国民年金法

国民年金法についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [国民年金法] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

国民年金法を含むブログ記事

時間の達人さん
  • 【社労士】2月〜3月から始めて半年で合格するための勉強方法
  • 進捗としては、次の通りです。()内は科目の分量を示しています。【2月】労働基準法(中)、労働安全衛生法(小)、労災保険法(中)【3月】雇用保険法(中)、労働保険料徴収法(小)、健康保険法(大)【4月】国民年金法(大)、厚生年金保険法(大)、社会保険一般常識(小)、労働一般常識(小)GW前に完了するのが理想、押している場合はGW中に完了させましょう。次は5月・6月です。5月・6月→2巡目【学習プラン】 ・全科...
  • 時間の達人ブログ 社労士時間の達人さんのプロフィール
西村 治彦さん
  • 鎌スタ!
  • 軍の試合で活躍できる選手はわずかな厳しい世界です。私も日々の仕事で活躍できるように努力を怠らないようにとあらためて気を引き締めました。    銀座事務所 野島知宏□■□■□■今日の問題■□■□■□ 〜国民年金法からの問題〜 〇か×かでお答え下さい。問. 第3号被保険者に係る資格の取得等の届出が遅滞した場合には、原則として、当該届出が行われた日の属する月の前月までの2年間のうちにある第3号被保険者としての被保...
  • 西村社会保険労務士事務所だより西村 治彦さんのプロフィール
ななしの産能短大通信生さん
富山市の“文教系”社会保険労務士 河西 輝久さん
  • 追いかける学習と振り返る学習
  • 試に学習時間が割かれる日や、仕事の都合などで学習のできない日などを考慮しますと、1科目に充てられるのはせいぜいで10日でしょう。 GW前からの4か月間で、1科目を10日間で仕上げることはできますか? 国民年金法と厚生年金保険法を併せて20日間だけで7割の得点ができるようになりますか? このように考えると、直前期に入ってからの学習のみに過大な期待をすることは、物理的に望めないことがわかります。 予備校等の進...
  • 社労士試験合格をプロデュース!富山市の“文教系”社会保険労務士 河西 輝久さんのプロフィール
たかりん。7さん
  • (2368)『2368 北山特集在日コリアン弁護士協会?』解釈入れて
  • 勧告する。委員会は、さらに、締約国が次回定期報告において、市民でない者の公的生活への参画に関して、包括的で細分化されたデータを提供することを勧告する。◆国民年金制度への市民でない者によるアクセス14.国民年金法が国籍に関係なく日本に居住するすべての人びとを対象とすることに留意しつつ、委員会は、1982年の国民年金法からの国籍条項の削除および1986年の法改正により導入された年齢および居住要件が相まって、19...
  • 余命3年 私なりの解釈たかりん。7さんのプロフィール
たかりん。7さん
  • (2367)『2367 北山特集在日コリアン弁護士協会?』解釈入れて
  • に違反する。日本政府は、上記の者にも年金が支給されるよう速やかに関連法規を改正し、救済措置を講ずるべきである。II. 日本政府の報告の内容政府報告書パラグラフ121が引用する第1回・第2回報告書には、国民年金法については国籍条項がないため人種、民族等による差別はない旨の記載がある6。しかし、第1回から第6回までの報告書と同様に、在日コリアン高齢者及び同障害者が国民年金の支給対象から排除されていることについて...
  • 余命3年 私なりの解釈たかりん。7さんのプロフィール
kt01mkさん
  • 2級学科201801問題7
  • 金の遺族給付正解: 31. 適切。遺族基礎年金を受給することができる遺族は、国民年金の被保険者等の死亡の当時、その者によって生計を維持し、かつ、所定の要件を満たす「子のある配偶者」または「子」である(国民年金法第37条の2第1項)。2. 適切。寡婦年金は、国民年金の第1号被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が 10年以上ある夫が障害基礎年金または老齢基礎年金の支給を受けることなく...
  • ...というわけでkt01mkさんのプロフィール
kt01mkさん
  • 2級学科201801問題6
  • 問題6: 公的年金の老齢給付正解: 21. 適切。老齢基礎年金の受給資格期間は、平成29年8月1日に、原則25年から 10年に改正された(国民年金法第26条)。2. 不適切。65歳以降の老齢厚生年金を受給するためには、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていることのほか、厚生年金保険の被保険者期間を 1ヵ月以上有することが必要である(厚生年金保険法...
  • ...というわけでkt01mkさんのプロフィール
雑多さん
  • FP・税理士以外にも、今後目標としたい資格一覧
  • 10点)1問(5点)労務管理その他の労働に関する一般常識10問(10点)1問(5点)社会保険に関する一般常識1問(5点)健康保険法10問(10点)1問(5点)厚生年金保険法10問(10点)1問(5点)国民年金法10問(10点)1問(5点)合  計70問(70点)8問(40点) ※社会保険労務士試験オフィシャルサイトより抜粋合格基準は合格発表日まで公表されず、それぞれの試験の総得点と、科目ごとの得点によって判...
  • 資格とりたい日々BLOG雑多さんのプロフィール
西村 治彦さん
  • 上を向いて歩こう
  • 上げて、深呼吸すると、明日も頑張ろうと気力が漲ってきます。あまり小さなことに囚われず、大らかな気持ちで、忙しい時期も乗り切りたいと思います。千葉事務所 堀口 晋作□■□■□■今日の問題■□■□■□ 〜国民年金法からの問題〜 〇か×かでお答え下さい。問. 国民年金の強制加入被保険者のうち、国内居住要件が問われるのは、第1号被保険者のみである。答.○〜解説〜 法7条1項。設問の通り正しい。強制加入被保険者のうち...
  • 西村社会保険労務士事務所だより西村 治彦さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

国民年金法について