周恩来

周恩来についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [周恩来] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

周恩来を含むブログ記事

taiseiさん
  • 人の顔
  • の顔を描く挿絵の機会があった。似顔で良いのだろうか? 引き受けて見たものの、これは厳しいものだった。似ていれば良いのか?何がどの程度、そしてその内容は、きりのない試行錯誤の連続だった。初めは毛沢東と周恩来。...
  • 佐藤泰生の世界(TAISEI SATO WORLD)taiseiさんのプロフィール
Yurinne25さん
  • 両岸関係徹底解説!〜3,台湾はなぜ国際社会から孤立したのか?〜
  • 同じ共産主義国である中国の手を借りて終戦に持ち込もうと、朝鮮戦争頃から一貫して取っていた反共産主義の政策を撤回し、ついに中国と国交を樹立させます。アメリカと中国が国交を結ぶ事の条件に当時の中国の総理・周恩来は蒋介石を代表して安全保障理事会常任理事国の座に就いている中華民國(台湾)の追放を提示しました。これは「中国の代表権」に関わる問題なのですが、前回のブログで説明した通り蒋介石が台湾にて中華民国を設立し...
  • フランスと台湾で暮らしてみたYurinne25さんのプロフィール
asaさん
  • 日大アメフト「事件」に思う〜社会時評
  • いま学内のナンバー2だ。アメフトに関しても、日大には篠竹幹夫という名将がいた。内田さんはその下でコーチを務め、監督になったらしい。 B)いわゆるナンバー2の美学というのがある。かつては毛沢東体制下での周恩来が代表的な事例。時にはナンバー1をしのぐ力量を持ちながら、ナンバー2としてのおさまりの良さを自覚していた人たちだ。日本でいえば保利茂、野中広務、後藤田正晴…。しかし、実力者にくっついてナンバー2になり...
  • 夕陽の回廊asaさんのプロフィール
hippoponさん
  • 御殿場行  NO4 東山旧岸邸 
  • して、この風景を愛でて、静謐な環境の中で 国を考えてたことは確かそうだった。いや、男の最期は朽ちず 仕上げだったのだろうか?そののち3年 角栄による 日中国交正常化。1972年9月日中共同声明を発表 周恩来との締結。 角は毛沢東にあってる。角栄の失脚後 「水を飲むときは、井戸を掘った人の恩を忘れてはならない」 周恩来首相は、日中関係について共産党の後進たちに繰り返し話したそうだ。2018年       ...
  • お迎えの来ない居候hippoponの日常hippoponさんのプロフィール
kompirakeiさん
  • 上海旅行二日目(2)。拳士たちと文豪。伝統と近代。魯迅公園散策
  • ります。さらに歩いて、魯迅紀念館へ。魯迅紀念館の前に、魯迅像が立っています。素晴らしい彫刻ですな。背景の魯迅紀念館、開館は9時からで、来るのが早すぎました。紀念館の白壁に記された題字は、政治家であった周恩来によるものだそうです。1972年、田中角栄首相と共に日中共同声明に調印したのが周恩来でした。この声明が、日本が台湾の中華民国ではなく中華人民共和国を中国政府と認め、正式な国交を開始する根拠となりました...
  • 異次元に足を取られる旅kompirakeiさんのプロフィール
まゆさん
  • 青島旅行三日目〜その二〜
  • 。それぞれの部屋に立派な暖炉があり、色タイルが埋め込まれていた。天井からさがる照明は部屋ごとにデザインが違い、廊下のランプはステンドグラスだった。もっとも大きな応接間では、1957年に毛沢東、劉少奇、周恩来、鄧小平などが会議を行ったのだという。またある部屋は、毛沢東が滞在した部屋として紹介されていた。じっくり見てまわったらきりがないほど。二階には寝室や浴室など生活空間があり、当時の様子を想像することがで...
  • まゆの中国旅行記まゆさんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 〈小説「新・人間革命」〉
  • 誓願 四十一 法悟空 内田健一郎 画 (6371)  戦争を行うのは人間である。ならば、人間の力でなくせぬ戦争はない――山本伸一は、そう強く確信し、第二次訪中を果たした。周恩来総理は、彼との会見を強く希望し、入院中であるにもかかわらず、医師の制止を振り切って、迎えてくれた。 伸一は、中ソの和平を願う自分の心は、周総理の胸に、確かに届いたと感じた。 「世界の流れは人民の友好促...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
たけわきさん
  • 水を飲むとき、その井戸を掘った人のことを忘れてはならない
  • 強く語ったなかに「(日中友好の)井戸を掘った人を忘れずに」という言葉が何回か出てきたので、富山に戻ってから調べてみました。元々は中国の故事成句「飲水思源」のようですが、1972年の日中国交正常化の際に周恩来さんが実現に至るまでに尽力してきた人のことを念頭に発した言葉で、以来、日中の交流を深めるための場において何度も使われているようです。実は、その「井戸を掘った人」とは、富山県福光の政治家、松村謙三さんの...
  • 陸に彩りを添える楓と柊たけわきさんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 〈小説「新・人間革命」〉
  • 会見。九月にはソ連を初訪問し、コスイギン首相と会見した。首相からは、「ソ連は中国を攻撃するつもりはありません」との明確な回答を引き出した。そして、十二月の第二次訪中では、このソ連の考えを中国側に伝え、周恩来総理と会見したのである。 すべては、平和のため、民衆のために、両国の対立を解決できないものかという、切実な思いからであった。 あきらめてしまえば事態は何も開けない。平和とは、あきらめの心との闘争である...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール

周恩来を含むトラコミュ

日中国交正常化
  • 日中国交正常化
  • 日中国交正常化(にっちゅうこっこうせいじょうか)とは1972年9月29日、「日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明」(日中共同声明)の調印式が中華人民共和国の北京で...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

周恩来について