブログさんのプロフィール
wellersさん
  • 太刀「今村兼光」が県に寄贈された
  • 南北朝期の備前長船の刀工・兼光の太刀が高知県に寄贈された。この太刀、大岡越前として有名な江戸町奉行・大岡忠相が所有していたと伝えられている名刀で、明治期に刀鑑定の大御所・今村長賀が土佐山内家に献上した一振とのこと。なので「今村兼光」と呼ばれているらしい。寄贈された高知城歴史博物館では、今村兼光のほ...
  • 高知ポタリング・ビール日記wellersさんのプロフィール
赤ひげのこころさん
  • 三春藩士時代の 菅家関連資料 ? 田村乃小史(家中本席)
  • 本席御城代 御大老四百石 細川 孫太郎〜百五十石 諸奉行。御譜代席七百石 秋田 調〜百五十石 湊 潤蔵まで4人一代席十五人扶持 荒木 規〜二百五十石 大浦恵蔵まで18名に続いて御留守居元〆 郡代上席 町奉行 大目付 作業奉行郡奉行 とあり一代上席二百五十石 赤松主馬〜十三人扶持 上田挑安までの氏名が記されている。一代上席の37番目に第7代当主菅 甚五の名が記されている。最後に 以上百四十四人 と記されて...
  • 赤ひげのこころ赤ひげのこころさんのプロフィール
Bigbossmanさん
  • 江戸の隠居パワー
  • 自分が書いた「腹八分目」などの訓戒をしっかり守っていたんでしょうね。貝原益軒また、彼ら隠居は、年取っても子どもの世話になることを潔しとしませんでした。『翁草』という、200巻を超える膨大な随筆を、京都町奉行所を引退してから書いた神沢杜口という人は、89歳まで生きましたが、子どもたちと同居することはせず、雑踏の中でひとり暮らすのを楽しみました。さてさて、年金の支払いが基本65歳からとなり、その分、再雇用や...
  • 怖い話しますBigbossmanさんのプロフィール
花梨さん
  • 9月19日ゴールデンカムイ15巻・ブンゴ15巻・かぐや様は告らせたい11巻【kindle電子書籍・新刊情報】
  • 6巻・堕天作戦4巻・血と灰の女王5 巻・俺の家が魔力スポットだった件 〜住んでいるだけで世界最強〜 1巻・ボクらは魔法少年 1 巻・ウサギ目社畜科 2巻・ペルソナ5・4巻・死神!タヒーちゃん 3 巻・町奉行内与力奮闘記七 外患の兆・夢喰いメリー 20巻・ネットで「女性」に売る2 「欲しい」を「即買い!」につなげるホームページの基本原則・死神刑事など他多数▼今日の新刊情報を全部見るにはこちらからkindl...
  • 花と梨花梨さんのプロフィール
アンテナマスターさん
  • 【誠】新撰組って善か悪かよくわからん連中みたいだな
  • 察活動に従事したのち、旧幕府軍の一員として戊辰戦争を戦った武装組織である。幕末の京都は政治の中心地であり、諸藩から尊王攘夷・倒幕運動の志士が集まり、従来から京都の治安維持にあたっていた京都所司代と京都町奉行だけでは防ぎきれないと判断した幕府は、清河八郎による献策で浪士組の結成を企図。江戸で求人した後、京に移動した。しかし清河の演説でその本意(後述)を知った、近藤勇や芹沢鴨らが反発、京都守護職の会津藩主、...
  • おすすめまとめアンテナアンテナマスターさんのプロフィール

町奉行を含むトラコミュ

板倉勝重
  • 板倉勝重
  • 板倉好重の子。徳川家譜代大名。江戸町奉行、京都所司代など歴任。徳川二十八神将の一人。京都所司代時代は、京都の治安維持、朝廷工作、豊臣家の監視に当たる。方広寺鐘銘...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

町奉行を含むブログ村メンバー

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

町奉行について