旋律

旋律についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [旋律] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

旋律を含むブログ記事

あゆむんさん
  • それらを聴き本当に感動感無量。。
  • え〜〜本日は当ブログで先般から告知させて頂いてた“川畑トモアキ”氏によるアコースティックギターライブへ正に最高の旋律に最高のギターの音色。。それらを聴き本当に感動感無量。。改めて当“AYUMUNYA”のお客様のご来場にも感謝感謝。。お陰でその優しくも丁寧な心温まる音色に心のデトックス&リフレッシュが完了。なので今週...
  • 神戸三宮・AYUMUNYAあゆむんのブログあゆむんさんのプロフィール
マイナー曲推進委員さん
  • CD ヤノフスキのヒンデミット:交響的変容、気高き幻想、協奏音楽
  • 7:35/4:01/4:08やっぱり1楽章と4楽章は強烈に速いですね。2楽章はアバドのほうが速かった。全体的に低音が効いていて良いです。ハッキリしているんだけど、何だかリズムや歌わせ方は固く、代わりに旋律と伴奏や和音を対決させるみたい。またテンポもせっかちでユニークこの上ない演奏でした。?この曲たまに聴くと良い曲ですよね。第1楽章。前半のゆったりしたところは強弱の差を結構つけていきます。後半もカッチリ...
  • クラシック・マイナー曲推進委員会マイナー曲推進委員さんのプロフィール
Jeryscs863さん
  • Albion: Motyl(2005) 曲紹介
  • れだけでなく音楽性もポーランドプログレから連想されるイメージに合致していると思います。「常にシンセでうっすらと覆われ少し霧のかかったような雰囲気の中でギターまたは女性ボーカルによって美しくも憂いのある旋律が歌われる」というイメージです。バンドは最近初期のボーカリストをフロントに据えて復活しました。楽曲についてAlbionのディスコグラフィの中には英詞による作品もありますが、2005年作のこのWabią...
  • 隙間しかない音楽Jeryscs863さんのプロフィール
スリーパーさん
  • N.ロータ作曲『映画「道」〜メインテーマ「ジェルソミーナ」』
  • 家が崇めようと、ベートーヴェンの作品をツマラナイと言い切ってしまうし、北欧の作品やフランスの作品を好んだりするのは(笑)さて、この「ジェルソミーナ」という音楽は実に物悲しい。冒頭のトランペットの有名な旋律も途中に道化的な旋律も実はすべてが物悲しく聞こえる。まさに『道』という映画を体現したかの様な曲である。今聴いても名曲だ。今や、映画音楽の世界の「クラシック的名曲」だろう。改めて、この『道』という映画を...
  • スリーパーのMusicBoxスリーパーさんのプロフィール
bassaraさん
  • 2018年10月20日メモ
  • は入っていった」ココは「espressivo(感情豊かに)」と反対の歌い方、冷静に。ソプラノ「生きた目と」テヌートの重みちょっと意識して(テンポは遅くしない)上アルト「私は入っていった」ソプラノから旋律継いでもっと「歌って」 「ことばもなく」言葉にできないほどの感動ソプラノとテナー「よみがえった」の「た」合わせてソプラノ、77頁のハミングはfまで上がります、できるだけ鳴らしてほしいが、無理な鼻声もN...
  • ふきのとうの広場bassaraさんのプロフィール
LiLA管理人さん
  • U… なんとか
  • しい.幸い,正しい教会もそこからすぐだったので急ぎ足で歩き,滑り込みセーフ.式には聖歌・賛美歌合唱もあります.賛美歌集を開いた瞬間,そこに並ぶ音符が目に入ったものだから,もう悪い癖が止まらない.どんな旋律が並んでいるのか,次々とページをめくる手が止まらない.そして,第一曲まで戻ってきて,そのメロディーを見たときのこと.えっと...ん? Beethovenの第9 ?歌詞が Freude, sch&oum...
  • Life in Los AlamosLiLA管理人さんのプロフィール
T岡さん
  • 受験を控える中学生が息抜きで空手の練習に来てくれた
  • ウ白鳥ランナー【一風変わった大会が好きよ】ボバフェットランナーアラフォーナースマンのトライアスロン挑戦&泥酔記へなちょこランナーの記録嫁とオイラのへっぽこラン日記たーはるパパのブログ(ランナー編)風の旋律マイペースでFUNRUN☆ポッキー俊の四季彩かわら版オカン、アスリート始めましたNOBUさんの42.195km☆FunRun日記!いきなりハマったランニングa〜Going my way♪超初心者がフル...
  • 48歳の中年オヤジ 柔道を始めるT岡さんのプロフィール
めいこさん
  • 蛙王子さまと秋黴雨の雨粒と。 24
  • ・・・・。肩越しに盗み見る。寝顔。ミニョクの寝顔―――――それを見乍俺は口遊む。思い出す。そう云えばミニョクは俺の唄がすきだと云っていた。あの頃の様に。あの頃を思い出し乍。――――俺は口遊む。雨音と。旋律と。そして、柔らかい寝息・・・・。とてもとても優しい暮夜だった。♪おはようございます。今日はここまで。最後まで読んで頂きありがとうございました。今日も明日も明後日も。いい日になりますように。此処からそ...
  • Beautiful Worldめいこさんのプロフィール
MUUSANさん
  • そのとき頼れるのは小さなラジオだけ……♪GM/私はこの世に忘れられ
  • 生活 一方、大阪のマンションは、頭ではわかっているのだが、地震では額が落ちたくらいでほぼ被害はゼロだったし−『ひたい』じゃなくて絵が入った『がく』−、台風では、ヴォルフガング・リームも適わないような無旋律、変拍子、不協和音の音の爆発を耳にしたものの停電もしなかったので、防災体制が整っていない状態だ。 用心深い人なら家にいるときは常にヘルメットをかぶり、小型ラジオをポケットに入れ、懐中には懐中電灯を忍ば...
  • 新・読後充実度 84ppm のお話MUUSANさんのプロフィール
fm-woodstockさん
  • GB EMI ASD3135 エイドリアン・ボールト ロンドン・フィル チャイコフスキー・組曲第3番
  • の音楽であると絶賛し、作曲者の弟であるモデスト・チャイコフスキーが後年主張したところでは、これが当時ロシアの交響楽における史上最大の成功であった。押し出しの強い立体感豊かなサウンドがチャイコフスキーの旋律美を気品あるものに聴かせる。ボールトのニュアンスに富んだ表現はまさに絶妙である。心をつかむ「憂鬱なワルツ(Valse mélancolique)」、「エレジー(Élégie)」は小細工を一切施さないス...
  • 100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコードfm-woodstockさんのプロフィール

旋律を含むトラコミュ

カノン (音楽)
  • カノン (音楽)
  • カノン(canon)は、複数の声部が同じ旋律を異なる時点からそれぞれ開始して演奏する様式の曲を指す。一般に輪唱と訳されるが、輪唱が全く同じ旋律を追唱するのに対し、カ...
  • トラックバック数:18 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:クラシックブログ
歌曲&オペラ・アリア
  • 歌曲&オペラ・アリア
  • 言葉と旋律の音楽、人声の芸術歌曲とオペラ・アリア。古今東西を問わず、歌曲やオペラ・アリアに関することなら何でもお気軽にトラックバックをしてくださいませ。
  • トラックバック数:91 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:クラシックブログ
近藤隆
  • 近藤隆
  • ・「BLACK CAT」トレイン=ハートネット・「家庭教師ヒットマンREBORN!」雲雀恭弥・「NARUTO -ナルト-疾風伝」鬼灯水月・「ヒロイック・エイジ」イオラオス・「TYTANIA -...
  • トラックバック数:24 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:芸能ブログ
ハードコアヒップホップ
  • ハードコアヒップホップ
  • ハードコアヒップホップ(英語 Hardcore Hip Hop)とは、ヒップホップの1つのジャンル。日本ではハーコーと略される事もある。詩の主題には対立や自己主張などを取り上げ、...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:音楽ブログ
横浜市歌
  • 横浜市歌
  • 横浜市歌(よこはましか)は、1909年(明治42年)に作られた横浜市の市歌。横浜市歌は、1909年(明治42年)7月1日に横浜港の新港埠頭で行われた「開港五十年記念大祝賀会式...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:音楽ブログ

旋律を含むブログ村メンバー

  •  
RUIS Artworksさん
nijikarasuさん
hanaさん
ムーレイさん
cocoroさん

旋律を含むアンケート&掲示板

  •  
  • MHP2Gでの使用武器!レス: 0/13(48件)ゲームブログ
  • 全笛共通の旋律で抜刀時の移動速度が接近武器最速。お好みで心眼効果リーチの長さと中ぐらいの手数のお陰でハンマーよ...
  • 好きな作曲家は?レス: 0/37(54件)クラシック音楽
  • あの「クサイ」旋律がたまらない。ベートーヴェンはどうも聴いてると神経が休まらない、というか技巧的過ぎるような期がす...