アレクサンドリア

アレクサンドリアについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [アレクサンドリア] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

アレクサンドリアを含むブログ記事

ミケとポン太さん
  • イーファの樹にアレクサンドリア軍とクジャが迫る( ゚Д゚)!!
  • ばんは(*ノωノ)昨日の続きです('ω')ノ 銀竜を操り、諸悪の根源ともいうべきクジャがついにイーファの樹に現れた( ゚Д゚)!そして、なんとクジャを倒して世界を完全に我が物にしようとするブラネ率いるアレクサンドリア軍までもが( ゚Д゚)!!クジャとアレクサンドリア軍との戦いが今始まろうとしている( ゚Д゚)! さて、急いでイーファの樹から脱出することになりましたが、クジャはなんと残っていた霧の力で魔物を生み出し...
  • ミケとポン太の資格取得・ゲームプレイ記録ミケとポン太さんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20190116-8
  • 「地中海の真珠」エジプト第二の都市アレクサンドリア【写真27枚】ガジェット通信ポンペイウス将軍の名前から来ているのではないか、シーザー(ローマのカエサル将軍)を殺害した親友の名前ではないか、などその名前にはさまざまな説が ... 遠のく「核なき世界」...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さん
  • 池澤夏樹のカヴァフィス(28)
  • ってくる。かきたてられた感情が「意味」を探り始める。真情を込めて聞くがいい。卑怯者のように哀願などせず、ただ聞け、耳に渡る最後の楽しみを、その声を、 いつでも「音/声」というのは愉悦である。 池澤は「アレクサンドリア」という名前が女性形であることに注目し、カヴァフィスは都市と女神を結びつけ、「女神が去っていった」を「街が去っていった」と書き直したと注で指摘している。 私はギリシャ語を知らないので、よくわからないが...
  • 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さんのプロフィール
ファチマの聖母の会さん
  • 公教要理−第十一講 ”三位一体について(下)”
  • 位格は一つしかないとする誤謬です。聖父だけの位格です。つまり、天主の玄義が、三位一体の玄義でなく、一位一体の玄義となってしまいます。この誤謬によると、他の二つの位格は、聖父の属性にすぎないとされます。アレクサンドリアの聖ディオニュシオスによって特に反駁されました。第二は、アリウスによる誤謬です。おそらく、後に何れかまた触れることになると思いますが、アリウス主義を生んだ誤謬です。また紀元後3−4世紀の誤謬です。アリ...
  • ファチマの聖母の会・プロライフファチマの聖母の会さんのプロフィール
はるごんさん
  • アレクサンドリア図書館の謎 竹山博英訳
  • アレクサンドリア図書館の謎―古代の知の宝庫を読み解く 工作舎 本 内容紹介 ヘレニズム時代、70万冊の蔵書を誇りながらも、歴史の中に忽然と消えたアレクサンドリア図書館。綿密な文献渉猟をもとに、伝説の古代図書館を現代に...
  • 読書日記ときどき愚痴日記はるごんさんのプロフィール
ojoさん
  • 申し訳ございません
  • を見つめてみましょう。』と出ましたが、『地球ごと自分を見つめる』って。。。一体私はどうすれば良いのでしょう。しっかし、どうして占い師の名前って、『ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ』『マドモアゼル・愛』『アレクサンドリア木星王』といった、一瞬こちらが警戒してしまうような名前を名乗っているんでしょうかね。そう思うと、『細木数子』ってなんだか安心しません?…という私は、外国人と結婚して名字が外国名。占い師みたいな名前なん...
  • おじょーず!Life☆inスイスojoさんのプロフィール
Sueさん
ojoさん
  • 明日は。。。
  • ルカード・エンジェルナンバーを毎日調べまくり。。。とうとう、『ムーンプリンセス妃弥子』の携帯アプリまで導入。しっかし、どうして占い師の名前って、『ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ』『マドモアゼル・愛』『アレクサンドリア木星王』といった、一瞬こちらが警戒してしまうような名前を名乗っているんでしょうかね。そう思うと、『細木数子』ってなんだか安心しません?…という私は、外国人と結婚して名字が外国名。占い師みたいな名前をし...
  • おじょーず!Life☆inスイスojoさんのプロフィール
ボブ江さん
beckさん
  • 藤原正彦 著「国家と教養」
  • 要なのか「グローバル・スタンダード」の背後にある、「アメリカの意図」を見抜けなかった日本。情報の取捨選択を可能にする「芯」のない国は、永遠に他国の思惑に流される 第二章 教養はどうやって守られてきたかアレクサンドリア、コンスタントティノーブル、バグダッド。ギリシアの古典は西洋の外で守られ、やがてルネサンスとして花開く。「教養の歴史」を概観する。 第三章 教養はなぜ衰退したのか教養はアメリカ人にとって、「自分たちが...
  • ささやかな日々を楽しみながら‥‥‥、beckさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

アレクサンドリアについて