周恩来

周恩来についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [周恩来] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

周恩来を含むブログ記事

masayaさん
  • 【若者必見】これからの若者は中国企業で働くことになる!?情報についてまとめてみた
  • 円」という固定観念があったため、その2倍もくれる会社とは、いったいどんな会社だろうと興味を抱いたのだ。実はファーウェイには、母国でこの手法に成功体験があった。まだ中国国内でも無名に近かった2000年、周恩来元首相の出身校でもある天津の南開大学で、大規模な就職説明会を開き、「最低初任給4500元」をぶち上げたのだ。2000年の天津市民の平均月収は、わずか678元にすぎず、約7倍である。そのため名門・南開大...
  • info free stylemasayaさんのプロフィール
Masaさん
  • ペンス副大統領の対中演説
  • トルーマン政権になって国民党を見捨ててしまいました。 中国で共産党政権が誕生した後もアメリカはなかなか政権を認めようとはしませんでした。そのことを表すエピソードにアメリカの国務長官のダレスが国際会議で周恩来と出会ったのですが、ダレスは握手をせずに全く無視をしていたことがあります。 ここでダレスを持ち出した理由ですが、この人は敬虔なキリスト教徒であり、その外交的考えが現在のアメリカの対中外交をハドソン研究...
  • 勢力均衡Masaさんのプロフィール
勝又壽良さん
  • 米国、「副大統領演説」過去の対中宥和政策打ち切る「対決宣言」
  • 来年1月1日で、米中国交正常化から40年を迎える。当時、対米交渉の先頭に立っていた周恩来首相は、米国のキッシンジャー特別補佐官にこう語ったという。「米中が対立したら大変な事態になる」と。当時の中国は弱小国で、ソ連の軍事力に怯える存在であった。そこで、米国を味方に引入れてソ連との対抗を策し...
  • 勝又壽良のワールドビュー勝又壽良さんのプロフィール
横田紳一さん
  • 京都市の行政が行う民泊つぶしのえげつない手口
  • ついて笑って学べるという番組田中角栄氏についてのことがありました。モナリザを借りることを当時のポンピドー大統領に直談判したのは田中角栄氏なんだそうです。ちなみにパンダが日本に来た最初の交渉も彼が当時の周恩来首相と直談判したものだそうです。私は、その頃は、小学校高学年から中学で中三の冬に、ロッキード事件の証人喚問があったと記憶しています。確か、中学二年生の時の社会の先生は「田中角栄はアカン。彼が唯一したい...
  • 横田紳一公式ブログ横田紳一さんのプロフィール
別館さん
  • 「中国と創価学会の関係」カテ新設
  • を作ります。そのカテの名は「中国と創価学会の関係」です。先日は、原田会長が171人の訪中団で北京に入りました。中国との友好関係を維持する訪問でした。しかし、中国は南シナ海の略奪を進めています。明かに、周恩来の時代の中国ではありません。なのに学会はなぜ、この悪しき中国に171名の訪中団を送ったのか。なぜ、悪しき中国に......
  • 創価の森の小さな家<別館>別館さんのプロフィール
源氏川苦心さん
  • 田中角栄失脚
  • 戦争」にも勝利し、庶民派宰相として政権を握りました。当時の「角さんブーム」は、まだ子供だつたわたくしもよく覚えてゐます。実績としては、何と言つても日中国交正常化ですね。大平正芳外相らと共に北京へ飛び、周恩来・毛沢東と会談の結果、遂に中国との共同声明により、国交正常化が実現しました。同時に、中華民国(台湾)との国交は断絶したのであります。日本へ帰る機中で、田中は大平に、よく生きて帰れたなあ、と語つたさうで...
  • 源氏川苦心の快楽書肆源氏川苦心さんのプロフィール
10億店長さん

周恩来を含むトラコミュ

日中国交正常化
  • 日中国交正常化
  • 日中国交正常化(にっちゅうこっこうせいじょうか)とは1972年9月29日、「日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明」(日中共同声明)の調印式が中華人民共和国の北京で...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

周恩来について