ヒンズー教徒

ヒンズー教徒についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ヒンズー教徒] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ヒンズー教徒を含むブログ記事

超老さん
  • 神秘体験・神秘主義−「宗教的経験の諸相」3−
  • う少し進んだ段階、さらに、アルコールによる酩酊時や、麻酔時の啓示的体験を紹介してゆきます。 そして、次に、宗教的生活の一要素としての宇宙的、神秘的意識が方法的に養成される場合について論究しています。 ヒンズー教徒、仏教徒、イスラム教徒、キリスト教徒と、これらすべてが方法的に養成をしているというのです。 もっとも、ジェイムズは、インドにおけるヒンズー教、とりわけ、ヨーガの修練、そして、仏教の禅における修行につい...
  • 生老病死−老いと死を考える−超老さんのプロフィール
仏光さん
  • 一年の終わりに想うこと
  • が相次いだのは、今でもイスラム対キリスト教の構図が残っているという事です。しかも今の時代、その背後では武器の売買と消費という大企業や資本市場の欲が絡んでいます。昔インドでも独立運動の時にイスラム教徒とヒンズー教徒の対立が内戦にまで発展して、イギリスの統治から独立するのにインドとパキスタンに分裂しました。それほど宗教間の対立というのは根深いのですね。人には本来何らかの宗教性が宿っています。無宗教と言っている人で...
  • 仏光さんの心の相談室仏光さんのプロフィール
大川光夫さん
  • インド・パキスタン国境の不思議な儀式 フラッグ・セレモニー  2 大音量で見てください
  • 時間がない方は6分からどうぞ。12分ごろ、国旗を下ろすときには、全員起立して双方の国旗に敬意を表している。かつて、英国の植民地・英領インド(イギリス領インド帝国)では、その歴史の末期に、ガンジー率いるヒンズー教徒と、ジンナーのイスラム教徒が対立した。1947年の、ヒンズー主体のインド、イスラムのパキスタンの建国に際し、1500万人ともいわれる難民と、多くの犠牲者が出た。また、インド東部のイスラム教徒は東パキス...
  • エルサレムの響き3大川光夫さんのプロフィール
(遅報)歴史まとめ管理人さん
  • インド伝説の王妃上映延期 「歴史の破壊だ」と批判するカースト団体による大規模デモに遭い
  • 同州にある城跡では、上映反対のメッセージとともに男性遺体が見つかるなど、影響が広がっている。  映画は「パドマバティ」。メワール王国の王妃パドミニを描いた約500年前の叙事詩に基づいて作られた。ヒンズー教徒の王妃を妻にしようとイスラム教徒の皇帝が王国を侵略するが、王妃は焼身自殺して抵抗したという叙事詩で、王妃は後に住民が神格化した。 共同通信 2017/12/28 18:21 https://t...
  • (遅報)歴史まとめ(遅報)歴史まとめ管理人さんのプロフィール
dobosokuさん
  • 【インド】若者のターバン離れ
  • 動車離れ」などが話題となるが、インドでターバン離れが進行中とは思わなかった。  シンボルともいえるターバンを巻かなくなることは勇気がいると思うが、伝統も変容していくということだろう。 その隣でヒンズー教徒の老人が「クリスマスを祝うヒンズー教徒がいる」とも嘆いていた。 歳末のパーティー会場で、インドの宗教について考えさせられた。(森浩)...
  • どぼん速報dobosokuさんのプロフィール
shoichiさん
  • ベトナム人と宗教
  • 教に熱心な人はあまりいません。日本人からよく聞かれる質問に「ベトナム人の宗教は何?」というものがあります。ベトナムは8割が仏教徒で、1割がキリスト教徒、残りの1割は新興宗教のカオダイ教やイスラム教徒、ヒンズー教徒などです。ただ、あまり熱心な人は見かけません。タイ人はいつもお寺に行って功徳を積むことを欠かしませんが、ベトナム人は普段は宗教と関わりのない生活を送っているように見えます。ただ、一部には熱心な人もいて...
  • オフショア開発ブログshoichiさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ヒンズー教徒について