フレスコ画

フレスコ画についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • フレスコ画
  • 素人に修復されて大変なことになったスペインのフレスコ画のはなし、皆さん知っていますか?なんで、そこまで違い作品になっちゃうのかが分からないですね(+_+)でも、なんだか愛嬌があっていいかも(*^^)b何てこと発言したら怒られちゃいますかね?[フレスコ画] ブログ村キーワード ・・・続きを読む
  • ほのぼのとした感じの日記 うめ子さんうめ子さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

フレスコ画を含むブログ記事

fiorellinoさん
  • フィレンツェおすすめスポット? ちょっと休憩にアートが素敵なレストランFishing Lab
  • とても行きやすいです。そして、昼と夜の間に閉まらないので行きたい時間に休憩できます。私がオススメする理由は内装です。しかも!日本のディ◯ニーランドのように似せた内装じゃないです。2階に13世紀の本物のフレスコ画と地下にはローマ時代を経て中世の遺跡がドーンとあります。こんなフレスコ画の真横を通って席に着きます。これが上の階↑そして、こちらが地下の席↓グラスワインのメニューもおしゃれです。遺跡を真横にグラスワイ...
  • Wine Food Art! トスカーナからお届けfiorellinoさんのプロフィール
木村松峯(峯子)さん
  • 世界の名画/アンリ・マティス(10)
  • に覆う一枚の布がいかなる模倣とも無関係に繰り広げるアラベスクや純粋な色彩を展開するための口実に過ぎないのである。量感は、前景では、描かれたモチーフの曲線によって示されているだけである。室内空間は本物のフレスコ画に変貌してしまったかのようだ。窓外の風景はいかなる深みももたらしていない。ジャンル:ウェブログコメントTweet«書家・かな671/右近 |トップ |このブログの人気記事書家・かな671/...
  • 墨象家|書家|木村松峯(峯子)のブログ木村松峯(峯子)さんのプロフィール
遊民画廊さん
  • コソボ・マケドニア・アルバニア・北イタリア旅行から(6)グラツァニッツア修道院2
  • 世界遺産)。庭園内では修道女の姿が見え隠れ。入口脇の蝋燭(有料)を燃している場所にいた一見修道女擬きの女性は愛想がよかった。本物の修道女か疑わしい。隣のお土産屋の店員は近所のおばさん風だった。建物内のフレスコ画の説明は気難しいおじさん。添乗員が詳しいので、このおじさんの説明は手抜き模様。この修道院の周りは、この国では、キリスト教徒・少数民族のセルビア人の居住区。人によっては、プリシュティナとは雰囲気が違うと...
  • 遊民画廊遊民画廊さんのプロフィール
Bharatさん
iwanonさん
  • 旅も終盤 8日目 ジュブリャナ〜ブレットヘ
  • 物館 ワインセラー 中世から続く印刷所があります。ブレット城への上り坂ブレット城入口登り切ったところ博物館印刷所奥まったところが蜂蜜やさん  今日は、レジが故障で休業とか。コイン製造 金槌で打って作るフレスコ画ブレット城からブレット島を眺めるプレット〜クロアチアの首都ザグレブへ...
  • 日々の走り書きiwanonさんのプロフィール
エッグプラントさん
  • 今夜の掲載予定品です
  • no consilio (よきすすめの聖母)がモチーフのメダイです。裏側にはローマ教皇ピウス11世(在位期間1922-1939)が刻まれていますので、在位期間中に製作されたお品となります。原画となったフレスコ画(下記の画像参照)は、ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ(Gentile da Fabriano1370年頃 -1427)作と言われています。「よきすすめの聖母」への崇敬が世界中に広まるとともに、様々...
  • アンティークアクセサリーのエッグプラントエッグプラントさんのプロフィール
frieden freudeさん
  • イタリア旅 ?ヴェローナ
  • 。時代も空間も超えて今の時代でも。自分でもふと電車の窓に映った顔がそんな時ありそうな。中はとても美しい空間。あちらこちらで聖母子像。私はこの柱に描いてあったものが一番いいなと思いました。他、たくさんのフレスコ画に触れることができます。有名なのはピサネッロの傑作とされる「聖ゲオルギウスと王女」。ですが写真がうまくとれずに記憶の写真しか残ってません・・・。長くなっていたので次にまた続きます。...
  • フリーデンフロイデfrieden freudeさんのプロフィール
Hiroさん
  • イタリアの世界遺産!マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園とは?
  • 会といった数多くの教会があり、かつてはイスラム教圏から逃げ込んできた人々の信仰上重要な役割を果たしてきました。このような大きな教会以外にも、キリスト教の石窟寺院が数多くあり、その多くは1つの主祭壇と、フレスコ画があるだけの単純な洞窟を利用したものとなっています。また、数は多くありませんが広い複数の地下室を持つ教会も存在しており、当時は多くの修道士がこの地下室にこもり、瞑想などを行ったのではないかと言われてい...
  • Another WorldHiroさんのプロフィール
小山 久美子さん
  • ポメリーからのフジタのチャペルで感動!
  • 飲むとこんなにおいしいんでしょう味がフレッシュというかピュアというか、いくらでも飲めそうで怖いですその後ランス市内にあるフジタのチャペルに行きましたこのチャペルは日本人と画家レオナール・フジタが内装のフレスコ画とステンドグラスを手がけたものなんとフジタ本人の姿もあるのですよ奥様も今はお二人でこのチャペルで眠られているそうですこのフジタを支援したのがシャンパンメゾンのマム見学はしませんでしたが、ブティックにだ...
  • 南麻布の料理とワインの教室「ブリステーブル」小山 久美子さんのプロフィール
Hiroさん
  • ロシアの最も古い町!ロシアの世界遺産ノヴゴロドの文化財とその周辺地区とは?
  • です。第二次世界大戦中の西暦1941年から西暦1943年にかけてナチスドイツとソヴィエト連邦の間で行われた激しい戦いによってネレリツァ教会も破壊されてしまいました。戦後、建物は再建されましたが、当時のフレスコ画は失われてしまいました。クレムリンクレムリンというとロシアの首都モスクワのクレムリンがあまりにも有名なため、そちらを想像してしまう方が多いのですが、クレムリンという言葉は宮殿や城塞という意味で、各地に...
  • Another WorldHiroさんのプロフィール

フレスコ画を含むブログ村メンバー

  •  
emiliaさん
バスティオーニさん
shoukoさん
  • イタリアろ〜かる情報shoukoさんのプロフィール
  • フレスコ画修復の現場の様子やフレスコ画作品が見れるおすすめの場所・イタリア地方都市の見所を紹介します

にほんブログ村

>

キーワード

>

フレスコ画について